データ容量1GBプランが使えるおすすめ格安SIM7社の比較。1GBプランが向いてる人は?




1GBのデータ容量プランは「スマホ初心者向け」or 「ライトユーザー」向け

1GBプランはデータ容量的にはかなり少ないほうです。

ハルオ
1GBプランがあっている人は以下の感じです

1GBプランが向いている人

  • スマホ初心者な人(使い始めな人)
  • ずっとガラケーを使ってて、携帯で動画をみる習慣がない人
  • 普段スマホですることといえば「LINE・Twitter・WEBサイト閲覧・メール」くらいの人
  • WiFi環境下にいることが多い人

こうした方に最適なのが1GBのデータ容量です。

とはいえ、意外とデータ容量が1GBで十分な人は多いはずです。以下の通り、7割の人が1ヶ月のデータ通信量が1GB未満というデータもあるので。

ニノくん
「1GB未満」の人多いですね。70%以上ですか。
ハルオ
大半が1GB未満。3GB未満なら90%超え。10代・20代の人は7〜8GB使うはザラだけど、40代・50代・60代以降の人はそんなに使う人は少なかったりするんだよね。

なお、格安SIMの場合、月額プランはWEBサイト上で毎月1回変更可能なので、「1GBじゃ足りないな」と思ったら翌月からもう少しデータ容量の多いプランに変更すればOKです。

ちなみに、毎日動画を見たり、SNSもデータの軽い文章中心のTwitterでなく、データ容量を食うInstagramやFacebook中心の人は、データ容量は1GBでなく3GBプランで様子見をしてみるのがオススメです。

1GBプランなら、「バースト機能」は重視したい

1GBプランは、ふだんよりネットをたくさんした月があるとすぐ速度制限がかかってしまう可能性があります。

そのため、速度制限になった時でも最初の数秒だけ高速通信してくれる「バースト機能」がついた格安SIMがおすすめです。

バースト機能をやっている格安SIMは「IIJmio」・「DMMモバイル」・「エキサイトモバイル」・「OCNモバイルONE」などです(後ほど後述)。

ハルオ
速度制限がかかってなくても、意図的に低速通信に切り替えた時にもバースト機能は発動されるので、低速通信でデータ容量を節約する時にも役立ちます。

格安SIMの「バースト機能」で、データ容量を節約しよう!バースト機能のメリットと注意点を解説。

2018.08.14

データ容量1GB使える、おすすめの格安SIM7社の比較

大半の格安SIMは1GBプランがありますが、当サイトで一番良い格安SIM(格安スマホ)と認定しているIIJmioは1GBプランを提供していません(3GB/6GB/12GBのみ)。

ハルオ
というのも1GBプランと3GBプランって月額250円くらいしか変わらないから。IIJmioが1GBを提供しない理由はここです。

1GBと3GBにたいして価格差がないなら、いたずらにプランを増やすよりもシンプルに3つだけのデータ容量プランにしようということだと思います(IIJmioの場合)。

また、お客さんの方も「1GBプランの3倍もネットができる3GBプランに一応しておいた方が安心かな…」、という心理も働くからでしょう。

とはいえ、「1GBプランで十分!」「月額250円の違いでも年間3000円も節約になる!」というニーズもあるので、格安SIMでデータ容量1GBプランをラインナップしているところの料金比較表を記載します。

ハルオ
どこも月額料金に大差はありません。ここで紹介している格安SIMはいずれも通信速度・サポート体制などはしっかりしています。サポートや今後の動向に不安があるU-mobile、DTI SIMなどは以下の比較表から外してます。

なので、どの格安SIMを選んでも大きな失敗はないでしょう。フィーリングやポイント制度などで選ぶのでもいいと思います。

格安
SIM
プラン 詳細

mineo

音声SIM

1GB

D:1500円
A:1410円

au、ドコモ、ソフトバンク全てに対応した格安SIM。通信速度の安定感が素晴らしい。

 毎月1GBまでなら無料で引き出せる「フリータンク」 など、独自性のある便利サービスが多い。「マイネ王」というユーザーのコミュニティサイトもあり、疑問などをすぐに解決できるのも◎。

ソフトバンク回線プランには1GBプランはなし。3GB〜。

DMMモバイル

音声SIM

1GB

1260円

  月額が格安SIM・格安スマホ業界で一番安い「業界最安値の格安SIM」。 
月額の10%のDMMポイントが貯まるのも嬉しいところ。1契約でSIMが3枚使えるシェアコースがある。

