【SIMと一緒にスマホも買うなら?】格安SIM会社毎の端末セットの特徴を解説




格安SIM会社のスマホ(端末)セットの値段はまちまち

いまはどの格安SIM会社も、スマホとSIMをセット購入できます。もし、格安SIMに乗り換えを検討中で、スマホも買い換えようとしている人は、家電量販店などでなく格安SIM会社でSIMと端末をセット購入するのが一番安く買ます。

SIMフリースマホってどこで買うべき?安く購入できるのは?おすすめの購入場所を解説。

2018.08.06
ニノくん
最近は、タブレットやスマートウォッチ、ドローンなんか売ってるとこもありますよね
ハルオ
そうだね。まあ、ドローン売ってるのは楽天モバイルくらいだけどね

格安SIM会社でセットで売られるスマホは「SIMフリースマホ」といって、基本どこのSIMでも使えるスマホになってます。

SIMフリースマホとは、大手キャリアのスマホのように「SIMロック」がかかってないスマホです。

で、このSIMフリースマホ、機種数がたくさんありますが、王道の機種というのもあって、王道機種はどこの格安SIMでもたいてい扱っています。

ハルオ
同じ機種を扱っていても、格安SIMの会社ごとに価格が全然違います。そこに各社の“方針(色)”がでます。

今回は、格安SIM会社ごとの方針、というか価格差について解説していきたいと思います。

「機種数」×「安さ」×「特典」で端末セットが強い「IIJmio」

IIJmioは端末セットのお得度、クオリティーが他社に比べとても高いです。

まず、単純に機種数が多い。格安SIMの中では、IIJmio、楽天モバイルが取り扱い機種がダントツに多いんですが、スマホの機種数だけならIIJmioがNo.1です。30機種くらいあります。

また、IIJmioは端末の価格が安いです。格安SIMの場合、端末を値引きする場合はキャンペーンなどで期間限定で値引きしていることが多いんですが、IIJmioは通常価格が安く、定価の1万円引きなども普通にあります。かなり安いレベルですね。

さらに、IIJmioは端末を買った人にはAmazonギフト券のプレゼント特典も行なっています。通常価格が安いのに、高い機種だと1万円のAmazonギフト券が、安い機種だと3000円〜5000円のAmazonギフト券がついてきます。

ハルオ
IIJmioは格安SIMの通信品質も高く、プランの価格も安めなので、当サイトでは総合評価1位にしてます。

IIJmioの評判と特徴!速度やメリット・デメリットまとめ。格安SIMに不安感があるなら絶対IIJmioがいい

2017.06.12

季節ごとのセールで端末が激安化する「楽天モバイル」

楽天モバイルは、通常価格だと定価レベルでそんなに安くはないです。

ただ、しょっちゅうセールを開催中で、そのセール対象になった機種は激安になります。例えば楽天モバイル「2018 サマーセール」だと本来2万円台の「nova lite 2」が、7980円で買えたりします。

楽天モバイルのセールは、1ヶ月ほどの期間限定で行われていますが、かなり頻繁に開催していますので、一度公式サイトをのぞいてみるといいと思います。

楽天モバイルでは、最新機種はなかなかセール対象になりません。発売してから半年程度たった機種がセール対象になる感じですね。

ハルオ
楽天モバイルは、「スーパーホーダイ」というプランが人気です。私としては、もっと安い「組み合わせプラン」の方がおすすめですが、10分通話かけ放題がほしい人はスーパーホーダイの方がいいでしょう

【ライバルMVNOのここがスゴイ】業界1位「楽天モバイル」の強さの秘密8個

2017.07.06

楽天モバイルの評判!速度やメリット・デメリットまとめ。楽天市場をよく使う人なら絶対おすすめ

2017.06.12



機種数は少ないが、価格が最安値も多い「OCNモバイルONE」

OCNモバイルONEは、取り扱っているSIMフリースマホの機種数はIIJmioや楽天モバイルに比べると少なめで10機種程度ですが、端末価格が業界最安値レベルで安いです。

ハルオ
端末の販売では儲けを求めず、あくまで安い端末は、会員獲得の道具として使っている印象を受けます。

一方で、OCNモバイルONEはプランの月額料金が他社に比べやや高いです(といっても100円〜200円程度ですけど)。

なので、格安SIMに乗り換える際に端末を購入する人で、「とにかく初期費用を安く抑えたい」という人にはOCNモバイルONEがおすすめです。

ハルオ
OCNモバイルONEなら、3GBプラン+音声通話SIMでスタートするのがおすすめです。

OCNモバイルONEの評判!速度やメリット・デメリットまとめ

2017.06.12



意外と知られてないけど端末が安い、NifMo

沢尻エリカのCMで一時期有名になったNifMoは、@niftyが提供する格安SIMです。ここも親会社は家電量販店のノジマで大手なんですけど、なぜか地味な格安SIMです。

