「AQUOS sense plus」ってどんな機種?防水性やおサイフケータイは?国産スマホNo.1の実力を解説!




日本製SIMフリースマホってどうなの?

日本製のSIMフリースマホは、実は数が少ないです。作っているメーカーも、大手だとSHARPや富士通あたりになってしまいます。

また、日本製のスマホは「ガラパゴス化」している部分もあり、海外製には少ない「おサイフケータイ」や「ワンセグ」、「防水仕様」などの機能が搭載されていることが多いです。

ハルオ
そのため日本製SIMフリースマホは高くなりがち。

おサイフケータイやワンセグはないけど、価格の安い中国メーカーのスマホにおされている状況です。

躍進する中国系メーカー

現在のSIMフリースマホ市場では、HUWEIやASUSなど中国メーカーの躍進が著しいです。

ハルオ
中でも最近のHUAWEIは、素晴らしい機種をたくさん発表しているので、ますます勢いがついています。

■HUAWEIとは?

Pシリーズや、novaシリーズ、Mateシリーズなど数々のヒット機種を生み出す。世界的にも、いまやApple・サムスンと肩を並べるトップメーカーにのし上がっている。HUAEIのおすすめスマホは以下の通り。

端末もレンタルOK!15日間無料でUQモバイルを試せる「Try UQモバイル」を実際に使った感想と、SIMの挿し方や通信速度を解説。

2018.09.19

ソフトバンク「ウルトラギガモンスター+」はお得なの?格安SIMと比較してみた

2018.09.18

「通信速度」ってなに?通信速度が遅くなる・速くなるのはなんで?

2018.09.14

「データ使い放題プラン」がある格安SIMを紹介。おすすめの「データ使い放題プラン」を比較してみよう

2018.09.13

子供がデータ容量をたくさん使う場合は、まず子供のスマホだけでも格安SIMに乗り換えて節約しよう

2018.09.12

■ASUSとは?

ASUSは、日本で非常に人気の高い中国のSIMフリースマホメーカー。「ZenFoneシリーズ」がとても性能がよく人気。ASUSのおすすめスマホ以下の通り。

端末もレンタルOK!15日間無料でUQモバイルを試せる「Try UQモバイル」を実際に使った感想と、SIMの挿し方や通信速度を解説。

2018.09.19

ソフトバンク「ウルトラギガモンスター+」はお得なの?格安SIMと比較してみた

2018.09.18

「通信速度」ってなに?通信速度が遅くなる・速くなるのはなんで?

2018.09.14

「データ使い放題プラン」がある格安SIMを紹介。おすすめの「データ使い放題プラン」を比較してみよう

2018.09.13

子供がデータ容量をたくさん使う場合は、まず子供のスマホだけでも格安SIMに乗り換えて節約しよう

2018.09.12

孤軍奮闘のSHARPのSIMフリースマホ「AQUOS sence plus」

中国系のSIMフリースマホメーカーが勢いづいている中で、SHARPのAQUOSフォンはかなり健闘しています。

富士通のarrowsも人気機種ですが、富士通はスマホからの撤退が決まっているため、日本製SIMフリースマホ大手はSHARPだけになります。

そんなSHARPのSIMフリースマホが「AQUOS sence シリーズ」です。

ニノくん
がんばってほしいですね。
ハルオ
実際、SHARPのSIMフリースマホ、AQUOS sence シリーズは非常に評判がいいです。富士通のarrowsはちょっと性能の割に値段が高いんですが、AQUOS sence シリーズは性能と価格のバランスがよく、スマホも使いやすいです。

実際、私の母は今回紹介する「AQUOS sence plus」の前機種である「AQUOS sence lite」という機種を使っていますが、非常に使いやすいと言って、満足しています。

AQUOS sense plusはどんなスマホ?

前置きが長くなりましたが、ここから「AQUOS sense plus」の解説をしたいと思います。

今年の日本製スマホの一番注目の機種でしょう。

AQUOS sense plusはココがすごい①:おサイフケータイ搭載の数少ないSIMフリースマホ

おサイフケータイを愛用している人はけっこういると思いますが、「AQUOS sense plus」は数少ないおサイフケータイが搭載されたSIMフリースマホになります。

ハルオ
私の会社の先輩もおサイフケータイ愛用者でした。

おサイフケータイ搭載SIMフリースマホは少ないので、先輩もきっと喜ぶでしょう。

おサイフケータイ・Apple Payとは何か?格安スマホでも使える?超わかりやすく解説!

2018.03.01

AQUOS sense plusはココがすごい②:SHARPのお家芸「IGZOディスプレイ」で綺麗な画面

約5.5インチの大画面を搭載しています。ボディいっぱいに広がる画面は大きいですが、本体そのものは持ちやすさをキープしたサイズ感で片手操作が可能です。

なにより、シャープ独自のIGZOディスプレイは高画質で美しいです。

ハルオ
SHARPは液晶テレビAQUOSの技術がありますから、画面の綺麗さは折り紙つきです。

実物に近い色彩を再現します。

AQUOS sense plusはココがすごい③:もちろん防水!濡れた手でもサクサクな快適操作が可能

通常スマホは、画面が少しでも濡れると途端にタッチ操作ができなくなります。

ところが、このAQUOS sense plusは手が濡れたままでも快適に使えます。キッチンやお風呂に入りながら普通に使えるのは、他の機種にはない魅力です。

ハルオ
海外製のSIMフリースマホで、この金額でここまでの防水性を誇るのはなかなかありません。

AQUOSフォンの強みです。

AQUOS sense plusはココがすごい③:

AQUOS sense plusのカメラは、動きのあるショット、例えばペットのワンちゃんや猫ちゃん、またはスポーツ観戦や運動会など、ピントの合いにくいシーンでも、ピントが瞬時に自動で合うように、ハイスピードオートフォーカス(AF)が搭載されています。

ハルオ
画素数も堂々の1,640万画素!

