申込むだけでOK!エキサイトモバイルの秋の1万100円キャッシュバック祭りがアツい!




エキサイトモバイルで「秋のキャッシュバックキャンペーン」が開催中。「申し込むだけ」で1万円キャッシュバックと太っ腹な内容

段階制プランで有名な格安スマホの「エキサイトモバイル」で秋のキャッシュバックキャンペーンが開催中です。

キャッシュバックの条件は「ただ申し込むだけ」。それだけで1万円なのはなかなか太っ腹です。

「ちょうどエキサイトモバイルに加入しようと思ってた」って人は今が申し込みのベストタイミングでしょう。

また、ドコモ系の格安スマホを探している人で「そこそこ通信が安定していればどこでも良い」という人ならエキサイトモバイルは狙い目です。

エキサイトモバイル 秋のキャッシュバックの条件

期間内(2017年11月1日〜12月1日)に・・・

  • 音声通話SIMを申し込んだ場合
    →1年の継続利用で1万100円のキャッシュバック
  • SMS付きSIMを申し込んだ場合
    →1年の継続利用で1万100円のキャッシュバック
  • SIMフリー端末 + 音声通話SIMのセットを申し込んだ場合
    →1年の継続利用で1万100円のキャッシュバック
  • データ通信専用SIMを申し込んだ場合
    →1年の継続利用で7,100円のキャッシュバック
ニノくん
夏のキャッシュバックキャンペーンと同じで、秋も条件はこれだけですか?

エキサイトモバイルで夏のキャッシュバック1万円開催中!条件緩めで狙い目!(2017/8/31まで)

2017.08.07
ハルオ
そう!どこも音声SIMはだいたい1年の最低利用期間があるから、条件は無いに等しいと思う

加入すれば、お祝い金で1万円もらえるイメージだね(笑)

そうなんです。そもそも、音声通話SIMは元々はじめの1年以内に解約すると解約事務手数料が1万円発生するから、みんなはじめの1年間は解約する人は非常に少ないです。つまり、音声通話SIMは1年間は普通に継続するつもりの人がほどんど。

ニノくん
しかも、スマホセットでの申し込みじゃなくても、スマホセットと同額のキャッシュバックがもらえるんですね。
ハルオ
その通り!ふつうはスマホセットじゃない方は利幅が小さいからキャッシュバック額も少ないんだけど、今回は音声通話SIMもスマホセットも同額で1万円キャッシュバックされる仕様みたい。

ちなみに、このキャッシュバックキャンペーンのタイミングを逃さない方が良いとは思いますが、もし逃したとしても今後もキャッシュバックキャンペーンは継続される可能性は高そうです。なので、もし今回を逃しても大丈夫かもしれません。

というのも、エキサイトモバイルは「加入者全員に1万円キャッシュバック」を今年の夏にも一度やってて、今回(秋)は、第二弾という形で始めてます。

つまり、夏のキャッシュバックキャンペーンが、そこそこ良い結果を出した可能性が高いです。

ハルオ
よって、今後も継続的に実施する可能性が高いと思われます。



ついでにエキサイトモバイルで他より安く売ってるスマホを紹介。「Zen Fone 4」

このZenFone 4は2017年10月に発売されたばかりの新機種です。

性能が高い「ハイスペックスマホ」というやつで、メーカー希望小売価格(定価)は格安スマホとしては高めの56,800円。他の格安スマホはだいたいこの値段です。

けれどもエキサイトモバイルでは2千円以上安い54,800円で売っています。

今回のキャッシュバック1万100円も考慮すると、定価56,800円のものが→44,700円で買える事になるので、かなりお得です。

  • 名前:ZenFone 4
  • メーカー:ASUS
  • 金額:54,800円(税抜) ※分割払いが可能(3回〜24回)→キャッシュバックで実質34,700円
  • 画面:5.5インチ(ちょっと大きめ)
  • CPU:Qualcomm® Snapdragon 660(ゲームアプリも問題なし)
  • RAM;6GB(十分すぎる!)
  • ROM;64GB(十分!)

