格安スマホ検討中の方へ捧ぐ「乗り換える前のチェック8カ条」(後編)




格安スマホに乗り換える前にチェックすべき8カ条(後編)

格安スマホに乗り換えよう、でもいざ乗り換えようとすると「色々わからないや、想定外のことが…」。

そう思ってなかなか乗り換えられない人は多いのではないだろうか?

そうした方々に向けて、乗り換える前に「チェックしておくべき8カ条」をまとめてみました。こん8カ条を抑えておけば、もうすぐにでも乗り換えられます(多分)!

「前編」では、1〜4カ条までご紹介したので、今回の「後編」では残りの5〜8カ条をご紹介したいと思います。

>>前編はこちら

格安スマホ検討中の方へ捧ぐ「乗り換える前のチェック8カ条」(前編)

2017.11.07

第5条:SIMロックを解除しよう

このSIMロック解除は、以下の人たちだけしましょう。自分の使っている携帯会社のMy ページ(My ドコモや、My au、My ソフトバンク)にいけばSIMロック解除の手続きは無料で可能です(3000円の手数料がかかりますが、ショップでもやってくれます)。「My au SIMロック解除」などで検索してみましょう。

SIMロック解除が必要な人

  • ドコモで買ったスマホを、au系やソフトバンク系の格安スマホ(SIM)で使おうとしている人
  • auで買ったスマホを、ドコモ系やソフトバンク系の格安スマホ(SIM)で使おうとしている人
  • ソフトバンクで買ったスマホを、ドコモ系やau系の格安スマホ(SIM)で使おうとしている人
  • ドコモ、au、ソフトバンクのスマホを、Y!mobile(ワイモバイル)で使おうとしている人
  • auのVoLTEスマホで、au系格安スマホ(mineo・IIJmio・UQモバイル)を使おうとしている人(←ここは注意!)
auの端末の場合は原則SIMロック解除しておいた方がよいです。

上記以外の人たちはSIMロック解除は不要です。

ドコモのスマホをドコモ系格安スマホで使おうとしている人、auで買ったスマホをau系格安スマホで使おうとしている人、ソフトバンクで買ったスマホをソフトバンク系格安スマホで使おうとしている人は、SIMロック解除は不要です。

あとは、SIMフリースマホを使おうとしている人も当然不要です。

ニノくん
あの、先輩。「ドコモ系、au系、ソフトバンク系の格安スマホ」とかって書いてありますけど、

これなんですか?



ハルオ
えっとね…

格安スマホ(SIM)を展開している会社(=MVNO)というものはそもそも、ドコモやauやソフトバンクといった「大手携帯会社(キャリア)」の設備を借りて(共同利用して)、通信サービスを提供している会社のことです。

だから、中身は大手携帯会社のサービスに近いんです。でも、ブランド名(看板)は自分たちで作ったものを掲げている、といった感じ。



ハルオ

たとえば今話題の楽天モバイル「ドコモ系の格安スマホ」だよ。

これは楽天がドコモの設備を借りて提供しているから。

ニノくん
なるほど。

あれ、そういえば、ドコモ・au・ソフトバンクって自分たちのスマホに、自分たちの通信しか使えないようロックかけてましたよね?

ハルオ
そう。SIMロックいうやつだね。

このロックの概念は、格安スマホになっても引き継がれるんだ。

つまり、ドコモ系格安スマホの楽天モバイルでは、auで買ったスマホはそのままでは使うことができないんです。SIMロック解除が必要になります。逆にドコモで買ったスマホならそのままの状態で楽天モバイルを使えるわけです。

auのスマホは利用できる電波の周波数がやや特殊なので、SIMロック解除してもドコモやソフバン系格安スマホに合わない事があります。事前に使いたい格安スマホのWEBの「動作確認端末」というページを見ておくとよいです。

第6条:大手携帯会社のサービスで使えなくなるものを確認する

大手携帯会社(キャリア)のサービスは、大手ならではの良いものがけっこうありますので、それらが使えなくなって本当によいか確認しておきましょう。

格安スマホで使えなくなるサービス①:キャリアメール

格安スマホに乗り換えると、@docomo.ne.jp(ドコモのメール)や@ezweb.ne.jp(auのメール)、@softbank.ne.jp(ソフトバンク)のアドレスの大手携帯会社のメールサービスは使えなくなります。

もともとこのサービスは、大手携帯会社のサービスに加入してないと使えないサービスなんですね。なので、乗り換えると使えなくなってしまうのです。

ただし、代替品として「フリーメール」と言われる「Gmail(ジーメール)」「Yahoo!メール」がスマホで使えます。中でもGmailはかなり便利で、キャリアメールより使い勝手が良いと思います。

僕のいた会社も、会社の公式メールとして「Gmail」を採用していました。大きな会社でもGmailを採用しているところは多いです。

格安スマホ使えなくなるサービス②:大手携帯会社の決済サービスが使えなくなる

「大手携帯会社の決済サービス」とは各キャリアが提供している料金支払サービスです。

物販やデジタルコンテンツを購入する際に、携帯料金とあわせて支払ができるというサービスで、ネットで買い物をするときに「支払方法はどうしますか?」という画面がよくあると思いますが、そこの選択肢のひとつにある「大手携帯会社の決済サービス」を格安スマホにしたら使えなくなってしまうよ、ということです。

