SIMフリースマホってどこで買うべき?安く購入できるのは?おすすめの購入場所を解説。




新しくスマホを買うなら絶対SIMフリースマホ!

新しくスマホを買う人には、SIMフリースマホをおすすめします。

大手携帯会社のスマホには「SIMロック」というものがかかっていて、基本的にはスマホを買ったキャリアでしか使えないようになっているのですが、「SIMフリースマホ」なら基本的に、ドコモなどの大手キャリアでも格安SIMでも、どこの通信会社でも使えます。

厳密には、周波数帯の問題もあるため、SIMフリースマホでも機種によってはauの通信が使えない場合があります。なので、不安な場合はドコモ系の格安SIMにしておけば問題なしです。

それでは、SIMフリースマホはいくつか購入できる場所があります。オススメ順で紹介していきたいと思います。

SIMフリースマホの購入場所①:格安SIM会社でSIMとセット購入(オススメ度100点)

※上図はIIJmio公式サイトより。SIMフリースマホとSIMのセット購入時のAmazonギフト券がもらえるという特典

格安SIM会社で売っているSIMフリースマホは、ほとんどの場合「SIMとセット購入」になります。なので、格安SIMに乗り換えようとしている人には最適です。

ニノくん
なぜ、格安SIM会社でSIMとセット購入するのがいいんですが?
ハルオ
格安SIM会社は、スマホ販売自体がメインの商売じゃないため、スマホの価格を安くしてる所が多いからだね

格安SIM会社で売ってるSIMフリースマホが安いわけ

格安SIM会社の一番メインの商売は、通信サービスの加入者を増やし、月額料金で売上をあげることです。よって、SIMフリースマホの販売というのは、あくまでそのメインの商売である「通信サービスへの加入」を増やすための物でしかないんです。

よく「SIMフリースマホ販売をフックにして、月額の加入者を増やす」なんて言ったりします。

ハルオ
よく通信業界では「フック」という言葉を使いますが、まあ要は「きっかけ」ということです。

格安SIM会社はSIMフリースマホ販売自体の純粋な物販で利益を出すことはさほど重視しないので、SIMフリースマホの価格は安くなりがちです。

なので、もしどこかの格安SIMに乗り換えを検討してて、「スマホも買い換えよう」と思っている場合は、格安SIM会社でセット購入した方がほぼ確実にお得です。

ハルオ
特に、以下の格安SIM会社はSIMフリースマホの価格を非常に安く設定しているので狙い目です。

SIMフリースマホの価格が安い格安SIM会社 BEST3

格安SIM会社 特徴 公式サイト
OCNモバイルONE

販売しているSIMフリースマホの機種数はさほど多くないが、価格は他の追随を許さないほど激安なことが多い。
IIJmio

SIMフリースマホの取り扱い機種数は格安SIMの中でもNo.1レベル。価格もOCNモバイルONEにつぐ安さ。
楽天モバイル

セール中のスマホの安さは異常!1,000円で型落ちの良機種が買えることもある。5000円あれば流行りの良機種が買えることも。
ハルオ
私は格安SIM会社にいたころ、自社で販売するSIMフリースマホの値付けも担当していましたが、だいたい他社がいくらで販売するかは噂で入ってきてました。私の場合は「最低限の利益は確保しつつ、最安値を狙う」スタイルでしたが、上記の3社には価格ではなかなか勝てなかったですね…

一方で、DMMモバイルのようにほぼ定価でSIMフリースマホを販売している格安SIMもあります。DMMモバイルの場合は、月額料金が業界最安値で一番安いから、その分、端末代金の値下げはしない方針の様ですが。

格安SIMでSIMフリースマホをセット購入すると特典がつく

また、格安SIM会社で端末をセット購入すると、何かしらの特典が適用されることが多いです。初期手数料(3000円)が無料になったり、Amazonギフト券が1万円近くついてきたりと、けっこう嬉しい特典なことが多いです。

ハルオ
IIJmioなんかは、ほぼ常時SIMフリースマホをセット購入した人にAmazonギフト券を2000円〜10000円分プレゼントするキャンペーンを開催してます。

格安SIM会社でSIMフリースマホを買えない場合って?

