UQモバイルの特徴まとめ(料金プラン・使えるスマホ・メリットデメリット・キャンペーンなど)




 

UQモバイルの概要

UQモバイルはKDDIグループ「UQコミュニケーションズ」が展開する格安SIMです。そのため、au回線のみ取り扱っています。

回線・使えるスマホ・人気プラン

回線 au回線
UQモバイルが
使えるスマホ
詳細は後述
auのAndroid(一部SIMロック解除必須)/auのiPhone(一部SIMロック解除必須)/ドコモ・ソフトバンクのiPhone(SIMロック解除必須)/SIMフリースマホ(一部au非対応あり)/Apple公式ストアで買ったiPhone(そのままでOK)
人気プラン おしゃべりプランS・おしゃべりプランM、ぴったりプランS・ぴったりプランM

通信速度NO.1

KDDIグループということもあり、通信速度は格安SIMの中ではトップレベル。
というか、auと比べてもほぼ変わりません。
格安SIMは朝8時台や昼12時台、夜18時台は著しく通信速度が遅くなる傾向がありますが、UQモバイルは速度はほぼ変わりません。

ちなみに、無制限プランを除けば、どのプランも通信速度は爆速です(無制限プランは最大500Kbps)。

UQモバイルの通信速度の計測結果

UQモバイルがピンク色、auが赤色です

UQモバイルの料金プラン

かけ放題付きの「セットプラン」と、シンプルな「通常プラン」

UQモバイルの料金プランには、かけ放題が付いたセット式の「おしゃべりプラン or ぴったりプラン」と、他の格安SIMと同じ作りのシンプルな「データ容量+音声機能(or SMS機能)」のプランがあります。

おしゃべりプラン/ぴったりプラン

おしゃべりプラン/ぴったりプランのメリット

 5分かけ放題 or 無料通話で選べる

「おしゃべりプラン」は”5分かけ放題”、「ぴったりプラン」は”無料通話(S:60分 M:120分 L:180分)”で選べます。
短い通話が多い人はおしゃべりプラン、1回あたりの通話が長い人は「ぴったりプラン」がおすすめです。

5分かけ放題とは「1回あたり5分以内の通話であれば何度かけても無料」のサービス。5分を超過しても料金は超過分のみ。

データ容量はS/M/Lと3つ

おしゃべりプラン・ぴったりプランともに、データ容量をS(3GB)、M(9GB)、L(21GB)と3つから選べます。ただし、3年目以降はデータ容量は1/3減少します。

3年目以降はS:3GB→2GB、M:9GB→6GB、L:21GB→14GBに。

 おしゃべりプラン/ぴったりプランの料金

  利用期間 容量 月額料金
おしゃべり
プランS

/ぴったり
プランS
1年目 3GB 1,980円
2年目 3GB 2,980円
3年目以降 2GB 2,980円
おしゃべり
プランM

/ぴったり
プランM
1年目 9GB 2,980円
2年目 9GB 3,980円
3年目以降 6GB 3,980円
おしゃべり
プランL

/ぴったり
プランL
1年目 21GB 4,980円
2年目 21GB 5,980円
3年目以降 14GB 5,980円

5分かけ放題
or 
無料通話
(〜2年目 S:60分 M:120分 L:180分)
(2年目〜 S:30分 M:60分 L:90分)

おしゃべりプラン/ぴったりプランのデメリット

 2年目から料金が上がる

おしゃべりプラン/ぴったりプランは、2年目から月額料金が1,000円値上がります。
CMで流れる安い料金で使えるのは1年目のみなので注意しましょう。

2年目以降は料金は変わりません。

 3年目からデータ容量が減る

おしゃべりプラン/ぴったりプランは、3年目から月に使えるデータ容量が1/3減になります。
3GB→2GB、9GB→6GBといった具合に減ります。

3年目以降はデータ容量は変わりません。

ただし、+月500円(増量オプション)に加入すれば3年目以降もデータ容量が減少しません。

 3年目以降ぴったりプランは「無料通話」が半分に

おしゃべりプラン/ぴったりプランは、3年目以降は無料通話の時間が半減します。

プランS:60分→30分
プランS:120分→60分
プランS:180分→90分

といった具合に減ります。

ただし、+月500円(増量オプション)に加入すれば3年目以降も無料通話の時間は半減しません。

 2年縛り

おしゃべりプラン/ぴったりプランは「2年縛り」契約です。
無料で解約できるのは2年後の2ヶ月間のみ。
その2ヶ月間に解約しないと、次の無料解約はまた2年後。このサイクルが延々と続きます。
無料解約期間外に解約すると9,500円かかります。
解約したくなった時に無料解約できるとは限らないので注意です。

