【2019年7月】LINEモバイルの月額値引きキャンペーン。音声SIMなら誰でも9ヶ月1000円以上の割引。




 

LINEモバイルのキャンペーンは月額値引き

LINEモバイルのキャンペーンは、申し込んでから最初の数ヶ月の月額料金を値引きしてくれるキャンペーンが多いです。

現在は2種類のキャンペーンを実施中です。

音声SIMを申し込む人は誰でも対象になれますが、キャンペーンによっては「キャンペーンコード」を申込み時に入力しないといけないので注意。

〔その①〕誰でも自動適用。新・月300円キャンペーン

期間

~終了日未定で実施中です。

条件

期間内に、LINEモバイルの「音声SIM」を申し込むことが条件です。
MNP・新規発番どちらもOK。

回線はドコモ/au/ソフトバンクどれでもOK。
データ容量も何GBでもOK。

「SMS付きSIM」、「データ通信SIM」は対象外になります。
ハルオ
このキャンペーンは特に手続きはいりません。LINEモバイルに音声SIMで申し込めば自動的に適用になります。

内容

LINEモバイルの月額料金が初月900円割引、2~4ヶ月目が1,390円割引になります。

※LINEモバイルの音声SIMは全プラン初月1200円となります。
※もとから料金が安めのLINEフリープランのみ4ヶ月900円割引です。

割引適用中の月額料金

SNSアプリのデータ消費ゼロになる(=使い放題)、コミュニケーションフリープランの「3GB×音声SIM」が月300円で4ヶ月目まで利用できます。

インスタ、twitter、Facebook、LINEが使い放題&速度制限時も高速通信できます。

■コミュニケーションフリープラン
(音声SIM)

容量 通常の月額 割引後の月額
3GB 1690円 300円
5GB 2220円 830円
7GB 2880円 1490円
10GB 3220円 1830円

■MUSIC+プラン(音声SIM)

SNSアプリに加え、LINE MUSICのデータ消費がゼロになるMUSIC+プランです。

インスタ、twitter、Facebook、LINE、LINE MUSICが使い放題&速度制限時も高速通信できます。

容量 通常の月額 割引後の月額
3GB 2390円 1000円
5GB 2720円 1330円
7GB 3280円 1890円
10GB 3520円 2130円

■LINEフリープラン(音声SIM)

LINEのみデータ消費がゼロになるLINEフリープランです。
データ容量を1GBしか選べません。

容量 通常の月額 割引後の月額
1GB 1200円 300円

注意点

 音声通話SIMのみ

音声通話SIMのみが対象(MNP・新規発番どちらも可)。データSIM、SMS付きSIMは対象外。

特別な応募は不要

新・月300円キャンペーンは、LINEモバイルに音声SIMで申し込めば勝手に適用されます。

値引き適用中もプラン変更可能

新・月300円キャンペーンはデータ容量の条件は無いので、値引き中もデータ容量を変更して大丈夫です。

利用開始日に注意

LINEモバイルのSIMが届いて実際に使い始める日が、〜キャンペーン終了日までである必要があります。
しかし、現状キャンペーン終了日が未定なのであまり気にしないでOK。

〔その2〕5000円値引き(月1000円割引×5ヶ月)キャンペーン
※コード入力必須、WEB限定

期間

~終了日未定で実施中です。

条件

  • 音声SIMで申込むこと
  • キャンペーンコードをWEB申込み時に入力すること
  • 申込み後、契約者連携をすること
キャンペーンコード

 
1906WA05

内容

LINEモバイルの月額料金が5ヶ月目~9ヶ月目までの5ヶ月間、月額基本利用料から1,000円割引になります。

1個前に紹介した「新・月300円キャンペーン」が1ヶ月目〜4ヶ月目まで月1390円割引なので、その後に続く5ヶ月目以降の月額も、継続して割り引いてくれるキャンペーンです。

注意点

 音声通話SIMのみ

音声通話SIMのみが対象(MNP・新規発番どちらも可)。データSIM、SMS付きSIMは対象外。

WEB申込み限定

LINEモバイルは家電量販店に申込みカウンターがありますが、5000円値引きキャンペーンはWEB申込み限定です。
LINEモバイルの公式サイトから申込みましょう。

