使い放題?カウントフリーってなに?




カウントフリーってなに?

カウントフリーとは、「特定のアプリやWEBサイトの通信量はカウントされない」という事、またはそういったサービスの名称のことです。

そもそもスマートフォンを使うときは、ほとんど「データ通信」をします。LINEを使うとき、Facebookを見るとき、Googleやヤフーで検索をするとき、YouTubeを見るときなどなど。

データ通信とはざっくり言うと「インターネットに繋げて、情報(データ)をもらったり送ったりすること」です。

ちなみにこの情報(データ)の単位を「パケット」なんて言ったりします。大手携帯会社の「パケホーダイ」「パケットシェア」とかはこのパケットから来ています。

格安スマホの通信の単位=「GB(ギガバイト)」

ちょっと脱線しますが、格安スマホでは「パケット」という単位は使いません。格安スマホでは、GB(ギガバイト)という単位を使います。

GB(ギガバイト)は情報(データ)の大きさ(通信量)を示す単位で、どれくらいの量の通信(情報のやりとり)をしたかがわかります。

ハルオ

例えば、YouTubeの5分の動画を見ると0.004GBくらいになります。

格安スマホでは、1か月に何GB(ギガバイト)使うかを申し込み時に選ぶようになっていて、例えば「3GBプラン」なら毎月3GB分の通信(情報のやり取り)ができるということです。

パケットは和訳で「包み」で、情報(データ)のひとかたまりの単位です。缶ジュースでいうところの「缶」という単位に近いです。缶ジュースが2つあったら「2缶」となるわけです。

一方でGB(ギガバイト)の方は、缶ジュースのml(ミリリットル)という単位に近いです。缶ジュース(350ml/缶)が2つあったら「700ml」となるわけです。

カウントフリーは「通信量がカウントされない」ということ

カウントフリーは、「特定のサービスに限り、このデータ通信(情報のやり取り)をカウントしません。0GBってことにします」というサービスなんです。

最近は、スマホでネット検索をしてWEBページを見るだけでなく、音楽ストリーミングを使って曲を聞いたり、YouTubeで動画を見たり、Netflixで映画を見たりすることが当たり前になってきました。

ただ、そうしたデータ通信はデータ容量をたくさん使うので、すぐに1ヶ月で使えるデータ容量の上限を超えてしまうこがよくあります。

※上図はBIGLOBE SIM(スマホ)のサイトから抜粋

例えば、YouTubeを毎日1時間見るとそれだけで月に7.2GB以上、音楽ストリーミングサービスを毎日2時間聞くとそれだけで5.1GB以上消費します。

このように、データ容量というのは色々なサービスやアプリをたくさん使うとあっという間に使い切ってしまいます。

そのようなユーザーの悩みから生まれたのが「カウントフリー」というサービス。

特定のサービスに限っては、「データ容量を消費してないことにする」ということにより、月の途中にデータ容量の消費を節約できるようしてくれてるわけです。

カウントフリーをやっている格安スマホ

カウントフリーのサービスを提供している格安スマホはまだそこまで多くありません。

主要なところだとLINEモバイル、BIGLOBE SIM(スマホ)といったところでしょうか。

LINEモバイル

LINEモバイルは、どのプランも何かしらのサービスがカウントフリーになります。

【ライバルMVNOのここがスゴイ】LINEモバイルが初めての格安スマホに絶対的におすすめな9つの理由

2017.07.04

LINEモバイルの評判!速度やメリット・デメリットまとめ

2017.06.12

LINEモバイルの詳細は上記の記事の方で詳しく説明していますので、ここではざっくりとプランの概要だけご紹介します。

LINEモバイル:LINEフリープラン

まず上記の「LINEフリープラン」ならその名の通り「LINE」アプリでのトークと通話の通信がカウントフリーになります。

月間基本料は、データSIMなら月額500円、SMS機能付きなら月額620円、音声通話付きなら月額1200円となります。

SMS機能付きとか音声通話付きとかってなに?って方は以下の記事が参考になるかと思います

「データ通信SIM」「SMS付きSIM」「音声通話SIM」とSIMの3つのサイズを解説!

