LINEモバイルの3つの月額料金プランまとめ。注意点や各プランの特徴を解説。




LINEモバイルの料金プランは3種類

LINEモバイルの料金プランは全部で3種類あります。

楽天モバイルの「スーパーホーダイ」や、Y!mobile・UQモバイルのセットプラン等にくらべ、LINEモバイルのプランはシンプルでわりやすいのが特徴です。

すべてのプランがデータフリー

LINEモバイルのプランは、すべて何かしらのサービスがデータフリーになっています。自分がデータフリーにしたいサービスがあるプランを選びましょう。

データフリーとは、特定のサービスはデータ消費が一切されなくなり常に高速通信で使える、というもの。例えば、データフリー対象が「インスタグラム」なら、インスタグラムをいくら使ってもデータは消費されないし、速度制限になってもインスタグラムは高速通信で使える。
ニノくん
今回はLINEモバイルのプランの特徴・料金を1種類ずつ解説します。
ハルオ
「そのプランに向いてる人」も紹介します。

LINEフリープラン

データSIM
(1GB)
500円
SMS付きSIM
(1GB)
620円
※au回線は提供なし
音声通話SIM
(1GB)
1200円

LINEフリープランは、LINEアプリをいくら使ってもデータ量が消費されないプランです。

ハルオ
LINEモバイルの中で、もっともお手軽なプランになってます。

データフリー対象のサービス

LINEフリープランは上記の「音声通話」「トーク」「画像・動画の送受信」「タイムライン」がデータフリー対象となります。LINEのトーク機能は元々たいしてデータ消費しないのでデータフリーでもさほど恩恵はありません。ただし、データ消費が多いテレビ通話やタイムラインを使う人にはデータフリーのメリットが多いです。

LINEニュース等はデータフリー対象外

LINEニュースを読んだり、LINEウォレットなどはデータが消費されるのでご注意ください。その他、LINEのトークで送られてきたリンクでWEBページなどを読む場合も、データフリー対象外です。

選べるデータ量が1GBのみ

LINEフリープランの場合、選べるデータ量が1GBのみなのが玉にキズ。他にデータ量の選択肢がないので、シンプルでわかりやすいとも言えますが、さすがに1GBじゃちょっと足りない人も多いはず。

選べるSIMタイプは3つ

データSIM/SMS付きSIM/音声通話SIMの3つの機能から自分にあったSIMタイプを選ぶことができます。ただし、au回線を選んだ人は、データSIMは使えません。au回線はSMS付きSIMか音声通話SIMの2つから選ぶことになります。

LINEフリープランが向いてる人

LINEフリープランはデータ量が1GBしかラインナップされてません。そのため、1GBで1ヶ月くらいしか使わない人、あるいはWi-Fi環境が常に身近にあってSIMでのデータ通信を滅多にしない人じゃないと足りなくなります。

LINEのテレビ電話用がおすすめ

Wi-Fi環境が身近にない人で1GBで1ヶ月は、スマホを1日に本当に少ししか見ない人じゃないとかなり厳しいです。

そのためLINEフリープランは、例えば遠方に家族が住んでいて頻繁にテレビ電話をする人が「LINEのテレビ電話用としてデータSIMで契約しておく」のといった様な使い方がおすすめです。

スマホを1日のうち少ししか使わない人
 
これからガラケーからスマホへ変える人
 
スマホでインスタグラムゲーム動画鑑賞をしない人
 
LINEの使用が主な人。LINEのテレビ電話をよくする人

コミュニケーションフリープラン

  SMS付きSIM 音声通話SIM
3GB 1,110円 1,690円
5GB 1,640円 2,220円
7GB 2,300円 2,880円
10GB 2,640円 3,220円

コミュニケーションフリープランはLINE/インスタグラム/twitter/Facebookをいくら使ってもデータ量が消費されないプラン。インスタグラムはデータ消費が激しいのでインスタグラム好きにおすすめです。