ただし、「大手携帯会社の決済サービス」を選択肢に入れている物販サービスはそんなに多くないですし、いつもクレジットカードや口座引き落としで支払う主義の人はそもそも関係ないので、あまり大した問題ではない気がします。

■大手携帯会社の決済サービスの名称

ドコモケータイ払い
au かんたん決済
ソフトバンクまとめて支払い

格安スマホで使えなくなるサービス③:公衆無線LAN

カフェや地下鉄で上図のステッカーみたことありませんか?こちらはキャリアが展開する街中にあるWiFiサービスです。使ってる人はそんなにいないとは思いますが、こちらも使えなくなってしまいます。

ただし、格安スマホのBIGLOBE mobile、NifMo、OCNモバイルONEなどは、街中の公衆無線LANを提供していて無料で使えるので代替できます。楽天モバイルも月額362円のオプション申し込みで公衆無線LANを利用できます。

楽天モバイルの評判!速度やメリット・デメリットまとめ。楽天市場をよく使う人なら絶対おすすめ

2017.06.12

OCNモバイルONEの評判!速度やメリット・デメリットまとめ

2017.06.12

NifMoの評判!速度やメリット・デメリットまとめ

2017.06.12

BIGLOBE mobileの評判!速度やメリット・デメリットまとめ

2017.06.12

「通話かけ放題」「端末補償」「フィルタリング」「ウィルス対策」など、格安スマホのオプションはどんどん充実

スマホを壊しても格安で修理できる「端末補償」サービスや、有害サイトを見せないようにする「フィルタリング」サービス、危険なウィルスからスマホを守っている「ウィルス対策」サービスなどは、今はどの格安スマホでも提供しています。

また、最近は「通話かけ放題」サービスもオプションで、月額500円〜850円ほどで利用することもできます。

IIJmioのコミコミセットが格安スマホ入門プランとしてかなり優秀

2017.09.04

楽天モバイルのコミコミプランってなに?

2017.08.15

■格安スマホのオプションサービスの例(他にもたくさんあります)

格安スマホ名 名称(金額) 内容
IIJmio 端末補償(月額380円) スマホの水没・画面割・全損でも修理・交換対応
10分通話かけ放題(月額830円) 10分以内の通話なら無料でかけ放題
楽天モバイル 5分通話かけ放題(月額850円) 5分以内の通話なら無料でかけ放題
通話・無制限かけ放題(月額2380円) 通話が無料でかけ放題

※他社でも多くのオプションを取り扱っています。

第7条:クレジットカードがあるか確認する。ない場合、できれば作る

格安スマホの場合、ほとんどは支払い手段が「クレジットカード」になります。クレジットカードを持っていない人は、できれば新たに作ることをおすすめします。

なお、個人的におすすめなのは以下の2つです。

楽天カード

楽天モバイルに申し込もうとしているなら年会費無料の「楽天カード」が良いです。楽天カードで楽天モバイルを使うとポイントが2倍貯まるし、楽天市場で買い物するときは4倍のポイントが貯まるからです。

また、カードを作るだけで楽天スーパーポイントが5000ポイント、そのカードを楽天モバイルの支払いカードに登録すればさらに2000ポイントもらえます。

このポイントは楽天モバイル申し込み時に、楽天モバイルで売っているスマホの支払いに充てることもできるので、楽天モバイルでスマホセットを検討している人はかならず作った方が良いと思います。

楽天カードの詳細は楽天モバイルの記事でも書いてますので、参考にしてみてください。

【ライバルMVNOのここがスゴイ】業界1位「楽天モバイル」の強さの秘密8個

2017.07.06

楽天モバイルの評判!速度やメリット・デメリットまとめ。楽天市場をよく使う人なら絶対おすすめ

2017.06.12

楽天カードの公式サイトで詳しく見る場合は以下から。

Yahoo! JAPANカード(YJカード)

Y!mobile(ワイモバイル)に申し込もうとしているなら、ソフトバンクの子会社であるYahoo! JAPANのクレジットカード「YJカード」がよいです。これも同様にポイント(Tポイント)が貯まりやすくなっているからです。

YJカードの詳細はY!mobile(ワイモバイル)の記事でも詳しく書いてるので参考にしてみてください。

ちょい複雑?元同業者がY!mobile(ワイモバイル)のスマホプランS/M/Lを解説。評判・通信速度・2年縛りなどの注意点も

2018.09.09

YJカードの公式サイトで詳しく見る場合は以下から。

第8条:WEB?店舗?申し込み方法を決める

最後は、格安スマホに申し込む方法です。大手携帯会社の場合、契約は店舗(ショップ)になりますが、格安スマホの場合はWEBサイトから申し込むことが可能です。というか格安スマホはWEBからの申し込みが主流ですね。