2017.08.07
ニノくん
ただ1ヶ月のデータ容量が1GBしかないですけど、少なくないですか?
ハルオ
そうだね。ただ、カウントフリー対象の「LINE」に関しては月間データ容量を使い切っても、高速通信で使えるんだ。

なお、自宅や職場などのWiFiをふだんから使える人は1GBでギリギリ大丈夫だと思います。

LINEモバイル:コミュニケーションフリープラン

次に「コミュニケーションフリープラン」です。このプランはLINEに追加して「Instagram(インスタグラム)」・「Facebook」・「Twitter」といったSNS系のアプリがカウントフリーになります。

このプランなら、月々のデータ容量を3GB・5GB・7GB・10GBから選べます。

月間基本料は、以下の通り。

  SMS付きSIM 音声通話SIM
3GB 月額1,110円 月額1,690円
5GB 月額1,640円 月額2,220円
7GB 月額2,300円 月額2,880円
10GB 月額2,640円 月額3,220円
コミュニケーションプランにはデータSIMはありません。
ニノくん
Instagram(インスタグラム)とかって、意外と通信量を使いますからね〜。

カウントフリーは嬉しいです。

ハルオ
そうだね。

画像データは情報量が多いから、どうしてもたくさんのデータ通信が必要になるからね。

LINEモバイル:MUSIC+プラン

つづいて、MUSIC+プランならLINEミュージックの通信量も追加でカウントフリーになります。

LINEミュージック自体は別途申し込みが必要なのと、LINEミュージック自体の月額料金は別途必要になりますので注意が必要です。LINEモバイル申し込み時に一緒に申し込みできます。

LINEモバイルのカウントフリー対象のサービスは、月間データ容量を使い切った後も、高速通信で利用可能なのが嬉しいところです。

>>LINEモバイル公式サイトで確認する

BIGLOBE SIM(スマホ)

BIGLOBEは老舗のプロバイダーの会社です。格安スマホ事業も前からやっていて、「BIGLOBE SIM(スマホ)」は市場シェアもトップレベルの安心のブランドとなっています。

BIGLOBE mobileの評判!速度やメリット・デメリットまとめ

2017.06.12

通信品質の良さと、最安値クラスの価格帯、そしてSIMがシェアできるなど万能型の格安スマホですが、今はなんと言っても「エンタメフリー オプション」が最大のウリで、とても素晴らしいサービスになっています。

このエンタメフリーオプションは、月額480円支払えば、YouTubeやAbemaTV、Google Play Musicなどの通信が全てカウントフリーになるという素晴らしい内容。

2017年8月時点で以下のサービスがカウントフリーです。

YouTube、Google Play Music、 Apple Music、 AbemaTV、 Spotify、 AWA、 radiko.jp、 Amazon Music、 U-NEXT

※有料アプリの場合、各アプリの利用料は別途必要です

ハルオ

最近、U-NEXTもカウントフリー対象になったんだよね。

ニノくん
すごい!スマホで通信速度の制限を気にせずに映画とかYouTubeとかガンガン見られる!
ハルオ

そうそう。月の途中でデータ容量を補充できるオプションの「データチャージ」とかで500円〜1000円くらいかけるなら、初めからエンタメフリーオプションに入っちゃった方がいいんだ。

BIGLOBE SIM(スマホ)のエンタメフリーオプションは、業界でもかなり話題を呼びました。

BIGLOBEは通信が安定してるのと、申し込み時にどデカイキャッシュバックをほぼ毎回やってるので、キャッシュバック重視の人は必見です。

以下のリンクから公式サイトで最新のキャッシュバック情報を確認できます。

>>BIGLOBE SIM公式サイトで最新のキャッシュバック情報を確認する

カウントフリーまとめ

カウントフリーは、なかなか魅力的なサービスですよね。今後もカウントフリーサービスを提供する格安スマホ会社は増えてくることが予想されています。

というのも、WEBでニュースサイトやアプリを作っている格安スマホ会社なんかは、それらをカウントフリーにすれば、より気軽に自社のサイトやアプリを使ってもらうことになり相乗効果が期待できるためです。

ハルオ

LINEモバイルなんかはまさにその典型だね。

ニノくん
DMM mobileでDMMの動画のカウントフリーしてくれないかなあ・・・
ハルオ
もちろんDMMは映画とかも見れるけど、あえてなんの動画を見たいのかは聞かないことにしよう。




ABOUTこの記事をかいた人

通信・放送系およびIT系の会社で格安スマホやWiMAXなどの企画を6年ほど経験し「格安スマホって革命的」と感じた一方で「みんなまだ全然使ってない…」ことも実感し、当サイトを立ち上げました。 「格安スマホ検討中の人」の参考になったら幸いです。