「データ容量+音声通話」のシンプルなプラン

音声通話あり

プラン名 月額
データ高速(3GB)
+音声通話プラン
1,680円
データ無制限(500Kbps)
+音声通話プラン
2,680円

090/080の電話番号が使えます。おしゃべりプラン/ぴったりプランと違い2年縛りではありません。
最低利用期間は1年のみで、1年使えばいつでも無料解約できます。

選べるデータ容量は「3GB」か「無制限」の2つのみ。
「無制限」は通信速度が500Kbps(=約0.5Mbps)と、通常の速度(10Mbps前後)より遅めに固定されます(無制限で動画視聴はちょっとキツい)。

音声通話なし(SMS付き)

プラン名 月額
データ高速(3GB)
(SMS付き)
980円
データ無制限(500Kbps)
(SMS付き) 
1,980円

090/080の電話番号は使えません。ネットとSMS(ショートメール)だけできるプランです。最低利用期間はなく、いつでも無料解約できます。

選べるデータ容量は「3GB」か「無制限」の2つのみ。
「無制限」は通信速度が500Kbps(=約0.5Mbps)と、通常の速度(10Mbps前後)より遅めに固定されます(無制限で動画視聴はちょっとキツい。低画質ならなんとか)。

UQモバイルのメリット・デメリットまとめ

UQモバイルのメリット

ハルオ
1番は品質です。
UQモバイル
のメリット
詳細
通信速度が常に爆速 UQモバイルはとにかく通信速度が大手携帯会社と同じレベルと。他の格安SIMとは桁違い。
品質が大手キャリア並みなのに、料金は半額以下 UQモバイルはauの半額以下にできる。
iPhoneがSIMとセット購入できる 2世代ほどの前のiPhoneをSIMとセット購入できる。
おしゃべりプラン/ぴったりプランなら月額料金が割引される おしゃべりプラン/ぴったりプランを端末セットで申し込むと、「マンスリー割」が適用され端末代金を毎月割り引かれます。スマホが半額や数百円程度で購入できる場合もあります。
端末を一括払いした場合は、月額料金から引かれます。
おしゃべりプラン/ぴったりプランは速度制限時でも300Kbpsと比較的速い 他の格安SIMは基本的に200Kbps。100Kbpsほど速い。
データ無制限プランがある 最大500Kbpsの通信速度がでる無制限プランがあります。動画をあまり見ないならおすすめ。radiko、音楽ストリーミング、などを聞き流すのに向いてる。
データ容量の残りを翌月に繰り越せる 例えば3GBプランで0.5GB余れば翌月は3.5GB使える。Y!mobileは繰り越せない。
高速通信のON/OFF切り替えができる 高速通信をOFF(=低速通信)にすると、データ容量の消費をストップできる。Y!mobileはON/OFF切り替えができない。
口座引き落としで支払える UQモバイルはクレジットカードがなくてもOK。申込み画面で口座振替を選択する。
タブレットなどに使う分には割安 音声通話が無い、データ高速プランはSMS機能がついて980円で使えます。爆速なのに他より安い。
2週間完全無料でトライアルできる Try UQモバイルといって完全無料でUQモバイルのSIMと端末を試しに使えます。
WiMAXと合わせて契約すれば月額300円引き  WiMAXは月額4500円前後で固定回線の代わりにできるすぐれもの(工事不要)。フレット等を解約してWiMAXにするのもおすすめ(私も使ってます)。

