MNPとはなんなのか?MNP予約番号の取得方法と注意点を紹介!




はじめに

今やスマホでできることは数多く、もはや電話するためのものではありません。なので格安スマホを申込むときには、決めなければならないことがあります。

それは、090,080,070から始まる一般的な電話機能は「いる」のか「いらない」のかです。

そして、電話機能がいる場合は、さらにもうひとつ決めなければいけません。

それは、今まで使っていた電話番号を乗り換え先に「引き継ぐ」のか「引き継がない」のかです。

今や携帯電話の電話番号(090,080,070~から始まるもの)は、どの事業者にいっても引き継いで使うことができます。

MNPは、今までキャリアなどで使っていた携帯電話の電話番号を引き継ぐ場合にはじめて使う必要がでてきます。よって、電話番号は新しい番号がほしい!という方はMNPを使う必要はありません。

MNPとはなんなのか

MNP=Mobile Number Portabilityの頭文字をとった言葉で直訳だと「携帯の電話番号を持ち運べること」といった感じです。ようは「携帯電話の電話番号をそのままで他社に移れる」制度のことです。

格安スマホには「データ通信SIM」「SMS機能付きSIM」「音声通話SIM」(格安スマホ会社によって呼び名がちょっと違いますが)と3種類のタイプがあり、それぞれ以下の様な特徴があります。MNPをつかって申込めるのは「音声通話SIM」のみになります。

 タイプ\項目 MNP申込 ネット通信 ショーメッセージ 電話機能 LINE SNSアプリ
データ通信SIM × × ×
ネット通信のみ利用可能。
SMS機能や、090,080,070から始まる電話機能は使えない。
ネット通信ができるので、インターネットでニュース記事を見たり、twitterやFacebook、インスタグラムなどのSNSアプリを使うことは可能。ただし、新しいスマホでLINEを利用する際は「番号認証」といってSMS機能を使う必要があるので、SMS機能のないデータ通信SIMだとこの番号認証ができない(もとから使っているスマホにLINEが入っていれば格安スマホのSIMに挿し替えるだけで特に認証などしなくても利用可能)。かわりにFacebook認証という回避策があるが、Facebookユーザーではない人はLINEを使うならSMS機能付きSIMか音声通話SIMにしておいた方が無難。
SMS機能付きSIM × ×
ネット通信+ショーメッセージサービス(SMS)が利用可能。
090,080,070から始まる電話機能は使えない。ショーメッセージサービスとはメールアドレスではなく電話番号宛に送るメールのようなもの。そのため、090,080,070から始まる電話番号情報は持っている。昔のauのCメールやドコモのショートメールもSMSである。
音声通話SIM
ネット通信+ショーメッセージサービス(SMS)+090,080,070から始まる電話機能が利用可能。
ドコモやauやソフトバンクで提供しているものとまったく同じ機能のSIMである。キャリアから乗り換える方でこれまで通りの使い方をしたい方は音声通話SIMを選んだほうがよい。

MNPでキャリアから格安スマホに乗り換えるときの流れ

MNPでキャリアから格安スマホに乗り換えるときの流れをご説明します。

大まかな流れ

  1. ショップに行くか、電話でお使いのキャリアにMNPによる解約手続き(”MNP転出”といいます)をしたい旨を伝える
  2. キャリアからその場で「MNP予約番号」が発行され、「MNP予約番号の有効期限」が伝えられる
    ※MNP予約番号の有効期限は発行日から15日間です(発行日含む)
  3. 格安スマホを申込む際にキャリアから発行された「MNP予約番号」を入力する
    ※格安スマホ会社では”MNP予約番号の有効期限の残日数が12日~10日程度残っている状態じゃないと申込みできない”としているところがほとんどなので、MNP予約番号を取得したらすぐに格安スマホの申込みをした方がよい
  4. 格安スマホ会社からSIMや端末が届いたら、切り替え手続きをする(格安スマホ会社によって違いますが、大体はネット上にログインしてボタンを押すだけ)
  5. 格安スマホが契約開始(開通)すると自動的にキャリアの契約が解約となります
    ※格安スマホの開通日とキャリアの解約日は原則同日となりますので、キャリアの2年縛りの更新月にMNPする人は月またぎにならないよう注意しましょう

キャリア別に流れを説明

ドコモから格安スマホにMNP乗り換えする場合

1.以下の窓口に連絡をいれて、MNP転出したい旨を伝えます。

ご利用方法 MNP予約 受付窓口 受付時間
携帯電話 151 9:00~20:00
一般電話 0120-800-000
パソコン トップ→My docomo → 各種お申込み・お手続き 9:00~21:30

2.その場で「MNP予約番号」・「MNP予約番号の有効期限」が発行されます。

3.申込みたい格安スマホのサイトにいって、「音声通話SIM」の申込みボタンを選択

4.「MNP」と「電話番号の新規発番」の2つがでてくるので「MNP」の申込みボタンを選択

5.あとは流れに沿って申込みします

auから格安スマホにMNP乗り換えする場合

1.以下の窓口に連絡をいれて、MNP転出したい旨を伝えます。

ご利用方法 MNP予約 受付窓口 受付時間
携帯電話・一般電話 0077-75470 9:00~20:00
Ezweb トップ → auお客さまサポート → 申込む/変更する 9:00~21:30

2.その場で「MNP予約番号」・「MNP予約番号の有効期限」が発行されます。

3.申込みたい格安スマホのサイトにいって、「音声通話SIM」の申込みボタンを選択

4.「MNP」と「電話番号の新規発番」の2つがでてくるので「MNP」の申込みボタンを選択

5.あとは流れに沿って申込みします

ソフトバンクから格安スマホにMNP乗り換えする場合

ご利用方法 MNP予約 受付窓口 受付時間
携帯電話・一般電話 0800-100-5533 9:00~20:00
Yahoo!ケータイ トップ → My SoftBank → 各種変更手続き 9:00~21:30

2.その場で「MNP予約番号」・「MNP予約番号の有効期限」が発行されます。

3.申込みたい格安スマホのサイトにいって、「音声通話SIM」の申込みボタンを選択

4.「MNP」と「電話番号の新規発番」の2つがでてくるので「MNP」の申込みボタンを選択

5.あとは流れに沿って申込みします

MNPで乗り換えるときの注意点

MNPで格安スマホに乗り換えるときは以下の点を注意しましょう!

本人確認書類が必要

MNPの場合は必ず音声通話SIMの申込になります。音声通話SIMを申込む場合は必ず「本人確認書類の画像」をアップロードする必要がありますので、本人確認書類を用意しておきましょう!本人確認書類は「免許証」や「保険証」や「パスポート」などになります。

キャリアと乗り換え先の契約名義は同一が必須

MNP申込の場合は、「キャリアでの契約名義」と「格安スマホの契約名義」が必ず一致している必要があります。例)父親の名義で契約していた娘が格安スマホにMNPする場合は、父親の名義で申込して父親の本人確認書類を提出する必要があります。または、キャリアの契約名義を娘の名義に変更してから、格安スマホを申込む形でもOKです。かならず、契約名義を一致させる必要がありますのでご注意を!

MNP転出手数料がかかる

キャリアでMNPの予約番号を発行してもらう場合、MNP転出手数料(3,000円/回線)が発生してしまいます。これは絶対発生しますので、はじめから考慮にいれておきましょう。

以上、「MNPとはなんなのか?MNP予約番号の取得の方法も」でした。