IIJがタフスマホ「CAT S40」と着せ替えスマホNuAnce NEO Reloadedなどの取扱開始




先日、本サイトでも以前お伝えした、キャタピラー社のタフスマホ「CAT S40」に加え、Trinity社の「NuAnce NEO Reloaded」をIIJmioで取扱うことをIIJが発表(゚∀゚)

インターネットイニシアティブ(IIJ)は、SIMフリー端末を販売する「IIJmioサプライサービス」のラインアップとして、「CAT S40」(キャタピラー製)、「BLADE V8」 (ZTE製)、「GRANBEAT」(オンキヨー製)、「NuAns NEO [Reloaded]」(トリニティ製)の取り扱いを開始した。価格はすべて税別。

6月1日10時より、一部期間限定として、IIJmioのWebサイトで順次発売する。なお、「NuAns NEO [Reloaded]」の発売日は未定とのことだ。価格コム新製品ニュースより抜粋

他にも、これまた以前本サイトでお伝えした「BLADE V8」 (ZTE製)」もラインナップするようです。

IIJmio、ちょっと変わった機種の取扱いを進めていますねえ!はっきりいって、最近のSIMフリースマホの主流は「中華系」と言われる、中国・台湾などのメーカーですからね(・∀・)

キャタピラー社はアメリカで、Trinityは日本の会社ですからね。今回はそんな流れに一石を投じる形ですね。ただ、6月はHUAWEIのP10シリーズの販売が控えてますからね( ´ー`)フゥー...

まだまだ中華系SIMフリースマホの勢いは止まらないでしょうが、それでも「なんかどれもこれも同じに見える」と言われがちな昨今のSIMフリースマホの中に、こういう個性の強い機種が現れてくれること、そしてそれをMVNOがSIMと一緒に販売してくれることは、いい流れだと思います(・∀・)

他にも最近だとONKYOのハイレゾスマホ「GRANBEAT」とかも変わり種のひとつですね(扱っているところが楽天モバイルとエキサイトモバイルくらいしかないですが)。

楽天モバイルの評判!速度やメリット・デメリットまとめ。楽天市場をよく使う人なら絶対おすすめ

2017.06.12

エキサイトモバイルの評判!速度やメリット・デメリットまとめ

2017.06.12

ちなみに、Amazonでも本体のみ売っています。すでに格安SIMを使っている人、またはドコモやau、ソフトバンクホークスのSIMを使いたい人はAmazonで買いましょう。




ABOUTこの記事をかいた人

通信・放送系およびIT系の会社で格安スマホやWiMAXなどの企画を6年ほど経験し「格安スマホって革命的」と感じた一方で「みんなまだ全然使ってない…」ことも実感し、当サイトを立ち上げました。 「格安スマホ検討中の人」の参考になったら幸いです。