【超簡単】いま使っているスマホを「そのまま」で格安SIMに乗換えよう!




手持ちのスマホで格安SIMを使おう!

ドコモやauやソフトバンクといった大手携帯会社のスマホの月額って高いですよね。

格安スマホ(SIM)に乗り換えたら月額料金が安くなるのは知ってるけど、

「新しいスマホを買ったりしないといけないんじゃないの?」

「今の自分のスマホで使えるかわからない」

って思ってる方も多いと思います。

今日はそんな悩みを解消するべく「今、使っているスマホで格安SIMを使おう特集」を開催したいと思います。

ハルオ

ニノ君、格安スマホ(SIM)会社勤務でSoftBankを使いつづけているのはちょっとまずいんじゃない?

ニノくん
先輩〜、それパワハラっすね…!
ハルオ
違うから!だんじて違うから!

もうSoftBankでいいよ!

ニノくん
まあ、そうはいっても…

キャリア(大手携帯会社)の月額が高いのに、新しいスマホ買うとか無理っス!!

ハルオ

いやいや、今使っている手持ちのスマホでも格安SIMは使えるから!

ニノくん
あー、前にも先輩言ってましたよねー。でもちょっと複雑でわからなかったです。
ハルオ
そんなに複雑ではない!

むしろ簡単だ!

はじめに抑えておくべき格安SIMの基本①:SIMロック

まず知っておいてほしいことは、「大手携帯会社(ドコモ・au・SoftBank)を使っている人のスマホには、SIMロックがかかっている」ということです。SIMロックは、そのスマホで他社の通信を使えないようにするロックのことです。

つまり、ドコモのスマホならドコモの通信しか使えないようにドコモがSIMロックをかけているため、auやSoftBankの通信は使えないわけです。

ニノくん
この辺はまあ、さすがに覚えましたよ。

はじめに抑えておくべき格安SIMの基本②:どこ系の格安SIMか

続いて知っておいてほしい点は、格安SIMというのは大手携帯会社(ドコモ・au・SoftBank)の設備を借りて提供している通信サービスであるという点です。

つまり、ドコモの設備を借りて提供している格安SIMは基本的に中身は”ほぼドコモ”だと思ってOKです。

よって、ドコモの設備を借りた格安SIMなら、中身は”ほぼドコモ”なので、ドコモのSIMロックがかかっているスマホでも使えることになります。

ちなみに、ドコモに設備を借りた格安SIMは「ドコモ系格安SIM」と言ったりします。同様にauやSoftBankの設備を借りてる場合は「au系格安SIM」「SoftBank系格安SIM」なんて言ったりもします。

前置きはこのへんで…。それでは手持ちのスマホを使ってみよう

前置きが長くなりましたが、前項で紹介した点を抑えておくと格安SIM会社の公式サイトなどで言ってることの意味がよくわかりますので、頭の片隅に置いて頂ければと。

ではここからは、手持ちのスマホを格安SIMで使う方法を具体的に解説していきます。

手持ちのスマホが「ドコモ」の人

ドコモ系格安SIMは数がたくさんあるので、ドコモのスマホを持っている人は一番選択肢が多いです。

ハルオ
というのも、今の格安SIMはほとんどがドコモから設備を借りているから。

ドコモは格安SIM事業者に自分たちの設備を貸すことにはじめからある程度積極的だったので、このような状況になっています。

当サイトでドコモ系でオススメの格安SIMは、現時点では「IIJmio」とさせてもらってます。

IIJmioの評判と特徴!速度やメリット・デメリットまとめ。格安SIMに不安感があるなら絶対IIJmioがいい

2017.06.12

IIJmioの良さは「通信の速さ&安定感」、「価格の適正さ」、「セット購入できるスマホ機種の豊富さ」、「キャンペーンの質(ちゃんとユーザーに誠実なキャンペーンが多い)」、「格安SIM業界を常に発展させている開発力」、「大手ならではの安心感」など枚挙にいとまがないです。

楽天モバイルを推している人も多いですが、確かに楽天モバイルは「楽天ポイント」や「ユニークなプラン」「安さ」などの魅力があり素晴らしい格安スマホであることに間違いはありませんが、「楽天ポイント」は楽天市場ユーザーじゃないとさほどメリットがないし、「ユニークなプラン」も人によっては「お得!」と諸手を挙げて言えるわけではないので、当サイトでは第2位とさせてもらっています。

【ライバルMVNOのここがスゴイ】業界1位「楽天モバイル」の強さの秘密8個

2017.07.06

楽天モバイルの評判!速度やメリット・デメリットまとめ。楽天市場をよく使う人なら絶対おすすめ

2017.06.12

なお、ドコモのiPhoneを使っている人ももちろん大丈夫です。

手持ちのスマホが「au」の人

手持ちのスマホがauの人は、選択肢がちょっと絞られます。

主要なところだと「IIJmioのauプラン」か「mineoのauプラン」か「UQ mobile」の3つです。

UQmobileの評判!速度やメリット・デメリットまとめ

2017.06.12

mineoの評判!速度やメリット・デメリットまとめ

2017.06.12

IIJmioの評判と特徴!速度やメリット・デメリットまとめ。格安SIMに不安感があるなら絶対IIJmioがいい

2017.06.12
ハルオ
当サイトでは、IIJmio、mineoの2つを推しています。

というのも、UQモバイルは通信の質は高いですが、「価格が高い」&「2年縛り(自動更新)」があるので、せっかくauから乗り換えるのに、格安SIMのメリットを最大限に受けられません。

