「HUAWEI P20」ってどんなスマホ?防水?カメラは?専門用語を使わずに超わかりやすく解説!




ハルオ
こんにちは格安スマホ会社の元社員のハルオです。今回はおすすめのSIMフリースマホについて解説します。
ニノくん
後輩のニノです。

HUAWEIの大人気「Pシリーズ」の高性能版「HUAWEI P20」

 

先日紹介した「P20 lite」の高性能版がこの「P20」です。

「HUAWEI P20 lite」ってどんなスマホ?防水?カメラは?専門用語を使わずに超わかりやすく解説!

2018.06.15
ハルオ
どちらを買おうか迷っている人が多いと思いますが、私としては以下のイメージでいいと思います。
  • とりあえず「買って後悔しない」「写真もきちんと綺麗」ちゃんと使えるスマホが欲しい。でも高すぎるのは嫌 → 「P20 lite」(2万円台後半)がオススメ
  • カメラにも、スマホの性能にも「こだわりぬきたい」。要は「iPhoneレベルの高性能スマホ」が欲しい → 「P20」(6万円台前半)がオススメ

今やApple・サムスンに次ぐ世界的スマホメーカーのHUAWEI。ここのところは絶好調で、世界的にヒットしている機種をたくさん発表しています。

ニノくん
ここ数年、本当にHUAWEIのスマホは爆発的な勢いですね。
ハルオ
そうだね〜。少し前までは、同じく中国のASUSというメーカーが人気だったけど、ここ2〜3年はHUAWEIだね。

実際いいスマホが多いので、オススメだよ。うちの家族も使ってる(P10 lite)

そもそもHUAWEIには代表的なシリーズがいくつかあります。

ハルオ
大きくわけると以下の3シリーズですね。
  • 2万前後のコスパ重視機種「novaシリーズ」
  • 性能が高めで価格も3万〜6万でバランス型の王道「Pシリーズ」
  • HUAWEIきっての超高性能「Mateシリーズ」。
ハルオ
また、Pシリーズ自体には大きく分けて3つの機種があります。

「性能×価格」によって3つの機種に分かれている感じです。

レベル:普通 P20 lite P20の廉価版で「ライト」と読む。lightの略として「lite」表記とのこと。
2万後半~3万円前半台で販売中。
スマホの脳みそである「CPU」の性能がP20・P20 Proよりやや劣るが、一般ユーザーが使うなら全く問題なし。
レベル:高い P20 P20はPシリーズの代表格。
6万円代で販売中。
スマホの脳みその「CPU」や要領も良さの「RAM」、記憶力の「メモリ」などすべてレベルが高く、スマホでゲームをする人でも問題なくサクサク動く。
また、カメラレンズは名門ブランドLeica搭載。
レベル:超高い P20 Pro P20の高価版。
7万円台〜8万円台で販売中。ただしドコモでの販売のみ。
P20よりもスマホの要領の良さである「RAM(メモリ)」や、カメラの画素数が上。画面の大きさもP20より大きい。
また、カメラレンズは名門ブランドLeica搭載。

個人的には、ふつうの人ならP20の廉価版の「P20 lite」で十分だと思いますが、スマホでゲームをしたり、アプリをガンガンいれたり、カメラにこだわりたい人は「P20」がおすすめです。

ハルオ
「P20」のカメラにはLeica(ライカ)のレンズを搭載していますが、「P20」の廉価版の「P20 lite」もLeica非搭載ながら鮮やかな写真を撮れることで有名です。

HUAWEI P20の基本情報

  • 名前:HUAWEI P 20 lite
  • メーカー:HUAWEI
  • 画面サイズ:5.8インチ
  • 金額:6万円台前半(税抜) ※分割払い可能
  • 販売している格安スマホ:IIJmio、楽天モバイル、LINEモバイル、BIGLOBEモバイル、エキサイトモバイル、NifMo(18年6月時点)
ハルオ
今回紹介する「P20」は、以前紹介した弟分にあたる機種「P20 lite」と似た部分が多いのですが、性能はP20が遥かに上です。

基本的に、P20 liteでできることは、すべてP20でもできると思ってください。

「HUAWEI P20 lite」ってどんなスマホ?防水?カメラは?専門用語を使わずに超わかりやすく解説!

2018.06.15

HUAWEI P20はどんなアプリが使えるの?

