【用語集】ROM




「ROM」は人で言うと「記憶力」

「ROM」は、「ストレージ」なんて言われたりもします。

これは人で言うと、記憶力にあたります。別の例えだと、「情報の保管庫」といった感じでしょうか。

写真、書類、アプリなどすべてのものを保存しておく場所です。このROMの容量が大きければ大きいほど、たくさんのデータを保存しておけます。

ハルオ
アプリをたくさんダウンロードする人、写真をたくさん撮る人、音楽をたくさんダウンロードする人などはこのROMの容量に注意しましょう。

だいたい、以下が目安になります。

16GB ちょっと少なめ
32GB 一般的。多くの人がこれで十分
64GB これだけあれば安心。
128GB ヘビーユーザーでも安心。高性能機種はだいたいこれくらい。

iPhoneを買うときはROMの容量を選んで購入する

iPhoneでも、購入時に「容量」を選ぶと思いますが、これはROMのことです。

例えばiPhone 8の場合、以下ののように「64GB」と「256GB」の2つのROMの容量を選べます。

個人的には、大抵の人は64GBあれば十分だと思います。iPhoneを使えば、iCloudとの連携が良くなるので、無料で5GBのクラウド(ネット上の保存庫)も活用できますから、なおさら大丈夫な気がします。

ハルオ
普通の人が256GBを使うのはなかなか難しいです。

大容量ROMが売りのSIMフリースマホ

ROMが大容量のスマホを紹介したいと思います。最近は、HUAWEIというSIMフリースマホメーカーが非常に良い機種を安く出しています。

中国のメーカーで敬遠する人もたまにいますが、はっきりいって現時点では日本メーカーよりも間違いなく良い機種を作っているSIMフリースマホメーカーです。

ハルオ
売上的に見ても今やApple・サムスンにつぐ世界的なスマホメーカー、それが「HUAWEI」です。

自社開発のAI搭載の高性能CPUがウリ:HUAWEI P20

世界的に人気なSIMフリースマホメーカーであるHUAWEIのフラッグシップ機種「P20」です。

ハルオ
P20を操作すると、動きはサクサクですごくなめらかなことがわかります。
5点
満点
メーカー HUAWEI
定価 69,800円
最安値
OCNモバイルONE
6万2,800円
あああ
IIJmioの詳細へ
特徴

「P20」は一流カメラメーカーの「Leica」と共同開発したカメラが有名ですが、実は搭載した「CPU」もHUAWEIの出している機種の中でもトップクラスなんです。

また、「P20」のCPUにはAIが搭載されていて、例えば、写真撮影の際なども自動でベストな撮影モードを設定してくれます。

■スペック早見表

ストレージ(ROM) メモリ(RAM) CPU 指紋認証
128GB 4GB HUAWEI Kirin 970 オクタコアCPU(4×2.36GHz + 4×1.8GHz) あり
アウトカメラ インカメラ ディスプレイ バッテリー
約1200万画素RGB(カラー)センサー(開口部 F1.8)+約2000万画素モノクロセンサー(開口部 F1.6) 約2400万画素(開口部 F2.0/FF) 5.8インチ 3400mAh
ニノくん
P20、そんなに高性能だったんですね!
ハルオ
「Mate 10 Pro」の詳細解説は以下の記事でもしています。

「HUAWEI P20」ってどんなスマホ?防水?カメラは?専門用語を使わずに超わかりやすく解説!

2018.06.16

■「P20」を販売しているおすすめ格安スマホ会社

IIJmio

 当サイトNo.1おすすめ格安スマホ。 通信速度・安定感・サポート・価格すべてハイレベル。業界の優等生。格安スマホの値段も非常に安い。

楽天モバイル

格安スマホ市場で猛烈な勢いでシェアを伸ばしている格安スマホ。 楽天スーパーポイントが毎月1%、楽天カードを持っていれば2%貯まる。楽天市場ユーザーは絶対これ。 3年利用を約束すると2万円引きでスマホが買える。  

DMMモバイル

  月額が格安SIM・格安スマホ業界で一番安い「最安値キャラ」。 また、月額の10%のDMMポイントが貯まるのも嬉しいところ。1契約でSIMが3枚使えるシェアコースがある。  

iPhoneにも負けないHUAWEIきっての高性能スマホ「Mate 10 Pro」

またまたHUAWEIになってしまいました。

ニノくん
HUAWEIばっかりですね。
ハルオ
それくらい、今のSIMフリースマホメーカーとしてのHUAWEIには勢いがあるんだ。どれも良い機種ばかり。
ハルオ
私が昨年まで働いてた格安スマホ会社で、一番売れてた機種がこの「Mateシリーズ」です。

HUAWEIというメーカーが作ったスマホの中でもプレミアム機種です。

「Mate 10  Pro 」ということで性能はダントツ。前面はiPhone Xのようにほぼ画面だけになっています。でも片手操作はできるサイズ感になってます。

評点 ★(満点)
メーカ HUAWEI
市場
価格
8万9,980円
最安値 OCNモバイルONE
7万9,800円
特徴

【スペック】頭脳の良さを示すCPU、要領の良さを示すRAM、記憶力を示すストレージ、全てがHuaweiの機種の中でも、いや市場に出回っているスマホの中でもトップクラスです。性能にこだわるならMateシリーズが間違いないです。ゲームアプリなども余裕でさっくさく動きます。

また、ディスプレイに繋ぐと、2画面操作(マルチディスプレイ)が可能になります。Bluetoothのキーボードがあればパソコン代わりにもなるという、スペックの高さ。

【カメラ】Mate 10 Proもライカ監修です。カメラはP10 Plusとほぼ同等でです。かなり鮮明でビビッドな写真が撮れるのが特徴です。F値が1.8と明るめなので暗いところでも鮮明に撮れます。4K動画撮影も対応。4K動画撮影も対応。

【デザイン】画面が6インチとP10(5.1インチ)、P10 Plus(5.5インチ)よりもさらに大きいです。画面が本体いっぱいギリギリに広がっているので、コンパクトなのにデカイイメージで、動画視聴にも最適。

■スペック早見表

ストレージ(ROM) メモリ(RAM) CPU 指紋認証
128GB 6GB HUAWEI Kirin 970 オクタコア あり
アウトカメラ インカメラ 画面サイズ バッテリー
2000万画素&1200万画素 800万画素 6インチ 4000mAh
ハルオ
「Mate 10 Pro」の詳細解説は以下の記事でもしています。

Mate 10 liteってどんなスマホ?カメラは?防水?おサイフケータイ?専門用語を使わずわかりやすく解説!

2018.02.15

■「Mate 10 Pro」を販売しているおすすめ格安スマホ会社

IIJmio

 当サイトNo.1おすすめ格安スマホ。 通信速度・安定感・サポート・価格すべてハイレベル。業界の優等生。格安スマホの値段も非常に安い。

楽天モバイル

格安スマホ市場で猛烈な勢いでシェアを伸ばしている格安スマホ。

 楽天スーパーポイントが毎月1%、楽天カードを持っていれば2%貯まる。楽天市場ユーザーは絶対これ。 3年利用を約束すると2万円引きでスマホが買える。
 

OCNモバイルONE

格安スマホの老舗で、業界No.1の巨人。品質・価格・プランなどバランスがよく”オールマイティー”な格安スマホ。 最近は、セット購入できるSIMフリースマホが増えて、価格もめちゃくちゃ安く売っている。