影が薄い「SMS機能付きSIM」について徹底解説!




SMS機能ってなに?

SMSとはショート・メール・サービスの略です。ガラケー時代にメールアドレス宛ではなく、電話番号宛に送るメールってありましたよね?SMSとはそれなわけです。

ニノくん
ガラケー時代は、ドコモだとショートメール、auだとCメールとか呼んでましたね。



ハルオ
そうそう、それだね。

SMSとネットができるSIMが「SMS機能付きSIM」

SMS機能付きSIMとは、SMSができるSIMのことを言います。

ニノくん
ちょっと待った!電話はできないんですか?



ハルオ
そう、大手携帯会社で使っている「音声通話SIM」のように電話はできない。

でも、他の機能の「ネット」「ショートメール(SMS)」ができるSIMがSMS機能付きSIMなんだ。

逆に言えば、 SMS機能付きSIMは、大手携帯会社のSIMから「電話機能」だけを削ぎ落としたSIMと言えます。 

ちなみに、大前提としてスマホというものはSIMが挿されて、はじめてネットやSMSや通話ができるようになります(例外もあり)。

そもそも、スマホにはSIMが挿さっていて、そのSIMのおかげで主に3つの機能を使えます。それは「ネット」、「ショートメール(SMS)」、「090、080など〜始まる電話」の3つなんですが、格安SIMにはその3つの機能を全部使えるSIMと、一部しか使えないSIMとがあります。

それぞれ下表の通りとなります。

SIM名 使える機能 使い方・向いてる人 金額
データ通信SIM
  • 「ネット」
タブレットやモバイルルーターに使うとコスパ良し。 追加料金なし
SMS機能付きSIM
  • 「ショートメール(SMS)」
  • 「ネット」
電話はしない人がスマホで使う用のSIM。スマホで使うならLINEのSMS認証を通過するためSMS機能はあった方がいい。 データ通信SIMの料金に+約150円
音声通話SIM
  • 「電話」
  • 「ショートメール(SMS)」
  • 「ネット」
ドコモ・au・SoftBankと同機能なので乗換える人向け。090、080などから始まる電話もつかえる。 データ通信SIMの料金に+約700円
ニノくん
ああ、確かこんな感じでしたね。

この辺は、以下の記事でも詳しく書いています。

「データ通信SIM」「SMS付きSIM」「音声通話SIM」とSIMの3つのサイズを解説!

2017.08.07

通話をしない人が格安SIMをスマホで使うなら「データ通信SIM」より「SMS機能付きSIM」が無難!

SMS機能付きSIMは、090〜、080〜などの電話機能を使わない人がSIMです。LINEの無料通話は使えるので、「電話を普段使わない」という場合は使い勝手的には大手携帯会社のSIMとなにも変わらないでしょう。

ニノくん
でも、データ通信SIMSMS機能付きSIMってどちらも電話はできないんですよね。この2つってあんまり変わらなくないですか?



ハルオ
そうだね。簡単に説明すると…

どちらも090〜、080〜などの電話機能を使わない人が選ぶSIMですが、 スマホで使う場合は「SMS機能付きSIM」を選んでおいた方が無難です。 

というのも、スマホで使うアプリの代表格「LINE」には、ログインするときにSMS認証というものが存在するからです。

ちなみにSMS認証とは…

SMS認証とは、本人確認の1種で、LINEから利用者のショートメール宛に4桁の数字を送って、「本当に利用者本人なら、おれたち(LINE)が送った番号をLINEに入力してみろ!」と確認する仕組みです。

ニノくん
なるほど、ショートメールが使えない「データ通信SIM」だと、LINEにログインできないわけですね。



ハルオ
そういうこと!厳密には、もう一個の認証方法であるFacebook認証というのがあって、FacebookのIDとパスワードでLINEにログインする方法もある。これならSMSを使わないでLINEにログインできる。
ニノくん
ならデータ通信SIMでいいじゃないですか!



ハルオ
まあね、ただLINE以外のアプリでSMS認証必須のもあるから、スマホで使うなら「SMS機能付きSIM」の方がいいよ。

とは言いつつも、データ通信SIMをスマホで使うことも全然できるんですけどね。

IIJmioの「データ通信SIM」を活用して「iPad」や「スマホ」や「ルーター」で使おう

2017.12.21

ちなみに、ショートメールは電話番号宛に送るメールなので、SMS機能付きSIMには電話番号が割り振られています。しかし、その電話番号に電話をかけても当然繋がりません。

また、 乗り換え前に使っていた電話番号を「SMS機能付きSIM」に引き継いで使うこともできないので 、注意が必要です。

タブレットやモバイルルーターで使うなら「データ通信SIM」がいい

家族で使うために、リビングに置いた共用タブレットなどの場合、LINEを使うことは少ないかもしれません。そうしたタブレットの用途は、ネット検索や動画、SNSを見る程度かと思われますので、その場合は「SMS機能」は不要なので「データ通信SIM」で十分です。

また、モバイルルーターという、手のひらサイズのSIMフリーのルーターなら、そもそも画面がなかったり、あってもちょっとしたディスプレイだけでアプリなどを使えない作りになっているので、データ通信SIMでOKです(というかデータSIMしか使えません)。

データ通信SIMの活用方法は以下にまとめているので、よかったら参考にしてみてください。

IIJmioの「データ通信SIM」を活用して「iPad」や「スマホ」や「ルーター」で使おう

2017.12.21