【2019年7月】楽天モバイルのキャンペーン最新情報。2回線目が安くなる「プラス割」、新規&機種変更の「端末セール」など。




 

楽天モバイルのキャンペーンの特徴

楽天モバイルは複数キャンペーンを同時開催しています。

楽天モバイルのキャンペーンの特徴は、「キャッシュバック」や「新規契約手数料・初期手数料 無料」などはやらないところ。

主に「端末値引き」「2回線目を申し込むと月額無料」などです。

ハルオ
本ページでは楽天モバイルで現在実施中のキャンペーンをまとめています。

〔その①〕プラス割キャンペーン

楽天モバイルに2回線目を申し込むと特典を受けられるキャンペーン。

期間

プラス割キャンペーンの終了日は未定となっています。

内容

楽天モバイルを音声通話SIMで申し込んでいる場合、2回線目を申し込むと月額料金が3ヶ月無料になるキャンペーンです。

2回線目も音声通話SIMなら、さらに特典があり「SIM単品なら→5000円キャッシュバック」「端末セットなら→AX7が1円、他機種は5000円割引」を受けられます。

まとめるとこんな感じ

前提:1回線目は音声通話SIM
条件 特典
2回線目も
音声SIM
3ヶ月月額料金が無料
        +
SIMのみ:5000円キャッシュバック                     

端末セット:AX7が1円。その他機種は5000円割引             

※2回線も音声SIMだと3回線も同じ特典が受けられる。4回線目以降も同様。

2回線目が
データSIM
SMS付きSIM
3ヶ月月額料金が無料

2回線目を申し込むタイミング

2回線目を申し込むタイミングはいつでもOKです。

1回線目と2回線目を同じタイミングに申し込む際もプラス割は適用されますし、すでに楽天モバイルの音声通話SIMを使っている人が追加で2回線目を申し込む際もプラス割は適用されます。

プラス割キャンペーンの申し込み手順

1回線目と2回線目を一緒に申し込む

  1. まず普通に楽天モバイルの音声通話SIMを申し込みます。
  2. 申し込みを終えると登録したアドレスに「申し込み完了メール」が届きます。その中に記載されているプラス割専用ページのURLへアクセスして2回線を申し込みます。
  3. 1回線目の楽天モバイルユーザID(raから始まる番号)・1回線目契約者の生年月日の入力が必要になります。

 すでに利用中で2回線目を申し込む

  1. 楽天モバイルのメンバーズステーション(会員専用ページ)へアクセスします。
  2. プラス割キャンペーンのバナー(ボタン)があり、タップするとプラス割専用ページへアクセスできるので、そこで申し込みます。

注意点

 音声通話SIMのみ

1回線目がデータSIM、SMS付きSIMではプラス割は受けられません。音声通話SIMのみ。

 キャンセルしたら無効

1回線目、2回線目を同じタイミングで申し込んだ時、1回線目がキャンセルされたらプラス割の特典は受けられません。

 1回線目の利用開始が遅れたら無効

2回線目の申し込んでから16日目までに1回線目が利用開始にならない場合は2回線目が自動キャンセルになります。

普通に申し込めば16日も利用開始にかかることはないので、あまり気にしないでいいです。

専用ページ以外だと無効

楽天モバイル公式サイト(またはメンバーズステーション)の「プラス割特典専用のページ」から申し込まないと対象にならないので注意。



〔その②〕夏先取りスマホ割キャンペーン

楽天モバイルで、「音声SIM」+「端末」をセット購入すると端末代金が割引かれるキャンペーン。

期間

2019年7月11日(木)10:00~2019年8月8日(木)9:59までに音声SIM+端末をセット購入すれば、端末がセール価格で買えます。

セール対象機種

  • AX7
  • ZenFone 5
  • AQUOS R compact SH-M09
  • AQUOS sense2 SH-M06
  • AQUOS sense2 SH-M08
  • AQUOS sense2 SH-M10
  • HTC U12+
  • HTC U11 life
  • HUAWEI nova lite 3
  • HUAWEI nova 3
  • HUAWEI P20
  • HUAWEI P20 lite
  • LG Q Stylus
  • Essential Phone(Webのみ受付)