LINEモバイル

音声SIM

1GB

1200円

LINEモバイルの1GBプランは LINEをいくら使ってもデータ容量が減らない「LINEフリープラン」という名称。 
問い合わせがLINEでできたり、サポートも非常に手厚く、初めての格安スマホに最適です。

BIGLOBEモバイル 

音声SIM

1GB

2150円

最近CMをバンバン流してる格安スマホ業界の老舗BIGLOBEモバイル。通信品質が安定しているし、いつもキャッシュバックキャンペーンや6ヶ月×月額1200円割引などをやってるのが魅力。

 YouTubeや、Abema TVなどが額390円で見放題になる「エンタメフリー」オプションが超使える。 

ただし、エンタメフリーオプションは3GB以上のプランからじゃないとダメ。

エキサイトモバイル

音声SIM

1GB

1360円

 

 データ容量を使った分だけ払う「従量制プラン」がウリで、1GB以上使えば次は2GBの料金になる。 

1GBじゃ足りないかな?という人はエキサイトモバイルにしておけば、1GBじゃ足りない時にわざわざプラン変更しないでも勝手に調整してくれるので非常に便利。

UQモバイル

おしゃべりプランM
音声SIM2GB(→1GB)1980円
(→2980円)
KDDIグループの格安SIM。通信速度は業界No.1。
5分通話かけ放題「おしゃべりプラン」が人気で、スマホを分割購入した場合は毎月割引があり実質数百円でスマホを買える。
ただし2年目からはデータ容量が半分になり、月額料金が+1000円になる。2年目からはちょっと高い。

Y!mobile

スマホプランM
音声SIM2GB(→1GB)1980円
(→2980円)
ソフトバンクの展開する格安SIM(厳密にはサブブランド)。
通信速度・プラン内容ともにUQモバイルと非常に似ている。
スマホを分割購入した場合は毎月割引があり実質数百円でスマホを買える。 
ただし2年目からはデータ容量が半分に、月額料金が+1000円になる。
ニノくん
どこも似たり寄ったりですね。
ハルオ
その通り。「月額料金」・「通信品質」や「アフターサポート」は正直使ってみても差がほぼないと感じるね。フィーリングで選んでもいい気がする。

ドコモ・au・ソフトバンク全てのスマホに対応した万能選手「mineo」

mineoは万能型の格安SIMで全てにおいてバランスが良いです。月額料金が先に紹介した楽天モバイル・DMMモバイルより少し高いですが、数十円程度の差なので気にしないでいいでしょう。

また、ドコモ・au・ソフトバンクすべての回線に対応した格安SIMなので、どのスマホを使っている人も乗り換えやすいです。

キャンペーンも頻繁にやっていて、申し込み時のコストも下げられます。

~18/8/31) mineoの「ソフトバンク回線プラン先行予約キャンペーン」の詳細!

2018.08.03

~18/11/6) au・ドコモ・SoftBank全て対応!最強mineoの「333キャンペーン」を解説!

2018.07.30

他にも、「フリータンク」といって1GBまでなら無料で毎月引き出せるオプションサービスがあるため、1GBプランでも実質2GB使える。

また、「マイネ王」といってmineoユーザーたちによる「Yahoo!知恵袋」的なサイトもあってわからないことがすぐ解決できます(マイネ王もmineo公式サイトです)。

■mineoの音声通話SIMの料金

ハルオ
上記の料金は090や080の通話ができるSIMの価格です。

つまり、大手携帯会社のSIMとまったく同機能を有しているSIMです。

プラン名 月額
1GB 1410円
3GB 1510円
mineoの解説は以下の記事で。

mineoの評判!速度やメリット・デメリットまとめ

2017.06.12



最安値で使いたいならDMMモバイル一択

DMMモバイルは格安SIMで最安値になります。どこの格安SIMよりも月額料金が安いので私はもう3年半くらい使っています。

ハルオ
ひいき目なしで、DMMモバイルは使っててストレスがないです。

しかも、通信品質はIIJmioから設備を借りているので安定しています。「中の中」〜「中の上」といったところでしょうか。

ハルオ
また、DMMモバイルはバースト機能を搭載した格安SIMなので、1GBで使う人にも安心しておすすめできます。

DMMモバイルの料金プラン

DMMモバイルの1GBプランは業界最安値です。品質もいいので、安さを求めたい人はDMMモバイルがおすすめです。

ハルオ
上記の料金は090や080の通話ができるSIMの価格です。

つまり、大手携帯会社のSIMとまったく同機能を有しているSIMです。

プラン名 月額
1GB 1260円
3GB 1500円

DMMモバイルのメリット

DMMモバイルの一番のメリットは「月額料金の安さ」です。業界最安値をひたすら貫いている格安SIMで、他社が最安値に更新しても、翌日あたりにそれを上回る最安値へ更新してくるという徹底ぶり、それがDMMモバイルです。