申込み時にキャンペーンコードの入力必須

新・月300円キャンペーンの方は勝手に適用されますが、5000円値引きキャンペーンはキャンペーンコード「1906WA05」を申込み時に入力する必要があります。

利用開始日に注意

LINEモバイルのSIMが届いて実際に使い始める日(利用開始日)が、〜キャンペーン終了日までである必要があります。
しかし、現状キャンペーン終了日が未定なのであまり気にしないでOK。

契約者連携を必ずする

LINEモバイルのSIMが届いたら、LINEから、LINEモバイルの公式アカウントを友だち追加して、契約者連携を行わないと、値引きが適用されないので注意。
契約者連携は1〜2分くらいで終わります。

ハルオ
ちなみに契約者連携は実施しないでもLINEモバイル自体は使えてしまうので、忘れないようにしましょう。

やり方はこちら


                 

契約者連携のやり方

LINEモバイルのSIMが届いたら、LINEアプリで「LINEモバイル」を友だち追加する

友だち追加したLINEモバイルとのトーク画面で契約者連携をタップ

LINEモバイルへ乗り換る時に必要なモノ

LINEモバイル以外の格安SIMに乗り換える時もそうですが、申込み時には以下のモノを用意しましょう。

乗り換え前に準備するもの

 本人確認書類の画像

免許許、保険証、パスポート、住基カードなどもOK。保険証の場合は公共料金の領収書を付ける。
あらかじめ表・裏の写真をスマホやデジカメで撮影しておきます。

MNP予約番号

音声通話SIMを使う人で今の電話番号を引き継ぎたい人だけです。乗り換え前の携帯会社から取得します。
コールセンターや会員専用ページにアクセスすれば取得できます。

詳しく

クレジットカード


LINEモバイルはクレジットカード以外だと、審査不要で作れるLINE Payカードでも支払えます。

 メールアドレス


大手携帯会社のメールアドレスが使えなくなるので無料のフリーメールを作りましょう。
GoogleのGmailがおすすめ。

Gメールの作り方

MNP予約番号は最後に準備する
MNP予約番号は取得時点で15日の有効期限がありますが、LINEモバイルは有効期限が10日以上残っていないと申し込みできないので注意。

LINEモバイル乗り換え時にかかる費用

LINEモバイルに限らず、格安SIM乗り換え時にかかる初期費用の概要です。

もちろん、全員が全ての初期費用がかかるとは限りません。

あくまで、最大でかかるとしたらこれくらい、といった感じです

名称 金額 内容
契約解除料
(違約金)
0円
or 9,500円
大手キャリアは「更新月」以外に解約すると9,500円の違約金がかかる(更新月解約なら0円)。
MNP
転出料
3,000円 今の携帯電話番号を引き継いで使いたい人のみ発生(つまりほぼ皆かかる)。今使っている携帯会社から請求される(番号引き継ぎの手間賃みたいなもの)。
この費用は基本的に回避できないです。
分割購入
したスマホ
の残ローン
端末を分割購入で使ってる人は残りの端末ローンを解約時に一括で払う。
ただし、大手キャリアの場合は端末ローンは残して払い続けることも実はできる。
初期手数料
(新規契約手数料)
3,000円 乗り換え先の格安スマホ(格安SIM)から請求される(契約時の手間賃みたいなもの)。
この費用は初期手数料が0円になるキャンペーンをやってる格安SIMに申し込めば回避可能(IIJmioとか)。
新たな
スマホの
購入費
格安SIMへの乗り換え時にスマホを買い換える人は購入費が発生。UQモバイルは端末代金を分割にすると、毎月割引してくれる。



LINEモバイル関連記事

 LINEモバイルの解説・実際に使った感想

LINEモバイルを実際に使っている感想と評価。通信速度・月額料金は実際どれくらい?

2019.02.12

LINEモバイルの特徴まとめ(料金プラン・使えるスマホ・メリットデメリット・キャンペーンなど)

2018.12.21

ABOUTこの記事をかいた人

通信・放送系およびIT系の会社で格安スマホやWiMAXなどの企画を6年ほど経験し「格安スマホって革命的」と感じた一方で「みんなまだ全然使ってない…」ことも実感し、当サイトを立ち上げました。 「格安スマホ検討中の人」の参考になったら幸いです。