ソフトバンク「ウルトラギガモンスター+」はお得なの?格安SIMと比較してみた




ソフトバンクの「ウルトラギガモンスター+」ってなんだ

ソフトバンクの「ウルトラギガモンスター+」は、簡単にいうと「対象サービスはデータ使い放題」+「動画やSNSはいくらみても50GBからはノーカウント」というサービスです。

ハルオ
いま(2018年9月時点)、ソフトバンクのCMで、堺雅人と白戸家ファミリーががオリエント急行のパロディーをやってるやつです。
ニノくん
データ通信がノーウカウントになる「動画」や「SNS」って具体的なサービス名はなんなんですか?

■ソフトバンクのウルトラギガモンスター+の「使い放題対象サービス」(データ消費されないやつ)

ハルオ
動画はNetflixとAmazonプライムビデオ以外の主要どころはOK。

SNSは写真を多用するものが対象だね。

YouTubeなどの動画アプリの場合、広告のリンク先をWEBページを閲覧する際はデータを消費します。

LINEの場合は、音声通話や動画通話時はデータ消費します。

上記のように、データ消費の対象になってしまう場合がありますが、たいしたことはないので気にしないでいいでしょう。

ウルトラギガモンスター+の50GBを使い切るのはなかなか難しい

ウルトラギガモンスター+は、YouTubeやAbema TV、インスタなどのデータ通信が消費されないにもかからわず、データ容量50GBもついています。

こうなると、その50GBを1ヶ月で使い切るのはかなり難儀します。1人ではほぼ無理でしょう。

よって、1人で使う人にとっては「データ通信ほぼ使い放題」となるわけです。

ハルオ
しいて言えば、1人で使いきるなら、使い放題対象になっていない「Netflix」や「Amazonプライムビデオ」、「Paravi」や「DMM動画」、「民放の動画アプリ(FODなど)」などを見まくる、といった感じでしょう。

ウルトラギガモンスター+を「1人」&「家族」で使う場合の料金イメージ

ウルトラギガモンスター+を家族で使う場合の料金シミュレーションをしたいと思います。

基本的には、ウルトラギガモンスター+(動画・SNS使い放題+50GB)の単体料金は月額5980円

そこに

・「通話プラン」を組み合わせて、

・「割引」を考慮する。

形になります。

ハルオ
今回、通話プランは一番安い「20円/30秒で通話した分だけ発生する」プラン=月額1500円でシミュレーションしてます。

ちなみに格安SIMの場合は、音質そのままで10円/30秒と半額なので、通話料金だけみると格安SIMの安いです。

「ソフトバンク光」という固定回線に入っていると月々1000円割引になりますが、全員が入ってるわけじゃないので、その割引分は考慮しません。

■ウルトラギガモンスター+を1人で使う場合の月額料金

項目 料金 内容
ウルトラギガモンスター+ 5980円 ウルトラギガモンスター+の基本料金
通話プラン 1500円 通話料金が「20円/30秒」でかけた分だけ発生するプラン。格安SIMと同じ構造だが半額で「10円/30秒」でかけた分だけ発生。
1年おトク割 -1000円 ウルトラギガモンスター+に加入するとなぜか、毎月1000円×12ヶ月割り引いてくれる
みんな家族割+ 0円 1人利用だと家族割はなし
合計 7480円
ハルオ
月額7480円で実質使い放題。2年目からは+1000円で月額8480円なります(1年おトク割がなくなる)。

けっこう高いです。

後述してますが、「動画が見放題なら50GBもいらない」って人は、BIGLOBEモバイルの「エンタメフリーオプションオプション」を検討してみてください。

■ウルトラギガモンスター+を2人で使う場合の月額料金

項目 料金 内容
ウルトラギガモンスター+ 5980円 ウルトラギガモンスター+の基本料金
通話プラン 1500円 通話料金が「20円/30秒」でかけた分だけ発生するプラン。格安SIMと同じ構造。
1年おトク割 -1000円 ウルトラギガモンスター+に加入するとなぜか、毎月1000円×12ヶ月割り引いてくれる
みんな家族割+ -500円 自分以外の家族1人と使うと500円割引(4人以上は一律2000円割引)
合計 5980円
ハルオ
2人で使うと1人月額5980円

