【終了】〜19/7/31)mineoの7月キャンペーン最新情報。「3ヶ月×月額940円割引」で初期費用を抑えられる




mineoのキャンペーンは8月5日で一旦終了。次回は…

mineoのキャンペーンは7月31日で終了しました。

新たなキャンペーン情報はまだでていませんので、発表され次第更新していきます。多分、2~3ヶ月後かなと…。

以下は7月31日に終了したキャンペーンの詳細です。

月額割引系キャンペーン

mineoは、申し込んで使い始めてから最初の数ヶ月の月額料金を割引くキャンペーンをよくやります。

今回もその系統です。

キャンペーン期間

2019年6月1日〜7月31日に申し込みをすればキャンペーン適用になります。

キャンペーン内容

mineoの”音声通話SIM”の「6GB」または「10GB」を申し込んだ人は、月額料金が最初の3ヶ月間だけ割引きされます。
割引額は6GBと10GBで異なり「6GB=680円割引/月」、「10GB=940円割引/月」となります。

mineoには6GB、10GB以外にもデータ容量がありますが、今回のキャンペーン対象にはならないので注意

割引キャンペーン適用時の月額料金

今回のmineoのキャンペーン期間に申し込めば、6GB、10GBはそれぞれ最初の3ヶ月は下表の料金で使えます。

  au回線 ドコモ回線 ソフト
バンク回線
mineo
音声通話SIM
6GB
2,190円
→1,510円
680円OFF
2,280円
→1,600円
680円OFF
2,630円
→1,950円
680円OFF
mineo
音声通話SIM
6GB
3,130円
→2,190円
940円OFF
3,220円
→2,280円
940円OFF
3,570円
→2,630円
940円OFF

キャンペーン条件・注意点

 音声通話SIMでの申し込みが必須

音声通話SIM・データSIMがありますが、音声通話SIM限定のキャンペーンになります。

 データ容量は6GB・10GBのどちらかでの申し込みが必須

mineoはデータ容量が500MB、3GB、6GB、10GB、20GB、30GBとありますが、今回のキャンペーン対象は6GB・10GBの2つのみです。

 データSIMに変更するとキャンペーン対象外

今回のmineoのキャンペーンは音声通話SIMで申し込む必要がありますが、割引適用中にデータSIMに変更すると割引は終了します。
音声SIMからデータSIMに変更するには3,000円ほどの手数料がかかるので、わざわざ変える人はいないと思いますけど念のため。

 少ないデータ容量へ変更(コース変更)するとキャンペーン対象外

今回のmineoのキャンペーンは6GB・10GBのみ割引対象です。割引適用中の3ヶ月の間に6GBの人は6GB以下、10GBの人は10GB以下のデータ容量へ変更したら割引は終了します。
逆に多いデータ容量へ変更するのはアリです。6GBの人が10GB〜30GBに変更しても割引は継続されます。

 回線を変更(プラン変更)するのはOK

mineoはドコモ・au・ソフトバンクと3回線扱っており、途中で回線を変更することが可能です。割引適用中に回線変更しても割引は適用され続けます。
ただし、回線変更にも3000円ほどの手数料がかかるので、あえて変える必要はないと思います。

 8月31日までに申し込みの承認が必要

格安SIMの申し込み時には本に確認書類(免許書・保険証など)の写真をアップロードします。
基本的にあまり心配しないでいいと思いますが、本に確認書類が不鮮明で出し直しが必要だったりして、申し込みがなかなか承認されない人が稀にいます。
2019年8月31日をすぎても承認されないままなら、キャンペーン期間の7月31日以内に申し込んだとしてもキャンペーン対象から外れるので注意しましょう。



