ドコモから格安スマホへ乗り換える流れ&後悔しないドコモ系格安スマホ会社は?




ドコモから格安スマホへはMNPで乗り換えよう


今使っている携帯会社から別の携帯会社(格安スマホ含む)に電話番号そのままで乗り換えることは「MNP(モバイルナンバーポータビリティー)」といいます。

ちなみに、MNPで契約中の携帯会社(今回はドコモ)を解約することは「MNP転出」するといいます(MNPで出て行くイメージ)。逆に新たな携帯会社へMNPで加入することは「MNP転入」(MNPで入って行くイメージ)なんて言ったりします。

電話番号を引き継いで使う場合はMNPで申し込みます。MNPを使わない場合は電話番号が変わってしまいます(新規発番)になりますので、引き続き同じ電話番号を使いたい場合は必ずMNPでの申し込みましょう。

格安スマホで使うスマホを用意しよう

格安スマホで使うスマホを用意する手段はふた通りあります。

SIMフリースマホを買う場合

SIMフリースマホを用意すれば、ドコモ系、au系問わずどの格安スマホ会社でも使えます。
おすすめのSIMフリースマホは以下の機種です。

はじめてのSIMフリースマホならこれ!おすすめ3機種

  • HUAWEI P10 Lite(最新の高コスパ機種)
  • HUAWEI nova (iPhoneに近いデザインと使い勝手)
  • ASUS ZenFone 3

SIMフリースマホを買うときは、格安スマホ会社でSIMとSIMフリースマホがセット購入できるので、そこで買うといいと思います。今は家電量販店やヨドバシ.comなどで買うのとほとんど金額も変わりません。また、格安スマホ会社でスマホセットを買う、あらかじめスマホにSIMを挿して初期設定(APN設定含む)まで済ませた状態(=電源をつければすぐ使える状態)で届けてくれるので、おすすめです( ´▽`)

今使っているドコモのスマホをそのまま使う場合

自分が使っているスマホが乗り換え先の格安スマホで使えるか確認する
基本的には、ドコモのスマホならドコモ系の格安スマホで使えます。ドコモのスマホを持ってるけどau系の格安スマホ会社を使いたい、またはauのスマホを持ってるけどドコモ系の格安スマホ会社を使いたい、という方はキャリアのWEBページからSIMロック解除をします。またはお使いのキャリアのショップに行ってSIMロックを解除してもらいましょう!

※SIMロック解除ができない機種があります。

乗り換えたい格安スマホ会社(MVNO)を決めよう

自分が乗り換えたい格安スマホを決めましょう。今はどの格安スマホ会社もレベルが高く、料金の安さ・通信品質(速度)・サポート・セット購入できる端末の種類の多さ、などどれも満足のいくものになっていると思います。

とはいえ、各社さまざまな特徴を出してきているので、よく吟味して決めましょう( ´ ▽ ` )ノもしどの格安スマホを使えばいいか決められない場合は、自分がスマホを使う上でなにを優先したいかを考えてみるといいかもです。

もちろん、どこの格安スマホにするかの判断基準は「安くなること」が前提であるとは思いますが、基本的に格安スマホはどの会社を選んでも料金は安いので、「価格」+「価格以外の要素」で考えてみるといいかもしれません。

例えば

  • 通信速度、通信品質の安定感のある格安スマホ
  • 複数のSIMでシェアできるプランのある格安スマホ
  • 使った分だけ支払えばいい従量制のプランのある格安スマホ
  • 20GB,30GB,40GB,50GBなどの大容量プランがある格安スマホ
  • ポイント還元がある格安スマホ

などから決めるのもいいかもしれません。

また、「今使っているキャリアのスマホをそのまま使う」という場合は、ドコモ系の格安スマホを選ぶとSIMロック解除が不要なのでおすすめです。ざっとおすすめどころを紹介しておきますね( ̄+ー ̄)

格安スマホ企画担当がおすすめする後悔しないドコモ系格安スマホはこちら

はじめてに最適な通信品質が安定・安心のドコモ系格安スマホ

やっぱり老舗ISPの格安スマホは品質が安定してます。特にIIJmioはもっとも安定感のある優等生といっていい格安スマホです。

ただでさえ安いけどその中でも料金が安めのドコモ系格安スマホ

データ通信量が決まってる定額プランなら最安値はDMM mobile。毎月データ通信量が決まってないなら従量制プランのあるエキサイトモバイルが、コスパ良しの格安スマホです。

ポイント還元が嬉しいドコモ系格安スマホ

楽天モバイルは、なにもしなくても月額料金の1%の楽天スーパーポイントが貯まるのに加え、楽天市場での買い物するとポイントが毎回2倍になる特典つき。その他にもオプションを申し込んだり、端末セットで申し込んだりすると何千ポイントももらえたりすることが多々ある、ポイント高還元な格安スマホ。

DMM mobileは月額料金の10%が何もしなくても毎月貯まるので、月額3,000円ちょっとに抑えても3ヶ月で1,000円近いのDMMポイントが貯まって動画作品などの購入に使えます。

SNSユーザーが嬉しいドコモ系格安スマホ

LINEモバイルは、自らのサービス「LINE」はもちろん、「Twitter」「Facebook」「Instagram」での通信量が一切カウントされずに使い放題の格安スマホ。また、説明書やサポートも見やすく使いやすい。SNSユーザーや格安スマホ初心者にはかなりおすすめの格安スマホ。

MNP予約番号をとろう

格安スマホで使うスマホを用意して、格安スマホ会社も決まったら、あとはドコモの下記窓口に連絡してMNP予約番号を取得しましょう!もうひと息です!

