「カウントフリー」「データフリー」とは?仕組みとカウントフリーの格安SIMを紹介。




 

「カウントフリー」「データフリー」とは?

通信量がカウントされない

最近は、スマホでネット検索するだけでなく、音楽ストリーミングで曲を聴いたり、YouTubeやNetflix等で動画を見たり、いろいろなアプリでデータ通信をするのが当たり前になってきました。

「カウントフリー」「データフリー」とは「特定のアプリやWEBページのデータ通信がカウントされず、速度制限時も高速通信で使える」サービスのことです。

格安SIMによって呼び名が異なりますが、「データフリー」「カウントフリー」は同じ意味です。
海外では「ゼロ・レーティング」と呼ばれたりします。

例)「インスタグラム」が「カウントフリー」なら

例えば「インスタグラム」がカウントフリーの対象であれば「インスタグラム」はいくら使ってもデータを消費しません。
また、他のアプリでデータ消費をたくさんして速度制限になった場合でも「インスタグラム」だけはサクサク使えます。

「カウントフリー」の仕組み

通信事業者はユーザーが通信をする際に「どこからどこにデータが送られているか」がわかりますが、それらのログに特定のドメインがあった場合は、データ量をカウントしないようにしています(たしか)。

もちろん、ユーザー1人1人の通信ログをチェックするのでなく、機械で自動で検知しているわけですが。

カウントフリーを問題視する声もあった

カウントフリーは、私が格安SIMの会社に勤めていた頃に格安SIM業界で話題になった技術です。
ただし「ネットワークの中立性(ネット上のデータは全て平等に扱うべきという考え方)」や、憲法の「通信の秘密」などに抵触する?しない?、などが話題にあがりました。

現在はそのへんは曖昧なままサービスとして浸透してしまった感があり、いくつもの格安SIMでサービスで提供されています。

カウントフリーが向いてる人

カウントフリーが向いてるのは、

「よく使うアプリが決まっていて、速度制限になる人」

です。
「インスタグラム」だったり「YouTube」をしょっちゅう使って月末付近に速度制限になってしまうなど、速度制限の原因がはっきりしてる人にはおすすめです。

カウントフリーが向いてない人

どのアプリもまんべんなく使う人
しょっちゅうスマホを使い倒してる
毎月データを使いきれない人(速度制限にならない人)

などはカウントフリーがあっても、あまり効果がないと思います。

特に「データを使いきらない人(速度制限にならない人)」はカウントフリーの恩恵を受けることは皆無なので、カウントフリーは不要です。

カウントフリーの格安SIMを選ぶ際の注意点

月額料金がやや高くなる

「カウントフリー」は特定のアプリはいくら使ってもデータ消費されないため、普通のプランより月額料金がやや高くなります。

「カウントフリーになる特定のアプリがなにか」にもよりますが、だいたい+月額80円〜400円くらいです。

ドコモ/au/ソフトバンクから乗り換える場合は5,000〜6,000円安くなる事はザラなので、この程度の値上がりはあまり気にしないでいいと思いますが。

通信速度が遅い場合も

そこの格安SIM自体の通信速度が遅い場合や、カウントフリーになる通信だけやや遅くしてる場合などがありえます。

例えばYouTubeなどの動画アプリがカウントフリーだと、大量に使われたら通信帯域をすごく圧迫されるので、一定の速度に制限していることがあります。

カウントフリーのある格安SIM比較

格安SIM カウントフリー
対象アプリ
LINEモバイル 全ての月額プランにカウントフリーが搭載されてる。
その分、月額プランは相場より+80円くらい高く設定されてる。

各プランのカウントフリー対象は以下の通り。      

LINEフリープラン
LINE

 コミュニケーション
フリープラン

LINE、twitter、Facebook、インスタグラム

 MUSIC+プラン
LINE、twitter、Facebook、インスタグラム、LINE MUSIC

DMMモバイル 月額プランにプラスして「SNSフリー(月額280円)」を申込む形。
カウントフリー対象は以下の通り。      

SNSフリー
LINE、Twitter、Facebook、Facebook Messenger、インスタグラム

DTI SIM 専用のSIM「DTI 見放題SIM」を契約する形。
かなり前からある格安SIMだが、
やや怪しいWEBサイトの作りになってる。
また、データSIMのみなのが最大のデメリット。

