日本メーカーのSIMフリースマホ3選!海外製にも負けてない機種はあるぞ!




根強い日本製スマホの需要

スマホの革命児”iPhone”要するAppleや、世界中で急成長中の”HUAWEI”などがSIMフリースマホ市場を席巻している中、日本メーカーは”後手に回っている”と言っても過言ではないです。

日本のSIMフリースマホといえば、SHARP「AQUOSシリーズ」や富士通「arrowsシリーズ」が有名どころですが、SHARPは中国企業の鴻海精密工業に買収されて今や外資系ですし、富士通もスマホ事業から徹底することが決まっています。

ニノくん
ことSIMフリースマホに関しては日本メーカー、ピンチですね。
ハルオ
まあ実際値段もちょっと高めの割に性能が低かったりして、機種自体が微妙なことも多いからね。一方で中国メーカーのスマホはどんどん性能も上がって値段も安い

ただ、そんな状況下でも「日本のメーカーがいい!」という人が多いのも事実。現に私の母や叔父もスマホ買い替え時に、私がさんざんHUAWEIやASUSなどの中華系メーカーのスマホをおすすめしたにもかかわらず、選んだのは「日本メーカー」のSIMフリースマホでした。

ハルオ
理由はやはり「電化製品は日本製の方が優れている」「サポート体制は日本の方がしっかりしている」というある種の日本メーカー信仰!

確かに日本製のSIMフリースマホは海外性にはない「ワンセグ」や「おサイフケータイ」、「防水」などを備えている機種が多く、そうしたものを欲している人からしたら機能的に優れていると言えないこともないですが、スマホのCPUやRAMなどといったスペック面で比べたら、やはり日本製より海外製の方がレベルが高くそちらを勧めたくなってしまいます。

サポート面も海外メーカーに比べれば多少は良い可能性はありますが、今や日本語で対応できるスタッフ(日本人含む)が海外メーカーにも普通にいますので、ほぼ差はないでしょう。



ハルオ
ただ、そんな中でも「この機種なら海外製にも負けてない…!」と思える日本製SIMフリースマホも少なからずあるのもまた事実!!

今回は、そんな、日本メーカーのおすすめスマホを紹介したいと思います!!

 

海外製にも負けてない日本製SIMフリースマホ①::NUANS NEO Reloaded

※カバーは別売り

ハルオ
一口メモ>
デザインが高く評価され、ソニーカメラ内蔵でその他性能も“中の上”と優秀なスマホ。上下のカバーが着せ替え可能になっていて、自分だけの組み合わせが可能です。

トリニティという国内メーカーのスマホで、「おサイフケータイ」・「防水機能」、その他スペックも搭載している優秀な機種。

「デザイン+性能+防水(防滴)+おサイフケータイ+長持ちバッテリー+安め」と全てを兼ね揃えた隠れた名作スマホです。

ちなみに、メーカー名、機種名など全て映画『マトリックス』からとっているのもシャレています!

5点
満点
★(満点)
メーカー Trinity
市場
価格
4万9,800円  
最安値 IIJmio
3万9,800円
特徴 機種名は「ニュアンス・ネオ・リローデッド」と読みます。着せ替えカバーで自分好みのデザインに変更できるスマホ。カバーの種類も非常に豊富で、色だけでなく質感も「石」や「木」、「皮」などがあります。

また、デザインだけでなく性能も高いのが特徴。カメラはソニー性。スマホの脳みそであるCPUも高性能なので、サクサク動作です。

さらに、 おサイフケータイが内臓なので、電子マネーも利用可能なのも嬉しいところ。 

バッテリーも平均以上で長持ちします。この内容で値段も4万円弱はかなり優秀と言えます。もっと評価されてもいい機種でしょう。

格安スマホ会社時代に何度かメーカーの方にお話を伺ったがあり、その際に熱意を感じたことも高評価のひとつです。

■スペック早見表

ストレージ(ROM) メモリ(RAM) CPU 指紋認証
32GB 3GB Snapdragon 625 オクタコア あり
アウトカメラ インカメラ 画面サイズ バッテリー
1300万画素 500万画素 5.2インチ 3450mAh

