mineoの評判!速度やメリット・デメリットまとめ




mineo

mineoは関西のプロバイダ、ケイ・オプティコムが提供するMVNOのモバイル通信サービスです。

今かなり伸びているMVNOでテレビCMを見たことがある人も多いはず。

ドコモ・auの両回線に対応しており、プランも充実、大手のわりに料金もそこそこ安く、通信速度も安定しています。

独自サービスが充実しており月1GBまで容量を無料でチャージできる「フリータンク」や、自分のあまった容量をプレゼントできる「パケットギフト」などが用意されています。

「家族割」「複数回線割」といった割引サービスも用意しているので、家族えの利用にも適した格安スマホと言えます。

マイネオの公式サイトはこちら→mineo

メリット

  • デュアルタイプ(音声通話付きSIM)を、すぐ解約しても解約事務手数料がかからない
  • マイネ王というコミュニティサイトがあり、サイト内容のレベルがかなり高い
  • 「フリータンク」という月に最大1GBまでならタダでチャージできる仕組みがある
  • au端末が使える
  • データ容量をプレゼントできる(逆も可能)
  • 割引サービスがあり「家族割」や「複数回線割」でSIM1枚つにつき月額50円割引となる
  • 通信速度・料金もそこそこ安い

デメリット

  • WEBサイトが充実しすぎており、コンテンツが多いのでややわかりづらい
  • auプランについてはUQモバイルとくらべるとやや通信速度が劣る(ただ、通常使いなら問題なし)

マイネオの公式サイトはこちら→mineo

総合評価

評点:4 ドコモ・au両方に対応しており、独自性のあるオプションメニューが魅力。マイネ王などのユーザー目線のサイトもあり、毛色の違いを出せているオンリーワンのMVNO。

テレビCMでもおなじみ。知名度が高く品質も安定。人気の格安SIM。

ベッキーや有吉弘行が登場した数年前のテレビCMからはじまり、2017年現在でも定期的に地上波CMが流れており、認知度はかなり高いですね(ノ´∀`*)今のイメージキャラクターは葵わかなですね(蛇足  笑)。mineoはIIJと同様にau・docomo両方のメニューがあります。データ通信SIMのことを「シングルタイプ」、音声通話SIMが「デュアルタイプ」とちょっと変わった呼び名です。月額料金は普通ですが、通信速度が速いレベルで安定しているんですよね。

音声通話SIMは1年以内の解約だと解約事務手数料が発生するのにmineoは発生しない!

普通、音声通話SIMは契約後、1年以内に解約した場合、解約事務手数料が1万前後発生します。なのにmineoはそれがない( ゚д゚ )!ちょっと試しに使ってみるか…゚( ゚Д゚)y─┛~~って方にもオススメです!安心して使えますね。ただ注意が必要なのは「解約」でなく、他社に移行する「MNP」という制度を使った場合(mineo→他社に同じ電話番号で移る場合)はMNP転出手数料が1万1,500円かかります(普通、他社だと3,000円)。これは注意がいりますね。ただ、mineoを1年継続して使った場合はMNP転出手数料が他社と同じ3,000円になります。

Yahoo!知恵袋のmineo版「マイネ王」が面白い

格安スマホや格安SIMってよくわからない、ってこと多いじゃないですか。マイネ王はユーザー同士が情報共有しあってユーザー間の助け合いで疑問や問題を解決できるサイトになっています。それ以外にもスタッフブログがあったりとかなり役立つサイトになっていて、使い勝手がいいです。Yahoo!知恵袋みたいにアカウント+アバターのようなものを作って参加できるんですが、mineoを使う場合はぜひ活用してみましょう!

他社に例を見ない先進的なサービス「フリータンク」がナイス!

「フリータンク」はデータ容量募金箱のようなもので、自分のデータ容量が余ったらその募金箱にデータ容量を寄付することができます。逆に自分のデータ容量が枯渇した月などは上限1GBまでなら無料でその募金箱からもらえる、というかなり先進的なサービスになっています゚(゚∀゚)キタコレ!!マイネ王といい、mineoはユーザー同士の助け合いを意識したサービスが多いイメージですね。それをちゃんと成立させられているのがすごいです。

その他にも「パケットギフト」などのパケットサービスと言われる無料のオプションが面白いです。もちろん、通話し放題や、あまった容量の翌月繰越しなどの今や「標準装備」となったものもちゃんとあります。

マイネオの公式サイトはこちら→mineo

サービススペック

回線タイプ ドコモ & au
使える
スマホ
ドコモで買った端末 / auで買った端末 / SIMフリー端末
取扱い
SIMタイプ
音声通話SIM/SMS機能付きSIM/データSIM
品質 安定している。良い
ブランド
イメージ
・家族向け
・初心者向け
・上級者向け
特徴 ・独特な機能(フリータンクやパケットギフトなど)で独自色をだしている
・音声通話SIMをいつ解約しても違約金がかからない
・au / ドコモ どちらの端末でも使える
・初心者向けのWEBページが充実している
ポイント
特典
なし
通話かけ放題
有無
・5分かけ放題プランあり
1契約で使える
SIM枚数
1枚
※ただしシェアしたいSIM(子SIM)を親SIMに紐付けることができる
高速通信の
速度制限
なし
音声通話SIMの
解約違約金
MNPで他社に移行しない限り解約違約金は発生しない

マイネオの公式サイトはこちら→mineo

料金プラン

◎ドコモ回線

ドコモ回線(ドコモSIM)は、データSIMに+120円で「SMS機能」を、データSIMに+700円で「音声機能」が付加できるようになっています。500MB・1GBの料金は若干割高です。3GB以降は相場といった感じです。

500MB 1GB 3GB 5GB 10GB
データSIM 700円 800円 900円 1,580円 2,520円
SMS機能SIM 820円 920円 1,020円 1,700円 2,640円
音声機能
SIM
1,400円 1,500円 1,600円 2,280円 3,220円

◎au回線

au回線(auSIM)はデータSIMにはじめからSMS機能がついています。+610円で「音声機能」が付加できるようになっていますので、ドコモ回線の料金よりやや安いですね。

500MB 1GB 3GB 5GB 10GB
データSIM 700円 800円 900円 1,580円 2,520円
音声機能
SIM
1,310円 1,410円 1,510円 2,190円 3,130円

マイネオの公式サイトはこちら→mineo

まとめ

mineoはまだ少ない「ドコモ」と「au」両方の回線プランを持っている格安スマホです。プランも比較的豊富で特に他社に少ない500MBや1GBなど低容量プランがあるのがいいですね。「かけ放題サービス」や端末セット購入時の「端末補償」サービスなどの今の格安スマホでは標準装備となっているサービスももちろんあり、それ以外のmineoならではと言える「フリータンク」や「パケットギフト」といった独自サービスや、ユーザーのコミュニティサイト「マイネ王」などの独自コンテンツがあり、サービス、サポートなど全体的に充実しています。「LINEモバイル」「楽天モバイル」などと同様、今もっとも注目の格安スマホのひとつと言えますね( ´ ▽ ` )

マイネオの公式サイトはこちら→mineo




ABOUTこの記事をかいた人

通信・放送系およびIT系の会社で格安スマホやWiMAXなどの企画を6年ほど経験し「格安スマホって革命的」と感じた一方で「みんなまだ全然使ってない…」ことも実感し、当サイトを立ち上げました。 「格安スマホ検討中の人」の参考になったら幸いです。