ハルオ
格安SIMのメリットとは、

・音声通話なら1年使えばいつやめても解約金がかからない。

・月額が1000円代で使える など

なので、IIJmiomineoの方が良いと思います。通信品質もこの2社は安定感抜群なので、普通に使っててストレスが貯まることはほぼないでしょう(僕はIIJmioを使ってますが気になりません。学生時代の友人と会社の後輩はmineoを使ってますがまったくストレスは無いと言ってました)。

ひとつ注意が必要なところは、auのスマホで格安SIMを使う場合、SIMロック解除が必要だということ。

mineoは一部の機種ならSIMロック解除は不要ですが、IIJmioは絶対必要です。

なので、auの人はとりあえずSIMロック解除をしちゃいましょう。

ニノくん
VoLTE対応?そんなのわからないです!
ハルオ
だよね!だからauの人はとりあえずSIMロック解除しちゃおう!

auのWEBページで簡単にできるし、無料だから。

SIMロック解除はauのサイトで10分足らずで完了できるので、ぜひやっておきましょう。

これで「SIMロック解除」が完了!やり方をイチから解説!

2017.11.13

ちなみに、SIMロック解除の手続きはauのお客様サポートページ(My au)からできます。

そして、その後、mineoやIIJmioのSIMが届いたらそのSIMを挿して、手順通りにスマホを操作すれば完了します(手順は格安SIMのパッケージなどに書かれています)。

auスマホで格安SIMに乗り換える時の手順

手順をイチから記すとこんな感じです。

①auお客さまサポートでSIMロック解除の申請(前述の通り)

②auでMNP予約番号を取得(←これは電話番号を引き継ぎたい人だけ)。関連記事は以下。

③IIJmioまたはmineoの申し込み(ここで②のMNP予約番号使う)

④IIJmioまたはmineoのSIMが届く

⑤IIJmioまたはmineoで電話番号の引き継ぎ手続きをする

⑥IIJmioまたはmineoの新しいSIMをスマホに挿す

⑦SIMロック解除手続きをする(AndroidならまずWiFi接続してから、スマホの「設定」→「端末情報」→「端末の状態」→「SIMのステータス」→「更新ボタンを押す」でOK!)
※WiFi環境がいりますので、WiFi無い人はスタバなどでしましょう

⑧APN設定(当サイトのAPN設定のやり方を参照)

手持ちのスマホが「SoftBank」の人

手持ちのスマホがSoftBankの“iPhone”の人は簡単です。というのもそのままで使うなら選択肢が1個しかないから。

それは、b-mobile Sです。SoftBankのiPhone 5以降のiPhoneならSIMロック解除せずそのままで乗り換えられる格安SIMです。

SoftBankのiPhoneがそのまま使える格安SIM!b-mobile S「990 JUST FIT SIM」のメリット4選

2017.11.02

ただし、「b-mobile S以外の格安SIMがよい!」というSoftBankのiPhoneユーザーの人は、SIMロック解除が必要になります。iPhoneの場合はSIMロック解除をしたらどこの格安SIMでも問題なく使えます(これはドコモやauのiPhoneも同じ)。

また、SoftBankの”Android”を使っている人は、SIMロック解除が必須になります。

これで「SIMロック解除」が完了!やり方をイチから解説!

2017.11.13

なので、SoftBankのWebページでSIMロック解除をしてから、ドコモ系格安SIMのどれかを選びましょう。

ニノくん
あれ?なんでドコモ系じゃなきゃだめなんですか?
ハルオ
いい質問!

SIMロック解除をすると、”SIMフリー”になり基本的にはどの格安SIMも使えます。

ただし、SoftBankのスマホはauの通信と相性がよくありません。

ドコモの通信の方がまだ相性がよいです(といっても一部地域では届きにくい場合もあります)。

なので、SoftBankのAndroidを使っている人は、SIMフリースマホを買うのが一番間違いない方法です(今回のテーマ「手持ちスマホを使う」からそれてしまいますが)。

SoftBankのAndroidユーザーにオススメなのやり方

SoftBankのAndroidを使っている人は、SIMロック解除をしたら試しに手持ちのスマホでドコモ系格安SIMを使ってみて、電波の入りがイマイチなら、その後に家電量販店でSIMフリースマホを単品購入して、ドコモ系の格安SIMを挿し替えて使うのが一番良いですね。

手持ちスマホで問題なく使える場合は、SIMフリースマホ買わなくていいわけなので。

ニノくん
なんかSoftBankの人だけ不利じゃないっすか?!
ハルオ
まあね。ただ今は、どの格安スマホでもSIMフリースマホをセット購入できるし、価格も1万円代後半〜2万円代前半の機種でも全然使いやすいからさ。

SoftBankの人はそっちも考えてみましょう!