黒船襲来。アメリカ製のSIMフリースマホ「BLU」が上陸。エキサイトモバイル・LINEモバイルなどで販売開始




黒船襲来!アメリカ製のSIMフリースマホが来た

SIMフリースマホといえば中国メーカーのHUAWEIや台湾メーカーのASUSなんかが有名ですが、ついにアメリカ発のSIMフリースマホが日本でも発売されることになりました。その名も「BLU」(ブルー)です。

ハルオ
黒船襲来!!
アメリカ製のSIMフリースマホがついにキタね!
ニノくん
たしかに黒船の再来ですね。”リア・ディゾン超えの逸材”と言われるアンジェラ芽衣ちゃん。ついに黒船の後継者が現れましたね。
ハルオ
ちげーよっ!!黒船違いだわ!!

頼むから、そのネタ会議とかでブッ込んでくれるなよ!!

BLUってどんなメーカー?

BLUは、アメリカはフロリダ州マイアミに本社を構える携帯端末メーカー。創業は最近で2010年設立の新進気鋭の企業なんです。デザインの美しさにこだわるとともに、高いクオリティの製品を提供することをコンセプトにし、アメリカで猛烈な勢いで成長しています。

なんと創業からわずか5年後の2015年には、米国のSIMフリースマートフォン市場でシェアNo.1を獲得しているというまさに「SIMフリー・THE・アメリカ」なスマホメーカなんです。

日本での正規代理店(卸元)はソフトバンクグループと大手のため、これから間違いなく格安スマホ会社での端末ラインナップに加わることでしょう。

現在、販売しているところは「エキサイトモバイル」、「LINEモバイル」ですね。

エキサイトモバイルの評判!速度やメリット・デメリットまとめ

2017.06.12

【ライバルMVNOのここがスゴイ】LINEモバイルが初めての格安スマホに絶対的におすすめな9つの理由

2017.07.04

どんな機種(モデル)?価格は?

今回、日本の格安スマホで販売開始した機種は「GRAND X LTE」という機種です。
メタル製ボディのモデルでディスプレイサイズは5型(普通のサイズ)の高解像度ディスプレーです。iPhoneにちょっと似たデザインになってます。

ニノくん
デザイン自体はよくある感じですね。
ハルオ
そうだね。流行りの少しだけ角が丸みをおびた王道デザインだね。ただ、この機種はデザインよりも価格に注目だよ。ものすごく安いんだ。

■名称:BLU「GRAND X LTE」
■販売開始日:2017年6月30日(金)
■希望小売価格:12,800円(税抜)
■販売場所:AmazonエキサイトモバイルLINEモバイル(2017年7月1日現在)

価格は、Amazonでスマホ本体のみ買う場合、またはLINEモバイルでSIMとセットで買う場合は12,800円。

エキサイトモバイルでSIMとセットで買えば千円安くなって11,800円です。

まさかの1万台前半。これは相当安いです。格安スマホ会社でこうしためちゃくちゃ安いモデルを扱うことはレアです。これまでは、最安でも2万円弱くらいのものでした。

おそらく、日本で初めてのアメリカ発のSIMフリースマホということで、幅広く使ってもらいますように低価格帯の機種にしたのでしょう。BLUというメーカー自体は、中・高価格帯の機種なども展開しているので、今後、日本でもBLUの中・高価格帯の機種がラインナップされてくると思います。

ニノくん
へぇ~。確かにめちゃくちゃ安いですね。
値段以外にすごいところってあるんですか?
ハルオ
そうだね、この機種の良さは「1万円ちょっとの安さの割に、デザイン・スペックのレベルが高い」というところだよ。

たとえばこんなところ。

  • IT技術最先端のアメリカのメーカーな点。
  • スマホカバーが初めてから付いてる点。
  • 1万円台なのに金属製ボディでデザインに高級感があるところ。普通この価格ならプラスティック製ボディで安っぽくなる。
  • 1万円台なのにAndroidの最新版「Android7.0」を搭載している点。普通この価格ならひとつ古い「Android6.0」になる。

スペックは?

