格安スマホ会社の社員のおすすめ

TOPページ目次

読みたい吹き出しにタッチ 

使い勝手をほぼかえずに

携帯代を節約できる

サービスです


格安スマホは、ドコモauソフトバンクより格段に安くつかえる携帯サービスのこと。
スマホを持っていれば、ほとんどの人が使うことができます。

 

使っているスマホで格安スマホが使えない場合も、SIMフリースマホを購入すれば誰でも使えます

POINT
似た言葉で「格安SIM」がありますが、ほとんど同じ意味と思ってOKです(厳密には格安SIMの場合は、SIMカード単体のことを言います)。
ハルオ
はじめに「格安スマホ・格安SIMについて、内容をきちんと理解したいという人」は以下の記事に目を通してみてください。

はじめから教えて!格安スマホとはなにか?なんで格安なのか?

2017.11.20

iPhone

iPhone 5以上なら使える。

ただし、iPhone 6s以上はSIMロック解除をしてから使うのがおすすめ。

 

Android

ドコモのスマホならほぼOK。

au・ソフトバンクでもSIMロック解除ができる2015年5月以降の機種ならOK。

POINT格安スマホ会社は、ドコモ・au・ソフトバンクのいずれかから通信設備を借りています。

 

そのため、例えばドコモのスマホなら「ドコモから設備を借りている格安スマホ会社」であればそのまま使うことができます。

 

au・ソフトバンクのスマホも同じ理屈ですが、au・ソフトバンクのスマホの場合は「SIMロック解除」が必須になります。

 

SIMロック解除は、ドコモ・au・ソフトバンクのWEBサイトから無料で行うことができますが、ショップに行っておこなうと3,000円ほどの手数料が取られてしまいますので、WEBサイトで行いましょう。

ハルオ
「SIMロック」についての解説と「WEBサイトでのSIMロック解除の方法」は以下の記事で解説しているので、ご覧ください。

これで「SIMロック解除」が完了!やり方をイチから解説!

2017.11.13

パターンごとに

ちょっと違います。

 

ドコモ・au・ソフトバンクといった”大手キャリア”から格安スマホへ乗り換える際の流れは

 

「ドコモのスマホなのか、au・ソフトバンクのスマホなのか」

 

「手持ちのスマホを使うのか、スマホを買い換えるのか」

 

などによって少々異なります。

 

CHECK!

以下の記事で、格安スマホへの申し込みの流れをまとめているのでご覧ください。

格安スマホ・格安 SIMへ乗り換えるまでの一連の流れを解説。

2018.10.23
ドコモ・au・ソフトバンク ・SIMフリースマホ どこのスマホで格安スマホを 使うのかによって異なります。

 

おすすめの格安スマホも、パターンごとに変わってきます。

ちなみに、格安スマホへの乗り換えに合わせて、”SIMフリースマホ”に買い換える人は、ほぼ全ての格安スマホが使えます。

※SIMフリースマホに関しては、次の項で解説しています

CHECK! 以下に携帯会社別にオススメの格安スマホをまとめたので、ご覧ください。

キャンペーンで選ぶのもあり!

格安スマホを選ぶ際は「お得なキャンペーンをやっている格安スマホ会社にする」というのもひとつの手です。

 

本ページの一番下の方で、格安スマホ会社の今月のお得なキャンペーンを紹介しているので参考にしてみてください。

SIMフリースマホに

買い換えましょう。

 

格安スマホの乗り換えに合わせてスマホを買い換えたいと思っている人は、SIMフリースマホにしましょう。

 

SIMフリースマホとは、ドコモ・au・ソフトバンクといった大手キャリアで買ったスマホには、自社の通信しか使えない様なロックが掛けられているのですが、SIMフリースマホにはそうしたロックがありません。

 

そのため、どこの会社のSIMも使えて乗り換えやすくなります。

POINT
SIMフリースマホは、格安スマホ会社でSIMを申し込むときにセットで購入するのが一番安く購入できます。
 
価格も2万円〜3万円台でかなり性能高い機種が多く、現在のスマホ市場でもかなり熱いです。
 
iPhoneも、Apple公式ストア(WEB&店舗)で販売しているものはすべてSIMフリー版になります。
 
ちなみに、大手キャリアのスマホでも2015年5月以降であればSIMロックを解除をできて、SIMフリー版にすることが可能です。
おすすめの機種3つ

本ページの一番下の方で、おすすめSIMフリースマホの機種3つを紹介しているので、手っ取り早く決めたい方はぜひご覧ください。

 