データフリー対象のサービス

コミュニケーションフリープランでデータフリーとなるサービスは、「LINE」「twitter」「Facebook」「インスタグラム」の4つです。

LINE

LINEのデータフリー対象は、LINEフリープランと同様です。

「音声通話(テレビ電話含む)」「トーク」「画像・動画の送受信」「タイムライン」がデータフリー対象となります。LINEのトーク機能に送られたリンクからWEBページを見たり、LINEニュースやLINEウォレットなどを使うときはデータフリー対象外です。

twitter

「タイムライン」「画像つきツイート」「ツイート」「ダイレクトメッセージ」がデータフリーです。ツイートのリンクからWEBページを読んだりするときはデータフリー対象外です。

Facebook

「タイムライン」「画像・動画投稿」「コメント」「お知らせ表示」がデータフリーです。誰かの投稿のリンクからWEBページを読んだりするときはデータフリー対象外です。

インスタグラム

「タイムライン」「画像・動画投稿」「アクティビティ」「ダイレクトメッセージ」がデータフリーです。誰かの投稿のリンクからWEBページを読んだりするときはデータフリー対象外です。

インスタグラムは毎日見てると月に3GB〜4GBは平気で消費するので、データフリーになるのはかなりデカイです。

選べるデータ量は4つ

コミュニケーションフリープランは、3GB/5GB/7GB/10GBの4つから選べます。ほとんどの人は3GBで十分かと思います。

たまに動画を見る人は5GB・7GBあたりが、さらに家・職場・学校など身近なところにWi-Fi環境がない人は10GBあたりがいいでしょう。

選べるSIMタイプは3つ

SMS付きSIM/音声通話SIMの2つから自分にあったSIMタイプを選ぶことができます。コミュニケーションフリープランは、データSIMの提供はありません。

コミュニケーションフリープランが向いてる人

とくにインスタグラムをよく使う人はコミュニケーションフリープランが向いてます。LINEフリープランでインスタグラムを見ると、一瞬でデータ量を消費しきってしまうので、コミュニケーションフリープランの方がいいです。

ハルオ
コミュニケーションフリープランは、LINEモバイルの中でもっともポピュラーなプランなので、幅広い層に適してます。
 インスタグラムをよく使う人
 
 Facebookをよく使う人
 
LINEのテレビ電話をよくする人
 
 LINEフリープランの1GBじゃ足りない人

MUSIC+プラン

  SMS付きSIM 音声通話SIM
3GB 1810円 2390円
5GB 2140円 2720円
7GB 2700円 3280円
10GB 2940円 3520円

MUSIC+プランはLINE/インスタグラム/twitter/Facebook/LINE MUSICをいくら使ってもデータ量が消費されないプランです。

データフリーの対象サービス

MUSIC+プランのデータフリー対象サービスは、「LINE MUSIC」「LINE」「twitter」「Facebook」「インスタグラム」となります。LINEモバイルの中で、一番データフリー対象が多いプランです。

LINE MUSIC以外はコミュニケーションフリープランと同じ

「LINE」「twitter」「Facebook」「インスタグラム」のデータフリー内容はコミュニケーションフリープランと同じです。

LINE MUSICでよく使う機能はデータフリー

「音声・通話の視聴」「歌詞・文章の閲覧」「音楽の保存」「楽曲の検索」と、「LINE MUSIC」で音楽を聞く際に使うほとんどの機能がデータフリーで使えます。

LINE MUSICの月額料金が無料になるわけではない

MUSIC+プランは、LINE MUSICの利用料金が含まれているわけではありません。LINE MUSICの利用料金(月額980円)は別途発生するので注意が必要です。

選べるデータ量は4つ

MUSIC+プランは、3GB/5GB/7GB/10GBの4つから選べます。ほとんどの人は3GBで十分かと思います。たまに動画を見たりする人は5GB、7GBあたり、さらに家・職場・学校など身近なところにWi-Fi環境がない場合は10GBがいいでしょう。

