クレジットカードが無い人も大丈夫!楽天モバイルの支払いを口座引き落し(口座振替)にする方法




口座引き落としをやっている格安スマホ①「楽天モバイル」

格安スマホの料金の支払いは、基本的にクレジットカード払いになりますが、楽天モバイルでは口座引き落とし(口座振替)を行っています。

ハルオ
先日、私の家族がOCNモバイルONEから、楽天モバイルに乗り換えました。

その時に口座引き落としを選択していたので、その手順や注意事項を紹介したいと思います。

まずは楽天モバイルのざっくりとした紹介




「楽天モバイル」は格安SIM(スマホ)で1、2を争う人気ブランドです。

通信速度は「普通〜ちょい速め」で、使っていて全然ストレスはたまりません。月額は「普通〜安め」。新サービスをどこよりも速く投入するマーケットリーダーな一面があります。

楽天モバイルは、楽天カードを申し込んで楽天モバイルの月額支払いカードに登録すると、楽天スーパーポイントが貯まりやすくなります(楽天市場で買い物時に7倍貯まる。また楽天モバイルの月額2%が毎月貯まる)。よってクレジットカードの方が絶対に得なんですが、口座引き落とし(口座振替)も選択可能になっています。ちなみに、デビットカードも使えます。



ハルオ
私の家族は楽天カードを持っているのに、「(漠然と)クレジットカード払いは怖いから…」という理由で口座引き落としにしていました。

ですが、実際はクレジットカード払いでも結局は口座から引き落とされますし、格安スマホの契約手数料や月額料金は1回払い扱いなので金利手数料も発生しません。加えて、クレジットカード払いの場合は、クレジットカードのポイントが貯まります。



ハルオ
私の家族のように「なんとなくクレジットカード払いに抵抗がある人」は多いですが、こと格安スマホの料金支払いに関しては、クレジットカード払いにはメリットが多く、デメリットは1個もないんです。

なので、クレジットカードを持っている人は、極力クレジットカード払いにすることをおすすめします。

楽天モバイルの支払いを「口座引き落とし」にする方法

  • 楽天モバイル新規申し込みする方:申し込み時の「支払い方法の選択画面」で「口座振替」を選択し、口座振替情報(口座番号・名義人など)を登録すればOKです。

〜楽天モバイル新規申し込み時の口座振替選択の流れ〜

  • 楽天モバイル利用中の方:楽天モバイルのマイページ(メンバーズステーション)の「支払い方法の選択画面」で「口座振替」を選択し、口座振替情報(口座番号・名義人など)を登録すればOKです。

〜楽天モバイル利用時の口座振替への変更の流れ〜

楽天モバイルでの口座引き落とし時の注意点

①手数料がかかる

口座引き落としだと、の手数料が上乗せされます。クレジットカード払いだとこの手数料は上乗せされません。

②端末やアクセサリーをセット購入した際は、口座引き落としで払えず代引き払いになる

楽天モバイルでは、端末やアクセサリーをセット購入できますが、月額料金を口座引き落としを選択した人は、セット購入した端末やアクセサリーの代金は「代金引換え払い(代引き)」になります。

代引きとは?
ヤマト運輸や佐川急便などの商品お届け時に支払いをする決済方法。

利用可能な銀行



ハルオ
ほとんどの銀行・信用金庫が利用可能です。

三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行、ソニー銀行、楽天銀行、住信SBIネット銀行、セブン銀行、じぶん銀行、イオン銀行、新生銀行、信用金庫 など

楽天モバイルの評判・詳細は以下の関連記事から

【ライバルMVNOのここがスゴイ】業界1位「楽天モバイル」の強さの秘密8個

2017.07.06

楽天モバイルの評判!速度やメリット・デメリットまとめ。楽天市場をよく使う人なら絶対おすすめ

2017.06.12

楽天モバイルを公式サイトで詳しく確認したい方は以下のボタンから