【ライバルMVNOのここがスゴイ】LINEモバイルが初めての格安スマホに絶対的におすすめな9つの理由




こんにちは。格安スマホ会社で働くハルオです。

この【ライバルMVNOのここがスゴイ】は連載モノで、自社のライバルにあたる格安スマホ会社のすごいと思う点について、本気で解説していきます。

ハルオ
正直、他社研究になり自社の格安スマホの改善点も見つけられるし、記事にもできる。一石ニ鳥な企画なんです。
ニノくん
先輩、ちゃんと勉強してきてくださいね。
ハルオ
お前も一緒にやるんだよ!

今回は「LINEモバイル」について解説していきます。

LINEモバイルとはなんなのか?

LINEモバイルとは、メッセンジャーアプリで有名な「LINE」が提供する格安スマホです。

LINEモバイルは2016年9月にサービスを開始となっていて、格安スマホの中ではかなり新しいブランドですね。

ハルオ
にもかかわらず、今、猛烈な勢いでシェアを増やしている格安スマホなんだ。
ニノくん
のんさんのCMよく見かけますよね。

LINEモバイルのすごいところ

ハルオ
同業者から見てLINEモバイルのすごいところを挙げると・・・

独自性のあるプラン・実店舗での販売開始・オプションサービスの追加などの事業シナリオを前もってほぼ完璧に作り、それをスピーディーに遂行し一気にライバルと肩を並べたところ。

◯ユーザーファースト(顧客第一主義)を掲げ、それを建て前でなく本気で実践しているところ。
(キャッチコピーの「愛と革新」の”愛”の部分と思われる)

◯シンプルな商品設計を心がげているところ。
(キャッチコピーの「愛と革新」の”革新”の部分と思われる)

ニノくん
進化をつづけてて、かつユーザー目線に立った格安スマホ、それがLINEモバイルなんですね。

LINEモバイルはなぜ初めての格安スマホにむいている?

なんといっても、LINEモバイルは説明書・WEBサイト・カスタマーセンター・店舗などで手厚いサポートにこだわるとともに、シンプルなプラン設計をおこなうことで「ユーザーファースト(顧客第一主義)」を本気で実践しています。

だから、格安スマホがよくわからない人でも安心して使い始められると思います。

ハルオ
プランも超シンプルってわけじゃないけど、シンプルすぎると他社と差別化にならないからね。

“差別化”できて”シンプル”でもある絶妙なプランかなと思うよ。

ニノくん
LINEモバイルで扱っているSIMフリースマホも、初心者向けの「低価格だけど性能がなかなか良い」やつが多いですよね。
ハルオ
まさにその通り!

LINEモバイルでセット販売しているSIMフリースマホは、初めて格安スマホを使う人にはぴったりな機種が多い。

機種の選定にもこだわりを感じられるんだ。

補足説明
後述もしますが、上記のHUAWEI nova lite(19,900円)、GRAND X LTE(12,800円)あたりの機種は比較的安いほうですが、値段にくらべてスペックは良い、高コスパの機種です。

”他社と違うけどシンプル”なLINEモバイルの料金プラン

LIENモバイルのすべての料金プランに共通して言えることは、

特定のアプリやサービスのデータ通信量をカウントしない「カウントフリー」といわれる特徴を持っている点。

ふつうは契約時に選んだデータ容量をひと月の間に使い切ってしまうと、通信速度が低速化してしまいますよね?

だけどLINEモバイルは、特定のアプリやサービスを使っている場合はそもそもデータ容量を消費されないし、ひと月の間にデータ容量を使い切った場合でも特定のアプリやサービスは高速通信のまま使いつづけられるんです。

ハルオ
たとえば、LINEの看板プランである「コミュニケーションフリープラン」は、3GB~10GBから自分の選んだデータ容量を使えるんだけど・・・
ニノくん
それはどこの格安スマホでも一緒では?
ハルオ
そうだね!