2年目からは+1000円で1人月額6980円(1年おトク割がなくなる)。

■ウルトラギガモンスター+を3人で使う場合の月額料金

項目 料金 内容
ウルトラギガモンスター+ 5980円 ウルトラギガモンスター+の基本料金
通話プラン 1500円 通話料金が「20円/30秒」でかけた分だけ発生するプラン。格安SIMと同じ構造。
1年おトク割 -1000円 ウルトラギガモンスター+に加入するとなぜか、毎月1000円×12ヶ月割り引いてくれる
みんな家族割+ -1000円 自分以外の家族2人と使うと1500円割引(4人以上は一律2000円割引)
合計 5480円
ハルオ
2人と3人で使う金額は500円しか変わらず月額5480円

2年目からは+1000円で月額6480円になります(1年おトク割がなくなる)。

■ウルトラギガモンスター+を4人で使う場合の月額料金

項目 料金 内容
ウルトラギガモンスター+ 5980円 ウルトラギガモンスター+の基本料金
通話プラン 1500円 通話料金が「20円/30秒」でかけた分だけ発生するプラン。格安SIMと同じ構造。
1年おトク割 -1000円 ウルトラギガモンスター+に加入するとなぜか、毎月1000円×12ヶ月割り引いてくれる
みんな家族割+ -2000円 自分以外の家族4人以上と使うと一律2000円割引
合計 4480円
ハルオ
4人以上で使うと月額4480円

2年目からは+1000円で5480円になります(1年おトク割がなくなる)。

ソフトバンクの「ウルトラギガモンスター+」は格安SIMを比較。データ50GBではどちらが安いのか

ソフトバンクの「ウルトラギガモンスター+」と、格安SIMの50GBプランの価格勝負ではソフトバンクの「ウルトラギガモンスター+」の方が安いです。

もっとも価格が高い1人でウルトラギガモンスター+を使う場合の料金が7480円、

ウルトラギガモンスター+を1人で使う場合の月額料金

項目 料金 内容
ウルトラギガモンスター+ 5980円 ウルトラギガモンスター+の基本料金
通話プラン 1500円 通話料金が「20円/30秒」でかけた分だけ発生するプラン。格安SIMと同じ構造だが半額で「10円/30秒」でかけた分だけ発生。
1年おトク割 -1000円 ウルトラギガモンスター+に加入するとなぜか、毎月1000円×12ヶ月割り引いてくれる
みんな家族割+ 0円 1人利用だと家族割はなし
合計 7480円

一方で、格安SIMの50GBプランで最安値級を誇るイオンモバイルの場合は10800円です。

ソフトバンクの「ウルトラギガモンスター+」のほうイオンモバイルより、3,320円安いわけです。

ニノくん
格安SIMが負けた!!
ハルオ
ただし注意点としては、ソフトバンクの「ウルトラギガモンスター+」は基本2年縛りであること。

また、2年目からは月額が1000円値上がります(1年おトク割がなくなるから)。

それでも、ソフトバンクの「ウルトラギガモンスター+」の方が安いですけどね。

「2年縛り」というのは、2年間のうち無料解約できるのは特定の1ヶ月(または2ヶ月)だけで、それを逃すとまた次の2年間は無料解約はできないというルール(この繰り返し)

無料解約の期間外で解約すると1万円の違約金を取られる。

ニノくん
現状、「50GBプランが欲しい人」には、「ウルトラギガモンスター+」が最右翼ですね。
ハルオ
まあね。

ただ、動画が見放題の場合で、50GBって本当にいるの?という疑問はあるんだよね。

じつは、「ウルトラギガモンスター+」は無駄に豪華な感も否めない。

格安SIMでもっと安く同じような使用感になるプランがあると思う。

ソフトバンクの「ウルトラギガモンスター+」と同じようなサービスの格安SIMってある?

