【悩まない!】格安SIMを選ぶときの4つのポイント!失敗しない格安SIMはどれ?




格安SIMは複雑だし種類がたくさんあって悩む…

私が格安SIMの会社にいた頃から、いつも「課題だな…」と思っていたこと、それは「格安SIMって複雑…」と思われているということです。

たしかに複雑な部分(iPhoneまわりとか)もあるんですが、基本的にはシンプルで簡単なので、臆せず使ってみてほしいな…と個人的には思っています。

格安SIMの解説については以下で解説しています

【初心者ガイド】絶対わかる!格安スマホ会社の社員が格安スマホをいちから説明。完全理解の5つのポイント

2017.11.12
ハルオ
そんなわけで、今回は格安SIMを選ぶときに失敗しないように、ポイントを紹介したいと思います。
ニノくん
失敗する人もいると?
ハルオ
そうだね、ごく稀にではあるけど、キャリア(大手携帯会社)に戻る人もいるからね

格安SIMを悩まず選ぶためには?

格安SIMを選ぶ前に、まずは自分が格安SIMに乗り換えても大丈夫かを確認しましょう。

ハルオ
具体的には「格安SIMのデメリット」を確認しておきましょう。

格安SIMとキャリア(大手携帯会社)のサービスはほとんど同じなものの、若干の違いがあります。以下の記事で格安SIMのデメリットをまとめているので参考にしてください。

格安スマホの「3つのメリット」と「3つのデメリット」を解説!

2017.11.19

格安SIMを選ぶポイント①:主要格安SIMかどうか(大手かどうか)

格安SIMを選ぶ際に注意したいのが、大手格安SIMかどうかです。

現在の格安SIMは通信品質が大幅に改善され非常に安定しています。しかし、稀に通信速度が遅い格安SIM会社もあります。基本的に、大手格安SIMは通信速度が安定していることが多く、ストレスなく利用できます。

また、大手格安SIMはアフターサポートが充実していることが多いです。

ハルオ
当サイトで紹介している主要格安SIMは、通信速度安定しています。また、以下の格安SIMはアフターサポートも充実しています。

■当サイトで紹介している格安SIMの一例

IIJmio

格安スマホ業界の“先駆者であり優等生”。通信速度は速めで安定感がトップクラス。月額の安さは普通

大容量プラン、最大10枚のSIMでシェア可能、家族間通話割引、従量制プランなどサービスも多彩。

セット購入できるスマホ機種数も多く安い。 初めての格安スマホに向いている。 

楽天モバイル

格安スマホ市場で猛烈な勢いでシェアを伸ばしている格安スマホ。 楽天スーパーポイントが毎月1%、楽天カードを持っていれば2%貯まる。

楽天市場ユーザーは絶対これ。 3年利用を約束すると2万円引きでスマホが買える。

 

BIGLOBEモバイル

最近CMをバンバン流してる格安スマホ業界の老舗BIGLOBEモバイル。 YouTubeや、Abema TVなどが月額390円で見放題になる「エンタメフリー」オプションが超使える。   

LINEモバイル

 LINEモバイルは twitter、Facebook、インスタグラムなどが通信がカウントされない(使い放題)プランがウリ 。また、問い合わせがLINEでできたり、サポートも非常に手厚く、初めての格安スマホに最適。  

mineo

 毎月1GBまでなら無料で引き出せる「フリータンク」 など、独自性のある便利サービスが多い他社からも注目されている格安スマホ。月額は普通だが、通信の安定感があってハイレベル。「マイネ王」というユーザーのコミュニティサイトがあり、疑問などをすぐに解決できるのも◎。