スペックは下記の通りです。上級者向けのハイスペックスマホではありませんが、12,800円と考えるとかなり良いスペックです。
スマホライトユーザーならまったく問題なく使えます。あとは、上級者のサブ機としても良いと思います。

通信方式 GSM/HSPA/LTE
対応バンド 2Gバンド:2/3/5/8
3Gバンド:1/6/8/19
4Gバンド:1/3/6/8/9/19
最大通信速度(下り/上り) HSPA:42.2Mbps/11.5Mbps
LTE:150Mbps/50Mbps
サイズ(幅×高さ×厚さ)/重さ 約146×72.3×9.4mm/約167.2g
ディスプレー 約5.0インチHD(720×1,280ドット)
TFT液晶
モバイルカメラ メイン 有効画素数 約800万画素/LEDフラッシュ
サブ 有効画素数 約500万画素/LEDフラッシュ
Bluetooth® Ver.4.0
外部メモリー/推奨容量 microSDカード(別売)/最大32GB
内蔵メモリー ROM 8GB
RAM 1GB
CPU(クロック数/チップ) クアッドコア(1.25GHz×4)/MT6737
電池容量 2,400mAh
Wi-Fi(対応規格、周波数) IEEE 802.11 b/g/n(2.4GHz)
OS Android 7.0 Nougat
カラーバリエーション ブラック、シルバー、ゴールド、ローズゴールド
製品構成 スマートフォン×1、専用ケース×1、micro USBケーブル×1、イヤホン×1、保証書×1、初期設定ガイド×1、SIM取り出しピン×1、クイックガイド×1
補足説明
最近は各スマホメーカーがオリジナルのUIアプリをいれてて、素のままのAndroidスマホは少ないんですが、BLU「GRAND X LTE」はめずらしくAndroid7.0がまっさらな状態でインストールされています。エンジニアの人やガジェット好きの人はけっこう好きかもしれないですね。

どこで買うのがお得?

ドコモ・au・ソフトバンクといった大手携帯会社から格安スマホへの乗り換えを予定している人なら、格安スマホ会社のWEBサイトでSIMとセットで買った方がお得だと思います(スマホセット購入だとキャンペーンや割引などが適用されるため)。

ハルオ
予想だと、IIJmioは最近SIMフリースマホの取扱い機種を増やしてきているので販売すると思います。
あとは、LINEモバイルも低価格のSIMフリースマホを取扱うところが特徴なので、販売しましたね。
あとBIGLOBE SIMAmazonでSIMとセット販売をすでに行っているので、BIGLOBE SIMのWEBサイトでもそのうち販売しするのではないかな、たぶん。

エキサイトモバイルIIJmioLINEモバイルあたりが固いところですが、それ以外の格安スマホに乗り換え予定の人はAmazonでスマホ本体だけ買うのがいいですね。もうSIMを持っていてスマホ本体だけほしい人はAmazonで買いましょう。

補足説明
ちなみに、今回のBLU「GRAND X LTE」のようなSIMフリースマホと言われるものは、ドコモなどの大手携帯会社のSIMを挿しても通信できます。ドコモやauやソフトバンクのままで、「SIMフリースマホってどんなもんか」試しに使ってるみるにはうってつけの機種かもしれません(安いから)。

格安スマホ会社でSIMとセット購入

エキサイトモバイルは目新しいSIMフリースマホの取扱いに積極的な格安スマホ会社です。今回のBLU「GRAND X LTE」も真っ先に販売開始しましたね。

ハルオ
格安スマホ会社は、みずからスマホを仕入れて販売しているところがほとんど。
だから売れ残りリスクを考えて、ほんとうに売れそうな機種しか仕入れないからラインナップが少なくなりがちなんだけど、エキサイトモバイルはいつもすごい強気なんだよね!ガンガン新機種を追加する特徴を持っています。

ハルオ
あとは、LINEモバイルですね。

このサイトでは初めて格安スマホを買うならLINEモバイルがオススメだと思っています(今のところは)。

【ライバルMVNOのここがスゴイ】LINEモバイルが初めての格安スマホに絶対的におすすめな9つの理由

2017.07.04

Amazonでスマホ本体のみ購入

AmazonでBIGLOBE SIMとスマホ本体を購入

 

ハルオ
このBIGLOBE SIMのセットは2万円のキャッシュバックがついてるし、格安スマホ会社のWEBサイトで買うと必ずかかる初期手数料3,000円もかからないし、一番お得かも。

ちなみにBIGLOBE SIMは業界3位~4位の超大手で、通信品質はかなり良いです。あと値段も安い方なんでおすすめ度は高いですね。




ABOUTこの記事をかいた人

通信・放送系およびIT系の会社で格安スマホやWiMAXなどの企画を6年ほど経験し「格安スマホって革命的」と感じた一方で「みんなまだ全然使ってない…」ことも実感し、当サイトを立ち上げました。 「格安スマホ検討中の人」の参考になったら幸いです。