「HUAWEI P10 lite」ってどんなスマホ?防水?カメラは?専門用語を使わずに超わかりやすく解説!




iPhoneやGALAXYから乗り換えても遜色なし!「HUAWEI P10 lite」

現在のSIMフリースマホ市場の中でおそらくNo.1メーカー「HUAWEI」の1番人気のPシリーズ最新機種「P10 lite」を紹介していきたいと思います。

ニノくん
この機種、僕も注目してましたよ。なんて言ったってイメージモデルの子が綺麗すぎます〜
ハルオ
どーせそんなことだろうと思ったよ…。

HUAWEI P10 liteの基本情報

  • 名前:HUAWEI P10 lite
  • メーカー:HUAWEI
  • 金額:27,800円(税抜) ※分割払い可能
  • OS:AndroidN+EMUI5.1
  • 販売している格安スマホ:IIJmio、mineo、楽天モバイル、エキサイトモバイル、DMMモバイル、NifMo、BIGLOBE mobile、OCNモバイルONE など

HUAWEI P10 liteはどんなアプリが使える?

ハルオ
中〜高スペックなので、どんなアプリでも使えます。
アプリ名
ブラウザ
(ネット検索)
LINE メール Twitter
Facebook インスタグラム カメラ 電話
ツムツム ポケモンGO モンスト パズドラ など

HUAWEI P10 liteのカメラ性能は?

  • アウトカメラ:1,200万画素
  • インカメラ:800万画素

HUAWEI P10 liteのカメラは、かなり綺麗にとれる方です。一般レベルであれば十分満足できるレベル。特に、夜景とセルフィー(自撮り)に力を入れていて、どちらも綺麗にとれます。

セルフィーは、背景をぼかして被写体が綺麗に見える、HUAWEI独自のセルフィーモードがあります。

ニノくん
そもそもHUAWEIのスマホってカメラの性能が良いのが多くないですか?
ハルオ
そうだね!

インスタグラムとかFacebookとか写真を載せるアプリが増えたから、安めの機種でもカメラ性能を良くして他メーカーと差別化するHUAWEIの戦略なんだと思う。

実際、「P10 lite」の上位機種である「P10」や「P10 Plus」のカメラはもっと性能がよく、一流カメラメーカー「Leica(ライカ)」と共同開発したレンズを搭載しているくらいです。

HUAWEI P10 liteのデザイン「指紋認証が背面にあってスムーズに画面ロックが開錠できる」

前機種の「P9 lite」はプラスチックの背面ボディでしたが、このP10 liteは高級感あるガラス背面になっています。

かなり頑丈なガラスを使っているため、落としても割れにくい作りになっているのですが、それでも「背面が割れてしまった」と言う声も聞くので、スマホカバーはつけておきましょう。

ニノくん
「サファイアブルー」って珍しいカラーがありますね?
ハルオ
うん、新鮮なブルーに、王道のブラック・ホワイト、最近人気を集めているゴールドを含めた4色展開だね。

ちなみに指紋センサーは背面上部の四角い部分で、片手で持ったまま指紋認証でき操作しやすいです。画面ロック解除がスムーズにできるのは、地味に嬉しいところ。

HUAWEI P10 liteがオススメな人

P10 liteは値段も手頃なので、はじめての格安スマホに最適です。スペックも中〜高なので、iPhoneやGALAXYといったハイスペックモデルから乗り換えても、体感的には性能にほとんど遜色はないと思います。

■P10 liteが向いてる人

  • 万人向け
  • スマホをそこそこしっかり使う人

HUAWEI P10 liteは万人向けに作られてるので、かなり幅広い層にオススメできる機種なんです。

ハルオ
普段からスマホをそんなに使わない人(一応、持っておきたい程度)なら、ちょっとスペックが良すぎるくらいだけど、値段が安いからOKでしょう

CPU(スマホの脳みそ)に負荷がかかる専門的なアプリを使いたい人や、常時アプリをたくさん起動しておきたい人、カメラの性能にこだわりぬきたい人などは「HUAWEI P10 lite」のさらに上の機種「HUAWEI P10」や「」HUAWEI P10 Plusを選んだほうがいいと思います。

ハルオ
特に、「HUAWEI P10」はカメラの名門メーカーLeica(ライカ)を搭載していて、写真に関しては数段レベルが上です。

P10 liteを使う上での注意する点は?