カウントフリー対象は以下の通り。 YouTube見放題SIM
YouTube、Twitter、就職情報サイト「マイナビ」・学生用サイト「マイナビ学生の窓口」
Links Mate 月額プランにプラスして
「カウントフリーオプション(月額500円)」を申込む形。

カウントフリー対象アプリ、サイトはこの中で1番多い。
カウントフリー対象は以下の通り。 カウントフリーオプション
ゲーム:40種類以上

SNS:インスタグラム、twitter、Facebook
エンタメ:Abema TV、niconico、AWA、ファミ通.comなど複数

カウントフリーのある、おすすめ格安SIM

カウントフリーを提供している格安SIMはちょこちょこありますが、その格安SIM自体がイマイチだったりするので、おすすめできる「カウントフリーの格安SIM」は意外と少ないです。

現状おすすめなのは、「LINEモバイル」「BIGLOBEモバイル」「Links Mate」といったところです。

「DTI SIM」の「YouTube見放題SIM」は音声通話SIMの提供がないですし、「DMMモバイル」は「SNSフリー」の通信速度の評判が悪いので、パスします。

インスタ使うなら「LINEモバイル」

 特徴

LINEモバイルはソフトバンクのグループ会社になった事で、安心感がグっと増しました。
格安SIMは群雄割拠の時代なので、小さな会社だといつの間にかサービスが終了しちゃう可能性もありますが、LINEモバイルはまず大丈夫でしょう。

LINEモバイルの1番の特徴はプランが全て「データフリー」になっている点。
「データフリー」と特定のサービスはいくら使ってもデータ容量(ギガ)が消費されない&速度制限になっても高速通信で使い続けられる、というサービス。

例えば「コミュニケーションフリープラン」なら、インスタグラム/twitter/Facebook/LINEといったSNSアプリがデータフリー対象になります。

インスタグラムは、データ消費が激しいので、インスタをよく使う人ならLINEモバイルはおすすめの格安SIMです。

 使えるスマホ

回線 ドコモ/au/ソフトバンク
使えるスマホ ドコモのiPhone・Android
(SIMロック解除不要)
ソフトバンクのiPhone
(SIMロック解除不要)
ソフトバンクのAndroid
(SIMロック解除必須)
 auのiPhone
(iPhone 8以降を除きSIMロック解除必須)
 auのAndroid
(SIMロック解除必須)

SIMフリーのスマホ
(そのままでOK)

LINEモバイルは「ドコモ」「au」「ソフトバンク」の3回線を取り扱っているので、手持ちのスマホをそのまま使える可能性が高いです。

 通信速度・品質

LINEモバイルは通信速度はまあまあ、au回線はやや遅い時もある感じです。

ただし、朝8時台・昼12時台・夜18時台は1Mbpsを下回る事が多く、動画も再生できないわけじゃないですが、低画質などになる可能性があります。
これらの時間帯はできればWi-Fiを使うといいでしょう。

現在、私はLINEモバイルのソフトバンク回線を使ってますがストレスを感じることはないです。

 通信速度の実測値

■ドコモ回線

■au回線

■ソフトバンク回線

 料金プラン

■LINEフリープラン

データSIM
(1GB)
500円
SMS付きSIM
(1GB)
620円
※au回線は提供なし
音声通話SIM
(1GB)
1200円

LINEフリープランは「LINE」がデータフリー対象です。データ容量は1GBしか選べません。

■コミュニケーションフリープラン

  SMS付きSIM 音声通話SIM
3GB 1,110円 1,690円
5GB 1,640円 2,220円
7GB 2,300円 2,880円
10GB 2,640円 3,220円

「コミュニケーションフリープラン」はLINE/インスタグラム/twitter/Facebookがデータフリー対象です。
データ容量は3GB/5GB/7GB/10GBから選べます。

■MUSIC+プラン

  SMS付きSIM 音声通話SIM
3GB 1810円 2390円
5GB 2140円 2720円
7GB 2700円 3280円
10GB 2940円 3520円