ハルオ
非常に高い性能なので、どんなアプリもサクサク使えます。
アプリ名
ブラウザ
(ネット検索)
LINE メール Twitter
Facebook インスタグラム カメラ 電話
ツムツム ポケモンGO モンスト パズドラ など

スマホの脳みそにあたるCPUや、要領の良さにあたるRAM、記憶力にあたるROMなど、性能面はいいです。格安スマホの中でも“上の上”の性能と言っていいでしょう。

HUAWEI P20の、防水・おサイフ・ワンセグへの対応は?

「P20」は防水・防塵対応したスマホになります。ただし、防水レベルは「シャワーなどの水がかかっても大丈夫」程度の防水で、水中にドボンと入れるとまずいレベルの防水です。

ただし、おサイフケータイやワンセグは非対応になっています。

ハルオ
ちなみに「P20 lite」は防水・防塵・おサイフケータイ・ワンセグ、すべて対応していません。

P20の特徴①:iPhone Xと似た額縁がほぼないデカいディスプレイ

P20シリーズは全部そうですが、もうほぼ画面!なんですよね。額縁がないんですね。この見た目どこかで見たことありますよね。

ニノくん
まんまiPhone Xですね。
ハルオ
すごい似てるよね。

これはP20 liteもP20 Proもほぼ同じデザインです(ディスプレイのサイズは違う)。

この額縁がないディスプレイのおかげで、とても迫力のある動画視聴が可能です。ディスプレイも5.8インチとそこそこの大きさです。

ハルオ
これだけ、デカイ画面ながら片手操作ができるサイズにしているのが流石ですね。

ちなみに動画好きだけど、すぐ毎月のデータ通信を使い切ってしまう!とお困りの人は私も実践している以下の「ネット使い放題スマホを作る方法」の記事を参照して見てください。

【データ通信無制限】4,500円でネット使い放題スマホを作る方法

2018.05.02

P20の特徴②:一眼レフ並の写真が撮れるダブルレンズ搭載のカメラ

P20のカメラはLeica(ライカ)と共同開発したカメラレンズを搭載しています。

ハルオ
廉価版のP20 liteにはライカのレンズは非搭載です。ここがP20とP20 liteの大きな違いです

しかも背面には、そのLeica(ライカ)のレンズが2つも付いています。

いわゆる「ダブルレンズ」というやつです。片方はカラー、片方はモノクロレンズになっており、これによって色調や陰影にバラエティがでて、鮮やかな写真が撮れます。

搭載メインカメラは、約1200万画素+約2000万画素と、スマホのカメラの「トップレベル」です。

ハルオ
このP20は、「DxOMark」というスマホを評価機関が世界のスマホで第二位と認定されているんですが、高評価の要因の大部分を「カメラ性能の高さ」が占めています。

「第2位になった理由は写真、この写真のパフォーマンスが第2位と言う総合順位に大きく貢献しました。 非常に効率的なシステムは安定し、オートフォーカスやあらゆる条件での撮影で優れていました。しかもテストしたビデオ撮影用のカメラとしては第3位のスマートフォンでした。」※HUAWEI公式サイトから抜粋

P20のカメラの大きな特徴は、カメラ性能にAI技術が使われていることです。これににより、AIが撮影時にベストなカメラ設定にしてくれたり、手ブレ補正をかけてくれたりして、夜景などでもくっきり鮮やかな写真が撮れます。

ニノくん
本当だ…。夜景がめちゃくちゃ綺麗に撮れてますね…。
ハルオ
もはや一眼レフ不要なレベルだよ…

もちろん、自撮りも「ポートレート(肖像画)モード」といって、色々な補正やエフェクトが選択でき、かなり綺麗に撮れます。

ハルオ
自撮りをいっぱいするSNSユーザーにもおすすめです。

P20 liteの特徴③:画面がデカイが片手操作が可能な厚みとサイズ

ハルオ
P20とP20 liteは見た目はほぼ同じです。どちらも画面が大きいのに女性でも片手操作が可能なサイズ感なのはポイント高しです

ボディは厚み7.65mm、重さは165gで女性でも片手操作が可能です。

画面も5.8インチと大きめの割に、ボディの前面がほぼ画面になっていますので、他の5.8インチのスマホよりもスリムです。

ハルオ
ちなみに、背面に指紋認証装置がついているのですが、これは地味に使いやすいです。指紋認証は背面にある方がおすすめです。
ハルオ
指紋認証とは、画面のロックを解除する機能のことです。指で触るだけで使っている人の指紋を認識してすぐにロック解除ができます。

