【まとめ】ドコモから格安スマホ(格安SIM)への乗り換え手順




格安スマホ(格安SIM)への乗り換えにかかる費用

まず、乗り換えにかかる費用を簡単に解説します。

全部かからない人も多いと思いますが、MAXでかかるとしたら下表の感じです。

名称 金額 内容
契約解除料(違約金) 1万円前後 大手キャリアは「更新月」以外に解約すると1万円程の違約金がかかる(更新月解約なら0円)。
MNP転出料 3000円 今の携帯電話番号を引き継いで使いたい人のみ発生(つまりほぼ皆かかる)。今使っている携帯会社から請求される(番号引き継ぎの手間賃みたいなもの)。
この費用は回避する術は基本ないです。
分割購入したスマホの残ローン 端末を分割購入で使ってる人は残りの端末ローンを解約時に一括で払う。
ただし、大手キャリアの場合は端末ローンは残して払い続けることも実はできる。
初期手数料(新規契約手数料) 3000円 乗り換え先の格安スマホ(格安SIM)から請求される(契約時の手間賃みたいなもの)。
この費用は初期手数料が0円になるキャンペーンをやってる格安スマホ(格安SIM)に申し込めば回避可能(IIJmioとか)。
新たなスマホの購入費 格安スマホ(格安SIM)への乗り換えに際して、スマホを買い換える人は、購入費が発生。
ニノくん
意外とかかりますね!
ハルオ
まあね。ただ格安スマホ(格安SIM)へ乗り換えれば、月額が5000円〜8000円くらい安くなることもザラだから、数ヶ月でペイできるよ。

それでは、ドコモの人が格安スマホ(格安SIM)へ乗り換える流れ(手順)の説明、いってみましょう。

更新月を確認し、いつ乗り換えるのがベストか決める

ドコモの「契約更新月」を確認して、ドコモを無料解約できる月を確認します。

契約更新月とは?

大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)の契約は基本的に「2年縛り」と言われ、2年に1回しか無料で解約できる月がありません。

その1回の無料解約期間を逃すと次はまた2年後、というルールになってます。

その無料で解約できる月が契約更新月です。

ちなみに無料期間外に解約すると違約金として1万円が発生します。

■2年縛りのイメージは下図の通りです。

契約更新月の確認方法は?

契約更新月の確認方法は、ドコモのMy docomo(会員専用ページ)から確認できます。

ハルオ
各社ほぼ同じ確認方法なので、ざっくりと流れを記載します。

契約更新月の確認流れ(ざっくり)

 ドコモ・au・ソフトバンクのMyページにアクセスします。

 契約手続き・契約内容・契約情報の項目で確認できます。

契約更新月が遠かったら?

契約更新月を確認した結果、まだまだ先だった場合は選択肢が2つあります。

契約更新月が遠い場合

 契約更新月時に無料解約で格安スマホに乗り換える

 契約更新月前に違約金1万円を払ってでも格安スマホに乗り換える

結論 違約金を払ってでも格安スマホに乗り換えた方が結果おトク

ハルオ
私自身の経験でもありますが、後者の「契約更新月前に違約金1万円払ってでも乗り換え」の方が良いです。

というのも、格安スマホの月額は大抵1,000円台〜2,000円台に収められるので、今払っている大手キャリアの携帯代金とくらべれば月3,000円から多い人だと月7,000円くらい節約できます。