これだけあれば、きめ細かい写真が撮れますね。

また、動画撮影中に静止画撮影もできるなど、地味に便利機能もついています。

ニノくん
本当に、地味ですね。
ハルオ
地味に便利、この辺を突き詰めるのが日本製スマホのいいところなんだって!

また、自撮りなどをするときのインカメラ(画面側についているカメラ)も、800万画素と画素数が多く、また撮影時には画面が発光してフラッシュになるので、暗い場所でも自然な明るさで人物を撮影できます。

AQUOS sense plusはココがすごい④:AQUOS sense plusはスペックも高い

AQUOS sense plusは、スペック(性能)もしっかり高いです。スマホの脳みそである「CPU」や、記憶力の「ROM」、「RAM」などは”中の上”といった性能。

なので、サクサクとストレスのない操作感になっています。

今まで、日本のスマホは金額がそこそこの割に、性能はいまいち…というものも多かったんですが、「AQUOS sense plus」はしっかり性能が高い!

ハルオ
というか、この内容で日本製SIMフリースマホが3万円台なら、コスパは非常に良いですよ!

また、バッテリーも3100mAhと容量が多めになっていて、電池持ちがかなり良い点はポイント高いです。

AQUOS sense plusが向いている人

ハルオ
AQUOS sense plusが向いている人は、以下のような人です。
  • 格安スマホが始めてて、海外製だと不安な人
  • 日本のメーカーのサポートを受けたい人
  • 防水スマホがいい人
  • 台所やお風呂でスマホを使う
  • おサイフケータイを使う人

AQUOS sense plusが安く買える格安スマホ会社は?

AQUOS sense plusは非常に人気の高い日本製SIMフリースマホなので、ほとんどの格安スマホ会社で販売しています。

ハルオ
ただ意外と価格差があるので、下記の通りまとめて見ました。

ちなみに当サイトでは、「通信品質の高さ」、「端末の安さ」、「サポートの安定感」から初めての格安スマホには「IIJmio」を推しています。

格安スマホ 通常価格 キャンペーン
IIJmio
36,800円 Amazonギフト券が1万円もらえる
楽天モバイル

32,800円 無料の楽天カードに申し込み→楽天モバイルに申し込みで楽天スーパーポイント7000ポイントもらえる
BIGLOBEモバイル

39,600円 音声通話SIMなら450円×24カ月=10800円値引きになる!
OCNモバイルONE

29,800円 ダントツで一番安い

mineo

43,200円 知り合いをmineoに紹介したら両者に1000円分のAmazonギフト券。
DMMモバイル

40,800円 3ヶ月900円割引!
LINEモバイル

43,200円 ぜんぶ0キャンペーン

Amazonギフト4000円が貰える初夏の選べるキャンペーン

AQUOS sense plusのスペックまとめ

AQUOS sense plusのスペック詳細は以下の通りとなります。

サイズ 約71(W)x151(H)x8.9(D) (mm)
重さ 約157g
対応OS Android 8.0
CPU Qualcomm Snapdragon 630 オクタコアCPU(2.2GHz(クアッド)+1.8GHz(クアッド))
メモリ RAM:3GB / ROM:32GB microSD 最大400GB(別売)
バッテリー 3100mAh
急速充電対応
ディスプレイ 約5.5インチ フルHD+ 2160×1080(IGZO / Corning® Gorilla®Glass)
カメラ アウトカメラ:1640万画素 (アウトカメラ:有効画素数 約1,640万画素 CMOS 裏面照射積層型)
インカメラ:800万画素 (インカメラ:有効画素数 約800万画素 CMOS 裏面照射型)
通信速度 下り(受信時)最大350Mbps(LTE)
上り(送信時)最大75Mbps(LTE)
連続待受時間 LTE:約670時間 / 3G:約780時間 / GSM:約685時間
連続通話時間 VoLTE:約1,850分 / 3G:約1,690分 / GSM:約920分
Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n/ac (周波数帯域:2.4GHz/5GHz)
Bluetooth Bluetooth® 5
テザリング機能 対応 最大接続数:10台
SIMサイズ nanoSIM
その他 指紋センサー(ホームキー、ナビゲーションキーとして利用可)、FeliCa/NFC、防水(IPX5/8)・防塵対応(IP6X)、緊急警報(国民保護情報(Jアラート)含む)対応、Bluetooth(R)5.0、GPS/加速度センサ/地磁気センサ/ジャイロセンサ/近接センサ/照度センサ、簡易留守録、多言語対応(表示できる言語はそれぞれのアプリに依存します)