楽天モバイル「夏先取りスマホ割」のセール対象機種は13機種。
買わないほうがいい機種もあるので、おすすめの機種だけ紹介します

セール中の楽天モバイルおすすめ機種

OPPO「AX 7」

価格:9480円
(分割394円×24)
対応回線:
ドコモ/au
CPU:Snapdragon 450
オクタコア 1.8GHz
RAM/ROM:4GB/64GB
ディスプレイ:6.2インチ バッテリー:4230mAh
カメラ:(外)1,300万+200万画素
(内)1600万画素
その他機能:指紋認証/顔認証
総評:特筆すべきは特大バッテリー。平均3000mAhくらいの所、4230mAhも積んでます。電池持ちは相当良いでしょう。
CPU、RAM/ROMといった基本スペックは普通に使う分には十分です。
ディスプレイもインカメラ部が雫型ノッチでほぼ全部画面になってます。
1万円で買えるのは激安なので
コスパは相当高いです。
ゲームをガッツリやったり、カメラを超きれいに撮りたい人じゃなければ、価格の割に満足できる機種。
安さ重視だけど、そこそこちゃんと使えるやつが欲しい人におすすめ。

 AQUOS sense SH-M08

価格:14580円
(一括602円×24)
対応回線:
ドコモ/au
CPU:Snapdragon 450
オクタコア1.8GHz
RAM/ROM:3GB/32GB
ディスプレイ:5.5インチ バッテリー:2700mAh
カメラ:(外)1200万画素
(内)800万画素
その多機能:おサイフケータイ(NFC)
防水/防塵、指紋/顔認証
総評:SHARPのAQUOSフォンです。2018年冬発売モデル。日本のSIMフリースマホでは1番SHARPが性能、価格など含めて良いと思います。
基本性能はOPPO AX7とほぼ同じですが、日本製スマホならではの「おサイフケータイ(NFC)」搭載。また最高レベルの防水/防塵なので、台所や風呂でも問題なし。
ただし、バッテリーはやや少なめなので、おサイフケータイ・防塵スマホが不要な人はAX7。日本製が欲しい人におすすめ。

 ZenFone 5

価格:30980円
(分割1286円×24)
対応回線:
ドコモ/au
CPU:Snapdragon 636
オクタコア 1.8GHz
RAM/ROM:6GB/64GB
ディスプレイ:6.2インチ バッテリー:3300mAh
カメラ:(外)1200万画素+800万画素(広角)
(内)800万画素
その多機能:NFC
指紋/顔認証
総評:性能が高いハイスペック機種です。重たいグラフィックばりばりのゲームなどもそこそこ楽しめると思います。
AI付きカメラで写真も綺麗に撮れるし、広角レンズも付いてるので風景などを綺麗に撮りたい人などにもおすすめ。
デュアルSIM・デュアルスタンバイ、デュアルVoLTE対応なので、SIM2枚さしてどっちもVoLTE通話できます。
バランスの良い高性能スマホがほしい人におすすめ。

 Essential Phone

Essential
価格:29780円
(1254円×24)
対応回線:
ドコモ/au
CPU:Snapdragon 835
オクタコア 2.45GHz+1.9GHz
RAM/ROM:4GB/128GB
ディスプレイ: バッテリー:3040mAh
カメラ:(外)カラーセンサー1,300万画素/モノクロセンサー1,300万画素
(内)800万画素
その多機能:NFC
指紋認証
総評:余計なアプリが入っていない素の状態なので、動きが軽快。CPU、RAM/ROMも相当ハイスペックなので、グラフィカルなゲームアプリも問題なく遊べます。カメラ性能もそこそこ良いです。
デザインなどが地味、余計なアプリなし&顔認証も無しというシンプル設計で性能の割に値段は安めで、高コスパ機種と言えます。
性能が高いのでゲームをやりこみたい人におすすめ。

条件・注意点

音声通話SIMのみ

楽天モバイルの「スーパーホーダイ」プランか「組み合わせプラン」を「音声通話SIM」で申し込む必要があります。

「組み合わせプラン」とは「3.1GB」〜「30GB」のデータ容量を選んで使うプランです。0GBで低速通信のみの「ライトプラン」もあります。

スーパーホーダイは音声通話SIMのみなので気にしないでいいですが、「組み合わせプラン」は音声通話SIM、データSIM、SMS付きSIMと3つあるので注意しましょう。