HUAWEI P10 liteはかなり優秀なSIMフリースマホなので、ほとんどの人は気しないでいいような注意点しかありません。なのでここからは、”人によっては気になるかもしれない”レベルの注意点を紹介したいと思います。

おサイフケータイ、防水などは搭載していない

国内スマホが装備している「おサイフケータイ」、「防水防塵」、「ワンセグ」はついてません。これはP10 liteだけではなく、海外メーカのSIMフリースマホはほとんどがついないんです(ただし、最近は防水防塵はつきはじめた)。

SIMは2枚挿せるがDSDSは非対応

DSDSは「Dual SIM/Dual Standby」の略で、Dual=2枚のSIMをスマホに挿せて、その2枚ともを同時に利用できる機能のことです。

SIMには1枚1枚電話番号が割り振られているため、DSDS対応スマホだと2つの電話番号で同時に電話待ちなどもできます。



ハルオ
「キャリアのSIM」と、「格安SIM」で2台持ちしている人は、DSDS搭載スマホにすると1台持ちにすることができますよ!

「P10 lite」は、このDSDS機能が搭載されていないので、SIMを2枚挿すこと(電話番号を2つ使うこと)はできません。

まあ、そんなマニアックな使い方をする人はそうそう多くないので、あまり気にならないと思いますが…。

HUAWEI P10 liteスペックまとめ

高さ×幅×厚さ 約146.5x72x7.2mm
重さ 約146g
ディスプレイ 約5.2インチ
1,920×1,080ドット(フルHD)
IPS液晶
ストレージ 32GB
メモリ 3GB
OS AndroidN+EMUI5.1
CPU Kirin658オクタコア
カメラ アウトカメラ:1,200万画素
インカメラ:800万画素
対応外部メモリ microSD
SIMスロット nano SIM × 2
無線LAN IEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth® Bluetooth®4.1
付加機能 テザリング,GPS,指紋認証
連続通話時間 WCDMA:約21時間
GSM:約37時間
連続待受時間 FDD-LTE:約532時間
WCDMA:約564時間
GSM:約575時間
バッテリー 3,000mAh
主な付属品 ACアダプタ、USBケーブル、クリアケース、イヤホンマイク、クイックスタートガイド

HUAWEI P10 liteまとめ

HUAWEIのP10シリーズには「P10 lite(一般向け)」・「P10(上級者向け)」とあって、それぞれスペックと値段が違います。

「P10 lite(一般向け)」はその中でも幅広い「一般層」に向けて作られた機種なのでお値段も手頃(27,800円)です。

スペックもマニアックな使い方をしないなら全然問題なしの一品。P10シリーズの中でコスパが一番いいと思う機種です。

ハルオ
AppleのiPhoneはCPU(スマホの脳みそ)にすごい定評があるけど、レベルごとに機種があるわけないから一般向けには性能がよすぎて持て余すんだよね。
ニノくん
iPhoneだと、自分のレベルにあわないくらい高スペック・高価格な機種になっちゃう人が多いってことですね。
ハルオ
そうそう。

だから、マニアック使い方をしない一般ユーザーは、iPhoneよりも自分の使い方にあったSIMフリースマホを選ぶのが賢明だと思うよ。

HUAWEI P10 liteはどこで買うと安い?

格安スマホ会社でSIMとセットで購入するのがおすすめです。SIMフリースマホは格安スマホ会社でセット購入した方が家電量販店より安いことが多く、また、キャンペーンもお得なのがやっていますからね。

また、スマホにSIMを挿して初期設定を終えた状態で発送してくれるので、手間が少ないのも格安スマホ会社で買うメリットです。

P10 liteが安く買えるおすすめの格安スマホ

P10 liteはほとんどの格安スマホ会社で売っています。ただ、値段は意外とけっこうまちまちです。

ニノくん
OCNモバイルONEが飛び抜けて安いですね。



ハルオ
そう!しかも、いまなら「らくらくセット」というキャンペーンをやっていて一括購入すれば9800円で買える。

ちなみに、当サイトで現在のところNo. 1評価をしている「IIJmio」も2番目に安いです。IIJmioはAmazonギフト券が最大1万円もらえるキャンペーンを実施中。

格安スマホ 通常価格 キャンペーン
IIJmio 26,800円 Amazonギフト券が最大1万円もらえる
楽天モバイル
29,980円 「スーパーホーダイ」で2年or3年縛りで申込むと1万円or2万円値引き
mineo 27,600円 月額割引(大盤振る舞いキャンペーン)
OCNモバイルONE
 23,800円  らくらくセットなら9800円で買える(一括のみ)
DMMモバイル 29,980円 月額割引

Amazonでスマホのみも買える

Amazonでも、P10 lite単体でHUAWEIが販売しています。すでに格安SIMを使っている人はAmazonでスマホだけ買うのもアリでしょう。2017年の前半に発売した機種なので若干値段が下がってきています。




ABOUTこの記事をかいた人

通信・放送系およびIT系の会社で格安スマホやWiMAXなどの企画を6年ほど経験し「格安スマホって革命的」と感じた一方で「みんなまだ全然使ってない…」ことも実感し、当サイトを立ち上げました。 「格安スマホ検討中の人」の参考になったら幸いです。