ただ、LINEモバイルのコミュニケーションフリープランならLINE、Twitter、Facebook、Instagramはカウントフリー対象となり、いくら使ってもデータ容量が消費されない。自分の選んだデータ容量を使い切っても、高速通信のまま利用できるんだ。

ニノくん
じゃあ、コミュニケーションフリープランの3GBに入ってInstagramで2GB使っても、それはカウントされず、まるまる3GB残っているんですか?
ハルオ
その通り。

ふつうの格安スマホだとその場合は残り1GBになってしまうけど、LINEモバイルならまるまる3GB残る!

ほかにも、「MUSIC+プラン」と「LINEフリープラン」があります。
プランの詳細はこちらの記事で紹介してるので参考にしてもらえると幸いです。

LINEモバイルの評判!速度やメリット・デメリットまとめ

2017.06.12

LINEモバイルが初めての格安スマホにおすすめな9つの理由

ハルオ
ここからは、LINEモバイルのすごいところを具体的に挙げていくよ。

①説明書などが凝っていて、わかりやすい

LINEモバイルを実際に申し込んだ際に同梱されてた説明書の画像を貼っておきます。

第一印象は「シャレオツ!!」。

やっぱりLINEスタンプとかたくさん作ってるだけあって、デザインと構成がとてもよかったです。

通信系の会社はお固いところが多いんでデザインとか弱いとこが多いので、こういうデザイン性の高い制作物はちょっと衝撃でした。

説明書はグレーの封筒に入っていて、白地のものはSIMの入った封筒です。

グリーンの冊子が取扱い説明書です。

ハルオ
説明書の中も、文章がびっしり入ってる感じでなく写真や図が多めで、わかりやすい。

説明書とかがいっさい入っていない格安スマホも多いなか、LINEモバイルはかなり初心者に優しい作りになっています。


ニノくん
先輩、これは見習ってくださいね
ハルオ
てめぇもな!!

まあ、でもほんとうその通りです。

②初月の月額料金が無料

LINEモバイルは初月の月額料金が無料です。

格安SIMは月のどのタイミングで入っても月額料金はまるまる取るところも少なくありません。

たとえば、月末の31日にSIMが届いてもその月の月額料金が満額かかるって、ちょっと悔しいですよね。

上級者になると、SIMの届く日とかを逆算して申し込みをしますが、ふつうはそんな計算しませんからね。

でもLINEモバイルなら初月は無料だからそういう心配はありません。これもユーザーに配慮した作りです。

③初心者に適したSIMフリースマホを厳選して売っている

LINEモバイルで売っているSIMフリースマホは、安価なものが多いです。

ただ、ラインナップを見ていると安価といっても”ちゃんと使える、スペックがそれなりにいい良い機種”を厳選して選んでいると思います。

HUAWEI nova lite(19,900円)、arrows M03(27,800円)、GRAND X LTE(12,800円)このへんの機種は比較的安いほうですが、値段にくらべてスペックは良い、高コスパの機種です。

関連記事を貼っておきます。

黒船襲来。アメリカ製のSIMフリースマホ「BLU」が上陸。エキサイトモバイル・LINEモバイルなどで販売開始

2017.07.01

③問い合わせがLINEでできる

LINEモバイル公式アカウントに、LINEのトーク機能を使って年中無休で問い合わせができるんです。これはありがたいですよね。

電話の問い合わせだと待ち時間が長かったり、メールの問い合わせだと全然返信がこなかったりと、格安SIMにかかわらず問い合わせって結構ネックですからね。

それがLINEで手軽かつにできるというのはかなりいいと思います。友達とかに返事返すついでに、月額料金とかもトーク機能で問い合わせられますからね。

もちろん、通常の電話サポートなどもあります。

④初心者に適した応援キャンペーンをしている

◯2ヶ月連続3GBデータ増量キャンペーン

キャンペーン期限:2017年8月31日

これはLINEモバイルで今やっている、「コミュニケーションフリープラン」か「MUSIC+プラン」で新規申し込みしたら、契約したデータ容量にプラスして最大2ヶ月連続で毎月3GB(合計9GB)増量されるキャンペーン。