エキサイトモバイルは、こういうハイスペックのスマホを安く売るのがウリになっている格安スマホで、そこに関して少し前に以下の記事を書いたのでよければ参考にしてみてください。

高機能スマホがやたらと安いエキサイトモバイルで買うべきSIMフリースマホ3選

2017.08.07

エキサイトモバイルで買うべきSIMフリースマホ3選(P10 lite・NuAns・BLU)【2017年7月時点】

2017.07.24

ASUS ZenFone 4の主な特徴

ZenFone 4についてはエキサイトモバイルの公式サイトでも詳しく紹介してますが、ここでも簡単に特徴をあげます。

なお、意外と知らない人も多いですが、日本のSIMフリースマホブームはこのZen Fone 4の先祖といえる、数年前の機種「Zen Fone 5」が発売されたことで始まりました。それくらいZenFoneシリーズは日本で大ヒットしている人気機種です。

■Zen Fone 4の特徴

  • 7.5ミリの薄いボディ
  • 5.5インチの大きな画面なのに、持ちやすく設計されている
  • 今じゃあたり前ですが、アウトカメラ、インカメラともに高画質
  • ハイスペックCPU、大容量のメモリでPC並みの快適性能を誇る

といった感じ。ちなみに僕はもともとauのiPhone 5を使っていて格安スマホに乗り換えたんですが、その時はこのZenFoneシリーズにしました。今でもZenFoneシリーズを使ってます(ZenFone GOという少し前の機種ですけど)。ZenFoneは日本で一番はじめヒットしたSIMフリースマホと言っても過言ではありません。それくらい王道のブランドです。

格安スマホ会社で働いてた時の余談「”キャンペーン”の内容について」

私は前の会社とその前の会社も格安スマホ事業を展開する会社で働かせてもらってて、主に商品企画的な仕事をしてましたが、プロモーション系の部署と協力してキャンペーンの企画にもちょこちょこ関わっていました。

キャンペーンにはだいたい「バズる系=認知度向上が目的」「実利系=加入者アップが目的」の2種類があるのですが、「バズる系」は「ソフトバンクのケータイ代一生分無料!」とかが好例なんですけど、そういう良い企画は出すのがなかなかムズかしかったです…(実施した企画も結果さほどバズらなかった気がする)。

というのも、会社のプロモーションには当然”予算”というものがあり「奇抜なやつ!」「面白いやつ!」「話題になりそうなやつ!」という視点で企画すると、けっこう「お金がかかりすぎるからダメだね…」っとなることが多いんですね(”キャンプ道具一式(キャンピングカー含む)プレゼント!”とか速攻ボツったのを思い出しました。それは予算以外が原因な気も…)。

「実利系=加入者アップが目的」の方は、「5000円キャッシュバック!」とか「3ヶ月○○○円引き!」とか「新規契約手数料3000円が無料!」なんかが王道です。よく見ますよね。mineoなんかも今まさに割引キャンペーンやってますしね。

mineoに大型割引キャンペーン!まだ間に合う!月額410円にギリギリ滑り込め!

2017.10.31

中でも今回紹介した、エキサイトモバイルがやってる「キャッシュバック(お金をあげる)」はもっとも効果が高いキャンペーンの一つです(実体験)。ただし(当然ですが)、コストもものすごくかかる施策ですが。

個人的には、キャッシュバックはあまりにも「お金をあげるから加入して=そのまんますぎる」ので好きではありませんでした。自分含め、企画している側の人でもそう思っている人は多かったです。なので、できるだけ工夫したキャンペーンをしたいと思っていました。

ただ、いろんなキャンペーンをやっても、結局「キャッシュバックが一番、加入者が増えた」という事がままあるので、「とにかく早く加入者を増やさねばならなくなった!(事業目標の達成などの関係上)」という時などには、キャッシュバックにすがる!なんてことがありました。

今回のエキサイトモバイルの場合はどうだか知りませんが、おそらく夏に実施したキャンペーンがそこそこ効果があったので秋にも第二弾という形で実施しているのだと思います(根拠はなく、ただの勘ですが)。

ハルオ
以上、余談でした。