mineoで使えるスマホ

mineoにはドコモ回線の「Dプラン」、au回線の「Aプラン」、ソフトバンク回線の「Sプラン」の3つがあります。

ハルオ
auのAndroidauのiPhoneソフトバンクのAndroidの場合は、SIMロック解除が必要な場合がほとんどなので注意しましょう。
スマホの種類 そのまま使える?
ドコモの
Android
SIMロック解除不要でそのまま使える。
ドコモの
iPhone
SIMロック解除不要でそのまま使える。
auの
Android
au VoLTE対応はSIMロック解除必須(au VoLTE対応SM)。
au VoLTE非対応はほとんどがそのまま使える(通常のAプランSIM)。
かなりわかりずらいので、mineoの動作確認済み端末一覧で検索→出てこなかったら使えないのでSIMフリー端末を買う
auの
iPhone
iPhone 5以降なら、AプランでSIMロック解除不要でそのまま使える。
(〜iPhone 7、7Plusまでは通常のAプランのみ選択可能。
〜iPhone 8以降はau VoLTE対応プランも選択可能、ただしau VoLTE対応プランはSIMロック解除必須)。
ソフトバンクの
Android
2017年8月以降発売の機種ならそのまま使える。
それ以前はSIMロック解除が必要。ただし、2015年4月以前の機種はSIMロック解除がそもそもできないため使用不可。
ソフトバンクの
iPhone
iPhone 5以降ならSIMロック解除不要でそのまま使える。
SIMフリー
スマホ
SIMフリー
iPhone
 そのまま使える。

※mineoで使えるスマホの詳細は「動作確認端末」ページへ。

SIMロック解除とは?ドコモ・au・ソフトバンクが自分たちの所のスマホは自分たちの通信しか使えない様にしてる制限が「SIMロック」
SIMロックは以下の2個の条件で解除できます。
◯2015年5月以降の発売機種であること。
◯契約から101日経過してること
※ただしスマホ代を一括払いした人は101日経過せずとも即座に解除できます。
※分割払いで101日経過してない人も残りの代金を一括で払った時点で即SIMロック解除できます。
※SIMロック解除は大手キャリアのWEBサイト(会員専用ページ)から無料でできます。ショップだと3000円ほど手数料を取られてしまいますのでWEBでやりましょう。
SIMロック解除の詳細はこちら

これで「SIMロック解除」が完了!やり方をイチから解説!

2017.11.13

mineo申込み時に必要なもの

mineoの申し込みに必要なもの
本人
確認
書類
免許証、保険証、パスポート、住基カードなど。

詳しく

使える
スマホ
手持ちがドコモのスマホならそのままでOK。
au・SoftBankのAndroidの場合は基本的にSIMロック解除しておいた方が無難。
iPhoneならどこのでもそのままで使える。                     

端末を買い換える予定の人は、家電量販店で買うより、格安スマホ会社でセット購入するのが一番安く買える。

詳しく

クレジット
カード
格安SIMは基本的にクレジットカード払いのみ。楽天モバイルは口座振替も対応。

LINEモバイルはLINE Payカードでも支払い可能。あとはほぼどこもクレジットカード払い。

メール
アドレス
@docomo/@ezweb/@softbank/のキャリアメールのアドレスは使えない。Gメールなどを取得しておく。

詳しく

MNP
予約
番号
MNP予約番号は今使っている携帯会社から取得する。

自分の使ってる大手携帯会社のコールセンターに電話して取得するのが一番手っ取り早い。

わからない場合は、格安スマホの店舗にいって店員さんに取得方法を聞きながら行うのも可能。

取得方法



mineoの関連記事

mineoの特徴・料金プラン・メリットデメリットなどのまとめはこちら

mineoの特徴まとめ(料金プラン・使えるスマホ・メリットデメリット・iPhoneセット購入など)

2019.01.09

mineoのSIMが届いた後の初期設定方法はこちら

mineoのAPN設定のやり方(Androidスマホの場合)

2019.03.28

iPhoneでmineoを使う際の初期設定の手順まとめ

2019.03.13

ABOUTこの記事をかいた人

通信・放送系およびIT系の会社で格安スマホやWiMAXなどの企画を6年ほど経験し「格安スマホって革命的」と感じた一方で「みんなまだ全然使ってない…」ことも実感し、当サイトを立ち上げました。 「格安スマホ検討中の人」の参考になったら幸いです。