店舗申込みの場合は「10分かけ放題」への加入も必須

楽天モバイルは店舗もたくさんありますが、店舗申込みの場合は、音声SIMの申込みに加えてオプションサービス「10分かけ放題(月額850円)」への加入も必須です。

店舗の方が、1件の申込みを獲得するためのコストが掛かってるから、でしょう。
なので、端末セールで申込むならWEB申込みがおすすめです(WEB申込みは10分かけ放題への加入は不要)。

最低利用期間あり

音声通話SIMには最低利用期間があります。

「組み合わせプラン」の場合は1年間。1年未満で解約すると9800円の違約金がかかるので注意です。
「スーパーホーダイ」は最低利用期間を申込み時に1年・2年・3年の3つから選べます。最低利用期間が長いほど安いです。違約金は同様に9800円。

手数料が3000円ちょっとかかる

キャンペーンじゃなくてもかかりますが、申込み時に手数料がドコモ回線:3,394円 / au回線:3,406円かかります。



〔その③〕お得に機種変更キャンペーン

楽天モバイルをすでに利用している人が機種変更すると端末代金が割引で買えるキャンペーン。

期限

2019年7月1日(月)10:00~2019年8月1日(木)9:59まで

内容

楽天モバイル加入者向けのキャンペーンです。これから格安SIMに乗り換えようとしている人はスルーしてください。

すでに楽天モバイルユーザーの人が機種変更をする時に、人気スマホ10機種が6,000円引きで購入できるキャンペーン。

端末名 通常の
機種変更
価格
割引価格
AQUOS zero SH-M10 80,982円 74,982円※1
AQUOS R2 compact SH-M09 62,820円 56,820円※1
HUAWEI nova lite 3 24,192円 18,192円※1
AQUOS sense2 SH-M08 26,820円 20,820円※1
HUAWEI Mate 20 pro 95,292円
R17 Pro 62,892円 56,892円※1
AX7 26,892円 20,892円※1
LG Q Stylus 35,820円 32,820円※3
Find X 89,892円 83,892円※1
HUAWEI nova 3 49,320円
Essential Phone 44,820円
HTC U12+ 80,820円
AQUOS sense plus SH-M07 29,520円 23,520円※1
HUAWEI P20 62,820円
HUAWEI P20 lite 28,782円
ZenFone 5 47,520円
HTC U11 life 35,820円
HUAWEI nova lite 2 23,382円
ZenFone 4 Max 17,820円
AQUOS R compact SH-M06 61,020円 55,020円※1
AQUOS sense lite SH-M05 26,820円 20,820円※1
honor9 48,420円
arrows M04 31,320円
GRANBEAT 76,320円
iPhone SE 16GB 37,620円
AQUOS ケータイ SH-N01 22,320円

適用条件

期間中に、楽天モバイルの会員専用ページ(メンバーズステーション)から、「機種変更」で対象端末を購入した場合に割引が適用されます。

下図は楽天モバイル公式サイトより抜粋。

注意点

特典適用対象外となるケースは主にこちら

実店舗は割引対象外な場合も

楽天モバイルの実店舗で機種変更をして端末を購入した場合は対象外なことも(ただし一部端末は割引対象)。

 キャンペーン併用は不可

同時期に開催されている機種変更キャンペーンとの併用は不可です。



楽天モバイルのコツ:できれば無料の楽天カードは作っておいた方がいい

自動で貯まるポイントが増える

楽天モバイルは普通に使ってるだけで楽天スーパーポイントが毎月、月額料金の1%貯まっていきます。

ただし、楽天モバイルの支払いを楽天カードにすると貯まるポイントが1%→2%に倍増します。

楽天市場買い物時のポイントがUP

楽天モバイルを使っていると楽天市場での買い物が+2倍になります。さらに楽天カードを使えば+3倍で計5倍のポイントが貯まります。

私はあまり楽天市場で買い物をしませんが、楽天市場をよく使う人は「楽天モバイル+楽天カード」は組み合わせで考えておいたは方いいと思います。

楽天カードは無料

楽天カードは会員費などはかからず無料で作れます。個人的にはあまりクレジットカードを作るのは好きじゃないですが、楽天モバイルと楽天市場専用としてクレジットカードを作るのはアリだと思います。

