auユーザーにおすすめしたい格安スマホ3選




au系の格安SIMはハイレベル

au系の格安SIMがぞくぞくと増えてきていますね(^o^)ちなみに私のいる会社はまだ取扱いはしていません( ゚∀゚)・∵. グハッ!!

今、auのSIMを取り扱っているMVNOはどこか、意外と知らない方も多いと思うので今回はそんな「au系格安SIM」をご紹介します。

現在auを使っている方はau系の格安SIMなら、今のスマホをそのままで利用できますからね(・∀・)auのiPhone使っている、auのXperiaやGALAXYを使っているって方はau系の格安SIMに乗り換えちゃいましょう( ゚´∀`)bグッ!

乗り換えの流れは以下の記事を参考にしてみてください。

auから格安スマホへ乗り換える流れ&ハイレベルなau系格安スマホの中でも特におすすめは?

2017.06.19

au系の格安SIMはドコモ系の格安SIMよりまだ少ないですが、au系の格安SIMを取り扱うMVNOは、実はどこもレベルが”かなり”高いという共通点があります。

実際に価格や通信速度やオプションサービスなどを見てもどれも優秀なところばかりですので。

なぜau系のMVNOはレベルが高いか・・・。

僕が分析する限りですが、

現在のMVNO業界はドコモ系の格安SIMが中心です。そんな中いち早く「auのSIMを導入しよう!」というMVNO事業者は、この激戦と化している格安SIM戦争に”勝つ気”があるんです。

「まわりと一緒のことやってても仕方がない」という気持ちが他社よりも強いんです。

「とりあえず今ノッてきてる市場だからうちも格安SIM出そうぜ~( ´∀`)」などと言っている輩とは気合が違うんです(個人的な意見です)。

まあ、そういうわけなので現在auを利用されているみなさんは安心してau系格安SIMへ乗り換えていいと思いますよ~( ´∀`)

現役の格安スマホ企画担当者がオススメしたいau系格安スマホ3選

mineo

総合評価

評点:4 ドコモ・au両方に対応しており、独自性のあるオプションメニューが魅力。マイネ王などのユーザー目線のサイトもあり、毛色の違いを出せているオンリーワンのMVNO。

Yahoo!知恵袋のmineo版「マイネ王」や先進的なサービス「フリータンク」などが面白い

mineoはIIJと同様にau・docomo両方のメニューがあります。データ通信SIMのことを「シングルタイプ」、音声通話SIMが「デュアルタイプ」とちょっと変わった呼び名です。
月額料金は普通ですが、通信速度が速いレベルで安定しているんですよね。また、「フリータンク」「パケットギフト」などのパケットサービスと言われる無料のオプションが面白いです。もちろん、通話し放題や、あまった容量の翌月繰越しなどの今や「標準装備」となったものもちゃんとあります。

まとめ

速度の安定感があるのがいいですね( ´▽`)あとは、ドコモとau両方に対応しているんで、ソフトバンクの人以外なら誰でも今のスマホで使えるというがいいですね( ´ ▽ ` )パケットサービスやマイネ王というサイトが面白いんで、そういうのが好きな人はおすすめです。

もっと詳しく→mineoのメリット・デメリットなど詳細な評価を見る

公式サイト→mineo

IIJmio

総合評価

評点:4 ドコモ・au両方に対応しており、サービス内容・品質・価格・サポートなど全てがハイレベル。もともとは官公庁などにサービス提供をしている堅めの企業なため、キャンペーンなどが若干弱いか。

格安SIMの老舗。品質は安定しており市場シェアもトップクラス

日本のインターネットの成長はIIJとともにある、といっても過言でないほどインターネット界の先駆者的立ち位置にい続けている会社です。官公庁や大企業といったがっちりと強固な顧客基盤を持つので、品質が非常に安定しているのがウリです。
大きな特徴としては、1契約で最大10枚のSIM使うことができるプラン(ファミリーシェプラン)があります。ただし、音声SIMは5枚まで。

 まとめ

はじめての格安SIMでIIJmioを選ぶ方は多いです。なにより通信速度が安定しているのが嬉しいですね。学校にいるタイプだと、歴史と現代文だけいつも100点で数学と物理は30点、という生徒でなく全科目で75点をとるようなタイプです(; ・`д・´)ナニソノタトエ

もっと詳しく→IIJmioの詳細な評価を見る

公式サイト→IIJmio

UQモバイル

総合評価

評点:3.7 KDDIの子会社だから、回線の安定度がハンパなくどの時間帯も通信速度が速い。

au系MVNOの大本命!オールインワンのプランである「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」が魅力

データ通信と通話プランを組み合わせたオールインワン系のプランを推しているのがUQモバイル。例えば「ぴったりプラン」。通常のデータ通信と無料通話が組み合わさったプラン(2GB/60分=1980円・6GB/120分=2980円・14GB/180分=4980円 ※2年間後からは容量と無料通話が半分になる)などがあります。キャリアのプラン構造に近いので、それをイメージしていただければ月額の安さがわかるかと_φ( ̄ー ̄ )一方で、普通のデータ通信プランもあって、そこに音声通話機能のオプションをつけることもできます。

「Try UQ mobile」という完全無料お試しがあるから格安SIMに不安がある人は試す価値あり!

今使っているスマホで使えるか?通信速度はキャリアとくらべてどうなのか?と不安を持っている人はこの「Try UQ mobileレンタル」をしてみるといいと思います。スマホまで貸してくれて2週間タダで使える、送料も初期手数料といった費用という費用が一切かからないという格安スマホのトライアルサービス。これは商品に相当自信があるのでしょうねd( ̄  ̄)KDDI実際、通信速度もめちゃ速いので有名な格安SIMです。注意しないといけないのは

まとめ

KDDIグループなので、回線はもちろんau。キャリア直結のMVNOなので回線品質もいい。au系MVNOなのでauのスマホ以外(ドコモ・ソフトバンク)はSIMロック解除が必要です。あとは、端末セットでiPhone(5Sなどの旧型)を購入できる数少ないMVNOなのでapple党の方にもおすすめです。

もっと詳しく→UQモバイルの詳細な評価を見る

公式サイト→UQモバイル

関連記事

auに従量制プラン「ピタットプラン」が登場!格安スマホとどっちが安い?

2017.07.15

auから格安スマホへ乗り換える流れ&ハイレベルなau系格安スマホの中でも特におすすめは?

2017.06.19

auだけど格安SIMに乗り換えられる?

2017.06.12




ABOUTこの記事をかいた人

通信・放送系およびIT系の会社で格安スマホやWiMAXなどの企画を6年ほど経験し「格安スマホって革命的」と感じた一方で「みんなまだ全然使ってない…」ことも実感し、当サイトを立ち上げました。 「格安スマホ検討中の人」の参考になったら幸いです。