楽天モバイルでSIMフリースマホ「HUAWEI honor 9」を安く買う2つの方法




楽天モバイルの推しスマホ「HUAWEi honor 9」とは?

honor 9とは、今や世界トップクラスにのし上がったスマホメーカー「HUAWEI(ファーウェイ)」が2017年10月に販売を開始したSIMフリースマホです。

このスマホはスペックが高い割に料金はそこそこ、といったコスパが高めのスマホになっています。

HUAWEIでもフラッグシップモデル(旗艦モデル)として、力を入れている機種です。一個前のhonor 8も楽天モバイルではめちゃくちゃ推してました。それくらい”売れる自信”のあるシリーズということです。

■honor 9のスペックは以下の通り。

  • 楽天モバイル販売価格:53800円(税抜)
  • カラー:黒(楽天限定)・グレー・ブルー
  • スペック:下表の通り
プラットフォーム Android™ 7.0
プロセッサー/動作周波数 HUAWEI Kirin 960 オクタコア (4 x 2.4GHz + 4 x 1.8GHz)
ディスプレイ/解像度 5.15インチIPS液晶1920×1080ドット(FHD)
RAM 4GB
ROM 64GB
カメラ メインカメラ:2,000万画素モノクロセンサー + 1,200万画素カラーセンサー
インカメラ:800万画素
バッテリー 3,200mAh(急速充電可)
サイズ 高さ約147.3mm×幅約70.9mm×厚み約7.45mm
重さ 約155 g
SIMタイプ nano SIM
接続端子 USB Type-C

楽天モバイルではhonor 9を3カラー売っています。「ミッドナイトブラック(黒)」は楽天限定カラーとなっています。

ニノくん
黒、いいですね
ハルオ
黒は人気カラーだからね!
ハルオ
スペックは、プロセッサー、RAM、ROM、バッテリーなどをどれを見てもハイスペックと言っていい機種です。

HUAWEI honor 9が向いている人

格安スマホデビューをhonor 9を考えているなら、そこそこスマホを使う人の方が良いです。というのも、honor 9はミドル〜ハイスペックにあたる機種ですので、普段LINEを少しやって、ネット検索やSNSをちょっと見るくらい、といった使い方だと若干宝の持ち腐れ感が否めません。

動画アプリを頻繁に見たり、アプリをたくさんインストールしたり、ゲームアプリをやる人などが向いている機種ですね。まあ、全てに当てはまる必要はありませんが…。

ただ、iPhoneもオーバースペックじゃない?と思う人もデザインや操作性で買っているから良いの!って人は結構いますので、見た目とかが気に入った人は性能とか気にしないで買うのもありだと思います。

楽天モバイルの「HUAWEI honor 9」を安く買う方法は?

HUAWEI honor9は楽天モバイルで安く買うにはどうすればよいか、いくつか方法を説明していきたいと思います。

ニノくん
安く買う方法はあるんですか?



ハルオ
そうだね、最大2万円割引で買う方法があるにはある。
ニノくん
そんなに!

ただ、今回は楽天モバイルでhonor 9を安く買う方法を2つ説明しますが、1個目の方法は縛り期間がついてしまうので、よく考えて申し込んだ方がよいと思います。

安く買う方法①:楽天モバイルの「スーパーホーダイ」プランで申し込んで、割引(長期優待ボーナス)を受ける

楽天モバイルのhonor 9の価格は普通に買う場合は53,800円(税抜)ですが、スーパーホーダイプランで申し込むと端末の割引を受けられる場合があります。

「スーパーホーダイ」というプランには、1年縛り契約・2年縛り契約・3年縛り契約があり、それぞれ「1年縛り=端末割引無し」、「2年縛り=端末1万円割引」「3年縛り=端末2万円割引」といった割引(長期優待ボーナス)が受けられます。

「縛り期間」、というのは「最低利用期間」と同義です。その期間は必ず使ってね、その期間内に解約したら違約金が発生するよ、ということです。

■スーパーホーダイプランで楽天モバイルを申し込み、端末をセット購入する際の割引額(長期優待ボーナス)

  • 1年縛りの契約=端末割引なし
  • 2年縛りの契約=端末1万円割引(honor 9が43,800円)
  • 3年縛りの契約=端末2万円割引(honor 9が33,800円)

スーパーホーダイは、データ容量(2GB・6GB・14GBのいずれか)+5分通話かけ放題がセットになったプラン。そして、一番の特徴は毎月のデータ容量を使い切っても1Mbpsの通信速度はほぼ保たれるという点です(1Mbpsで使い放題)。

「スーパーホーダイ」については以下の記事で詳しく書いているので参考にしてみてください。

【複雑だけどお得度高し!】楽天モバイル「スーパーホーダイ」をできるだけわかりやすく解説。

2018.09.04

このスーパーホーダイの2年or3年の縛り契約で割引を効かせて買うのが、楽天モバイルでスマホを買う場合は一番安く買えます。

ただし、デメリットは契約期間に縛りがあることです。縛りとは、一定期間の契約の継続を義務づけられることです。継続期間中に解約した場合は解約違約金が発生するので注意が必要です。

