iPhone Xっぽい格安スマホ(SIMフリースマホ)4選!Android派にはこれ。性能だって負けてないのもあるぞ!




iPhone Xってどんなスマホ?

iPhone Xは、2017年10月に発売されたApple社のiPhoneです。

ハルオ
ホームボタンがなくて、初の全面がディスプレイになったデザインと話題になりましたね。

画面がボディいっぱいに広がっているので、iPhone Xはボディが小さくても画面がでかいです。

デザイン・性能・カメラなどすべてがレベルが高く、おそらく現状のスマホでトップレベルでしょう。

でもiPhone Xは価格が高い

iPhone Xはかなり良いスマホです。

そこは間違いないですが、いかんせん価格がとても高い

ハルオ
そこが一番の難点なんですよね。

そういうわけで、今回はiPhoneっぽいデザインの格安スマホ(SIMフリースマホ)を紹介していきたいと思います。

ニノくん
そういわれれば似てるスマホ多いっすよね
ハルオ
Appleが訴えたり、訴えられたりいろいろやってるからね。

まあ、スマホのデザインはトレンドがあるから

iPhone Xっぽいデザインの格安スマホ①:HUAWEI P20

iPhone Xっぽいデザインの格安スマホその①は「HUAWEI P20」です。これは2018年現在、販売中のSIMフリースマホの中では、一番人気レベルの機種です(いや、一番はP20 liteかな?)。

このP20(ぴーとぅうぇんてぃ)の1番の特徴は、搭載しているカメラが、一流カメラメーカーLeica(ライカ)のカメラということ(しかもWレンズといって背面だけでも2個レンズがある)。写真がめちゃくちゃ綺麗に撮れます。

ディスプレイも5.8インチと大きめながら、片手操作ができるサイズ感になってます。また、額縁が細くて画面がいっぱいに広がったデザインが、もはやまんまiPhone X…。という気がするデザインです。

ハルオ
スマホの脳みそであるCPU、記憶力のRAM・ROMなどの性能も現行格安スマホでは”上の上”です。僕らのような一般ユーザーなら、iPhone Xと性能差は感じないでしょう(どちらもレベルが高い)。

カメラにもっとこだわるならデジカメいらずのP20。Leica(ライカ)カメラ搭載。

P20

端末一括

62,800円〜

画面

5.8インチ

音声SIM3GB+端末分割金

月額4,250円〜

RAM/ROM

4GB/128GB

最安値で買える格安SIM

発売時期

2018年6月

下記の記事で「HUAWEI P20」について詳しく解説しています。

「HUAWEI P20」ってどんなスマホ?防水?カメラは?専門用語を使わずに超わかりやすく解説!

2018.06.16

P20をAmazonで単品購入したい場合はこちら。

iPhone Xっぽいデザインの格安スマホ②:HUAWEI P20 lite

ひとつ前に紹介した、「P20」の廉価版です(やや性能を落とし、求めやすい価格にしたモデル)。

「P20 lite」は、iPhone Xと比べれば性能は何枚か落ちますが、正直、エンジニアさんみたいにマニアックなスマホの使い方をしないなら、P20でなく、P20 liteでも十分すぎるくらいいい機種です。

ちょっとゲームをやったり、SNSアプリをやったり、ネット検索したり、動画をみたり、地図を見たり、写真を撮ったり、そうした普通の使い方ならP20 liteで十分です。ちなみに、P20 liteもWレンズ(ただし、レンズはLeica・ライカではない)。

ハルオ
ちなみに、私が写真好きの家族におすすめしたのが、このP20 liteの一年前の「P10 lite」という機種。それもカメラ性能が高くて、今も満足して使ってくれています。相当気に入ってくれたみたいです。

ちゃんと使えてコスパのいい機種が欲しいなら

P20 lite

端末一括

18,800円〜

画面

5.84インチ

音声SIM(100MB/日)+端末分割金

月額2500円〜

RAM/ROM

4GB/32GB

最安値で買える格安SIM


発売時期

2018年6月

下記の記事で「HUAWEI P20 lite」について詳しく解説しています。

「HUAWEI P20 lite」ってどんなスマホ?防水?カメラは?専門用語を使わずに超わかりやすく解説!