P20の特徴④:世界最高峰レベルの脳を持つスマホ

このP20には、「HUAWEI Kirin 970」という非常に高性能なCPUが搭載されています。

ハルオ
CPUとは、いわばスマホの脳みそです。このP20というスマホは、スマホの中でもめちゃくちゃ頭の良いやつだと思ってください。

スマホの脳みそと言われるCPU以外も、要領の良さにあたるRAM記憶力にあたるROMなども「上の上」で文句なくハイレベルです。

廉価版のP20 liteもなかなか優秀な頭を持っているスマホですが、P20はそれよりも全然上の性能です。

ハルオ
いろんなアプリを一度に起動して使う人や、ゲームアプリをする人など、ヘヒーにスマホを使う人でも、サクサク快適に使える性能です

P20の特徴⑤:指紋認証&顔認証搭載で、ロック解除が楽

指紋認証&顔認証、どちらもでもパッとロック解除されるという非常に便利な機能がついてます。

また、背面についてる指紋センサーは、長押しで「カメラのシャッター」や、「電話に出る」などの役割にさせることもできます(設定画面から)。

P20の特徴⑤:高性能すぎるゆえ、パソコンの代わりとしても使える

なんと今回のP20は、ディスプレイにつなぐとパソコンの代わりとしても使うことができます。この機能は廉価版のP20 liteには搭載されていません。

ディスプレイに繋いで、まるでパソコンでするように「ネット検索」をしたり「動画視聴」をしたりできます。

ハルオ
パソコンの代わりとして使えるほど性能が高いということです。他メーカーのスマホではこんな芸当なかなかできません。

P20はこれ以外にもハイレゾ音源再生対応など、色々な機能が搭載されています。

HUAWEI P20が安く買えるおすすめの格安スマホ

P20はほとんどの格安スマホ会社で販売しています。各社の価格は以下の通りです。

ハルオ
通信品質、申し込み時のキャンペーンのお得度の高さなどから、やっぱり当サイトはIIJmioをオススメします。

格安スマホ 通常価格 キャンペーン
IIJmio
62,800円 Amazonギフト券が最大1万円もらえる
楽天モバイル

6,9800円 オリジナル手帳ケース&保護フィルムプレゼント!

BIGLOBEモバイル

69,600円 音声通話SIMなら半年間1200円割引!
DMMモバイル

69,800円 3ヶ月900円割引!
LINEモバイル

69,800円 ぜんぶ0キャンペーン

Amazonギフト4000円が貰える初夏の選べるキャンペーン

エキサイトモバイル

62,800円 特になし
NifMo

64,445円 12,100円〜20,100円のキャッシュバック開催中!(9ヶ月以上の利用が条件)

元同業者が勝手にランク付け!格安スマホ12社の「レビュー早見表」(随時更新)

2017.11.21

人気格安スマホ12社を5段階評価で一挙レビュー!【2018年冬版】

2017.11.12

HUAWEI P20 スペックまとめ

サイズ 約70(W)x149.1(H)x7.65(D) (mm)
重さ 約165g
対応OS Android™ 8.1
CPU HUAWEI Kirin 970
メモリ RAM:4GB / ROM:128GB
バッテリー 3400mAh
急速充電対応
ディスプレイ 約5.8インチ FHD+ 2244 x 1080(TFT)
カメラ アウトカメラ:1200万画素 (メインカメラ:ダブルレンズカメラ 約1200万画素RGB(カラー)センサー(開口部F1.8)+約2000万画素モノクロセンサー(開口部F1.6)/像面位相差+コントラスト+レーザー+デプスAF)
インカメラ:2400万画素 (インカメラ:約2400万画素(開口部F2.0) FF)
Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n/ac (周波数帯域:2.4GHz/5GHz)
テザリング機能 対応 最大接続台数:8台
SIMサイズ nanoSIM / nanoSIM
その他 Bluetooth® 4.2 with BLE (Support aptX,aptX HD,LDAC,HWA)、GPS/AGPS/Glonass/Beidou/Galileo、加速度,環境光,近接,指紋認証,HALL,ジャイロ,コンパス,色温度,レーザーレンジングセンサー
付属品 USB-C ハイレゾイヤホン、USB C to 3.5mmヘッドホンジャックアダプター、保護ケース、ACアダプタ、USB Type-C 2.0ケーブル、クイックスタートガイド