UQモバイルのデメリット

UQモバイルの
デメリット
詳細
格安SIMの相場より月額がやや割高 3GBは相場より80円ほど高いです。おしゃべりプラン/ぴったりプランは割引やデータ増量がなくなってからは700円ほど相場より高いです。
おしゃべりプラン/ぴったりプランは2年縛り 大手携帯会社と同じ2年縛りは解約時に違約金がかかる可能性が高いです。シンプルな3GBプランや無制限プランは1年の最低利用期間を使い切ればいつでも無料解約できます(1年未満だと違約金9500円)。
おしゃべりプラン/ぴったりプランは2年目から月額1,000円値上がり 2年目以降は、S:1980円→2980円、M:2980円→3980円、L:3980円→4980円と値上がります。
おしゃべりプラン/ぴったりプランは3年目からデータ容量が1/3減少 3年目以降は、S:3GB→2GB、M:9GB→6GB、L:21GB→14GBとデータ量が減ります。
データ容量の選択肢が少なめ おしゃべりプラン/ぴったりプランは2GB(2年目まで3GB)、6GB(2年目まで9GB)、14GB(2年目まで21GB)と3つからしか選べません。
シンプルな通常プランは、「3GB」と「無制限(500Kbps)」の2つしか選べません。
無制限プランは動画を見まくるのはキツい 500KbpsだとNetflixやYoutubeを見まくるのはしんどいです。検索、twitterやニュースアプリ、LINEなどは問題なく使えます。

UQモバイルの特徴

大手携帯会社と品質は全く変わらない

大手携帯会社と比べると他の格安SIMはさすがに、やや通信速度が遅くなります(とはいえ普段使いには困りませんが)。

ただし、UQモバイルに関しては通信速度はヒケをとりません。
「格安SIMにして節約したい。でも通信速度は落としたくない人」はUQモバイルがいいでしょう。

端末セット申し込みが得

「おしゃべりプラン/ぴったりプラン」を端末セットで申し込むと、「マンスリー割」と言って端末の分割代金を割引してくれます。
そのため、端末が実質半額や数百円などで買えることもあります。

端末を一括で買った人は、端末割引分を月額料金から引いてくれます。

機種によって割引額が異なるので、そこだけ注意しましょう。

データ残量が翌月に繰り越せる

UQモバイルは月のデータ容量が余ったら、翌月に余りを持ち越せます。
3GBプランで0.5GB余ったら翌月は3.5GB使えます。

繰り越しは翌月までで、翌々月には繰り越せないですが、繰り越した容量から先に使われるので心配ありません。

高速通信ON/OFF機能でデータ量の節約ができる

高速通信をOFFにすると低速通信になり、データ容量の消費が止まります(ネットはできます)。
低速通信は速度制限時の速度ですね。
動画やインスタを見るのはキツいですが、文字中心のアプリやサイトはそこそこ快適に使えます。

「残り10日あるけどデータ容量が足りないかも…」という場合に、高速通信をOFFにして、どうしても動画などを見たい時にONにする、といった使い方ができます。

速度制限時もそこそこ速い

データ容量の節約をしても速度制限になることはあります。
おしゃべりプラン/ぴったりプランだと速度制限時も300Kbpsと、他の格安SIM(200Kbps)より速く使えるので、文字中心のアプリやサイト(LINE/twitter/Gメール等)は問題なく使えます。

ただし、制限時の速度が300Kbpsなのはおしゃべりプラン/ぴったりプランのみ。シンプルな通常のプランは他の格安SIMと同じ200Kbpsなので注意。

口座振替対応

UQモバイルは申込み画面で支払い方法を選べます。
クレジットカードを持っていない人や使いたくない人は、口座振替を選択しましょう。

ただし、端末セットの場合、端末代金は「代金引換え」か「クレジットカード払い」になります。

UQmobileの支払いを口座引落としで支払う方法まとめ

2018.02.05

2週間の無料トライアルがある

「Try UQモバイル」といって、15日間も無料でUQモバイルのSIM+端末をレンタルしてくれるサービスがあります。
送料も一切かからず、完全無料で試せます。
実際に使ってみた感想があるので、参考にしてみてください

端末もレンタルOK!15日間無料でUQモバイルを試せる「Try UQモバイル」を実際に使った感想と、SIMの挿し方や通信速度を解説。

2018.09.19

UQモバイルのキャンペーン

専用サイトから申し込みでキャッシュバック

UQモバイルのキャンペーンは基本キャッシュバック(現金プレゼント)です。
キャッシュバック額は時期によって異なりますが大体1万円〜1万円3,000円ほど。

おしゃべりプラン/ぴったりプランのキャッシュバック額

時期によって金額が異なることもあるので、キャンペーンサイトで確認する事をおすすめします。

■キャッシュバック額
  SIMのみ 端末セット
S 1万円 1万1,000円
M 1万3,000円 1万2,000円
L 1万3,000円 1万3,000円

 「データ高速+音声通話プラン」「データ無制限+音声通話プラン」

シンプルな通常プランの場合は、音声通話付きなら3,000円前後のキャッシュバックを受けられます。金額は時期のよって違うので公式サイトで確認することをおすすめします。

