【SoftBankスマホそのままでOK】ソフトバンク回線のある格安SIM3選。ソフトバンクから乗り換えるならどこが最適?




ソフトバンクのスマホ端末がそのまま使える「ソフトバンク回線プラン」のある格安SIMが増加中

格安SIMのほとんどが、ドコモ回線を利用していますが、数年前からはau回線を提供しているところも増えてます。そして、昨年や今年からはソフトバンク回線を利用した格安SIMも登場してきました。

今回は、ソフトバンク回線が使える格安SIMを紹介したいと思います。

ソフトバンク回線の元祖!「b-mobile S」の「990 JUST FIT SIM」

b-mobile Sは、日本通信が手がけるソフトバンク回線の格安SIMです。プラン名は「990 JUST FIT SIM」といって今流行りの従量制プランになります。

※上図はb-mobile S公式サイトより

自分が使ったデータ容量に応じて月額料金が変動します。そんなに使わなかった月は安く済ませられるので、コスパの高いプランとして注目されています。

b-mobile Sの通信品質・通信速度

b-mobile Sは昼間の通信速度がちょっと遅いです。昼間は1Mbpsを下回ることもあるので、昼に動画をみたい人などは、次に紹介する「LINEモバイル」や「mineo」のソフトバンク回線の方がオススメです。

b-mobile S「990 JUST FIT SIM」の使えるソフトバンクのスマホ端末

b-mobile Sで使えるソフトバンクのスマホ端末はiPhoneのみです。機種は以下の通り。

  • iPhone 5
  • iPhone 5 c
  • iPhone 5 s
  • iPhone 6
  • iPhone 6 Plus
  • iPhone 6 s
  • iPhone 6 s Plus
  • iPhone SE
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 8
  • iPhone 8Plus
  • iPhone X

ソフトバンクのiPhone 5以上なら全てそのままで利用可能という幅広さ。そのままでと言うのはSIMロック解除なしで、ということです。

ソフトバンクのAndroidは対応していません。

なお、ドコモで買ったスマホなら、iPhone、Androidがほぼ使えます(auは対応してない)。

b-mobile Sの料金プラン

b-mobile Sは以下の通り、1GBごとに一定額で料金があがっていきます。

また、b-mobile Sの「990 JUST FIT SIM」は「ソフトバンク回線+音声通話SIM」のみとなります。

音声通話SIMとは、090・080などの電話番号が使えるSIMです。大手キャリアと同じ機能のSIMなので乗り換えの人は音声通話SIMにしましょう。
データ使用量 月額基本料
1GBまで 990円
2GBまで 1,490円(以降10GBまで 1GB毎に500円ずつ)
3GBまで 1,990円
4GBまで 2,490円
5GBまで 2,990円
6GBまで 3,490円
7GBまで 3,990円
8GBまで 4,490円
9GBまで 4,990円
10GBまで 5,490円(以降1GB毎に350円ずつ)
11GBまで 5,840円
12GBまで 6,190円
13GBまで 6,540円
14GBまで 6,890円
15GBまで 7,240円

また、b-mobile Sには「スマホ電話SIM」というプランもあります。

b-mobile S「990 JUST FIT SIM」の通話かけ放題オプション

b-mobile Sの「990 JUST FIT SIM」は、「通話5分かけ放題500円/月」のオプションがあります。他社野かけ放題だと「10分通話かけ放題 850円/月」が多いんですが、b-mobile Sは「5分かけ放題」です。ただし、価格が500円/月と安いので、5分以内で通話が終わることが多い人にはオススメです(なお、かけ放題に入らないと、10円/30秒)。

なお、b-mobile Sの「通話5分かけ放題」オプションを使う場合は、b-mobile Sの「b-mobile電話」というアプリを使って電話をする必要があります。GooglePlayStoreやAppStoreからダウンロードできます。

SoftBankのiPhoneがそのまま使える格安SIM!b-mobile S「990 JUST FIT SIM」のメリット4選

2017.11.02

超速!SNS使い放題&問い合わせがLINEでできる「LINEモバイル」

LINEモバイルも2018年7月からソフトバンク回線プランがスタートしました。LINEモバイルは、SNSアプリや音楽ストリーミングアプリなどをいくら使ってもデータ容量が減らない「データフリー」というサービスが全プランに含まれているユニークな格安SIMです。