WEB申し込みメリット

  • じぶんの都合のよい時間に申し込みできる
  • 自宅や会社、移動中などどこからでも申し込みができる
  • WEB申し込みの方がキャンペーン案件で得な事が多い(店舗にくらべ人件費等がかからないから)
  • 申し込み手続きの時間が短く済む(5分〜15分程度)
  • SIMやスマホは宅急便で届く(時間指定できるところも多い)
  • ほぼ全ての格安スマホが申し込める(逆に店舗展開している格安スマホはまだ少ない)

WEB申し込みのデメリット

  • わからないことがあったら、自分で調べないといけない
  • SIMや端末が届いた時の初期設定を自分でやらないといけない
ニノくん
う〜ん。でもWEBからの申し込みってわからないことあったら不安だなあ。
ハルオ
いや、そういう場合こそ、僕たちのサイトみたいな、やり方をまとめているものを見てほしいんだけどね。
ニノくん
う〜ん、無事申し込めたとしても、SIMが届いたあ後の初期設定ができるか不安です。

格安スマホの初期設定なんてほぼ無いけどね。SIMを挿した後にやるAPN設定くらいだよ(1分で終わる)。

それもこのサイトの「APN設定のやり方」という記事で紹介しているし。[/voice]

そのAPN設定も、格安スマホ会社でスマホをセット購入した場合は、格安スマホ側で設定して、届いたらすぐに使える状態で発送してくれるので不要です。

というわけで、個人的にはWEB申し込みの方が圧倒的にメリットは多いと思っているんですが、もしどうしても不安という方は店舗申し込みも検討してみましょう。

店舗申し込みのメリット

  • 店舗スタッフに相談しながら申し込める
  • その場でSIMやスマホを手に入れられる(宅急便などでなく)

店舗申し込みのデメリット

  • 店舗を持っている格安スマホが少ない(楽天モバイル、mineo、UQモバイル、Y!mobile、LINEモバイルなどは店舗やカウンターあり)
  • 店舗数が少なく近場に無いケースがある
  • 申し込み手続きに時間がかかる場合がある(混雑時など)
  • 人件費がかかっている分、キャンペーンなどは適用外になるケースもある

店舗は相談しながら申し込めるからいいんですけど、だからこそ一人当たりの申し込み時間も多くかかり待ち時間も長いんですよね…。

でも、相談できるのはかなり強みなので、個人的には「申し込みはWEBから」、使い始めてわからないことがあったら店舗に聞きに行く。つまり「サポートは店舗」という住み分けが良いと思っています。

以上で後編は終わりです。よければ前編も参考にしてください。

格安スマホ検討中の方へ捧ぐ「乗り換える前のチェック8カ条」(前編)

2017.11.07

格安スマホの元社員の余談「格安スマホの比較について」

格安スマホに乗り換える前にチェックすべき8カ条(後編)はいかがだったでしょうか。これで準備ができた!という方はぜひ自分なりにいいな!と思う格安スマホに申し込んでみましょう!

ここからは恒例の余談シリーズ。今回のテーマは「格安スマホの比較について」です。

身も蓋もないことを言っちゃうと、主要格安スマホ12〜13社の中から選ぶときは、そこまで厳密に比較しないでも自分のフィーリングで選んじゃっていいんじゃないかなと思っています。

というのも、このサイトで紹介しているような主要な格安スマホのブランドってどれも品質や価格は一定水準をクリアしているんですね。

人気格安スマホ12社を5段階評価で一挙レビュー!【2018年冬版】

2017.11.12

その中で、「ここの方が通信速度が速い!」とか「ここの方が数十円安い!」とかやってるだけなんです。

でも、そんなのは本当に微々たる差ですよ。だって例えば、他の格安スマホより数十円、いや仮に数百円安い格安スマホがあったとします。

でも、もともと大手携帯会社ではその数千円以上高い金額をとられてて、一気に月々5,000円安くなる人だっているのに、今さら300円の差とか、大した差ではない気がしませんか?(いや、安い方がそりゃあいいですけど)。

ということで格安スマホを選ぶ時の僕のアドバイスは…

  • 初めてならマニアックすぎない、主要格安スマホ12〜13社から選んだ方が良い(というかその方が無難)
  • さほど細かなスペックはこだわらず、「ロゴがカッコいいから」とか、「ここの格安スマホ以外のサービスで前から使ってるのあるから」とか、「なんかイメージ良さげだから」とかで決めちゃっても全然OK

です。

一応、どうしても決められない…!もう、「ここ!」ていうのひとつだけ教えてよ!というお声から書いた以下の記事もありますので参考までに。

結局どこが良い?!超厳選☆SoftBankユーザーへおすすめの格安スマホ1選!

2017.11.01

結局どこが良い?!超厳選☆auユーザーへおすすめの格安スマホ1選!

2017.10.31

結局どこが良い?!超厳選☆ドコモユーザーへおすすめの格安スマホ1選!

2017.10.22

以上、今回の余談シリーズ「格安スマホの比較について」でした。

>>前編はこちら

格安スマホ検討中の方へ捧ぐ「乗り換える前のチェック8カ条」(前編)

2017.11.07