IIJmioの「10分通話かけ放題」が向いてる人はこんな人!!入らない方がいい人も解説!!




IIJmioの通話定額「10分なら何度でもかけ放題」とは?

IIJmioの「10分なら何度でもかけ放題(以下、10分通話かけ放題)は、「月額830円で“10分以内”の通話なら何回かけても通話料がかからない」というオプションサービスです。

ニノくん
前に解説してた3分通話かけ放題の10分版ですよね?!

IIJmioの「3分通話かけ放題」は入った方がいい?!向いてる人はこんな人!

2017.11.22
ハルオ

そうそう。10分あったら大抵の会話終わるよね?

ニノくん
まあ先輩の友人関係は狭く浅いですもんね…
ハルオ
……。
ニノくん
……。
ちなみに先日解説しましたが、IIJmioには「3分通話かけ放題(月額600円)」もあります。

IIJmioの「3分通話かけ放題」は入った方がいい?!向いてる人はこんな人!

2017.11.22

この「10分通話かけ放題」も、「3分通話かけ放題」と同様で10分以上通話すると超過分だけ通話料が発生する形になっています。

なお、IIJmioについての詳細は以下の記事などを参考にしてみてください。

IIJmio検討中の人は新プラン「エコプラン」が絶対いいと思うシンプルな理由

2017.11.11

IIJmioの評判と特徴!速度やメリット・デメリットまとめ。格安SIMに不安感があるなら絶対IIJmioがいい

2017.06.12

IIJmioの「通話かけ放題」にはみおふぉんダイアルのダウンロードが必須

もともとIIJmioには「みおふぉんダイアル」という電話アプリ(機能は通常の電話アプリと同じ)があります。

みおふぉんダイアルについては以下の記事で解説してます。

IIJmioのみおふぉんダイアルってなに?お得な使い方も解説!

2017.11.22

Google PlayAPP Storeからスマホに無料でダウンロードできるんですが、この「みおふぉんダイアル」を使うとIIJmioの通話料は自動的に半額(20円/30秒→10円/30秒)になります。



ハルオ
なのでIIJmioの音声SIMユーザーの方は「通話かけ放題」はともかく、みおふぉんダイアル絶対つかった方がいいですよ。得しかないので。

そしてIIJmioの通話定額オプション「10分通話かけ放題」は、この「みおふぉんダイアル」を使った通話にのみ適用されます。



ハルオ
スマホに元から入っている電話アプリは「10分通話かけ放題」の対象外です。その点は注意しましょう。

IIJmio ファミリーシェアプランでシェアしている相手となら「10分」でなく「30分」までOK!

IIJmioのファミリーシェアプランとは、1契約、最大SIM10枚でデータ容量(パケット)をシェアできる家族向けのプランです。

もちろん家族利用だけじゃなく、1人でSIM3枚を「スマホ用」「タブレット用」「モバイルWiFi用」に用意してデータ容量をシェアして使うなんてこともできます。

で、IIJmioの「3分通話定額」はこのファミリーシェアプランでシェアしているSIM同士の通話なら10分でなく30分まで何度でも無料になっています。

ニノくん
そんなに増えるんですか?



ハルオ
そう3倍になる!

IIJmioの「10分なら何度でもかけ放題」に月額830円の価値はあるのか?入った方がいい人は?

ここからは、通話かけ放題に入った方が良い人、入らなくてもいい人を検証していきたいと思います。ちょっとわりずらいですが

「10分通話かけ放題」に絶対入った方がいい人

IIJmioの「10分通話かけ放題」は月額830円のオプション料金がかかります。月額830円だとどれくらいの通話ができるのでしょうか?

先述の通り「10分通話かけ放題」は10円/30秒の「みおふぉんダイアル」を使った通話にのみ適用されます。

ということは、普通に通話すると830円分は「41分30秒」になります。

なので1か月の通話時間の合計が「41分30秒以上」の人は、検討の余地があります。

続いて、もう一つ考慮するポイントとしては1回の通話で「10分もいるのか?」という点

これらを勘案すると「通話かけ放題」必ず入った方がいい人は以下の通りです。

結論:「通話かけ放題」必ず入った方がいい人、入らなくてもいい人

  • パターン①:1回の通話が「1ヶ月の通話時間が41分30秒以上の人」「1回の通話が10分以上かかる人」
迷わず10分通話かけ放題に入りましょう
※しかし、1回の通話が「3分以内に終わることがほとんど(厳密には”3分超過分の通話が1ヶ月で11分30秒未満の人”)」は、3分通話かけ放題の方にした方が得です。

ニノくん
混乱してきたーーー!!

一方「1回の通話が10分未満の人」は、「10分通話かけ放題(月額830円)」に入るか、「3分通話かけ放題(月額600円)」に入るか、「通話かけ放題自体に入らないか」の3つの選択肢があります。

ちょっと細かいですが、パターンごとに見ると以下の感じです。

  • パターン②:1回の通話が10分未満+1か月の通話合計が30分未満(30分は3分通話かけ放題の損益分岐点)
このパターンの人は通話かけ放題自体に入らなくて大丈夫です。

  • パターン③:1回の通話が10分未満+1ヶ月の通話時間が41分30秒以上の人
このパターンの人は「10分かけ放題」が良いです。

  • パターン④:1回の通話が10分以上+1ヶ月の通話時間が41分30秒未満の人
このパターンの人は1ヶ月の通話時間合計が30分以上なら3分通話かけ放題に入りましょう。30分未満なら通話かけ放題自体に入る必要はないです。

 

ちょっと複雑ですが、通話かけ放題に入った方が良い人はこんな感じです。

僕自身は「LINE無料通話での通話がほとんどなので、かけ放題はいらない派(パターン②)」なんですが、仕事などでどうしても電話をしないといけない人はかけ放題の加入を検討してみましょう。

ちなみにIIJmioに申し込んで、後から通話かけ放題に加入することも可能(後から解約も可能)なので、一度かけ放題オプションを頼まずに申し込んで1ヶ月の通話時間を確認してから、検討するもありだと思います。