そうすると、違約金の1万円なんて格安スマホに乗り換えて2〜3ヶ月すれば元が取れてしまうんです。

であれば、違約金を払ってもいいから、一刻も早く格安スマホに乗り換える方がお得度が高いわけです。

ハルオ
ちなみに、携帯代金というのは今や水道料金や電気料金と同じくらいほぼ一生かかる費用です。

生涯費用でみた時に大きな差が出るので、できるだけ早いうちから安くしておくことをオススメします。

更新月(無料解約できる月)が1ヶ月先とかなら待ってもいいかもしれませんが、早いにこしたことはありません。

ドコモのスマホを使い続けるか、スマホを買い換えるか決める

ドコモのスマホは基本的にそのままで格安スマホを使えます。なので、一番は今使っているドコモのスマホで格安スマホを使うことをオススメします。

格安スマホへの乗り換えに合わせて、スマホを買い換える人は以下を参考にしてください。

新しいiPhoneを買って格安スマホに乗り換えたい人 Apple公式ストアでiPhoneを買って、格安スマホ(格安SIM)に乗り換えるのが一番安く済みます。
Apple公式ストアで買ったiPhoneはどこの格安スマホ(格安SIM)も使えます。
型遅れのiPhoneを買って格安スマホに乗り換えたい人 型遅れのiPhoneをセット購入できるUQモバイル、Y!mobile(ワイモバイル)、BIGLOBEモバイル、OCNモバイルONE、楽天モバイルなどを選びましょう。
新しいAndroidを買って格安スマホに乗り換えたい人 格安スマホ会社でSIMとSIMフリースマホをセット購入しましょう。 家電量販店やAmazonで買うより安く買えます。

乗り換えたい格安スマホ(格安SIM)を決める

乗り換える時期を決めたら、どこの格安スマホ(格安SIM)にするか選びましょう。

ドコモのスマホで格安スマホ(格安SIM)を使うなら、ドコモから設備を借りている格安スマホ(格安SIM)を選びます。UQモバイル、Y!mobile以外の99%の格安スマホ(格安SIM)はドコモから設備を借りているので、たいていは大丈夫です。

ハルオ
おすすめはIIJmio、LINEモバイル、mineo、BIGLOBEモバイルあたりですね。

どこの格安スマホ(格安SIM)を選んだらいいかわからない人は、以下の記事を参考にしてみてください。

人気格安スマホ11社を5段階評価で一挙レビュー!【2018年版・12月版】

2018.11.01

ドコモのポイントを使い切ってしまう、またはdアカウントを作って残しておく

ドコモを使っていると「dポイント」というポイントが貯まります。おそらく意識的に使っていない場合は貯まったままになっているはず。

dポイントはドコモの月額料金の支払いにも使えます。ただし、3,000ポイントから100ポイント単位でしか使えませんので、そんなにポイントがない人の場合は、別のことに使いましょう。

ローソン・マクドナルドなどで使える

dポイントは、ローソン・マクドナルドなどのdポイント加盟店でも使えます。

使うには、ローソンの店頭で無料でもらえる「dポイントカード」を使うか、「dポイントアプリ」を使いましょう。

dポイントカードは、カードをローソンの店頭でもらったあとにdポイントカードのサイトで個人情報などの登録が必要です。

dアカウントを作っておけばドコモ解約後も使える

dポイントはdアカウントがあるとドコモ解約後も残せます。ただし有効期限などもあるので使い切った方がいいです。

dポイントの使い方は以下の記事で。

【dポイントの使い方】ドコモから格安スマホ乗り換え時にdポイントを消滅させないための方法まとめ

2018.03.16

ドコモのスマホを使う人はSIMロック解除をする

ドコモのスマホはSIMロック解除必須ではない

SIMロックとは?
ドコモ・au・SoftBankが自分たちの所のスマホは自分たちの通信しか使えない様にしてる制限が「SIMロック」。例えばドコモのスマホはドコモのSIMロックが掛かっていてドコモの通信しか使えないです。

ドコモのスマホを使う場合は、基本的にUQモバイルやY!mobile(ワイモバイル)はそのままでは使えませんが、それ以外はほぼ全ての格安スマホでSIMロック解除なしで使えます。

ただし、SIMロック解除をしておいた方が、将来的にはau回線を使った格安スマホ、ソフトバンク回線を使った格安スマホにも乗り換えられるので、便利ではあります。

ハルオ
なので、余裕のある人はSIMロック解除をしてくことをおすすめします。

めんどくさい人はSIMロック解除しないでもOKです。

SIMロック解除はドコモのMyページ(会員専用ページ)から無料でできます。ショップでも可能ですが手数料で3000円とられるので、WEBで行いましょう。

これで「SIMロック解除」が完了!やり方をイチから解説!