「MUSIC+プラン」はLINE/インスタグラム/twitter/Facebook/LINE MUSICがデータフリー対象です。
データ容量は3GB/5GB/7GB/10GBから選べます。

 特徴・メリット

LINEモバイル

 インスタ好きの味方:LINEモバイルは最安値なのに通信速度も安定感があり、高いレベルでバランスがいいのが利点です。 

プランもほぼ1GB刻みであるので、2GBじゃ足りない時はプラン変更して使うのにも適しています。
 
 ポイント還元◎:毎月料金の1%のLINEポイントが貯まります。LINEポイントはLINE Payにチャージしてコンビニやカフェで使えて、けっこう便利です。

 LINEで問い合わせ:格安SIMに乗り換えて、特に最初の頃はわからない事が出ることも。LINEモバイルはLINEアプリのトーク機能で友だちと会話するようにオペレーターに問い合わせできるので、すぐに疑問を解決できます。

 弱点・デメリット

LINEモバイル

 昼はやや遅いLINEモバイルだけじゃないですが、多くの格安SIMは朝8時台・昼12時台・夕方18時台は遅くなります。
ネット検索、twitter、ニュースアプリ、などは普通に使えますが、動画を見る際は読み込みにやや時間がかかる可能性があります(画質も低〜中画質くらいで見る感じになる可能性あり)。

 高速OFFにできない人によっては1回も使わない機能ですが、格安SIMによっては高速通信をOFFにして低速通信にすることができますがLINEモバイルはできません。
低速通信にするとデータ容量(ギガ)が消費されなくなり節約できるので、人によっては、速度制限になりそうならOFFにしておいていざという時にONにする、なんて使い方をします。

ハルオ
通信速度が遅くなる時間帯でも大手格安SIMの場合は、我慢できるレベルだと思います。
というか、体感的にはそんなに差を感じないと思います。

 LINEモバイルの感想&公式サイト

LINEモバイルを実際に使っている感想と評価。通信速度・月額料金は実際どれくらい?

2019.02.12

YouTube/Abema TVなら「BIGLOBEモバイル」

 特徴

BIGLOBEモバイルの特徴は「エンタメフリー・オプション」です。
音声SIMで使う場合、月額プラン+480円で使えます。データSIMなら月額+980円

YouTube、YouTube Kids、Abema TV、U-NEXT、音楽ストリーミングアプリ全般、radiko、Facebook Messengerなどカウントフリーになる対象が多いし、なにより動画が見放題なのはレアです。

現在の私のメインスマホもBIGLOBEモバイルを使っています。

 使えるスマホ

回線 ドコモ/au
使えるスマホ ドコモのiPhone
(SIMロック解除不要)
ドコモのAndroid
(SIMロック解除不要)
ソフトバンクのiPhone
(SIMロック解除必要)
ソフトバンクのAndroid
(SIMロック解除必要)
 auのiPhone
(iPhone 8以降を除きSIMロック解除必須)
 auのAndroid
(SIMロック解除必須)

SIMフリーのスマホ
(そのままでOK。ドコモ回線が無難)

BIGLOBEモバイルは「ドコモ」「au」の2回線を取り扱っています。

ドコモのスマホはそのままSIMを挿し替えるだけで使えます。
auのスマホの人はSIMロック解除をすれば使えます。古いauのスマホで「au VoLTE非対応機種」の人はスマホを買い換える必要があります。

au VoLTE非対応機種はこちらで確認できます

au VoLTE非対応機種のスマートフォン一覧(リスト)。使える格安SIMはどこ?