ご利用方法 MNP予約 受付窓口 受付時間
携帯電話 151 9:00~20:00
一般電話 0120-800-000
パソコン トップ→My docomo → 各種お申込み・お手続き 9:00~21:30

MNPでの乗り換え大まかな流れは以下の通りです。

  1. ショップに行くか、電話でお使いのキャリアにMNPによる解約手続き(”MNP転出”といいます)をしたい旨を伝える
  2. キャリアからその場で「MNP予約番号」が発行され、「MNP予約番号の有効期限」が伝えられる
    ※MNP予約番号の有効期限は発行日から15日間です(発行日含む)
  3. 格安スマホを申込む際にキャリアから発行された「MNP予約番号」を入力する
    ※格安スマホ会社では”MNP予約番号の有効期限の残日数が12日~10日程度残っている状態じゃないと申込みできない”としているところがほとんどなので、MNP予約番号を取得したらすぐに格安スマホの申込みをした方がよい
  4. 格安スマホ会社からSIMや端末が届いたら、切り替え手続きをする(格安スマホ会社によって違いますが、大体はネット上にログインしてボタンを押すだけ)
  5. 格安スマホが契約開始(開通)すると自動的にキャリアのIG契約が解約となります
    ※格安スマホの開通日とキャリアの解約日は原則同日となりますので、キャリアの2年縛りの更新月にMNPする人は月またぎにならないよう注意しましょう

MNPとはなんなのか?MNP予約番号の取得方法と注意点を紹介!

2017.06.13

申し込みたい格安スマホ会社のWEBページに行って申し込もう!

さあ、先ほど紹介した通り、それぞれに様々な特徴がある格安スマホですが、どのブランドを使う決まりましたか?決まったならあとはWEBページにいって申し込みましょう!「その前に各格安スマホ会社についてもうちょっと詳しく知りたい」という場合は、以下のページでもうちょっと検討してみましょう!

先ほど紹介したドコモ系格安スマホをもっと詳しく知りたい人は下記をどうぞ!

IIJmioの評判!速度比較やメリット・デメリットまとめ

IIJmioの特徴まとめ(料金プラン・使えるスマホ・メリットデメリット・キャンペーンなど)

2018.12.26

BIGLOBE SIMの評判!速度比較やメリット・デメリットまとめ11

BIGLOBEモバイルの特徴まとめ(料金プラン・使えるスマホ・メリットデメリット・iPhoneセット購入など)

2018.12.18

BIGLOBE mobile誕生!これからまた、一気に伸びそうなブランド!

2017.10.03

NifMoの評判!速度比較やメリット・デメリットまとめ

NifMoの評判!速度やメリット・デメリットまとめ

2017.06.12

DMM mobileの評判!速度比較やメリット・デメリットまとめ

DMM mobileの評判!速度やメリット・デメリットまとめ

2017.06.12

エキサイトモバイルの評判!速度比較やメリット・デメリットまとめ

エキサイトモバイルの評判!速度やメリット・デメリットまとめ

2017.06.12

楽天モバイルの評判!速度比較やメリット・デメリットまとめ

【ライバルMVNOのここがスゴイ】業界1位「楽天モバイル」の強さの秘密8個

2017.07.06

楽天モバイルの評判!速度やメリット・デメリットまとめ。楽天市場をよく使う人なら絶対おすすめ

2017.06.12

LINEモバイルの評判!速度比較やメリット・デメリットまとめ

【ライバルMVNOのここがスゴイ】LINEモバイルが初めての格安スマホに絶対的におすすめな9つの理由

2017.07.04

SIMが届いたらAPN設定をして準備完了!使いはじめよう!

格安スマホ会社からSIM(セット購入なら&スマホ)が届いたら、SIMをスマホに挿してAPN設定をしましょう。格安スマホ会社でスマホをセット購入した場合、格安スマホ会社によってはSIMを挿してAPN設定も終えた状態で届けてくれますので、その場合はAPN設定は不要です。

APN設定のやり方はこちら

以上、ドコモから格安スマホに乗り換えるときの流れでした。これで使えるようになっているはずです( ´ ▽ ` )




ABOUTこの記事をかいた人

通信・放送系およびIT系の会社で格安スマホやWiMAXなどの企画を6年ほど経験し「格安スマホって革命的」と感じた一方で「みんなまだ全然使ってない…」ことも実感し、当サイトを立ち上げました。 「格安スマホ検討中の人」の参考になったら幸いです。