■キャッシュバック額
  SIMのみ 端末セット
S 3,000円
M 3,000円
L 3,000円

UQモバイルが使えるスマホ

auのAndroid(2015年4月〜)

2015年4月以降に発売された機種はau VoLTE対応機種がほとんどです。乗り換える前にauの会員専用ページ(My au)でSIMロック解除すれば、UQモバイルで使えます。UQモバイル申込み時には「マルチSIM」を選択します。

2017年8月以降のauスマホはSIMロック解除不要
2017年8月以降に発売されたauのスマホならSIMロック解除不要で、そのままUQモバイルのSIMを挿せば使えます。

My auへ


                                                    

SIMロック解除とは?ドコモ・au・ソフトバンクが自分たちの所のスマホは自分たちの通信しか使えない様にしてる制限が「SIMロック」
SIMロックは以下の2個の条件で解除できます。
◯2015年5月以降の発売機種であること。
◯契約から101日経過してること
※ただしスマホ代を一括払いした人は101日経過せずとも即座に解除できます。
※分割払いで101日経過してない人も残りの代金を一括で払った時点で即SIMロック解除できます。
※SIMロック解除は大手キャリアのWEBサイト(会員専用ページ)から無料でできます。ショップだと3000円ほど手数料を取られてしまいますのでWEBでやりましょう。


SIMロック解除のやり方はこちら

これで「SIMロック解除」が完了!やり方をイチから解説!

2017.11.13

auのAndroid(〜2015年4月)

2015年4月以前に発売された機種はau VoLTE非対応機種が多いです(稀にau VoLTE対応機種あり)。

2015年4月以前の機種はSIMロック解除が不可能なので、そのまま使います。申込み時に「LTE用 nanoSIM」か「LTE用 microSIM」を選択します。

nanoかmicroは機種によって異なります

2015年4月以前で使える機種の一覧記事です。この記事に載ってない機種は古すぎて使えないです。

au VoLTE非対応機種のスマートフォン一覧(リスト)。使える格安SIMはどこ?

2019.05.06

auのAndroid(2015年5月〜)

2015年4月以前に発売された機種はau VoLTE対応機種がほとんどです。SIMロック解除を行えば使うことができます。SIMロック解除はMy au(auの会員ページ)から。

My auへ


                                                    

SIMロック解除とは?ドコモ・au・ソフトバンクが自分たちの所のスマホは自分たちの通信しか使えない様にしてる制限が「SIMロック」
SIMロックは以下の2個の条件で解除できます。
◯2015年5月以降の発売機種であること。
◯契約から101日経過してること
※ただしスマホ代を一括払いした人は101日経過せずとも即座に解除できます。
※分割払いで101日経過してない人も残りの代金を一括で払った時点で即SIMロック解除できます。
※SIMロック解除は大手キャリアのWEBサイト(会員専用ページ)から無料でできます。ショップだと3000円ほど手数料を取られてしまいますのでWEBでやりましょう。


SIMロック解除のやり方はこちら

これで「SIMロック解除」が完了!やり方をイチから解説!

2017.11.13

ドコモ・ソフトバンクのiPhone 6s以降

ドコモ・ソフトバンクの会員専用ページ(My docomo、My softbank)でSIMロック解除すれば、UQモバイルで使えます。UQモバイル申込み時は「マルチSIM」を選択します。

auのiPhone 5s/6/6 Plus

UQモバイルでSIMロック解除不要で、そのまま使うことが出来ます。申込み時に「LTE用 nanoSIM」を選択します。

auのiPhone 6s/6s Plus/SE/7/7 Plus

乗り換える前にauの会員専用ページ(My au)でSIMロック解除すれば、UQモバイルで使えます。UQモバイル申込み時は「マルチSIM」を選択します。

My auへ


                                                    

SIMロック解除とは?ドコモ・au・ソフトバンクが自分たちの所のスマホは自分たちの通信しか使えない様にしてる制限が「SIMロック」
SIMロックは以下の2個の条件で解除できます。
◯2015年5月以降の発売機種であること。
◯契約から101日経過してること
※ただしスマホ代を一括払いした人は101日経過せずとも即座に解除できます。
※分割払いで101日経過してない人も残りの代金を一括で払った時点で即SIMロック解除できます。
※SIMロック解除は大手キャリアのWEBサイト(会員専用ページ)から無料でできます。ショップだと3000円ほど手数料を取られてしまいますのでWEBでやりましょう。


SIMロック解除のやり方はこちら

これで「SIMロック解除」が完了!やり方をイチから解説!