ただ実は端末が安いです。IIJmioとほとんど変わらない最安値レベルといっていいでしょう。機種数も多くて17機種もあります。

通信速度も速いし、月額プランもふつうに安くていい格安SIMです。

NifMoの評判!速度やメリット・デメリットまとめ

2017.06.12

24回分割払いしかできない、BIGLOBEモバイル

ふつう格安SIMでスマホを購入する場合は、一括払いor分割払い(24回)で選べるもんなんですが、BIGLOBEモバイルは24回分割払いしか選べません。

つまり、BIGLOBEモバイルでスマホを買う人は通信費+端末分割代金が月額料金となります。

BIGLOBEモバイルのスマホ価格は24分割されてるんでわかりずらいですが、実はそんなに安くないです。けど、「月額割引キャンペーン」か、「1万円〜2万円くらいのキャッシュバックキャンペーン」をほぼ常にやってます。なので、それを考慮すると「端末代がかなり安い格安SIM」の部類に入ります。

KDDIのグループになったので、ドコモ回線プランだけでなくau回線プランも提供してますし、iPhoneも購入できます。

通信サービスの方は、価格も安めだし、安定もしていますが、それよりも注目すべきは「エンタメフリーオプション(月額480円)」です。BIGLOBEモバイルのエンタメフリーオプションは、YouTube、Abema TVなどがデータ容量を消費せず見られるサービスです。速度制限がかかってもそれらのサービスは高速通信で見ることができます(つまり、いつでも見放題)。

BIGLOBEモバイルのエンタメフリーオプションは、音声SIMなら月額480円、データSIMなら980円で使えます(いずれも3GBプラン以上でないとダメ)。



BIGLOBE mobileの評判!速度やメリット・デメリットまとめ

2017.06.12

定価よりちょい安めの、mineo

mineoはある時から急にSIMフリースマホの取り扱い機種数が増えました。以前は3〜4機種だったのに今じゃ12機種。

また、価格は定価よりはちょっと安めな程度。高い機種なら4〜5千円、安い機種なら1〜2千円程度安い、といった感じです。

ハルオ
ただ、mineoはなんといっても通信サービスの質が高く、速度がとても安定してるのが最大の強み。

使っててストレスを感じることがほぼありません。

また、2018年9月からは、業界初au・ドコモ・ソフトバンクの3回線を全て取り扱う格安SIMになりました。

これにより、大手キャリアからの乗り換えやすさNo.1の格安SIMになりました。ドコモを使っている人も、ソフトバンクを使っている人も、auを使っている人も、mineoなら手持ちのスマホをそのままで乗り換えられる場合が多いわけです。

ハルオ
なので、mineoはスマホの機種数や価格では競争せず、あくまで本業の通信サービスの拡充に力を入れてる感じですね。

mineoの評判!速度やメリット・デメリットまとめ

2017.06.12



値引きはなし。シンプルさで売るLINEモバイル

LINEモバイルの方針のひとつに「サービスのシンプルさ」があります。これはLINEモバイル方たちがメディアにでた時に実際に言ってたことで、「通信サービスは複雑なものが多く、LINEモバイルはそれをシンプルにしていく」といった主旨だったはずです(たしか)。

ハルオ
これはおっしゃる通りだと思います。通信サービス、とりわけ格安SIMは複雑なんで、シンプルさは重要です。

LINEモバイルのシンプルさのひとつに「選択肢の少なさ」があります。

たとえば、セット購入できるスマホの機種数が少ないです。これは”しょうがなく機種数が少ない”わけでなく、”戦略的に機種数を少なく”しています。

機種数や、取り扱うスマホのメーカー数を減らし、お客さんにあまり悩ませないようにする、といった感じでしょう。

通信サービスのプランも、シンプルな方だと思います。いや、内容自体は実はそんなにシンプルではないんですが、webページなどの見せ方がとてもうまく、シンプルに感じさせてくれます。

おすすめプランがはっきりしてるというか、結局ほとんどの人が「コミュニケーションフリープラン」加入するような誘導がなされている感じになってます。

【ライバルMVNOのここがスゴイ】LINEモバイルが初めての格安スマホに絶対的におすすめな9つの理由

2017.07.04

LINEモバイルの評判!速度やメリット・デメリットまとめ

2017.06.12



月額が安いから値引きはなし、DMMモバイル

DMMモバイルは月額が最安値の格安SIMということもあり、端末の値引きはしてないです。

端末価格が3千円安くても、月額料金が200円安い方がいいだろ?という感じかもしれません。

ハルオ
昔はDMMモバイルも端末を安く売ってたんですけど、ある時から定価で売るスタイルに統一されました。

DMMモバイルは、IIJmioから設備を借りてるので価格が最安値なのに通信品質もいい方です。けっこう地味な格安SIMですけど、個人的にはもっと評価されていいのになあ、と思います。

ハルオ
まあ、DMMモバイルは色々手広くやってる会社なんで、薄利な格安SIMビネジスはさほど力いれてないのかもしれません。

DMM mobileの評判!速度やメリット・デメリットまとめ

2017.06.12






ABOUTこの記事をかいた人

通信・放送系およびIT系の会社で格安スマホやWiMAXなどの企画を6年ほど経験し「格安スマホって革命的」と感じた一方で「みんなまだ全然使ってない…」ことも実感し、当サイトを立ち上げました。 「格安スマホ検討中の人」の参考になったら幸いです。