フランス発のSIMフリースマホ6選。カラバリ豊富でシャレオツ度高し!コスパ機多数。




フランス発のSIMフリースマホが”静かなブーム”

「静かなブーム」というなんとも日本的な表現を使ってしまいましたが、中国メーカーがぶいぶいいわせている現在のSIMフリースマホ市場。

「ちょっと人と違うSIMフリースマホがほしい」

と思っている人も多いのではないでしょうか。そんな方にオススメしたいのヨーロッパもフランス発のSIMフリースマホです。

フランスと言えば「美食の国」と「芸術の国」とあわせて「おしゃれの国」でしょう!パリコレが開催されるところですからね(浅い知識)。

ハルオ
そんなフランス発のSIMフリースマホは当然おしゃれなデザイン・カラーバリエーションの機種が多いです。
ニノくん
正直、SIMフリースマホってどこも似たようなデザイン・色で新鮮味なかったですけど、今回は期待できそうですね。

それでは言ってみましょう、フランス発のSIMフリースマホ6選!

エントリNo.1:フランス発で話題になった「Wiko(ウィコ)」の「Tommy」

まず一発目は、2011年フランスマルセイユに産声をあげたメーカー「Wiko(ウィコ)」の「Tommy(トミー)」という機種です。これは少々前の機種なので格安SIM会社でセット端末として扱っているところがもう無いですが、当時「フランス発キター!」と話題になったのでエントリーです。

この機種はキャンペーンガールが綺麗であったことでも有名です(一部の間で)。冗談はさておき、この機種の魅力はなんといってもその価格。なんと15,000円前後で購入可能です。

ただし、1年以上前の機種なのでスペックは低めです。なので、今買うなら次に紹介する「VIEW」がおすすめです。

エントリNo.2:Tommyのスペックが進化した「Wiko(ウィコ)」の「VIEW」

これまたいい感じのカラーバリエーションになっています。シックな色合いがシャレオツ度高い。ボディはプラスチックなので、メタルボディ独特の高級感はないですが、マットな材質に仕上げているため、安っぽくはないです。

この「VIEW」は2017年12月発売の比較的新しい機種です。価格が2万円代の割に、性能は「中の中」と健闘しております(2万円代は”中の下”くらいが多い)。

ハルオ
ゲームをがっつりやったりする人には向いてません。

動画、ネット検索、SNS、LINE、マップくらいの用途なら全く問題なく使えます。

その名の通り、額縁がかなり細く大迫力の「眺め」が実現されたスマホになっています。

ハルオ
はやりのiPhone X系のデザインです。

格安SIMで販売しているところがほぼ無いので、購入する場合はAmazonで買いましょう。基本的に家電量販店でもほぼ同価格で売っています。

ハルオ
ただし、もし「VIEW」が気になった人がいたらちょっと待ってください!

というのも、次に紹介する同じくWikoの作った「g08」の方が性能が高いのに安い、見た目はまんまVIEWという機種になっています。

■Wiko「VIEW」スペック詳細

メーカー Wiko
ディスプレー 約5.7型
画面解像度 720×1440ドット
サイズ
約73.1×151.5×8.7mm
重量 約160g
CPU
Snapdragon 425
1.4GHz(クアッドコア)
内蔵メモリー 3GB
内蔵ストレージ 32GB
外部ストレージ
microSDXC(最大128GB)
OS Android 7.1
無線LAN IEEE802.11b/g/n
カメラ画素数
リア:約1300万画素
/イン:約1600万画素
バッテリー容量 2900mAh
ネットワーク
【LTE】バンド1/3/5/7/8/18/19/26/28/38/41
【3G】バンド1/2/5/6/8
4バンドGSM
ブラック、ゴールド、ディープ・グリーン、チェリー・レッド

エントリーNo.3:WikoのVIEWの性能高い版「g08」

OCNモバイルONEの独自ブランド「gooスマホ」の機種「g08」です。これはWikoが作っているスマホで、まあ見た目はほぼ「VIEW」です。

ただ違うのは性能。「g08」は性能がかなり高めになっています。にも関わらず、価格は一括払いだと9800円破壊的に安い。

ただし、セール価格なので購入を検討している人はお早めに(と言っても、高頻度でいつも何かしらのセールをやってる)。

ハルオ
いや、ここんとこのOCNモバイルONE、真面目に端末価格が安すぎるだろ。

と思わず突っ込まずにはいられません。

僕が格安スマホ会社で働いてた時にセット販売するスマホの金額をいくらにするかでよく悩んでいましたが、他社がOCNモバイルONEより安くするのはほぼ無理ですね。特に最近のOCNモバイルは安すぎます。

g08の詳細は以下の通り。

5点
満点
メーカー gooスマホ
定価  1万6,800円
最安値 OCNモバイルONE
1万6,800円
特徴 スペック、カメラ、バッテリーと4〜5万円台クラスのスマホと遜色のないハイレベルぶり。前機種のg07と同様指紋認証がタッチしやすい背面についているのはナイスです。

