「通信品質が不安!」な人におすすめの通信速度が速い格安スマホ2選




格安SIMの品質は色々と言われております。
ネガティブなものだと、「通信が遅い」「繋がらない」「使い物にならない」などがよく聞くフレーズですね。
ただ、複数の格安SIMを使っている私個人の意見としては、格安SIMを「使いなものにならない」などと感じたことはまったくありません。
それは、そこそこ品質に定評のある格安SIMを使っているからです。
そこで、このページでは品質に定評のある格安SIMをご紹介します。

UQモバイル

KDDIグループ、au直系なので回線品質は抜群。おそらく格安SIMの中で一番速い?!

公式サイト→UQモバイル

UQ モバイルはKDDIグループ会社で、当然au回線を使ったMVNOとなります。なのでまずauのスマホを使っている人はおすすめです!auスマホはそのままでUQモバイルを使えます(一部古いスマホは使えないケースもありますがほぼ大丈夫です)。また、大手MVNOの中でau回線だけのプランを展開しているMVNOはここだけかと思います(au回線のプランにも実は2種類あって、IIJmioの展開しているau回線プランとUQモバイルのプランは細かい技術的な仕様が微妙にちがったりします。ユーザーレベルではあまり気にする必要はないですが、auスマホをお持ちの方はKDDIグループのUQモバイルのほうがおすすめです)。

通信速度ですが、KDDI傘下だけあって通信速度は非常に速いのが特長ですね。「朝の出勤時」と「昼のランチ時」と「夜の22時頃」が格安SIMの弱い時間帯ですが、だいたいどの時間帯でも安定して早い速度をだしています。おそらく格安SIMの中では1、2を争う通信速度だと思います(∩´∀`)∩ワーイ格安SIMの通信品質に不安がある人も満足できるはず。ただデータ容量のプランがやや少ないので自分にあうデータ容量が合うか確認しましょう!また、UQモバイルもスマホセット購入ができますが、なんと「iPhone」(中古)を買えます。これもau(KDDI)のグループ会社の強みです!

価格:並
通信au系
★auスマホの人ならそのまま使える。ドコモ・ソフトバンクの人はSIMロック解除かSIMフリースマホを使いましょう!
品質:最高クラス
特徴:通信速度がどの時間帯でも安定して速いです。通信無制限プラン(速度500kbpsとやや落ちるが)もあります。またスマホセット購入時にiPhoneがセットで買えるのも他社にない利点!

もっと詳しく→UQモバイルの評判について

公式サイト→UQモバイル

IIJmio

最近、auのSIMも取り扱い始めたIIJmio!品質に定評のある格安SIMのパイオニア的存在!

公式サイト→IIJmioモバイルサービス

mio(ミオ)という言葉の意味は「私の」「私のもの」という意味のイタリア語だそうです。
日本のISP(インターネットサービス・プロバイダ)元祖の会社、株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)の
提供する格安SIMブランドそれが「IIJmio」です。
日本のインターネットの成長はIIJとともにある、といっても過言でないほどインターネット界の先駆者的立ち位置にい続けている会社です。官公庁や大企業といったがっちりと強固な顧客基盤を持つので、品質も手堅く安定したものとなっています。
大きな特徴としては、1契約で最大10枚のSIM使うことができるプラン(ファミリーシェプラン)があります。大家族はもちろん、タブレット、スマホ、ガラホ、ゲーム、ルーター、ノートブックPCとSIMを挿せるたくさんの通信機器を持っている人にはとても助かるプランです。

価格:並
通信:ドコモ・au(ドコモ用・au用と双方に対応したプランがある)
★docomoスマホの人とauスマホの人ならそのまま使える。ソフトバンクの人はSIMロック解除かSIMフリースマホを使いましょう!
品質:最高クラス
特徴:格安SIMの古参。手堅く安定した品質には定評あり。
1契約でSIMカード10枚までのプランがある。
家族間での通話料が安くなる「みおふぉん」がある。

もっと詳しく→IIJmioの評判について

公式サイト→IIJmioモバイルサービス