「データ通信SIM」「SMS付きSIM」「音声通話SIM」とSIMの3つのサイズを解説!




そもそも「スマホはSIMを挿して使う」もの

SIMカード(略称:SIM)とは、電話番号情報などが入った小さいカードのことです。

このSIMカードをスマホに挿すと、通信(ネット)ができるようになったり、090,080,070から始まる電話番号を使った電話を使えるようになったりします。

大手携帯会社のスマホを使っている人でも、スマホの中にはしっかりSIMカードが入ってます。

ニノくん
SIMはスマホに命を吹き込むものって感じですか。


ハルオ
まさに、そうだね!

格安スマホ会社では、このSIMカードのみを契約することもできます。

その場合は、手持ちのスマホにSIMを挿して使う形になります。

ちなみに・・・

  • 手持ちのドコモのスマホをそのまま使いたい人はドコモのSIMを売ってる格安スマホ会社と契約が必要です。
  • 手持ちのauのスマホをそのまま使いたい人はauのSIMを売ってる格安スマホ会社と契約が必要です。
  • 手持ちのソフトバンクのスマホをそのまま持っている人はソフトバンクのSIMを売っている格安スマホと契約が必要です。
    ※ソフトバンクの場合、SIMロック解除が原則必要になります。

ただし、SIMロックを解除してしまえば、ドコモだろうがauだろうがソフトバンクだろうがSIMを挿して使うことができます。

ただし、ドコモのSIMは原則ドコモの周波数帯があり、auやソフトバンクにもそれぞれの周波数帯があります。その周波数帯をきちんと掴めるスマホを使う必要がありますので、初めての場合は「ドコモのスマホならドコモのSIM」といった選び方の方が無難かと思います。

SIMには3つの「サイズ」がある

実は、SIMには3つのサイズがあります。

ハルオ
ニノくん、説明できそう?
ニノくん
任してください。表にまとめました。

SIMカードサイズ表

標準SIM マイクロSIM ナノSIM
果汁グミ(ぶどう)2個分くらいの大きさ。一番デカい。
今はほとんど使われてない。
タフグミを薄〜くスライしたくらいの大きさ。
たまに使われている。
ポイフルを潰したくらいの大きさ。
一番小さい。
今はほとんどがこのサイズ。
ハルオ
なぜグミで例えた?!

わかりずらいわっっ!!

だいたい、サイズは以下の通りです。

今はナノSIMが主流です。だいたい小指の爪くらいのサイズですね。

格安スマホを契約する際はSIMのサイズに注意しよう

サイズの違いによる機能の差などはないんですが、スマホの機種によってSIMのサイズが違うんです。

ハルオ
例えば、iPhoneは4まではマイクロSIMで5以降はすべてナノSIMです。

おそらく、スマホの進化にあわせてSIMのサイズも「SIMってこんなに大きい必要なくない?」となってコンパクト化していったんだと思います。

よって、自分が使うスマホが決まってからSIMを契約する必要があります!

SIMには3つの「タイプ(機能)」もある

※上記はLINEモバイルを申し込む際にでてくる選択画面

格安スマホ会社の提供するSIMには、機能毎に3タイプのSIMがあります。

タイプ①:万能型のSIM「音声通話SIM」

「音声通話機能付きSIM」なんて言ったりもします。これはいわゆる090,080,070からはじまる一般的な携帯電話の電話機能がついたSIMで、大手携帯会社の提供するSIMとなんらかわらない機能を有しています。

ドコモ、au、ソフトバンクなんかは、基本的にはこの音声通話機能付きSIMを提供しています。

もちろん、ネット通信もできるし、電話番号宛に送るメッセージ「SMS(ショートメッセージサービス)(一昔前のショートメールとかCメール)の機能もあります。

タイプ②:電話はLINEの無料通話しかしない人向け「SMS付きSIM」

「SMS機能付きSIM」なんて言ったりもします。これは、電話番号宛に送るメッセージ「SMS(ショートメッセージサービス)」(一昔前のショートメールとかCメール)とネット通信の機能だけついたSIMになります。

つまり、090,080,070から始まる一般的な携帯電話の電話機能がないんです(その分、音声通話機能付きSIMより月額550円くらい安くなる)。

でもLINEの無料通話なら、”ネット機能を使って通話をする仕組み”なのでこのSMS機能付きSIMでも通話できます。

タイプ③:ネット通信しかしない人向け「データ通信SIM」

「データ通信機能付きSIM」「データSIM」なんて言ったりもします。これは、前述のSMS機能付きSIMからさらに、SMS(ショートメッセージ機能)も省いて、ネット通信しかできなくしたSIMになります。

090,080,070から始まる一般的な電話機能もついてません(その分、音声通話SIMより月額が700円くらい安くなる)。

ニノくん
あれ?このSIMでもLINEの無料通話は使えるんじゃないですか?



ハルオ
使えるんだけど、LINEにログインする時ってSMS認証が必要なんだ。

LINEのSMS認証とは、LINEからSMS(ショートメッセージ)が送られてきて、そのメッセージに書かれた番号を入力することでLINEにログインするやり方を指します。不正利用防止のためLINE側で行っている対策のひとつなんです。



ハルオ
ただし、Facebookを使った認証もあるからFacebookアカウントがあればデータ通信専用SIMでもLINEの無料通話機能は使えるよ。

だから、「通話はLINEの無料通話で十分 & SMS機能もいらない & Facebookもやってる」って人はデータ通信専用SIMで十分かと思います。

SIMの「サイズ」と「タイプ(機能)」のまとめ表

今までの話をまとめると下表の通りとなります。

音声通話SIM、SMS付きSIM、データ通信SIMに、それぞれに3つのサイズがある形です。

音声通話SIM
※データ通信SIM+700円くらい
標準SIM マイクロSIM ナノSIM
SMS付きSIM
※データ通信SIM+150円くらい
標準SIM マイクロSIM ナノSIM
データ通信SIM 標準SIM マイクロSIM ナノSIM

格安スマホを使う時に決めないといけない事とその順番

  1. どのSIMタイプ(機能)にするかを決める
  2. 使うスマホを決める(=そのスマホの規定のSIMサイズがあるのでSIMサイズが決まる)
  3. 大手携帯会社に電話するかネットのマイページに行くか、ショップにいって「乗り換え」 or 「解約」の旨を伝える
  4. 格安スマホに申し込む

といった流れです。かなりざっくりと言うと。

ハルオ
格安スマホ乗り換えの際には以下の記事も参考になるかと思います。

【初心者ガイド】絶対わかる!格安スマホ会社の社員が格安スマホをいちから説明。完全理解の5つのポイント

2017.11.12

ソフトバンクから格安スマホにいちばん簡単に乗り換える方法

2017.06.27

auから格安スマホへ乗り換える流れ&ハイレベルなau系格安スマホの中でも特におすすめは?

2017.06.19

ドコモから格安スマホへ乗り換える流れ&後悔しないドコモ系格安スマホ会社は?

2017.06.18