格安SIMを選ぶポイント②:通信品質が安定しているか

ひとつ目の「主要格安SIMかどうか(大手かどうか)」と繋がりますが、格安SIMは朝8時台昼12時台夜18時台の通信速度が遅めになります。

この時間帯は、みんなが一斉にスマホでネットする時間=魔の時間帯になります。

ニノくん
朝の通勤時・昼休憩・夜の帰宅時ってことですね。
ハルオ
その通り。

そのため、回線がパンク状態に近くなってしまうため通信が一時的に遅くなる傾向があります。

これはドコモ・au・softbankも同じ理屈ですが、彼らは資金力が豊富なので回線を大きく広くして、バンク状態にならないようしています。

ただ、格安SIMによってはこの辺をしっかり意識して、通信速度が遅くなりすぎないようにしています。

■通信速度が「速め安定」と評判な格安SIM

格安SIM

通信速度 公式サイト

IIJmio

もっとも遅くなる傾向がある昼12時台でも、1Mbps程度をだしてくれるので、YouTubeの動画視聴(低画質)も問題なくできる。

どの時間帯もストレスを感じることはほとんどない。

UQモバイル

KDDIグループの格安SIM。通信速度は業界No.1。通信速度に関しては、ドコモ・au・ソフトバンクなどと比べてもまったく遜色ない使い勝手。

通話かけ放題・無料通話がついたぴったりプラン・おしゃべりプランなどが大人気で、スマホを分割購入した場合は毎月割引があり実質数百円でスマホを買える。

BIGLOBEモバイル 格安SIMの老舗だけあって、非常に安定的な通信品質を誇る。

また、「エンタメフリー(480円/月)」のオプションに入っておけば、ネットを使いすぎて速度制限がかかってしまった月もYouTube・Abema TVなどが高速通信で使い続けられる。

 

LINEモバイル

 LINEモバイルは比較的速めで安定している。

また、ネットを使いすぎて速度制限がかかってしまった月もLINE、Twitter、インスタグラムなどは高速通信で使い続けられる。

 

mineo

どの時間帯も、1日・1年を通して通信速度に安定感があることで有名なmineo。

魔の時間帯のひとつ、18時に計測しても2.41Mbpsと非常に優秀な計測結果がでた(YouTubeがまったく問題なくみられる速度)。

格安SIMを選ぶポイント③:アフターサポートがしっかりしているか

こちらも、ひとつ目の「主要格安SIMかどうか(大手かどうか)」と繋がりますが、アフターサポートがしっかりしているかも重要です。

なにかトラブルやわからないことがあった場合、すぐに問い合わせた内容の返事がくるところは、サポート力が高いです。

ハルオ
アフターサポートは、最近はチャットサポートが主流になっています。

格安SIMのWEBサイトにいくとチャット問い合わせ画面がでてきます。そこに問い合わせ内容を打つと数十秒で返事がかえってきて、すぐに解決できるのでおすすめです。

■アフターサポートが充実している格安SIM

格安SIM サポート 公式サイト

IIJmio

実際に問い合わせをした際の実体験から。
やや複雑な支払いに関する質問をしたところ、30秒ほどで最初の返答あり。その後、4〜5分ほどで問題が解決した。それ以外のメール問い合わせ、電話問い合わせも当日〜翌日ほどで解決できた。

LINEモバイル

問い合わせがLINEでできる(もちろん電話等もあり)。また、店舗カウンターもあり、サポートが厚い。初めての格安スマホに最適。  

mineo

「マイネ王」というユーザーのコミュニティサイト(Yahoo!知恵袋のような)があり、疑問などをすぐに解決できるのが◎。チャットサポートもある。

格安SIMを選ぶポイント④:自分にあったプランを提供しているか

格安SIMを申し込むときには、「何GB」のプランにするかを選ぶ必要があります。

ハルオ
GBというのは、データ容量の単位のことです。

格安SIMでもっとも人気なのは、3GBプランです。だいたいの人は1ヶ月に3GBあればたります。自分が何GBプランがいいかわからない場合は、とりあえず3GBプランからスタートしてみましょう(あとでプラン変更できます)。