2017.11.13

auのiPhone 8以降

UQモバイルでSIMロック解除不要で、そのまま使うことが出来ます。UQモバイル申込み時は「マルチSIM」を選択します。

UQモバイルで使えないスマホ

ドコモ・ソフトバンクのAndroidは使わない

SIMロック解除すれば使えないこともないが、帯域などの相性もあるのでUQモバイルでは使わない方がいい。

ドコモ・ソフトバンクのiPhone 6以前は使えない

ドコモ・ソフトバンクのiPhone 6以前はSIMロック解除が不可能なので、UQモバイルでは使えません。ドコモ系の格安SIMで使いましょう

スマホを買い換えたい場合は、SIMとセット購入が一番安い

手持ちのスマホが使用不可の人は、UQモバイルでSIM+端末でセット購入するのがおすすめです。家電量販店やAmazonで買うより安く手に入ります。

UQモバイルはiPhoneが買える

UQモバイルはKDDI系列というのもあり、Appleから許可が下りているのでしょう、iPhoneを販売してます。最新機種でなく、2世代ほど前ですが新品iPhoneなので十分使うことができます。

最新モデルのiPhoneはAppleストアで

なお、最新のiPhoneが欲しい人は、Apple公式ストアで購入するのがベストです。詳しくは以下の記事で。

【どこで買う?】SIMフリー版iPhoneの購入場所4選。購入場所ごとのメリット・デメリットを解説。

2019.05.13

UQモバイルで買えるおすすめ端末

UQモバイルで買えるおすすめのSIMフリースマホを紹介します。UQモバイルは新品iPhoneを買えるのがウリです。

ハルオ
最新モデルのiPhoneは販売してませんが、2世代ほど前のモデルを買えます。

iPhone 7

今でも全然使えるiPhone

Apple

端末価格

一括払い時:74,900円
分割払い時:55,700円
※一括払いの場合、
分割払い時の割引額が
月額料金から引かれる

画面

4.7インチRetina HDディスプレイ

おしゃべりプランS(3GB)
+端末分割金

 
1年目:4,280円
2年目:5,280円
3年目〜:2,980円
RAM/ROM

2GB相当/128GB

一口メモ

ご存知iPhoneの2016年モデル。水深1メートルで最大30分間耐える耐水性と防塵性。
カメラの写りもいいし、スペックも今でも全然いいです。
全体的に完成度の高いスマホ。

ハルオ
iPhone 7から防水対応になってます。ココらへんでiPhoneは完成した感がありますね。

世界1位サムスン初のSIMフリー

SAMSUNG

端末価格

一括払い時:29,300円
分割払い時:26,460円
※一括払いの場合、
分割払い時の割引額が
月額料金から引かれる

画面

6.4インチ

おしゃべりプランS
+端末分割金

 
 1年目:2,980円
2年目:3,980円
3年目〜:2,980円
RAM/ROM

4GB/64GB

一口メモ

人気シリーズ「Galaxy」のSIMフリースマホ。価格が安いのにRAM4GB/ROM64GBは優秀。またバッテリーも3,900mAhと大容量(大体3000mAh前後)で電池持ちもいい。
ディスプレイは映りがとても綺麗で省エネ効果もある有機EL。
大注目の機種。

ハルオ
Galaxyはファンが多い機種。待望のSIMフリースマホがでましたね。しかも、かなりコスパが高い。

iPhone 6s

安心の国内メーカー

Apple

端末価格

一括払い時:67,300円
分割払い時:44,700円
※一括払いの場合、
分割払い時の割引額が
月額料金から引かれる

画面

4.7インチ

おしゃべりプランS
+端末分割

 
1年目:2,880円
2年目:3,880円
3年目〜:2,980円
RAM/ROM

2GB相当/128GB

一口メモ

iPhoneの2015年モデル。
iPhone 7と違って防水はついてませんが、Apple PayやTouch IDにも対応。
4K動画も撮影可能で、カメラは相変わらずレベル高いです。