ソフトバンクの「ウルトラギガモンスター+」とまったく同じとなると現時点では対抗できる格安SIMはないです。

ハルオ
「50GB使える」&「動画やSNSアプリが使い放題になるサービスもある」&「月額8000円前後」の3つを満たす格安SIMは、現状はないからです。

ただ、50GBもいらないけど「動画アプリが使い放題(動画が見放題)なる機能はほしい」という人には、おすすめできる格安SIMがあります。

個人的には、動画が見放題になれば、50GBもある必要はないと思っています。もっと安いプランで十分でしょう。

で、そうなると格安SIMの出番なわけです。

ハルオ
もちろん、ソフトバンクの「ウルトラギガモンスター+」の方が合ってる人もいると思いますが、これから紹介する格安SIMの方も、ぜひ検討してみてください。

「こっちで十分」という人も必ずいるはず。

BIGLOBEモバイル「エンタメフリーオプション」

BIGLOBEモバイルの「エンタメフリーオプション」はソフトバンクの「ウルトラギガモンスター+」と同じで、対象アプリはデータ容量がノーウカウントになる、というサービスです。

具体的には、BIGLOBEモバイルの「エンタメフリーオプション」は「Youtube」「Abema TV」「U-NEXT」などの動画に加え、各社の音楽ストリーミングアプリのデータ容量がノーカウントになります。

※BIGLOBEモバイルのエンタメフリーオプションは、以下のサービスがデータ容量が一切減らずに使用でき、また速度制限がかかっていても高速通信で使用可能です。

特徴は、なんといってもその価格の安さで、3GB以上のプランなら月額480円で「エンタメフリーオプション」を付加できます。

ハルオ
BIGLOBEモバイルの下表の料金プランにプラスして月額480円動画アプリや音楽アプリを使い放題(データ容量ノーウカウント)にできます。
「エンタメフリーオプション」は、3GB以上のプランのみ申し込み可能。また、データSIM(ネットだけできるSIM)で利用する場合は月額980円になります。

今使っている090、080、070から始まる電話番号を引き継いで使いたい場合は「音声通話SIM」になります。

ハルオ
ソフトバンクの「ウルトラギガモンスター+」と違うところは、MAXでも30GBしかないところです。

また、2年縛りはなく、音声通話SIMの場合は1年使えば以降はいつでも無料解約可能、データSIMの場合はいつでも無料解約可能になります。

BIGLOBEモバイルについて以下の記事で詳しく解説してます。

BIGLOBE mobileの評判!速度やメリット・デメリットまとめ

2017.06.12

楽天モバイル「スーパーホーダイ」

じつはあまり使い放題の印象がない楽天モバイルの「スーパーホーダイ」プランも、おすすめです。

楽天モバイルの「スーパーホーダイ」は、簡単にいうとデータ容量のラインナップが、2GB、4GB、6GB、14GB、24GBとあり、それらを使い切って速度制限がかかっても「最大1Mbps」という比較的速い速度で通信をし続けられる、というプランです。

ハルオ
私の家族が実際に使っていますが、1Mbpsに近い速度を常に出してくれてます。

YouTubeやAbema TV、Netflixなどの動画サービスは、スマホで見るなら1Mbpsも速度があれば視聴可能です。なので、楽天モバイルの「スーパーホーダイ」は実質、動画見放題レベルのデータ使い放題になるわけです。

楽天モバイル「スーパーホーダイ」は価格も安い

そして、楽天モバイルの「スーパーホーダイ」は、なんといってもデータ使い放題プランの中では価格が圧倒的に安いのが特徴です。

ハルオ
使い放題の通信速度は最大1Mbpsというルールがあるから安いわけですね。

割引があり、楽天会員であれば月額500円が割引、かつ2年利用前提ならさらに500円割引、あるいは3年利用前提なら1000円割引、となります。

割引は2年間つづき、3年目から割引はなくなります。
ハルオ
注意点としては、楽天モバイルのスーパーホーダイは、昼12時台と夜18時台は速度制限後の速度が1Mbpsから最大300Kbpsに速度が落ちる点。この計2時間はWi-Fiなどを使うようにしましょう。

楽天モバイル「スーパーホーダイ」については以下の記事で詳しく解説してます。

【複雑だけどお得度高し!】楽天モバイル「スーパーホーダイ」をできるだけわかりやすく解説。

2018.09.04






ABOUTこの記事をかいた人

通信・放送系およびIT系の会社で格安スマホやWiMAXなどの企画を6年ほど経験し「格安スマホって革命的」と感じた一方で「みんなまだ全然使ってない…」ことも実感し、当サイトを立ち上げました。 「格安スマホ検討中の人」の参考になったら幸いです。