格安SIM会社ではSIMフリースマホを単品販売しているところは非常に少ないです。よって、SIMフリースマホだけ単品で欲しい人には向いてません。

例えばすでに格安SIMを利用中の人は、スマホだけ単品購入ができないので、思い切って別の格安SIMに乗り換えて、そこで端末をセット購入するのがいいでしょう。

SIMフリースマホの購入場所②:家電量販店で買う(オススメ度30点)

つづいてのSIMフリースマホの購入場所は家電量販店ですが、これはオススメ度はあまり高くありません。というのも、家電量販店の場合、SIMフリースマホはほぼ定価販売(メーカー希望小売価格)で売られるため、価格が高いのです。

SIMフリースマホというのは、だいたいメーカー希望小売価格があり、その価格が基準になります。大手家電量販店の場合はほぼその価格のまま売るスタイルとなっていますので、格安SIM会社でのセット購入と比べると、かなり価格が高くなってしまいます。

ハルオ
機種にもよりますが、HUAWEIの場合は格安SIM会社でセット購入する場合と、家電量販店で買う場合では1万円前後差がつくことも普通にあります。

家電量販店でSIMフリースマホを買うことの唯一のメリット

家電量販店でSIMフリースマホを買うことの唯一のメリットは、SIMフリースマホを単品購入できることでしょう。それが格安SIM会社でSIMフリースマホを買う場合との一番の違いです。

ハルオ
ちなみに、家電量販店で端末を買う場合は、店頭とWEB通販では価格差がない場合がほとんどです。

なんとなく店頭で買った方が安い気がしますが、今は例えば「ヨドバシカメラの店頭」と、ヨドバシの通販サイト「ヨドバシ.com」では価格差がないのが当たり前になってます。

SIMフリースマホの購入場所③:Amazonで買う(オススメ度20点)

AmazonでSIMフリースマホを買うのも、オススメ度は低いです。というのも、価格が家電量販店と同じで高いからです。また、正規販売店がAmazonに出店していないメーカーもあるので、その場合は購入するお店がメーカーの非公式ショップとなるので、注意が必要です。

Amazonの場合、SIMフリースマホを売っているお店には、以下の3パターンあります。

販売店 内容
メーカーの正規販売店 メーカー直営、またはメーカーから公式販売店として認可されているショップなので安心度は100点。ただし、価格はほぼ定価で高い。
端末販売店 端末販売を商売にしているショップがAmazonに出店しているケース。価格は定価よりちょっと安いことが多い。メーカー非公式ではあるが真面目なお店がほとんど。けど稀に詐欺っぽいのもあるので注意が必要
格安SIM会社のAmazon出店 格安SIM会社が出品しており、SIMと端末をセットで販売している。端末の価格は格安SIM会社のWEB申し込みとほぼ同じ。Amazon経由だと初期手数料が無料になる場合がある。

格安SIM会社がAmazonに出店しているケースもありますが、一度パッケージが自宅に届いた後に、格安SIM会社の公式サイトにいって申し込みを行うという流れのため、Amazonを経由せず初めから公式サイトにいって申し込みをしてしまった方が手間が一度で済みます。ただ、Amazon経由だと初期手数料が無料になるキャンペーンをしている時もあるので、そこだけ見極めて申し込みましょう。

SIMフリースマホの購入場所③:メルカリ・ヤフオクで買う(オススメ度10点)

メルカリ、ヤフオクといった個人間で取引できるところでも、中古や新品のSIMフリースマホが売っている場合があります。その場合、金額はそれなりに安いことが多いです。しかし、「SIMロック」がかかった端末も売られているので、SIMフリー端末と間違えないように注意しましょう。

安全度は高くない

メルカリ・ヤフオクなどの個人間での取引でSIMフリー端末を購入する場合は、「商品が送られてこない」などの不正取引にあってしまう可能性も0ではないので、安全度は高くはないです。

まとめ

SIMフリースマホを買う場合は、格安SIM会社でSIMとセット購入するのが一番良いです。今の格安SIMはほぼどこでも24回分割払いにも対応しているので、一括払いできない場合でも対応できます。

ちなみに、iPhoneのSIMフリー版を買う場合は、以下の記事でまとめています。

【どこで買う?】SIMフリー版「iPhone XS」「iPhone XS MAX」「iPhone XR」の購入場所をおすすめ順で紹介。

2018.09.22




ABOUTこの記事をかいた人

通信・放送系およびIT系の会社で格安スマホやWiMAXなどの企画を6年ほど経験し「格安スマホって革命的」と感じた一方で「みんなまだ全然使ってない…」ことも実感し、当サイトを立ち上げました。 「格安スマホ検討中の人」の参考になったら幸いです。