2019.05.06

ソフトバンクのスマホはSIMロック解除してドコモ回線で使うか、LINEモバイルのソフトバンク回線がおすすめです。
LINEモバイルならソフトバンクのiPhoneならSIMを挿し替えるだけで使えます。

 通信速度・品質

BIGLOBEモバイルは通信速度は、格安SIMの中ではしっかり速い方です。

格安SIMは、朝8時台・昼12時台・夜18時台は著しく通信速度が遅くなる事がおおいですが、BIGLOBEモバイルの場合、昼12時が遅いだけで、それ以外は1日を通してそこそこ速い速度がでています。

昼間も動画を再生できないわけじゃないですが、低画質になる事が多いです。
昼の時間帯はできるだけWi-Fiを使いましょう。

私は現在、実際にBIGLOBEモバイルを使ってますが、全然ストレスを感じません

 通信速度の実測値

■ドコモ回線

■au回線

 料金プラン

  データ
SIM
SMS付き
SIM
音声
SIM
1GB  ー 1,400円 
3GB 900円 1020円 1,600円
6GB 1,450円 1,570円 2.150円
12GB 2,700円 2,820円 3,400円
20GB 4,500円 4,620円 5,200円
30GB 6,750円 6,870円  7,450円 

■エンタメ・フリーオプションの料金

BIGLOBEモバイルのカウントフリーは、「エンタメ・フリー」というオプションに加入するパターンです。
下表の料金が月額に追加されます。

  SMS付き
/データSIM
音声
SIM
1GB  申込み不可 申込み不可
3GB 980円 480円
6GB
12GB
20GB
30GB

 特徴・メリット

BIGLOBEモバイル

 通信速度は安心:BIGLOBEモバイルは通信速度が速くて安定してます。昼12時台だけちょっと遅いですが、それでも1Mbps近くは出ていて他社よりは速いです。
スマホは1Mbps出てれば動画も見られます。

 公衆Wi-Fiが無料:6ギガ以上のプランを使えば街中のWi-Fi(公衆無線LAN)が無料で使えます。6ギガ未満のプランでも月額250円で使えます。

 キャンペーンが◎:SIM単体でも端末セットでもそれぞれの申込みにキャンペーンが用意されてます。月額料金を数ヶ月割引するか、端末代金を割引する内容が多いです。

 弱点・デメリット

BIGLOBEモバイル

 ポイント還元は△BIGLOBEモバイルは使ってるとGポイントというマイナーなポイントが貯まりますが、貯まる率が低すぎます。
月額料金が2000円だと10ポイントしか貯まりません。

■BIGLOBEモバイルGポイント還元率
◯2年未満の利用者:月額料金×0.5%
◯2年以上〜10年未満:月額料金×0.7%
◯10年以上〜15未満:月額料金×0.9%
◯15年以上:月額料金×1%。

 高速OFFにできない人によっては1回も使わない機能なのであまり気にしないでもOKですが、BIGLOBEモバイルは高速通信をOFFにして低速通信にすることができません。
低速通信にするとデータ容量(ギガ)が消費されずデータを節約できます。速度制限になりそうならOFFにしておいて、ちゃんと使いたい時だけONにしたりする人もいます(私はしないですが)。

 BIGLOBEモバイルの特徴&感想&公式サイト

ハルオ
ここで紹介しているBIGLOBEモバイルのメリット・デメリットは一例なので、もっと詳しく知りたい人は以下の記事をご覧ください

BIGLOBEモバイルを実際に使っている感想と評価。通信速度・月額料金は実際どれくらい?

2018.12.20

BIGLOBEモバイルの特徴まとめ(料金プラン・使えるスマホ・メリットデメリット・iPhoneセット購入など)

2018.12.18

カウントフリーまとめ

カウントフリーは、なかなか魅力的なサービスですよね。今後もカウントフリーサービスを提供する格安スマホ会社は増えてくることが予想されています。

というのも、WEBでニュースサイトやアプリを作っている格安スマホ会社なんかは、それらをカウントフリーにすれば、より気軽に自社のサイトやアプリを使ってもらうことになり相乗効果が期待できるためです。

ハルオ

LINEモバイルなんかはまさにその典型だね。

ニノくん
DMM mobileでDMMの動画のカウントフリーしてくれないかなあ・・・
ハルオ
もちろんDMMは映画とかも見れるけど、あえてなんの動画を見たいのかは聞かないことにしよう。

ABOUTこの記事をかいた人

通信・放送系およびIT系の会社で格安スマホやWiMAXなどの企画を6年ほど経験し「格安スマホって革命的」と感じた一方で「みんなまだ全然使ってない…」ことも実感し、当サイトを立ち上げました。 「格安スマホ検討中の人」の参考になったら幸いです。