ハルオ
3GBプランはどこの格安SIMにもありますが、20GB・30GBプランなどがいい場合は格安SIMによっては提供していないところもあります。

■大容量を複数のSIMでシェアできる格安SIM

また、シェアSIMといって1契約で3枚~10枚ほどのSIMを使ってデータ容量をシェアできる格安SIMもあります。

データシェアができる格安SIMは、DMMモバイル・IIJmioなどが使い勝手が良いです。

■10分通話かけ放題・5分通話かけ放題がある

ほぼすべての格安SIMには10分通話かけ放題、5分通話かけ放題といったサービスがあります。これは、10分(または5分)以内の通話なら何度かけても通話料金がかからないというものです(月額固定で700円前後がかかりますが)。

格安SIMによって、10分かけ放題のところ、5分かけ放題のところがあるので、自分にあったサービスを提供しているところを選びましょう(そもそも通話かけ放題がいらない人は気にする必要がありません)。

■プラン、サービスが充実している格安SIM

格安SIM プランについて 公式サイト

DMMモバイル

DMMモバイルはほぼ1GB単位でプランがある。また、1契約で最大3枚のSIMでシェアできる。

エキサイトモバイル

エキサイトモバイルは、使った分に応じて料金がかかる従量制「最適料金プラン」がある。完全に1GB単位でプランが設定されているため、無駄な支払いがなく、コスパが高い。

 

IIJmio

IIJmioは、プランは3GB・6GB・12GBの3つとシンプルだが、大容量オプションで「+20GB」「+30GB」をすることが可能。

また、1契約で最大10枚のSIMを利用することができる。

番外:端末も買いたい人は、セット購入できるSIMフリースマホが安いかどうか

最後に、「セット購入できるSIMフリースマホの安さ」についてです。

これは全員に言えることではないんですが、格安SIMに乗り換えるときに「スマホも買い換えたいな」と思っている場合は気にしてほしいところです。

ハルオ
基本的に格安SIMを使う際に、新たにスマホを買うならSIMフリースマホかiPhone(SIMフリー版)がオススメです。

SIMフリースマホとは、SIMロックがかかっていなくて、基本的にどこの格安SIMでも使えるスマホのことです。詳細は以下の記事を参照してください。

【用語集】SIMフリースマホ

2018.05.10
ハルオ
SIMフリースマホ、家電量販店やAmazonなどでも販売していますが、 格安SIM会社でSIMとセット購入するのが一番安く買えます。 

ただ、注意しないといけないのが、同じ機種でも格安SIM会社によってかなり売価に差があるということです。定価に近い金額で売っている格安SIM会社、定価より1〜2万円安く売っている格安SIM会社とまちまちです。

■セット購入できるSIMフリースマホが安い格安SIM

格安SIM スマホ価格 公式サイト

OCNモバイルONE

ダントツでSIMフリースマホの金額が安い。機種によっては、1万円近く安く売っていることもザラ。

通常価格が安いため、セール期間などを気にする必要がないことも嬉しい点。

扱っている機種数は、IIJmioや楽天モバイルほど多くはないが、王道機種はほぼ取り扱っているのは抜け目がない。

IIJmio

扱っているSIMフリースマホの機種数は、おそらく業界No.1で選択肢が豊富。また、SIMフリースマホの金額は1、2位を誇る安さ。

SIMフリースマホを買うとAmazonギフト券が3,000円~10000円もらえるキャンペーンをほぼ常時開催中。

楽天モバイル

なにかしらのセールをほぼ常時開催中。全機種ではないが、新しめの機種が非常に安くなっていることが多い。

また、扱っているSIMフリースマホもIIJmioと同レベルで豊富。

 

まとめ

「格安SIMを選ぶときのポイント」いかがだったでしょうか。

ハルオ
正直、今の格安SIMはどこもかなりレベルが高くなっていて、通信速度・月額料金・サービス内容、などに大差はありません。

なので、フィーリングで選んでも良いです。

ニノくん
ここまできて、身も蓋もないこと言いますね。
ハルオ
まあ、今回解説した内容を踏まえて、最後はフィーリングで選んでもらえれば幸いです。