■スーパーホーダイの解約違約金

  • 1年の縛り契約=9800円(楽天モバイルの音声通話SIMの通常額)
  • 2年の縛り契約=12カ月目以内で解約したら19,800円、13カ月目~24カ月目以内で解約したら9,800円
  • 3年の縛り契約=12カ月目以内で解約したら29,800円、13カ月目~24カ月目以内で解約したら19,800円、25カ月目~36カ月目以内で解約したら9,800円

長期優待ボーナスは、「割引額も高い」ですが、最低利用期間に解約した際に払う「違約金も高い」ので、諸刃の剣ですので、よく吟味しましょう。ただ、スマホサービス(モバイル通信)は「使えれば良い」から、しょっちゅう乗り換えたりしないって人には、無条件でおすすめします。

長期優待ボーナスの詳細を知りたい方は、楽天モバイルの公式サイトで確認してみてください。

安く買う方法②:楽天カードに申し込んでポイントゲットをし、それを端末購入に充てる

楽天モバイルに申し込む際は、楽天カードを申し込むことを強くおすすめします。

というのも、楽天モバイルは、楽天カードを先に申し込むとポイントを一気にどかっと(7000ポイントとか)もらえるキャンペーンを常にやってるからです。

このポイントをGETしてから楽天モバイルに申し込むと、楽天モバイルの端末代金を支払うのに使えます(これはデカイです)。

しかも楽天カードは年会費が無料なんで特に費用はかかりません。なので楽天スーパーポイントを貰う目的だけで申し込むのも全然アリです。

クレジットカードを増やすのに抵抗がある人は、このカードを楽天モバイルの申し込みカードに登録したあとは、そっと押入れにしまっておければOKです。

7,000円ポイントもらう方法は以下の通り。

  • 楽天カードを新規で申し込む
    →5000ポイントGET
  • 楽天モバイルの通話SIMを申し込んで、支払いカードを作った楽天カードにする(後からでもOK)
    →2500ポイントGET

合計7000ポイントGETとなります。

また、楽天カードを持っててかつ楽天モバイルを使っていると、ECサイト「楽天市場」で買い物したときのポイントが常に4倍で貯まります。

注意しないといけないのは、順番です。

楽天カードを申し込む→ポイントが付与される→楽天モバイルに付与されたポイントを使って申し込む(端末代金の支払いにポイントを使う)→楽天モバイルの支払いカードを楽天カードにする

という順番でやりましょう。



まとめ

楽天モバイルでhonor 9を買う場合は、この2つの方法を検討してみてください。

ハルオ

2つあわせれば最大27,000円割引になります。

楽天モバイルの詳細については、公式サイトや以下の関連記事も参考にしてみてください。

楽天モバイルのスマホが980円。楽天が本気だすとヤバい「楽天モバイル 夏トクキャンペーン」

2017.08.14

【ライバルMVNOのここがスゴイ】業界1位「楽天モバイル」の強さの秘密8個

2017.07.06

楽天モバイルの評判!速度やメリット・デメリットまとめ。楽天市場をよく使う人なら絶対おすすめ

2017.06.12

格安スマホ会社の元社員の余談「楽天モバイルの強さの秘密」

ハルオ

楽天モバイルは、僕が格安スマホ業界で企画職をやっている時(2014年12月〜2017年8月頃まで)からとにかくずっと人気でした。

でも楽天モバイルは、通信速度もめちゃくちゃ速いわけではないし、価格もトップクラスに安いわけではない(ただ通常使いなら問題ない)のになぜ人気なのでしょうか?

僕は楽天モバイル自体のCMの影響や、楽天ブランドの元から持っているメジャーなイメージが格安スマホという「安かろう悪かろう」な印象の商品に「安心感」を与え、これまで格安スマホの主要客だった「通信好き」/「ガジェット通」=少数派にでなく、それらにあまり詳しくない一般層=多数派にウケている、と思っています。

あと、価格に関しては次々に展開される大盤振る舞いなキャンペーンで申し込むと急にトップクラスに安くなったりもしますので、楽天モバイルの強さには「キャンペーンの多様さ、強さ」もあると思いますが。

ただ楽天モバイルのキャンペーンは安くなる分、縛り期間(最低利用期間)や違約金を設けられたりと、ユーザーへのデメリットも発生しますので「本当に得なのか?」の見極めがなかなか大変です。というか「得になっているか微妙」というキャンペーンがけっこう多い気がします。

今回紹介したキャンペーンで言えば、①の「スーパーホーダイ長期優待ボーナス」なんかはまさにその典型で割引は多額だけど、2年や3年も縛られるのは微妙なラインですので、よく吟味してみてください(端末の機種変を頻繁にしないって方にはおすすめですよ)。

一方で②の「楽天カードを作ってポイントゲット」みたいに、デメリットの無いキャンペーンは、みなさんやった方がよいと思います(無料の楽天カードを作るだけで7000円ポイントゲットできる)。

ハルオ
以上、余談でした。




ABOUTこの記事をかいた人

通信・放送系およびIT系の会社で格安スマホやWiMAXなどの企画を6年ほど経験し「格安スマホって革命的」と感じた一方で「みんなまだ全然使ってない…」ことも実感し、当サイトを立ち上げました。 「格安スマホ検討中の人」の参考になったら幸いです。