「自分がどれくらいのデータ通信量を使うわからない」という人は、あえて少なめのデータ容量プランを選んで、このキャンペーンで自分のデータ通信量を探ってみるというのはアリです(そのあと容量のプラン変更ができるから)。

ハルオ
ただ、LINEモバイルは主要SNSがカウントフリー(データ通信の消費ゼロ)なので、実際に消費するデータ通信量は思っていた以上に少ないという声がけっこうあるそうです。

◯2ヶ月連続3GBデータ増量キャンペーン

キャンペーン期限:2017年7月31日

音声通話SIMでご利用開始された方限定で、下記の特典がつくキャンペーンです。これはかなり使えるので、嬉しいですよね。

①LINE STORE コース

ゲームもマンガもスタンプも楽しめるクレジットを最大4,000円相当プレゼント!

②LINEマンガ コース

マンガ好きのあなたに…!最大5,000円相当のマンガコインプレゼント!

③キャッシュバック コース
初期費用を抑えたい…そんなあなたにすぐに使える最大2,000円相当をLINE Payでキャッシュバック!

「LINEマンガ」は約20万冊以上のマンガ・ライトノベルを購入して読むことができるサービス。

「LINEスタンプ」はご存知の方も多いと思いますが、アニメキャラなども豊富なLINEで使えるスタンプサービスです。

その他、空いた時間に気軽にできるLINEの「ゲーム」などにも、LINE Payのキャッシュバックもありますね。

⑤通信速度が早い

正確には”今はまだ”とても速い、と言えるかもしれません。

LINEモバイルの場合はサービスがはじまって間もない(1年弱)。だからまだ比較的、通信帯域が混み合っていないと思われます。

もうしばらくは通信速度がとても速い状況が続くと思われます。

ハルオ
ただ、LINEモバイルは会社のポリシーとして「ユーザーが第一!」と掲げているので、今後も常に一定の品質は維持されると思います。

⑥乗り換えの際にスマホが使えなくなる期間がない

これは大手ならどの格安SIMもいまはやってますが、LINEモバイルも例外ではないです。

大手携帯会社から乗り換えた場合、大手携帯会社が使えなくなるタイミングと、LINEモバイルが使えるようになるタイミングが同じということです。

簡単に説明すると以下のイメージで、大手携帯会社からLINEモバイルへの乗り換えが完了します。

  • LINEモバイルのSIMカード受け取る。
  • MNP開通受付窓口(電話番号 0120-889-279)へ連絡する。
  • 連絡後、約2時間程度でLINEモバイルのSIMカードが利用可能に。
    ※MNPの開通受付窓口へ電話がない場合、SIMカードが配送された翌々日の午後に自動的に切り替えがされる。

⑦3日制限がない

格安SIMの場合、3日間のうちに一気にたくさんのデータ通信をすると、通信速度を1日程度に遅めに抑えられてしまう、たまにそんなルールがある格安スマホがあります。

これを3日制限というのですが、LINEモバイルの場合はこの3日制限がありません。

なので小難しいことを考えずに使うことが可能です。これは初心者には嬉しい仕様です。

⑧「LINE」や「Facebook」、「Twitter」に「インスタグラム」を使い放題

これは先述の通りですね。

「コミュニケーションフリープラン」は3GB、5GB、7GB、10GBから好きな容量を選べ、かつデータ通信量のカウントが一切ない状態で、上記SNSが使えます。

インスタグラムやFacebookとかは写真の読み込みでけっこうデータ通信量を使いますからね。

SNSのヘビーユーザーならベストと入れるプランです。

⑨LINEのID検索が使える

「格安SIMはLINEのID検索が使えない」ので、それをネックに思っている人も多いかと思いますが、LINEモバイルならふつうに使えます。

まあ、個人的にはLINEのID検索が使えなくてもさほど困らないですが。