2017.11.13

スマホを買い換える人は「SIMフリースマホ」を買う

格安スマホ(格安SIM)への乗り換えに合わせてスマホを買い換える予定の人は、手持ちのスマホをSIMロック解除する必要はありません。

ちなみに、スマホを買い換える場合は「格安スマホ会社で販売しているSIMフリースマホ」がおすすめです。一番安く買えるし、基本的にどこの格安スマホもそのまま使えるからです。

SIMフリースマホとは?
SIMフリースマホとは原則どこの格安スマホ(格安SIM)でも使えるスマホ。
詳しく言うと、ドコモ・au・SoftBankが自分たちの所のスマホは自分たちの通信しか使えない様にしてる制限=「SIMロック」(例えばドコモのスマホはドコモのSIMロックが掛かっていてドコモの通信しか使えない)が掛かっていないスマホ。

乗り換えに必要なものを準備する

乗り換えに必要なものは以下の通りです。

本人確認書類

免許証、保険証、住基カード、パスポート、在留カード、身体障害者手帳、マイナンバーカード(表面のみ)などになります。中には補助書類として公共料金の領収書をつけないといけない場合もあります。

クレジットカード

格安スマホ(格安SIM)の支払いは基本的にクレジットカードのみ(楽天モバイルなどは口座振替に対応してますが、手数料が150円程度かかります)。

メールアドレス

格安スマホ申し込み時はメールアドレスを登録しますが、ドコモ・au・ソフトバンクのメールアドレスは、格安スマホ(格安SIM)乗り換え後に使うことができなくなるので、登録できないようにしている格安スマホ(格安SIM)がほとんどです。

そのため、事前にGmailなどで別のアドレスを取得しておきましょう。

Gmailは利用料は無料ですし、とても使いやすいフリーメール(無料メール)です。

乗り換える直前にMNP予約番号を取得する

MNP予約番号とは、今使っている携帯電話番号を乗り換え先に引き継ぐために必要な10桁の番号です。

ハルオ
MNP予約番号は、ドコモから事前に取得しておきます。

ドコモの場合は、My docomoという会員専用WEBページから取得するのが一番簡単ですが、My docomoにログインできない人はドコモのコールセンターに電話して取得しましょう。

【ドコモから乗り換え】2分でMNP予約番号を取得する方法!My docomoから簡単ゲット!

2018.04.02
MNP予約番号は取得日から15日が有効期限ですが、格安スマホ(格安SIM)の申し込みには、この有効期限が「10日以上残っていないとだめ」なケースがほとんど。

そのため、MNP予約番号を取得したら3日以内には格安スマホへ申し込みしましょう。

格安スマホ・格安SIMに申し込む

格安スマホ(格安SIM)に申し込みましょう。

人気格安スマホ11社を5段階評価で一挙レビュー!【2018年版・12月版】

2018.11.01

最近は、家電量販店や街中に格安スマホ会社のショップもありますが、おすすめは格安スマホの公式WEBサイトからでの申し込みです。

場所や時間を選ばず申し込みできますし、キャンペーン特典などがもっとも豪華なことが多いからです。

申し込み方がわからない人は以下の記事を参考にしてみてください。

SIMの初期設定をする

ドコモのスマホを使う場合

格安スマホ(格安SIM)のSIMカードが届いたら、スマホに挿しましょう。挿し方は以下の記事で解説しているので参考にしてください。

スマホへのSIMの挿し方を画像付きで解説

2018.11.07

Androidの場合はその後にAPN設定が必要になります(1分で終わります)。

iPhoneの場合は「設定プロファイルのインストール」が必要になります。自分の申し込んだ格安スマホの公式サイトからインストールできます。

まとめ

ドコモの人は選べる格安スマホが多い(選択肢が多い)です。また、SIMロック解除もしないでいいことがほとんどなので、乗り換え自体も一番ラクです。

そのため、個人的にはドコモの人が一番高い通信費を払っててもったいない!という思ってしまいます。

ぜひ乗り換えを検討してみてください。




ABOUTこの記事をかいた人

通信・放送系およびIT系の会社で格安スマホやWiMAXなどの企画を6年ほど経験し「格安スマホって革命的」と感じた一方で「みんなまだ全然使ってない…」ことも実感し、当サイトを立ち上げました。 「格安スマホ検討中の人」の参考になったら幸いです。