また、問い合わせがLINEで気軽にできたりと、格安SIM初心者に優しい格安SIMになっています。

LINEモバイルの通信品質・通信速度

LINEモバイルでは、ソフトバンク回線プランの通信速度が1Mbpsを下回ったら全ユーザーに1GBプレゼントといったキャンペーンをやっているので、通信速度には相当自信があることがわかります。

実際、ソフトバンク回線の速度計測の結果、非常に速い速度(平均15Mbpsくらい)を保っています(今のところは)。よって、サクサクネットを使いたい人はLINEモバイルのソフトバンク回線がおすすめです。

LINEモバイルで使えるソフトバンクのスマホ端末

LINEモバイルではソフトバンクのスマホ端末は、iPhoneとAndroid両方使えます。

ソフトバンクのiPhoneなら、iPhone5 s 以上ならそのまま使えます。そのままというのは、「SIMロック解除なしで使える」ということです。

その他、iPadやAndroidも使えます。

LINEモバイルで使えるiPhone

  • iPhone 5 s
  • iPhone 6
  • iPhone 6 Plus
  • iPhone 6 s
  • iPhone 6 s Plus
  • iPhone SE
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 8
  • iPhone 8Plus
  • iPhone X

LINEモバイルで使えるiPad

2018年発売のiPad(第6世代)はSIMロック解除なしで利用可能。それ以前に発売されたiPadはSIMロック解除必須になります。

LINEモバイルで使えるAndroid

2017年8月以降に発売されたAndroid端末はSIMロック解除なしで利用可能。それ以前に発売されたAndroidはSIMロック解除必須(ただし、HTC U11(601HT)・DIGNO G(602KC)の2機種は、SIMロック解除なしで利用可能)。

ハルオ
ドコモ・auのスマホを使いたい場合はすべてSIMロック解除が必要です。

SIMフリースマホは、基本的にそのままでOKです。

LINEモバイルの料金プラン

LINEのプランは大きく3つのSIMにわかれています。
他社と同様 「データ通信SIM」「SMS機能付きSIM」「音声通話付きSIM」で選べる形で、

  • データ通信SIM:基本料金のまま
  • SMS機能SIM:データ通信SIM+月額120円
  • 音声通話SIM:データ通信SIM+月額700円

となります。

また、LINEモバイルのプランには全て、特定のサービスやアプリならいくら通信してもデータ容量が減らない「データフリー」というサービスが含まれています。

ハルオ
例えば、コミュニケーションフリープランならSNSサービスはいくら使ってもデータ容量は減りません。

また、速度制限で低速通信になった時でも、SNSなら高速通信でサクサク使えます。

①LINEフリープラン

データフリー対象サービス:LINE
  容量  データ通信  データ通信+SMS  データ通信+音声
1GB 500円/月 620円/月 1,200円/月

②コミュニケーションフリープラン

データフリー対象サービス:LINE、Twitter、Facebook、Instagram
  容量  データ通信  データ通信+SMS  データ通信+音声
3GB なし 1,110円/月 1,690円/月
5GB なし 1,640円/月 2,220円/月
7GB なし 2,300円/月 2,880円/月
10GB なし 2,640円/月 3,220円/月

③MUSIC+プラン

カウントフリー対象サービス:LINE MUSIC、LINE、Twitter、Facebook、Instagram
  容量  データ通信  データ通信+SMS  データ通信+音声
3GB なし 1,810円/月 2,390円/月
5GB なし 2,140円/月 2,720円/月
7GB なし 2,700円/月 3,280円/月
10GB なし 2,940円/月 3,520円/月
LINEモバイルは他にも、ドコモ回線のプランを提供していますが、ドコモ回線のプランもまったく同じ料金になります。

auとドコモ、ソフトバンクとドコモなどの複数のキャリアの回線を提供している格安SIMは、キャリアの回線ごとに料金を変えていることが多い中、LINEモバイルはドコモ&ソフトバンクを同一料金にしています。

