期間限定でネット環境が欲しい人におすすめ。国内WiFiレンタル料金比較・ランキング




WiFiレンタルとは?

「ポケットWiFi」といって、自宅や会社などにあるWiFiルーターが小型化して、スマホのように持ち運べるようになった端末があります。

この「ポケットWiFi(WiMAX)」、私も使っていますが屋外でもパソコンやタブレットを使えるのでとても便利です。

「ポケットWiFi」(UQ WiMAXなど)は、通常2年〜3年更新の契約で使います。

しかし、なかには長期間でなく短期間(数日〜1ヶ月ほど)だけ使いたい人もいます。そうした人に向けたサービスが「WiFiレンタル」になります。

WiFiレンタルサービスのメリット・デメリット

WiFiレンタルサービスは、通常契約のものと違って「期間限定」。それによるメリット・デメリットを解説します。

WiFiレンタル・メリット

  • 端末代金がかからない
  • 2年縛りなどが全くない
  • 解約違約金がかからない
  • 無制限プランも対応
  • 選べる機種が豊富

WiFiレンタル・デメリット

  • 通常の2年契約などと比べると1日あたりに換算した料金は割高
  • レンタル機種は中古
ハルオ
ちなみポケットWiFiを使ってネット使い放題のスマホを作る方法もあって以下でまとめてます。

【データ通信無制限】4,500円でデータ使い放題(ネット使い放題)スマホを作る方法

2018.05.02

国内でのWiFiレンタルのニーズ

WiFiレンタルの一番のニーズはやはり「海外旅行時に外国でもネットをしたい」というものですが、今回は国内でのWiFiレンタルに焦点を当ててみたいと思います。

国内WiFiレンタルの利用例

  • 国内の出張先で安定したWiFi環境がほしい場合
  • 国内の旅行先で安定したWiFi環境がほしい場合
  • 入院先で安定したWiFi環境がほしい場合

などが挙げられます。今は格安SIMも大手キャリアもスマホの電波は全国ほぼ100%のカバー率のため、どこでもネットが繋がるため、スマホだけならポケットWiFiは必要ありません。

ただし、パソコン・タブレット・ゲーム機などをネット接続したい場合はポケットWiFiがあった方が良いでしょう。

「WiMAX2+」のWiFiレンタルがおすすめ

ハルオ
私の使ってるWiMAX2+です。ボロボロになってしまった…

WiFiレンタルには、「LTEルータ」ーと「WIMAX2+ルーター」のレンタルがありますが、WiMAX2+のレンタルがおすすめです。

WiMAX2+のメリット

  • どの事業者もUQ WiMAXから卸しを受けており、扱っている通信サービスの中身は同じ。品質に事業者ごとの差がない(ここが格安SIMとの違い)。
  • 高速通信の完全ネット使い放題プランがある
  • 料金も安い
  • 速度制限の条件もかなり緩い
ハルオ
WiMAX2+はどこのサービスも中身は全く同じ。つまり裏を返せば「サービス品質で差はだせない」=「完全な価格勝負」になります。

WiMAX2+のレンタルWiFiを選ぶ際のポイント

WiMAX2+のレンタルWiFiを選ぶ際のポイントを紹介します。

値段が安いところ

WiMAX2+を提供している事業者はすべて、UQ WiMAXという大元の会社から卸しを受けています。どこも完全にサービスの品質は同じなので、単純に値段が安い方がいいです。

少々古い機種でもいい

WiMAX2+の機種は毎年新しいものがでます。確かに毎年性能があがっていて、機器としてだせる通信速度の最高速度などが更新されています(車でいうと、MAX300キロでたけど新機種は320キロでるようなった、的な感じ)。

ただ、古い機種と新機種の実際の使い勝手は大して変わりません。機器としての通信速度のMAX値が更新されたとしても、そもそも通信サービスはMAX値がでるような設計されていないからです(MAX320キロでたとしても、公道で320キロで走れる道路がないのと同じようなもの)。

WiMAX2+のネット使い放題の速度制限の条件

格安SIMのネット使い放題の場合、速度が500kbpsや1Mbpsと遅めの通信速度に落としてあります。ただしWiMAXのネット使い放題プランは、ふつうに高速通信で使い放題です。

唯一あるのが3日制限です。ただし、この3日制限も3日10GBとかなり緩い(3日で10GB使い切るのは1日動画タレ流しでようやく、といった感じ)です。また万一、制限がかかっても1Mbpsでますし(ふつうに動画みられる)、すぐに解除もされます。

■WiMAX2+の3日制限の内容

  • 直近3日の合計で10GB使ったら夜6時〜翌AM2時までの通信速度が約1Mbpsに落ちる(ただし、1Mbpsあれば動画視聴は可能)。なお、直近3日の合計が10GB未満になったらすぐ高速通信に戻る。

おすすめの国内のWiFiレンタル比較ランキング

WiMAX2+をの国内WiFiレンタルの比較ランキングいってみたいと思います。事業者、機種によってけっこう金額がまちまちなので、その辺のポイントを抑えながら紹介したいと思います。

1位:「WiFiレンタルJAPAN」。価格が最安水準。配送はホテル・病院宛てもOK

WiFiレンタルJAPANが1位。なんといっても価格が安いです。また、ホテル、病院、友人や親戚の家など指定した住所なら、契約者の住所以外でも配送可能というのも嬉しいところです。