楽天カード入会特典のポイントは端末代に使える

楽天カードを作ると5000ポイント〜8000ポイントくらい貰えます(時期により変わる)。ポイントは楽天モバイル申込み時の手数料や端末代金の支払いに使えます。

また、楽天カードを作ってから1回利用してしばらくすると、さらにポイントが付加されます。

そのため、楽天カード作る→1回使ってちょい待つ→ポイント貯まる→楽天モバイル申し込む、の順番がポイント的にはベスト(時間かかるけど)。

楽天モバイルで使えるスマホ

 使えるスマホ

回線  ドコモ回線
au回線
使える
スマホ
【ドコモ回線】
ドコモのiPhone・Android
(SIMロック解除不要)
ソフトバンクの
iPhone・Android
(SIMロック解除必須)
SIMフリーの
iPhone・Android
(そのままでOK)
【au回線】
 auのiPhone・Android
(SIMロック解除必須・VoLTE対応必須)
ドコモのiPhone
(SIMロック解除必須)
ソフトバンクのiPhone
(SIMロック解除必須)
SIMフリーのスマホ
(au対応機種のみ)

楽天モバイルへ乗り換る時に必要なモノ

楽天モバイルだけじゃないですが、格安SIMへ申込む際は以下のアイテムが必要になります。

乗り換え前に準備するもの

 本人確認書類の画像

免許許、保険証、パスポート、住基カードなどもOK。保険証の場合は公共料金の領収書を付ける。
あらかじめ表・裏の写真をスマホやデジカメで撮影しておきます。

MNP予約番号

音声通話SIMを使う人で今の電話番号を引き継ぎたい人だけです。乗り換え前の携帯会社から取得します。コールセンターや会員専用ページにアクセスすれば取得できます。

詳しく

クレジットカード


楽天モバイルは+月額100円で口座振替でも支払いできるので、クレジットカードは必須ではありませんが、基本クレジットカード払いです。

 メールアドレス


大手携帯会社のメールアドレスが使えなくなるので無料のフリーメールを作りましょう。GoogleのGmailがおすすめ。

Gメールの作り方

MNP予約番号は最後に準備する
MNP予約番号は取得時点で15日の有効期限がありますが、楽天モバイルは有効期限が10日以上残っていないと申し込みできないので注意。

楽天モバイル乗り換え時にかかる費用

楽天モバイルの乗り換え時にかかる費用のまとめです。大抵の格安SIMは同じ費用がかかります。

全部はかからない人も多いと思いますが、MAXでかかるとしたらこんな感じです

名称 金額 内容
契約解除料
(違約金)
0円
or 9,500円
大手キャリアは「更新月」以外に解約すると9,500円の違約金がかかる(更新月解約なら0円)。
MNP
転出料
3,000円 今の携帯電話番号を引き継いで使いたい人のみ発生(つまりほぼ皆かかる)。今使っている携帯会社から請求される(番号引き継ぎの手間賃みたいなもの)。
この費用は基本的に回避できないです。
分割購入
したスマホ
の残ローン
端末を分割購入で使ってる人は残りの端末ローンを解約時に一括で払う。
ただし、大手キャリアの場合は端末ローンは残して払い続けることも実はできる。
初期手数料
(新規契約手数料)
3,000円 乗り換え先の格安スマホ(格安SIM)から請求される(契約時の手間賃みたいなもの)。
この費用は初期手数料が0円になるキャンペーンをやってる格安SIMに申し込めば回避可能(IIJmioとか)。
新たな
スマホの
購入費
格安SIMへの乗り換え時にスマホを買い換える人は購入費が発生。UQモバイルは端末代金を分割にすると、毎月割引してくれる。



楽天モバイル関連記事

楽天モバイルスーパーホーダイの解説

【複雑だけどお得度高し!】楽天モバイル「スーパーホーダイ」をできるだけわかりやすく解説。

2018.09.04

ABOUTこの記事をかいた人

通信・放送系およびIT系の会社で格安スマホやWiMAXなどの企画を6年ほど経験し「格安スマホって革命的」と感じた一方で「みんなまだ全然使ってない…」ことも実感し、当サイトを立ち上げました。 「格安スマホ検討中の人」の参考になったら幸いです。