iPhoneでBIGLOBEモバイルを使う際の初期設定の手順まとめ




 

BIGLOBEモバイルで使えるiPhone

BIGLOBEモバイルでiPhoneを使う場合、「どこで買ったiPhoneか?(ドコモ/au/ソフトバンク/アップル公式ストア)」が大事になります。概ね下表の通りです。

スマホの種類 そのまま使える?
ドコモのiPhone SIMロック解除不要でそのまま使える。
auのiPhone iPhone 8以降(iPhone 8含む)ならそのまま使える。
iPhone 7〜iPhone 6sはSIMロック解除必須。
iPhone 6以前はSIMロック解除がそもそもできないため使用不可(mineoならそのまま使用可能)。
ソフトバンクのiPhone SIMロック解除必須。iPhone 6以前はSIMロック解除がそもそもできないため使用不可(mineo・LINEモバイルならそのまま使用可能)。
SIMフリーのiPhone  そのまま使える。

※BIGLOBEモバイルで使えるiPhoneの詳細は「動作確認端末」ページへ


               

SIMロック解除とは?ドコモ・au・ソフトバンクが自分たちの所のスマホは自分たちの通信しか使えない様にしてる制限が「SIMロック」
SIMロックは以下の2個の条件で解除できます。
◯2015年5月以降の発売機種であること。
◯契約から101日経過してること
※ただしスマホ代を一括払いした人は101日経過せずとも即座に解除できます。
※分割払いで101日経過してない人も残りの代金を一括で払った時点で即SIMロック解除できます。
※SIMロック解除は大手キャリアのWEBサイト(会員専用ページ)から無料でできます。ショップだと3000円ほど手数料を取られてしまいますのでWEBでやりましょう。


SIMロック解除の詳細はこちら

これで「SIMロック解除」が完了!やり方をイチから解説!

2017.11.13

BIGLOBEモバイルに申し込むときの注意点

ドコモ回線/au回線の選択に注意

BIGLOBEモバイルはドコモ回線/au回線の2つから、好きな方を選べます。使うiPhoneによって使えない回線があるので下表を参考にして選んでください。

スマホの種類 そのまま使える?
ドコモのiPhone SIMロック解除をしないで使う場合は「ドコモ回線」を選ぶ。SIMロック解除した場合はどちらでもOK。
auのiPhone SIMロック解除をしないで使える機種もわずかにあるため、しない場合は「au回線」を選ぶ。SIMロック解除した場合はどちらでもOK。 
ソフトバンクのiPhone SIMロック解除必須なので、SIMロック解除後は「ドコモ回線」「au回線」どちらでもOK。
SIMフリーのiPhone SIMロックがかかってないので「ドコモ回線」「au回線」どちらでもOK。

iPhoneをBIGLOBEモバイルで使う際の初期設定のやり方

初期設定に必要なものを揃える

格安SIMでiPhoneを使う場合、初期設定に必要なものはこちら。

WiFi環境

初期設定の際に、iPhoneをWi-Fiに繋ぐ必要がでてきます。自宅にWi-Fiがない場合は、スターバックスやセブンイレブン、フレッッシュネスバーガーなど比較的しっかり繋がるフリーWi-Fiを探しておきましょう。フリーWi-Fiは無料で使えますが会員登録する必要があります。会員登録は事前に行っておきましょう。

 BIGLOBEモバイルのSIM

iPhoneにSIMを挿して初期設定するので、SIMが届くまではできません。

 BIGLOBEモバイル会員証

BIGLOBEモバイルは、乗り換え時にBIGLOBE会員証という書類が必要です。BIGLOBEモバイルは、乗り換え時にBIGLOBEのマイページにログインしないと乗り換えができませんが、ログインにはこの書類に記載の「ユーザーID」と「パスワード」が必要です。

ハルオ
やっかいな事に、BIGLOBE会員証はSIMとは別の封筒で届くので、SIMが届いても「BIGLOBE会員証が無い」事態が発生したりします。

両方届くまで待ちましょう。

 iPhone

言わずもがなですがiPhoneも必要です。

「MNP開通手続き」をおこなう

BIGLOBEモバイルの「MNP開通手続き」とは、SIMが届いた後にBIGLOBEモバイルのマイページにログインして回線を「今まで使っていた携帯会社」から「BIGLOBEモバイル」へ切り替えてもらう手続きのことです。