UQモバイル申込み時に必要なもの

UQモバイルへ申込む際は、以下のアイテムを用意しましょう。

乗り換え前に準備するもの

 本人確認書類の画像

免許許、保険証、パスポート、住基カードなどもOK。保険証の場合は公共料金の領収書を付ける。あらかじめ表・裏の写真を取っておきます。

MNP予約番号

乗り換え前の携帯会社から取得します。コールセンターに電話すれば取得できます。

詳しく

クレジットカード


UQモバイルは口座振替でも支払いできるので、クレジットカードは必須ではありません。

 メールアドレス


大手携帯会社以外のメールアドレスが必要です。Gmailがおすすめ。

詳しく

MNP予約番号は最後に準備する
MNP予約番号は取得時点で15日の有効期限がありますが、UQモバイルは有効期限が13日以上残っていないと申し込みできないので注意。

UQモバイル乗り換え時にかかる費用

UQモバイル乗り換え時にかかる費用一覧。
全部はかからない人も多いと思いますが、MAXでかかるとしたらこんな感じです。

名称 金額 内容
契約解除料(違約金) 0円
or 9,500円
大手キャリアは「更新月」以外に解約すると9,500円の違約金がかかる(更新月解約なら0円)。
MNP転出料 3,000円 今の携帯電話番号を引き継いで使いたい人のみ発生(つまりほぼ皆かかる)。今使っている携帯会社から請求される(番号引き継ぎの手間賃みたいなもの)。
この費用は基本的に回避できないです。
分割購入したスマホの残ローン 端末を分割購入で使ってる人は残りの端末ローンを解約時に一括で払う。
ただし、大手キャリアの場合は端末ローンは残して払い続けることも実はできる。
初期手数料(新規契約手数料) 3,000円 乗り換え先の格安スマホ(格安SIM)から請求される(契約時の手間賃みたいなもの)。
この費用は初期手数料が0円になるキャンペーンをやってる格安SIMに申し込めば回避可能(IIJmioとか)。
新たなスマホの購入費 格安SIMへの乗り換え時にスマホを買い換える人は購入費が発生。UQモバイルは端末代金を分割にすると、毎月割引してくれる。
ニノくん
忘れないようにしないといけませんね。
ハルオ
そうだね。これはUQモバイルだけじゃなく、基本的にどの格安SIMに乗り換える際もかかるから。

UQモバイルのまとめ

「格安SIMは品質が悪い」と思っている人はUQモバイルがいい

「格安SIMって通信速度が遅いんでしょ…」「お昼12時台は使い物にならないって聞いた…」など格安SIMの品質にネガティブな印象がある人は、UQモバイルなら全く心配ありません。

ハルオ
むしろ、そういう人たち用の格安SIMがUQモバイルと言ってもいいでしょう。

試しに使うなら「高速データ+音声通話プラン」

おしゃべりプラン/ぴったりプランは2年縛りがあったり、途中から月額が上がったりするので、とりあえず試しに使いたい人は「高速データ+音声通話(3GB)」に乗り換えて1年使ってみるのがいいと思います。
1年使えばいつでも無料解約できるので。

 無料トライアルで試すのもアリ

それすら不安な人は、15日間完全無料でUQモバイルを試せる「Try UQモバイル」を使いましょう。

端末もレンタルOK!15日間無料でUQモバイルを試せる「Try UQモバイル」を実際に使った感想と、SIMの挿し方や通信速度を解説。

2018.09.19

 Y!mobile(ワイモバイル)と比較したい人はこちら

Y!mobileとは料金などに違いはありません。通話かけ放題の時間や、通信サービスの微妙な所が違います。
個人的には、「通話が少ない人にはUQモバイルの方がやや良いかな…」といった感じ。ほぼ同じです。

Y!mobile(ワイモバイル)とUQモバイルの比較。料金プランの違いは?お得なのはどっち?

2019.05.15

ABOUTこの記事をかいた人

通信・放送系およびIT系の会社で格安スマホやWiMAXなどの企画を6年ほど経験し「格安スマホって革命的」と感じた一方で「みんなまだ全然使ってない…」ことも実感し、当サイトを立ち上げました。 「格安スマホ検討中の人」の参考になったら幸いです。