上の画像は少々古い機種を載せていますが(月額が安いプランです)、新しい機種もレンタルしています。

レンタル期間

1週間〜6ヶ月

1ヶ月のレンタル料金

料金は最安値レベルです。

■ギガ放題プラン(ネット使い放題)の1ヶ月レンタル料金

WiMAX 01 3875円
WiMAX 03 4309円
WiMAX 05 5921円

※送料&手数料込みの金額

配送のスピード

平日16時、土曜15時までの申込みで、当日の発送、最短で翌日に届きます。(北海道、四国、九州、沖縄を除く)

延長料金

延滞料金は1日800円。ただしレンタル終了日の消印があれば延滞料金の発生はなし。

返却方法

同梱の専用レターパックにWiFiルータと付属品を封入後、郵便局またはポストへ投函するだけでOKです。返送時の消印=返却日であれば延滞料金は発生しません。返却日当日までレンタルしてられます。

公式サイト

公式サイトよりも価格コムのサイトからアクセスした方が、価格コム限定価格で安く申し込みできます。

2位「88モバイル」。WEBサイトがシンプルでわかりやすい

88モバイルは、料金プランがシンプルでWEBサイトがわかりやすく作ってあります。料金プランも「WiFiレンタルJAPAN」についで最安レベル。新しい機種も扱っています。

レンタル期間

1週間〜6ヶ月

1ヶ月のレンタル料金

料金は安い方です。

■ギガ放題プラン(ネット使い放題)

WiMAX 04 4340円
WiMAX 05 5952円

※送料&手数料込みの金額

配送のスピード

平日16時、土曜・祝日15時までの申込みで、当日の発送、最短で翌日に届きます。(北海道、四国、九州、沖縄を除く)。日曜は定休日になります。

延長料金

延滞料金は1日800円。ただしレンタル終了日の消印があれば延滞料金の発生はなし。

返却方法

同梱の専用レターパックにWiFiルータと付属品を封入後、郵便局またはポストへ投函するだけでOKです。返送時の消印=返却日であれば延滞料金は発生しません。返却日当日までレンタルしてられます。

公式サイト

公式サイトよりも価格コムのサイトからアクセスした方が、価格コム限定価格で安く申し込みできます。

3位「DRIVE」。WEBページが1ページでシンプル

DRIVE WiMAX2は、WEBページが1ページでまとめられてて、簡単に申し込みできます。料金も最安値レベルです。「WiFiレンタルJAPAN」、「88モバイル」、「DRIVE WiMAX 2」が金額が安いWiFiレンタル事業者になります。

ただ、延滞料金が1日~31日の場合は5,800円、32日~61日の場合は11,600円と「割高」、というより日程の幅が広く設定されているため、1日だけ延滞してしまった人などにはかなり高いです。

レンタル期間

1週間〜1ヶ月

1ヶ月のレンタル料金

料金は安い方です。

■ギガ放題プラン(ネット使い放題)

WiMAX 03 3290円+990円
WiMAX 04 3590円+990円
WiMAX 05 4546円+990円

※990円は送料&手数料

配送のスピード

不明。佐川急便で配送。

延長料金

延滞料金は1日~31日の場合は5,800円、32日~61日の場合は11,600円と「割高」、というより日程の幅が広く設定されているため、1日だけ延滞してしまった人などにはかなり高いです。

返却方法

詳細については公式サイトに解説がないです。おそらく他社と同様で同梱の専用レターパックにWiFiルータと付属品を封入後、郵便局またはポストへ投函するだけでOKです。返送時の消印=返却日であれば延滞料金は発生しません。返却日当日までレンタルしてられます。

公式サイト

公式サイトよりも価格コムのサイトからアクセスした方が、価格コム限定価格で安く申し込みできます。

4位「どこでもネット」。レンタル期間最大1年。

「どこでもネット」は最長360日もレンタル可能な、長期レンタルも対応した数少ないWiFiレンタル業者です。

レンタル期間が360日まで可能というのは、1位の「WiFiレンタルJAPAN」にはない強みです。

金額は先に紹介した3社にくらべやや高めです。特価プランの「月7GBまでのプラン」&「機種はちょい古い(W03)」だと安めですが、送料がかかるため、関東の送料が無料(地方でも割安)の1位の「WiFiレンタルJAPAN」と比べると総額は結局高くなります。

基本的に半年までのレンタルなら先に紹介した3社の方が全然安いです。

レンタル期間

1週間〜360日

1ヶ月のレンタル料金

料金はやや高めです。

■ギガ放題プラン(ネット使い放題)

WiMAX 04 6199円

配送のスピード

16時までの申込みで、当日の発送、最短で翌日に届きます。ただし日曜は定休(北海道、四国、九州、沖縄を除く)。

延長料金

延滞料金は1日840円。ただしレンタル終了日の消印があれば延滞料金の発生はなし。

返却方法

専用の封筒にいれてポスト投函でOKです。返送時の消印=返却日であれば延滞料金は発生しません。返却日当日までレンタルしてられます。

公式サイト

公式サイトよりも価格コムのサイトからアクセスした方が、価格コム限定価格で安く申し込みできます。

まとめ

国内レンタルWiFiは頻繁に利用することはないと思いますが、存在を知っておくと何かと便利です。仕事でパソコンやタブレットを常に持って歩くような人は、出張時や旅行時などに重宝するはずです。




ABOUTこの記事をかいた人

通信・放送系およびIT系の会社で格安スマホやWiMAXなどの企画を6年ほど経験し「格安スマホって革命的」と感じた一方で「みんなまだ全然使ってない…」ことも実感し、当サイトを立ち上げました。 「格安スマホ検討中の人」の参考になったら幸いです。