2018.06.15

P20 liteをAmazonで単品購入したい場合はこちら。

iPhone Xっぽいデザインの格安スマホ③:ZenFone 5

ZenFone 5は、ASUSの大ヒットシリーズ「ZenFoneシリーズ」の最新機種ですね。

このASUS「ZenFone 5」はHUAWEIの「P20」と「P20 lite」の中間くらいの性能です。価格も中間くらいです。

ちなみに、今は、HUAWEI(ふぁーうぇい)というメーカーが格安スマホ界のトップな感が強いですが、もともと日本で格安スマホを流行らせたのはASUS(えいすーす)の「ZenFoneシリーズ」です。

当時、SIMフリースマホを使っている人はかなりマニアックな人たちでしたが、ZenFoneシリーズでSIMフリースマホに火がつきました。ASUSは価格は”中〜安め”なのに写真や性能、操作感などが高いスマホと比べてぜんぜん遜色ない、というけっこう革命的なスマホを当時から多く出しています。

ハルオ
最新のZenFone 5も、全体的に完成度の高いスマホになっています。また、ボディの背面が金属質で独特なデザインをしています。

また、画面も6.2インチとかなりデカくて迫力があるサイズになってます。デザイン的にはこのZenFone 5がもっともiPhone X感が強い気がします。

帰ってきた名作SIMフリースマホ

ZenFone 5

端末一括

46,800円〜

画面

6.2インチ

音声SIM(110MB/日)+端末分割金

月額2,050円〜

RAM/ROM

6GB/64GB

最安値で買える格安SIM

発売時期

2018年5月

下記の記事で「ASUS ZenFone 5」について詳しく解説しています。

ZenFone 5って防水?おサイフケータイ?カメラ?どんなスマホか専門用語をなしで超わかりやすく解説!

2018.06.28

ZenFone 5をAmazonで単品購入したい場合はこちら。

iPhone Xっぽいデザインの格安スマホ③:HUAWEI nova lite 2

nova lite 2は、P20 liteとほぼ同じ性能のスマホです(若干、性能が低いため価格がさらに安い。ただ、本当に若干ししか変わらない。RAMが1GB少ないとか)。

ニノくん
えーと、P20の廉価版がP20 lite、P20 liteの廉価版がnova lite 2ってことですか?

まぎらわしい。

ハルオ
P20 liteとnova lite 2はシリーズが違うから(Pシリーズとnovaシリーズ)、正確には廉価版といった関係ではないけど、まあ、ほぼそんな感じ。

HUAWEIのスマホに共通していえることは、安かろうが高かろうが、どの機種も写真が綺麗、ということです。画像はきめ細かいし(荒くならない)、色も鮮やかに撮れます。

この、「nova lite 2」は今回紹介したSIMフリースマホの中では一番安い機種です(わりに性能は高いのでコスパはNo.1)。

こちらも、普通に使うぶんにはストレスを感じることはまず無い程度には性能がいい機種です。

ハルオ
ちなみに、私がおすすめして叔父が買った機種がこの「nova lite 2」です。

今のSIMフリー界でもっともコスパがいい機種

nova lite 2

端末一括

16,800円〜

画面

5.65インチ

音声SIM(110MB/日)+端末分割金

月額2,450円〜

RAM/ROM

3GB/32GB

最安値で買える格安SIM

発売時期

2018年2月

下記の記事で「HUAWEI nova lite 2」について詳しく解説しています。

nova lite2って防水?おサイフケータイ?カメラ?どんなスマホか専門用語を使わずにわかりやすく解説!

2018.02.13

nova lite 2をAmazonで単品購入したい場合はこちら。

まとめ

iPhone XっぽいデザインのSIMフリースマホを集めたら、今の人気どころの王道SIMフリースマホばかりになってしまいました。

ぶっちゃけ、iPhoneがその時その時のスマホのトレンドを作る、といっても過言ではないので、各メーカーがiPhoneに似せてきてる感は強いです。

「iPhone Xがほしい、でも幾ら何でも高すぎる…」という人はこれらのiPhone Xにデザインの似た格安スマホから選んでみるのはいかがでしょうか。




ABOUTこの記事をかいた人

通信・放送系およびIT系の会社で格安スマホやWiMAXなどの企画を6年ほど経験し「格安スマホって革命的」と感じた一方で「みんなまだ全然使ってない…」ことも実感し、当サイトを立ち上げました。 「格安スマホ検討中の人」の参考になったら幸いです。