格安SIM6社の「かけ放題」ガチ比較!乗り換えて年間4万円は節約できる!!




格安SIMは「通話をたくさんする人」でも大丈夫になった

「格安SIMって通話料金が高い…」って思っている人が、想像以上に多い気がします。

ニノくん
確かにそんなイメージありますよね。



ハルオ
確かに「結局通話料金で高くつくんじゃない?」って言われることは多いね。

今は格安SIMにも「通話かけ放題」があるから、そんなことは無いんだけどね。

格安SIMは基本的には通話料金が別途発生します。20円/30秒です。ただし、今はどの格安SIMでも「10分通話かけ放題」といったオプションサービスがあります。

10分だけでなく「5分通話かけ放題」や「3分通話かけ放題」をやっているところもあります。

これは、オプション料金(月額850円前後)を払えば、「10分以内の通話なら何度しても料金がかからない」というもの。もちろん、今使っている090や080から始まる電話番号のままでかけ放題になります。

“10分以内”と時間指定があること以外は、大手携帯会社と同じかけ放題のシステムなので、通話を多くする人にはおすすめです。

格安SIMの「10分通話かけ放題」のいい点

格安SIMの通話かけ放題のいい点は主に以下のものがあります。

  • 今使っている電話番号を使える
  • 通話先はどこでもいい(固定電話でも他社の携帯でもなんでもOK)
  • 10分以上通話した場合は、料金は10分を超過した分だけしか発生しない
  • 音声品質もよい(大手携帯会社の電話と同レベル)
  • 通話をよくする人には明らかに安い(コスパが高い)
ハルオ
ちなみに、「電話なんてLINEの無料通話で十分!」って人は通話かけ放題は不要です!(きっぱり)

大手携帯会社 VS 格安SIM「通話かけ放題付きプラン」の月額比較



ハルオ
実際に大手携帯会社の通話かけ放題付きプランと、格安SIMの通話かけ放題付きのプランを比較してみましょう。

例えば、格安SIMのIIJmioを「3GBプラン」×「音声通話SIM」×「10分通話かけ放題(830円)」で契約した場合は月額2,430円になります。

一方で、auの場合は「3GB」×「音声通話SIM」×「5分通話かけ放題」で契約すると月額6,200円になります。

月額料金の差額は3,770円格安SIMの方が圧倒的に安くなります。

初心者に最適。IIJmio のミニマムスタートプラン(3GB)を解説!今なら1GB増量&割引キャンペーンも開催中!

2017.12.06

IIJmioの「10分通話かけ放題」が向いてる人はこんな人!!入らない方がいい人も解説!!

2017.11.24

格安SIM6社の「通話かけ放題」比較

格安SIMの通話かけ放題にはいくつかの種類があります。ポピュラーなのは「10分通話かけ放題」ですが、各社それに加えてユニークな通話かけ放題をもう一つやっています。

  王道系のかけ放題 ユニーク系のかけ放題
IIJmio 10分かけ放題/830円
最安値!
①3分かけ放題/600円
mineo 10分かけ放題/850円 ②通話定額30分(840円)
 通話定額60(1,680円)
楽天モバイル 5分かけ放題/850円 ③完全通話定額(2380円)
DMMモバイル 10分かけ放題/850円
OCNモバイルONE 10分かけ放題/850円 ④トップ3かけ放題(850円)
⑤かけ放題ダブル(1,300円)
LINEモバイル 10分かけ放題/880円

ユニークな方の通話かけ放題を一個ずつ解説していきたいと思います。

①IIJmio「3分通話かけ放題」(月額600円)

これは10分通話かけ放題の3分版です。1〜3分の通話でいつも終わる人なら、この3分版がいいでしょう。ただし、毎回そんなに短い通話じゃないって人はたった230円しか変わらない「10分かけ放題」にしましょう。以下の記事で詳しく書いてます。

IIJmioの「3分通話かけ放題」は入った方がいい?!向いてる人はこんな人!

2017.11.22

IIJmioの評判と特徴!速度やメリット・デメリットまとめ。格安SIMに不安感があるなら絶対IIJmioがいい

2017.06.12

②mineo「通話定額30分」(840円)/「通話定額60分」(月額1,680円)

これは通話かけ放題ではなく、「1ヶ月の無料通話が30分(60分)ついてます」という形です。通話定額30分なら、1ヶ月でトータル30分の通話なら無料というもの。通話定額60分なら1ヶ月で60分の通話が無料です。「10分通話かけ放題」とは違い、1回の通話が10分以上でもOKです。

驚異の月額900円割引が半年間!!mineoの大盤振る舞いキャンペーンが帰ってきた!!

2017.12.11

mineoの評判!速度やメリット・デメリットまとめ

2017.06.12

③楽天モバイル「完全通話定額」(2380円)

大手携帯会社がやっている通話かけ放題とまったく同じです。「10分通話かけ放題」や「無料通話30分」とは違い、なんの制限もありません。純粋に通話し放題です。

ちなみに、楽天モバイルの「スーパーホーダイ」プランは「5分通話かけ放題」が含まれています。

楽天モバイル「スーパーホーダイ」ってなに?!縛り期間はあるの?スマホセットが安くなる?

2017.09.05

楽天モバイルの評判!速度やメリット・デメリットまとめ。楽天市場をよく使う人なら絶対おすすめ

2017.06.12

④OCNモバイルONE「トップ3かけ放題」(850円)

OCNモバイルONEのトップ3かけ放題は、「その月の通話料上位3番号の通話料が0円になる」という格安SIM業界初の独自性の高いサービス。通話はたくさんするけど、「通話相手がいつも同じ」「よく通話する相手は3人くらい」という人は、OCNモバイルONEの「トップ3かけ放題」がオススメです。

⑤OCNモバイルONE「かけ放題ダブル」(1,300円)

OCNモバイルONEの「かけ放題ダブル」は、「10分通話かけ放題」+「トップ3かけ放題」の合わせ技です。つまり、10分以内の通話なら何度でも無料になり、かつその月の通話料上位3番号の通話料も0円にになります。

OCNモバイルONEの評判!速度やメリット・デメリットまとめ

2017.06.12

まとめ

このように、格安SIMの通話かけ放題は、大手携帯会社と比べて安くなるだけでなく、サービスに多様性もでてきています。

ちなみに、格安SIMに乗り換えようとしている人で「通話かけ放題に入るべき」か「入らないべきか」で悩んでいる人は多いと思いますが、 通話を1ヶ月で40分以上する人は、10分通話かけ放題に入っておくことをオススメします。 

1回の通話が10分以内ならなおさらですね。結果的にその方が安上がりになりますので。


ハルオ
通話かけ放題を検討する時は、1ヶ月で通話時間が40分を超えるかどうか、を判断基準にしてみてください。