海外製にも負けてない日本製SIMフリースマホ②:AQUOS R compact SH-M06

ハルオ
一口メモ>
SHARPのAQUOSフォンシリーズです。 2018年1月にでたばかりの最新機種。個人的には、富士通よりもSHARPのスマホの方が性能・値段など優れていると思います。   なんといっても、4.9インチの小さめ本体で持ちやすく操作しやすいのが特徴です。価格がちょっと高めですが、カメラや性能はかなり良いです。 おサイフケータイ・ワンセグ・防水と日本製ならではの多機能スマホです。
5点
満点
★☆
メーカー SHARP
市場
価格
7万6,550円  
最安値 OCNモバイルONE
5万6,900円
特徴  シャープのAQUOSスマホで「ハイスピードIGZOディスプレイ」搭載のため画面は綺麗です。また、コンパクトな本体ながら縁が細く大画面な作りになっています。 

防水・防塵・ワンセグ・おサイフケータイもありで、CPU・RAM・ROMなどのスペックも”上の下”と優秀。

カメラもアウトカメラ・インカメラともに広角レンズ搭載で幅広く撮影でき、ピントも自動であうようになっていて、使いやすいです。

多くの機能があるため価格がやや高いのを受け入れられるかが問題です。内容は良い機種であることは確かです。

ただ、実機を触ったらちょっとだけ厚みがあるのが気になりました。

■スペック早見表

ストレージ(ROM) メモリ(RAM) CPU 指紋認証
32GB 3GB Qualcomm Snapdrago
660 オクタコアCPU
あり
アウトカメラ インカメラ 画面サイズ バッテリー
1640万画素 800万画素 4.9インチ 2500mAh

海外製にも負けてない日本製SIMフリースマホ③:AQUOS sense lite SH-M05

 

ハルオ
一口メモ>
SHARPのAQUOSフォンシリーズです。一つ前に紹介した「AQUOS R compact SH-M06」より1個古い機種になります。CPUやROM・RAMなどのスペックはやや劣りますが、十分使える機種です。

 価格も2万円台とかなり安くなっていて逆に狙い目です。 

小さめ本体で持ちやすくおサイフケータイ・防水と日本製ならではの多機能スマホです。

5点
満点
メーカー SHARP
市場
価格
3万4,430円  
最安値 OCNモバイルONE
2万1,800円
特徴  防水・防塵・おサイフケータイ付きで、CPU・RAM・ROMなどのスペックも”中の中”。それで2万円台はなかなかの良機種です。 

インカメラのフラッシュとして、画面そのものが発行するという細かな気配り機能もあり、

先に紹介した「AQUOS R compact SH-M06」(5万円台)が高くて躊躇している人は、こちらの「AQUOS sense lite」が良いでしょう。

■スペック早見表

ストレージ(ROM) メモリ(RAM) CPU 指紋認証
32GB 3GB Qualcomm
Snapdragon 430
あり
アウトカメラ インカメラ 画面サイズ バッテリー
1310万画素 500万画素 5インチ 2700mAh

以上、日本製スマホでおすすめの3機種でした。



ハルオ
個人的には特にトリニティの「NUANS NEO Reloaded」がおすすめですね。
ニノくん
メーカー名の「トリニティ」とか、機種名の「ネオ」とか「リローデッド」とか全部映画『マトリックス』からとっているっていう、若干の中二感もいいっすね!
ハルオ
それ、褒めてるんだよね?

nova lite2って防水?おサイフケータイ?カメラ?どんなスマホか専門用語を使わずにわかりやすく解説!

2018.02.13

2万円台で十分!!おすすめSIMフリースマホ4選。最安値で購入できる格安スマホ会社も紹介!

2018.01.23

「HUAWEI P10 lite」ってどんなスマホ?防水?カメラは?専門用語を使わずに超わかりやすく解説!

2017.12.23