選べるSIMタイプは3つ

SMS付きSIM/音声通話SIMの2つから自分にあったSIMタイプを選ぶことができます。MUSIC+プランは、データSIMの提供はありません。

MUSIC+プランが向いてる人

LINE MUSICユーザーが向いてます。LINE MUSICを使ってない人は、MUSIC+プランに入るメリットはありません。コミュニケーションフリープランでいいです。また、LINE MUSICを使ってる人もWi-Fi環境下で使うのが主な人や、音楽を聴きまくらない人なら、コミュニケーションフリープランで十分でしょう。

LINE MUSICで音楽をかなり聞く人
 
 インスタグラムをよく使う人
 
 Facebookをよく使う人
 
LINEのテレビ電話をよくする人
ハルオ
私は現在、LINE MUSICを使ってますが聴きまくるわけではないので、コミュニケーションフリープランで十分です。

全プラン共通:選べる回線は3つ

LINEモバイルは、どのプランも「ドコモ回線」・「au回線」・「ソフトバンク回線」の3つから自分が使う回線を選べます。

LINEモバイルの回線じゃないの?

ニノくん
LINEモバイルなのに、ドコモ回線やau回線とかってどういう意味ですか?
ハルオ
そもそも格安SIMは、大手携帯会社から通信回線を借りてる、看板を自分のモノにとり替えて売ってるイメージなんだ。

だから、「どこから借りた回線するか選べる」って感じ。

LINEモバイルは、ドコモ・au・ソフトバンク3つから回線を借りてるので3社から選べるわけです。ほとんどの格安SIMがドコモからだけ、ドコモとauからだけなので、3社すべて対応は珍しいです(現在、大手だとmineoも3社から選べる)。

どの回線を選ぶべき?

手持ちのスマホを使う場合は、原則そのスマホの会社の回線を使いましょう(ドコモのスマホならドコモ回線、といった感じ)。SIMフリースマホの場合は、好きな回線でいいですが、au回線非対応モデルもあるのでドコモ回線が無難です。

LINEモバイルのプランの注意点は?

データフリーが付いてるため少しだけ割高

LINEモバイルのプランは、データフリーが付いてるため他の格安SIMより月額料金が数十円〜数百円高いです。

例えば、3GB×音声通話SIMだと、他社では月額1600円が相場ですがLINEモバイルの場合は月額1690円(コミュニケーションフリープラン)。

ハルオ
データフリーが付いてる分、他社の相場より90円高いわけです。

個人的には、さほど気にしないでいい金額だと思いますが、1円でも安い格安SIMがいい場合は、DMMモバイルなど安さに定評がある格安SIMか、IIJmioなど金額は相場で品質に定評がある格安SIMがいいでしょう。

ニノくん
ただ、ある意味90円でデータフリーサービスを買えるってことですよね。じゃあ安くないですか?
ハルオ
確かに、そういう考え方もできるかも。

LINEモバイルを実際に使った感想や、使えるスマホなど

LINEモバイルの詳細は、以下の記事でまとめています。

ハルオ
LINEモバイルを実際に使った感想はこちら

LINEモバイルを実際に使っている感想と評価。通信速度・月額料金は実際どれくらい?

2019.02.12
ニノくん
LINEモバイルの特徴や月額プラン、使えるスマホなどをまとめたのはこちら

LINEモバイルの特徴まとめ(料金プラン・使えるスマホ・メリットデメリット・キャンペーンなど)

2018.12.21

公式サイトを詳しく見たい場合はこちら

ABOUTこの記事をかいた人

通信・放送系およびIT系の会社で格安スマホやWiMAXなどの企画を6年ほど経験し「格安スマホって革命的」と感じた一方で「みんなまだ全然使ってない…」ことも実感し、当サイトを立ち上げました。 「格安スマホ検討中の人」の参考になったら幸いです。