格安スマホに乗り換えたら

 

最後に簡単な設定や

 

データ移行をしましょう。

POINT格安スマホに乗り換えた後におこなうべきことを、まとめるとだいたい以下の通りです。

スマホにSIMを挿す

APN設定をおこなう

Googleアカウントでのログイン・移行(Androidの場合)

iCloudでのログイン・移行(iPhoneの場合)

写真や音楽などのデータ移行

格安スマホ各社の注目キャンペーン

格安スマホに申し込む時は、「お得なキャンペーンをやっているかどうか」を判断基準にするのもひとつの手です。

ハルオ

ここで紹介する注目キャンペーンをやっている格安スマホ会社は、どこも通信品質などに定評があるところに絞っているので、ぜひ検討してみてください。

10月の注目キャンペーンまとめ

格安スマホ各社の10月のおすすめキャンペーンは以下の記事でまとめて解説しています。

【18年10月】格安スマホのおすすめキャンペーン7選!メリットと注意点がひと目でわかる!

2018.10.05

注目①:IIJmio 初期手数料1円&半年間データ容量2倍 & 半年間月額600円割引キャンペーン

このキャンペーンの内容
 IIJmio申し込み時の「初期手数料が1円」&各プランが6ヶ月間「データ容量2倍」&「音声通話SIMなら600円割引」 になる満足度の高いキャンペーン!

初めて格安SIMに乗り換える人が試しに使ってみるのに最適でしょう。格安SIMの敷居をかなり低くしてくれてます。

条件は期間内に「音声SIM」で申し込むだけ。

ドコモ・au・SoftBankから乗り換える方はほとんどが音声SIMの人が多いので、ぴったりのキャンペーンでしょう。

 期間は2018年11月4日まで。 

注目②:IIJmio3周年!スマホセットでAmazonギフト券最大1万円

このキャンペーンの内容
IIJmioで売っている「SIMフリースマホ」と「音声通話SIM」をセット購入すると 最大10,000円のAmazonギフト券がもらえる 太っ腹キャンペーン!

人気のSIMフリースマホ「HUAWEI P20」や「HUAWEI P20 lite」、「ASUS ZenFone 5Z」などが対象になっています。

 期間は2018年11月6日まで。 

おすすめSIMフリースマホを紹介

格安スマホへの乗り換えに際して、SIMフリースマホを購入する人向けにおすすめ機種を厳選してみました。

ハルオ
今のSIMフリースマホは、正直「HUAWEI」がかなり優秀です。

カメラ・スペック・デザインどれもひじょ〜にハイレベル。

今回は3つともHUAWEIになってしまいました。

ちゃんと使えてコスパのいい機種が欲しいなら

P20 lite

端末一括
18,800円〜
画面
5.84インチ
音声SIM(100MB/日)+端末分割金
月額2500円〜
RAM/ROM
4GB/32GB
最安値で買える格安SIM 発売時期
2018年6月

「HUAWEI P20 lite」ってどんなスマホ?防水?カメラは?専門用語を使わずに超わかりやすく解説!

2018.06.15

カメラにもっとこだわるならデジカメいらずのP20。Leica(ライカ)カメラ搭載。

P20

端末一括
62,800円〜
画面
5.8インチ
音声SIM3GB+端末分割金
月額4,250円〜
RAM/ROM
4GB/128GB
最安値で買える格安SIM 発売時期
2018年6月

「HUAWEI P20」ってどんなスマホ?防水?カメラは?専門用語を使わずに超わかりやすく解説!

2018.06.16

今のSIMフリー界でもっともコスパがいい機種

nova lite 2

端末一括
16,800円〜
画面
5.65インチ
音声SIM(110MB/日)+端末分割金
月額2,450円〜
RAM/ROM
3GB/32GB
最安値で買える格安SIM 発売時期
2018年2月

nova lite2って防水?おサイフケータイ?カメラ?どんなスマホか専門用語を使わずにわかりやすく解説!

2018.02.13