また、月額の10%という高レートでDMMポイントが貯まっていくのもナイスです(月額2500円のプランなら毎月250円分のDMMポイントが貯まる。3ヶ月分貯められるので750円の動画作品などを購入できます)。

DMMモバイルで貰えるポイントの有効期限は?電子書籍やDMM動画で使える?DMMポイントの活用術を紹介!

2018.05.05

DMMモバイルのデメリット

DMMモバイルも基本的にはデメリットらしいデメリットはないです。

強いて言えば、セット購入できるSIMフリースマホの金額が定価に近いため、「IIJmio」や「楽天モバイル」、「OCNモバイルONE」などのSIMフリースマホが安い格安SIM会社に比べるとちょっと高めな点です。

それでも家電量販店と同額、またはちょっと安いくらいですが。

ハルオ

「どこの格安SIMを使っているんですか?」と聞かれた場合に「DMMモバイルです」というと若干恥ずかしい(エロのイメージが強いから)くらいですね。

DMMモバイルを3年使ってみた感想。デメリットは?本当に安い?ポイントはどれくらい貯まる?

2018.01.05

DMM mobileの評判!速度やメリット・デメリットまとめ

2017.06.12



6GBよりも使う月、あるいは全然使わない月もありそう…という人はエキサイトモバイルもおすすめ

エキサイトモバイルは「最適料金プラン」といって、データ容量1GBごとに月額料金が決まっており、毎月使った分に応じて月額料金がかかる変動制のプランになっています。

月額料金が天井知らずで上がらないように上限10GBで設定されています。10GB以上の月額料金がかかることはありません。

ハルオ
エキサイトモバイルには、普通の「定額プラン」もあります。

「5GBじゃデータ容量が足りるか不安…」または「5GBもいらないかも…」という人はエキサイトモバイルがおすすめです。

ハルオ
ちなみにエキサイトモバイルの最適料金は、通信速度をマイページ上で「低速モード」に切り替えることができ、低速モードにするとカウントを止まり、料金がそれ以上は上がらなくなります

ちなみに、エキサイトモバイルもDMMモバイル同様に「IIJmio」の設備を借りている格安SIMのため、通信速度や通信品質はIIJmioとほぼ変わりません(つまり、品質は良い方です)。

ハルオ
また、エキサイトモバイルも、バースト機能を搭載した格安SIMなので、1GBで使う人にも安心しておすすめできます。

エキサイトモバイル「最適料金プラン」

エキサイトモバイルは、使った分だけ払う最適料金プランがおすすめです。お得度高いです。

ハルオ
上記の料金は090や080の通話ができるSIMの価格です。

つまり、大手携帯会社のSIMとまったく同機能を有しているSIMです。

1枚コース
低速通信のみ ¥1,200
500MB ¥1,330
1GB ¥1,360
2GB ¥1,470
3GB ¥1,580
4GB ¥1,850
5GB ¥2,150
6GB ¥2,300
7GB ¥2,600
8GB ¥2,820
9GB ¥2,900
10GB ¥3,080
ハルオ
ちなみにエキサイトモバイルには、普通の「定額プラン」もあります。

エキサイトモバイルの評判!速度やメリット・デメリットまとめ

2017.06.12



まとめ

1GB使えるおすすめの格安SIMはいかがだったでしょうか。

ハルオ
1GBプランにする場合は、Wi-Fi環境下が自宅や会社にあった方が安心です。1GBじゃ不安な人は、料金が少ししか変わらない3GBプランにした方がいいでしょう。

3GBくらいのデータ容量プランがいい人は以下の記事を参照してみてください。

よし!格安スマホに乗り換えよう!でもプランとかわからん!な人は「3GB 」×「音声通話SIM」にするべし!

2017.11.28




ABOUTこの記事をかいた人

通信・放送系およびIT系の会社で格安スマホやWiMAXなどの企画を6年ほど経験し「格安スマホって革命的」と感じた一方で「みんなまだ全然使ってない…」ことも実感し、当サイトを立ち上げました。 「格安スマホ検討中の人」の参考になったら幸いです。