キャリアからの乗り換えに最適「5GB+通話かけ放題」の格安SIMプラン比較




1ヶ月に使うデータ通信量

大半の人は、スマホでネットをする際に必要な月のデータ通信量は「5GB」あれば十分でしょう。

家や会社にWi-Fiがあるなら、「3GB」でも足りる人が多いと思います。ちなみにNTTコムの2014年のデータによる、ほとんどの人が1GBあれば十分という結果になっています。

※出展:NTTコム リサーチスマートフォンのデータ通信量と月額料金に関する調査

とはいえ、今はYouTubeやNetflix、Tverなどの動画サービスに加え、音楽ストリーミングサービスなど、ユーザーの使うデータ通信量は増加傾向にあるので、一応個人的には「3GB〜5GB」くらいのプランが無難と考えています。

ハルオ

そこで今回は、5GB〜6GBプランを提供しいてる格安SIMを一覧で紹介したいと思います。

ニノくん
5GBは一番無難なプランということですね。
ハルオ
そうだね。

ちなみに格安SIMはWEBページで簡単に毎月プランを変更できるので5GBプランじゃ微妙な場合は増量or減量しましょう。

ちなみに、大手携帯会社から乗り換えても使い勝手に遜色がでないよう、通話かけ放題オプションを提供している格安SIMに限定します(まあ今はほとんどの格安SIMが通話かけ放題をやってますが)。

格安SIMの通話かけ放題は10分以内の通話なら何度でかけ放題の「10分かけ放題」になります。

通話かけ放題+5GB~6GBプランをやっている格安SIM比較表

格安SIM会社の大半は5GB〜6GBのプランを展開しています。

ハルオ
この辺はボリュームゾーンなんで、どこもラインナップしています。

月額料金はどこも通話かけ放題付きで3,000円前後です。

格安
SIM
月額
料金
プラン 詳細

IIJmio

3050円 音声SIM6GB(2200円)
+
かけ放題(830円)
通信速度は速めで安定感はトップクラス。月額の安さは普通

大容量プラン、最大10枚のSIMでシェア可能、家族間通話割引。

セット購入できるスマホ機種数も多く安い。

楽天モバイル

3000円 音声SIM5GB(2150円)
+
かけ放題(850円)
格安スマホ市場で猛烈な勢いでシェアを伸ばしている格安スマホ。 楽天スーパーポイントが毎月1%、楽天カードを持っていれば2%貯まる。
楽天市場ユーザーは絶対これ。

OCNモバイルONE

3000円 音声SIM6GB(2150円)
+
かけ放題(850円)
品質・価格・プランなどバランスがよく”無難であり王道”な格安スマホ。
  最近は、セット購入できるSIMフリースマホが増えて、価格もめちゃくちゃ安く売っている。 

mineo

D:3130円
A:3040円
音声SIM6GB(D:2280円、A:2190円)
+
かけ放題(850円)
 毎月1GBまでなら無料で引き出せる「フリータンク」 など、独自性のある便利サービスが多い。「マイネ王」というユーザーのコミュニティサイトもあり、疑問などをすぐに解決できるのも◎。

DMMモバイル

2760円 音声SIM5GB(1910円)
+
かけ放題(850円)
  月額が格安SIM・格安スマホ業界で一番安い「業界最安値の格安SIM」。  月額の10%のDMMポイントが貯まるのも嬉しいところ。1契約でSIMが3枚使えるシェアコースがある。

LINEモバイル

3020円 音声SIM5GB(2200円)
+
かけ放題(880円)
LINEモバイルは twitter、Facebook、インスタグラムなどが通信がカウントされない(使い放題)プランがウリ 
問い合わせがLINEでできたり、サポートも非常に手厚く、初めての格安スマホに最適

BIGLOBEモバイル 

2800円 音声SIM6GB(2150円)
+
かけ放題(650円)
最近CMをバンバン流してる格安スマホ業界の老舗BIGLOBEモバイル。 YouTubeや、Abema TVなどが月額390円で見放題になる「エンタメフリー」オプションが超使える。 

UQモバイル

2980円
(→3980円)
おしゃべりプランM
音声SIM6GB(→3GB)
+
かけ放題
KDDIグループの格安SIM。通信速度は業界No.1。
5分通話かけ放題「おしゃべりプラン」が人気で、スマホを分割購入した場合は毎月割引があり実質数百円でスマホを買える。
ただし2年目からはデータ容量が半分に、月額料金が+1000円になる。

Y!mobile

2980円
(→3980円)
スマホプランM
音声SIM6GB(→3GB)
+
かけ放題
ソフトバンクの展開する格安SIM(厳密にはサブブランド)。
通信速度・プラン内容ともにUQモバイルと非常に似ている。
スマホを分割購入した場合は毎月割引があり実質数百円でスマホを買える。 
ただし2年目からはデータ容量が半分に、月額料金が+1000円になる。

上表にまとめたのは、データ通信量が5GBまたは6GBのプランで、オプションで「通話かけ放題」をつけた場合の月額料金です。

ニノくん
正直、どこも似たり寄ったりですね。
ハルオ
その通り。月額料金は大差はないよ。

この程度の金額差なら「通信品質」や「アフターサポート」で選ぶ方が賢明かもしれない。

ただし、上表でまとめた格安SIMはどこも大手であり、通信品質やアフターサポートはどこも平均〜平均以上は出しています。そのため、あまり悩まずに「なんとなく気に入ったところ」に乗り換えるのでも全然アリだと思います。

ニノくん
格安SIMは2年縛りもないですからね

格安SIMの最低利用期間を解説!「2年縛り」はないが「1年利用」は必要なので注意!

2018.07.03
ハルオ
いいこと言った!そう、音声通話SIMでも最低1年使えばいつでも無料で解約できるので、あまり臆さないのが肝心です。

格安SIMへの乗り換え手順は以下の記事を参考にしてみてください。

ソフトバンクから格安スマホにいちばん簡単に乗り換える方法

2017.06.27

auから格安スマホへ乗り換える流れ&ハイレベルなau系格安スマホの中でも特におすすめは?

2017.06.19

ドコモから格安スマホへ乗り換える流れ&後悔しないドコモ系格安スマホ会社は?

2017.06.18

迷っている人には「IIJmio」を推す

当サイトでは、金額・通信品質・会社としての安全性、安定感・サービスのシンプルさ・サポート力などの総合評価で、IIJmioをナンバーワン格安SIMに認定しています。

なので、迷って決められない人にはIIJmioを推します。

IIJmio公式サイト

IIJmioの評判と特徴!速度やメリット・デメリットまとめ。格安SIMに不安感があるなら絶対IIJmioがいい

2017.06.12

ただし、先ほども言ったように「正直、現状はどこも大差なし」なくらいここ数年で格安SIMのサービス品質はレベルアップしたので、自分の気になった所に思い切って乗り換えちゃうのでいいと思います。