格安SIMのFREETEL、「ポケモンGO」で発生するパケット料金無料化を発表




格安SIMのFREETEL、「ポケモンGO」で発生するパケット料金無料化を発表

いま大人気のポケモンGOのパケット無料化だそうです。

パケットっていうのは通信量のことですね。

僕もさっそくポケモンGOをやってみたんですが、あれはGPSを常にONにしていなきゃいけないので、けっこうな通信量を消費します(あとスマホの電池も)。

なので、ポケモンGOユーザーにとって、FREETELのこのパケット料金無料化はかなりメリットが大きのではないでしょうか。

ポケモンGOをやる専用のSIMとして購入すれば月額299円しかかからないことになりますからねψ(`∇´)ψ

2018年7月14日 追記

フリーテルは2017年9月になくなってしまいましたね…。なくなった、というよりは楽天に売却した形なので事業継承といった感じです。

フリーテルユーザーは楽天の提供のもとこれまで通りサービスが使えるので(現時点では)、とりあえずは問題ないです。そのうち、サービス統合されて楽天モバイルのサービスに変わると思われますが。

個人的なフリーテルに関する思い出…

フリーテルには個人的な思い出があります。

私が格安SIM会社で企画職についていたころ企画していたのが、当時フリーテルくらいしかやっていなかった「従量制プラン」でした。フリーテルは「使ったぶんだけプラン」という名称でしたね。

当時は「従量制プラン」なんて需要あるの?と上司に言われていましたが、「いや、そのうちこっちが主流になりますから(根拠なし)」と強引に通したのを覚えています。

今じゃ天下のauだって「ピタットプラン」を、ドコモだって「バリュープラン」という従量制プランを提供しているという事実…!!

「やっぱりきたじゃねーか従量制プラン!」とauの「ピタットプラン」のCMを見たときは興奮をしたのを覚えています(会社はやめてたけど)。

でもそのあと冷静に考えてみると、「そもそも携帯代ってもともとは従量制だったよね…」ということに気づき(友人がエロサイトの見過ぎでパケット代が10万円近くいったのも今は思い出…)、「単に一周しただけか…」という帰着になりました。というか、すでにフリーテルが従量制やってた時点でえばれないし…(auも遠い昔「W定額」というピタットプランの走りみたいなのをやっていたけど)。

そんな会社員時代の思い出でした(これは”フリーテル”との思い出とは言えない…)。