ハルオ
手順はシンプルで、BIGLOBEモバイルのSIMが届いたらBIGLOBEマイページにログインして「MNP開通」というボタンを押すだけです。

詳細はSIMに同梱されてる書類に書かれてます。

ハルオ
BIGLOBEのマイページにログインしたら、上図のMNP開通ボタンがでてきます。
ニノくん
これを押すだけで、後は待ってるだけでBIGLOBEモバイルに切り替わるんですね…。便利になったもんだ。

MNP開通手続きの流れ

これまでは、SIMを出荷する時に格安SIM会社が切り替えていたのですが、それだと「SIMが配達されてる間(2〜3日)」は手元のSIMで通信ができません(手元にある「今まで使っていた携帯会社のSIM」は解約状態になってるから)。

その不便を防ぐために、BIGLOBEモバイルのSIMが届いた後にお客さんの好きなタイミングで、BIGLOBEモバイルへ回線を切り替えられるようなりました。

ハルオ
今はほとんどの格安SIMでこの方法になってます。スマホが使えない期間が0日なので不便が無いです。
ちなみに電話番号を引き継いで乗り換える(MNP)の場合は、乗り換え前の携帯会社は乗り換えが完了したら自動的に解約になります。解約の連絡を別途いれる必要はありません。

SIMを切り抜く

SIMにはサイズが3種類あり、大きな方から「標準 SIM/micro SIM/nano SIM」となってます。使うスマホの機種によってサイズを使い分けます。

ハルオ
iPhoneの場合は、iPhone 5以降はすべて「nano SIM」です。

BIGLOBEモバイルはマルチSIMといって、自分でSIMを好きなサイズに切り抜けます。iPhoneで使う場合は、nano SIMのサイズに切り抜きましょう。

指で簡単に切り抜くことができます。

一番小さく切り抜くとnano SIMになります。間違って標準SIMやmicro SIMのサイズに切り抜いても、さらに小さく切り抜けるので問題ありません。
ハルオ
申し込み時にSIMのサイズを指定する場合もあります。その場合は自分で切り抜く必要はありません。

iPhoneの場合は、nano SIMを指定しましょう。

iPhoneのSIMスロットを出す

※写真はAndroidですが、iPhoneもほぼ同じ作りです

iPhone本体の側面にある穴にピンを刺してSIMスロットを取り出しましょう。iPhoneに付属していたピンを無くした方は、クリップなどを伸ばして刺せばOKです。

ピンを刺すとスマホからSIMスロットが出てきます。ここにSIMを載っけます。

SIMスロットへSIMを乗せて戻す

SIMスロットにSIMを乗せます。SIMの金属面が下向きになるように乗せます。

SIMスロットをスマホに戻します。

プロファイルをダンロードする

iPhoneを格安SIMで使う場合に必要な「プロファイル」というものを、BIGLOBEモバイルの公式サイトからiPhoneにダウンロードします。

この際、iPhoneはまだSIMが使えない状況なのでWi-Fiに接続します。

ニノくん
ここでWi-Fiがでてくるんですね。
ハルオ
そう。このタイミングでWi-Fi環境下にいる必要がある。

BIGLOBEモバイルのプロファイルはBIGLOBEモバイル公式サイトからダウンロードしてください。

iPhoneのプロファイルをインストールする際、「警告」という表示がでてきますが、そのままインストールして問題ありません。

接続確認をする

プロファイルの取得が終わったら、好きなWEBページにアクセスしてみましょう。無事にネット接続できたら完了です。

まとめ

iPhoneを格安SIMで使うときの初期設定は、「Wi-Fi環境が必要な点」「プロファイルをダウンロードする点」がAndroidと違うところです。

ハルオ
プロファイルをインストールし忘れてて、「iPhoneSIMを挿したけど全然ネットに繋がらない…」という声はよく聞くので、乗り換え時はご留意ください。

BIGLOBEモバイルをもっと知る

ハルオ
BIGLOBEモバイルをもっと知りたい人は、以下の記事もおすすめです。

BIGLOBEモバイルを実際に使っている感想と評価。通信速度・月額料金は実際どれくらい?

2018.12.20

BIGLOBEモバイルの特徴まとめ(料金プラン・使えるスマホ・メリットデメリット・iPhoneセット購入など)

2018.12.18

BIGLOBEモバイルに実際に申し込みした時の「手順まとめ」と「初期設定のやり方」

2018.12.17

ABOUTこの記事をかいた人

通信・放送系およびIT系の会社で格安スマホやWiMAXなどの企画を6年ほど経験し「格安スマホって革命的」と感じた一方で「みんなまだ全然使ってない…」ことも実感し、当サイトを立ち上げました。 「格安スマホ検討中の人」の参考になったら幸いです。