SIMロック・SIMフリーについて改めて説明してみる




ドコモがSIMロックの解除条件を緩和

2017/5/24の日経新聞に以下の様な記事がありましたよ。ドコモのSIMロック条件が緩和されたようですね(・∀・)

ドコモがSIMロック緩和 端末分割購入なら100日で解除

NTTドコモは24日から、ほかの通信会社でのサービスの使用を制限する「SIMロック」の解除に必要な期間を短縮する。これまで契約してから180日間が経たないと解除できなかったが、端末を分割購入した場合には100日間で解除できる。大手に競争を促す総務省の要請に応じたかっこうで、利用者は格安スマホをはじめ通信サービスの選択肢が広がる。日経新聞より抜粋

つまり現在は、

  • ドコモのスマホを一括販売で買った場合→即日SIMロック解除可能
  • ドコモのスマホを分割販売でドコモから買った場合→100日経過後にSIMロック解除可能

となりました(前は分割時は180日経過しないとSIMロック解除ができなかった。それが100日経過に緩和された形)。

まあ、総務省は「本来はSIMロックが設定されないことが望ましい」という見解なのでまた1~2年したらそもそもSIMロックされていない端末が販売されるようになる気がします(゚∀゚)こういうの企業側へインパクトがあるやつは、段階踏みたがりますからねぇ(^_^;)

というか、「そもそもSIMロックってなに?」という方も多いと思うので、ここですこしSIMロック」について説明したいと思います(・∀・)

 

あらためて聞きたい。「SIMロック」ってなに?

例えばドコモはスマホを売っていますよね( ・∀・ )ただ、より厳密にいうと

「ドコモの端末」+「ドコモのSIM」をセットにして売っている

形なんです。スマホだけでは通信サービス(ネット)はできなくて、「ドコモのSIM」を挿してはじめて「ドコモの通信サービス」を享受できるわけです。

ちょっと脱線しますが格安SIMというのは、

ドコモのSIMをドコモから安く仕入れて → 自分たちのブランド(例:「LINEモバイル」「楽天モバイル」といったように)にして、ドコモより安く売ってる

という形になります(簡単に言うと)。

そういうわけで、SIMは通信サービスをするために必要なカードなんですが、実はドコモは「ドコモで買ったスマホ(端末)」には「ドコモのSIM」しか使えないようにドコモの端末に細工をしているんですね。細工というと聞こえが悪いですが、「ドコモで販売するスマホ」には「ドコモのSIM=自社の通信サービス」しか使えない様な作りにしているんです。ドコモのSIM以外は通信がが出来ない=ロックされるので、この細工のことを「SIMロック」と呼んでいるわけです。

なお、ドコモの名誉のために言っておくと「au」や「ソフトバンク」も自社のスマホにまったく同じような細工(SIMロック)をしています。

 

先述の通り現在の大半の格安SIMは、ドコモから「ドコモのSIM」を仕入れてるわけなので、ドコモのSIMロックがかかっている状態でもそのまま使えますし、auから「auのSIM」を仕入れている格安SIMならauのSIMロックがかかっている状態でもそのまま使えます。そうした使い方なら、SIMロックを解除する必要はありません。

簡単にまとめると以下の通り。

端末タイプ 条件 使える格安SIM
ドコモ端末 ドコモSIMロック解除をしなくてもドコモ系の格安SIMなら使える
(ドコモ系の格安SIMは結局ドコモのSIMだから)
OCNモバイルONE・IIJmio・楽天モバイル・DMMモバイル・BIGLOBE SIM・Nifmo・mineo・・・など大半の格安SIM
au端末 SIMロック解除をすればau系の格安SIMなら使える
(au系の格安SIMは結局auのSIMだから)
UQモバイル・mineo・IIJmio・・・など
ソフバン端末 ソフトバンク系の格安SIMは数が少なく、かつロック解除必須なことが多い U-mobile SUPER
SIMフリー端末 そもそもロックがかかってないので、どの格安SIMでも使える すべての格安SIM

 

総務省がSIMロック解除を進める理由は?

じゃあなぜ総務省はSIMロック解除を進めているのか?というと、

携帯業界は長らくドコモ・au・ソフトバンクというビッグ3が独占状態だったので総務省としては競争を活発にして市場を活性化したいわけです。

ですがSIMロック制度があると・・・

  • auのスマホを使っていた人がドコモ系やソフトバンク系の格安SIMに移れない
  • ドコモのスマホを使っていた人がau系やソフトバンク系の格安SIMに移れない
  • ソフトバンクのスマホを使っていた人がドコモ系やau系の格安SIMに移れない
  • ドコモ系の格安SIMからau系やソフトバンク系の格安SIMへ移れない
  • au系の格安SIMからドコモ系やソフトバンク系の格安SIMへ移れない
  • ソフトバンク系の格安SIMからau系やソフトバンク系の格安SIMへ移れない

などといった不都合が生じ、消費者がキャリアから格安SIMへ、または、キャリアからキャリアへ乗り換える際の妨げになり競争も活発にならないんです。だからSIMロック制度を無くす方向に持っていってるわけなんです。

たとえばドコモからauに移る時に今だとドコモで使ってたスマホはやめて、auで新しいスマホを買ってauを使い始めますよね?

このSIMロック制度が無ければ、ドコモで使ってたスマホをそのまま使い続ける形でauの通信サービスを使えるわけなので、ユーザーがスマホを買い替えなくていいから負担が少ないんです。だから流動性もあがって競争も活発になると見込まれわけです。

ただ、逆から見れば、ドコモやauやソフトバンクなどキャリア的にはユーザーが他社に移りやすくなってしまうのでユーザーの囲い込みがしずらくなりますし、スマホを売る機会も減ってしまうので懸念点も多いわけです(他にもSIMロックがないと分割販売で売った場合に、料金支払いをされない「持ち逃げ」をされて転売されるリスクが増したりと色々あるようです)。というわけで業界的にはなかなかセンシティブな件なわけです。まあユーザー的には「知ったこっちゃない」って感じですけどね( ´ー`)。

まあ、そんなこんなで「依然としてキャリアはSIMロックはかけて売るけど、しばらく使ってくれればSIMロック解除可能になる」という、今のルールになったわけですね(・∀・)

【初心者ガイド】絶対わかる!格安スマホ会社の社員が格安スマホをいちから説明。完全理解の5つのポイント

2017.11.12