ハルオ
LINEモバイルは、「わかりやすさ」にこだわった格安SIMになると宣言しているので、あえて同一料金にしているんでしょう。

LINEモバイルの通話かけ放題

LINEモバイルの通話かけ放題は「10分電話かけ放題」になります。月額880円で10分以内の通話なら何度かけても無料、10分をすぎた通話も10分超過分しか料金がかからないという内容です(超過分は10円/30秒)。

なお、LINEモバイルの「10分電話かけ放題」オプションを使う場合は、LINEモバイルの「いつでも電話」というアプリを使って電話をする必要があります。GooglePlayStoreやAppStoreからダウンロードできます。

【18/7/2~】LINEモバイルの「ソフトバンク回線」プランを解説!ソフトバンクのiPhoneはそのまま使える?

2018.07.15



3回線すべて扱う一流格安SIM「mineo」

mineoはau回線・ドコモ回線・ソフトバンク回線と3回線すべてを扱う格安SIMになっています。

mineo自体の特徴としては、やはり通信速度の安定感です。どの時間帯も安定して速度がでるので使っていてストレスがありません。

また、料金も最安値レベルではないですが”並レベル”で品質が良いことを含めるとコスパが良いです。

また、月額が最初の6ヶ月間割引となるキャンペーンをしょっちゅう実施しているので格安SIMへ乗り換える際の初期費用を抑えたい人におすすめです。

mineoのソフトバンク回線は8月1日〜申し込み予約開始、9月4日〜サービス開始となります。

mineoの通信品質・通信速度

なのでまだ通信速度はわかりませんが、mineoのau回線プランやドコモ回線プランは常にかなり速い速度を出し続けており、通信速度が遅くなりがちな朝8時・昼12時・夜20時以降などもまったく問題ありません。なので、ソフトバンク回線プランも非常に安定することが予想されます。

mineoで使えるソフトバンクのスマホ端末

mineoで使えるソフトバンクのスマホ端末は、iPhone 5 s以上のiPhoneと、Android端末になります。

mineoで使えるiPhone

  • iPhone 5 s
  • iPhone 6
  • iPhone 6 Plus
  • iPhone 6 s
  • iPhone 6 s Plus
  • iPhone SE
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 8
  • iPhone 8Plus
  • iPhone X

mineoで使えるAndroid

SIMフリーのすべてのAndroid。

SIMロックがかかっているAndroidの場合は2017年8月以降に発売されたモデル。

mineoの料金プラン

mineoの料金プランは他社と同様 「データ通信SIM」「SMS機能付きSIM」「音声通話付きSIM」で選べる形で、ソフトバンク回線プランの場合は以下の通りとなります。

  • データ通信SIM(基本料金のまま)
  • SMS機能SIM:データ通信SIM+月額180円
  • 音声通話SIM:データ通信SIM+月額960円

mineoの通話かけ放題

mineoの通話かけ放題は「10分電話かけ放題」になります。月額850円で10分以内の通話なら何度かけても無料、10分をすぎた通話も10分超過分しか料金がかからないという内容です(超過分は10円/30秒)。

なお、mineoの「10分電話かけ放題」オプションを使う場合は、mineoの「mineoでんわ」というアプリを使って電話をする必要があります。GooglePlayStoreやAppStoreからダウンロードできます。

【まとめ】mineoのソフトバンク回線で使えるスマホ端末・月額料金を徹底解説。

2018.07.30



まとめ

ソフトバンク回線の使える格安SIM3選はいかがだったでしょうか。各社共通しているのは、iPhone 5s以上ならどこでも使えるということですね(b-mobile SだけiPhone 5以上なら可能)。

今回紹介した格安SIMはどこも通信品質が安定しています。強いて言えば「b-mobile S」は昼が遅くなりますが、まったく使えないレベルではないです。一応通信品質重視の人は「mineo」がいいでしょう。

なお現時点はこの3社ですが、おそらくこれからどんどんソフトバンク回線を提供する格安SIMが増えてくるはずです。

ぜひとも検討してみてください。




ABOUTこの記事をかいた人

通信・放送系およびIT系の会社で格安スマホやWiMAXなどの企画を6年ほど経験し「格安スマホって革命的」と感じた一方で「みんなまだ全然使ってない…」ことも実感し、当サイトを立ち上げました。 「格安スマホ検討中の人」の参考になったら幸いです。