また、g07より価格が安いのにカメラ性能が上っている点は企業努力が伺えます。

 これほどサクサクの処理能力と高画質カメラが搭載されてて1万円台は圧倒的 なため、堂々の第1位です。

ただし、OCNモバイルONEでのセット購入限定なので、この機種がいい人は自動的SIMもOCNモバイルONEのものになります(最近のOCNモバイルONEは、通信速度が改善されているので、おすすめですが)。

ちなみに、AmazonでもOCNモバイルONEのSIMとセット購入ができます。Amazonの場合、データSIMのみで音声通話SIMが買えないので、090・080の電話番号を使う人はOCNモバイルONE公式サイトで注文しましょう。

■スペック早見表

ストレージ(ROM) メモリ(RAM) CPU 指紋認証
64GB 4GB MSM8937/
Qualcomm
Snapdragon430
オクタコア
1.4GHz × 4,1.1GHz × 4
あり
アウトカメラ インカメラ dディスプレイ バッテリー
1600万画素 200万+800万画素(Wレンズ) 5.7インチ 3000mAh

エントリNo.4:元フランスメーカー「アルカテル」の「Alcatel SHINE LITE」

アルカテルは元々フランスの超老舗メーカー。今は中国のTCLになってしまいましたが、世界的に人気のメーカーでい続けています。日本ではさほど知名度は高くないんですけどね。

メタルボディとガラス画面が境目なくつるんとした質感になっているので、持ちやすいし購入感がある機種です。

性能も価格の割にいいです。1万6800円にもかかわらず指紋認証がついていて起動がラクですし。

普段使いではまったく困らないレベルです。「Alcatel SHINE LITE」は今だと「イオンモバイル」でセット購入できます。

イオンモバイルを徹底的に解説。向いてる人や通信速度、メリット・デメリットについて

2018.08.01
5点
満点
メーカー Alcatel(アルカテル)
定価  1万4,800円
特徴 9千円台にもかかわらず、指紋認証がついてて、スムーズなロック解除が可能です。
また、 画面の任意の場所に触れるだけで撮影できるEASY SHOT撮影は、自撮り時にかなり便利。
 
しかも、 それぞれの指にお好みのアプリを割り当てることで、 スタンバイ状態からアプリを直接起動することが可能になっています。
1万円を切った価格でこのスペックということで第3位とします。

■スペック早見表

ストレージ(ROM) メモリ(RAM) CPU 指紋認証
16GB 2GB MediaTek MT6737 あり
アウトカメラ インカメラ SDカード バッテリー
1300万画素 500万画素 2460mAh

エントリNo.5:元フランスメーカー「アルカテル」の「PIXI 4」

それなりにちゃんと使えるレベルで超安い機種が欲しい。そんな人にはアルカテルの「PIXI 4」がオススメです。

「PIXI 4」は「イオンモバイル」でセット購入できます。

イオンモバイルを徹底的に解説。向いてる人や通信速度、メリット・デメリットについて

2018.08.01

そのアルカテルでオススメしたいのは「PIXI 4」です。はっきり言ってスペックはかなり低いですし、カメラも500万画素と荒いですが、価格が1万円と安いです。

いくらスペックが低いと言っても、SNS、ネット検索、YouTube鑑賞、メール、LINE、インスタグラムなどはふつうに出来ますのでご安心を。

それでも一個前に紹介した「Alcatel SHINE LITE」や2個前に紹介した「g08」の方が性能が圧倒的に上なんで、そちらが良いと思いますが、「OCNモバイルONEじゃなくてイオンモバイルが良い」、「マニアックな使い方しないからとにかく安い方がいい」「激安のスマホ入門機がほしい」という人にはいいでしょう。

サイズ
約72.5(W)×9.5(D)×140.7(H)mm
カラー
ダークグレー/メタルシルバー
プラットフォーム
Android™ 6.0 Marshmallow
プロセッサー/動作周波数
MTK6735M Quad Core 1.0 GHz
画面サイズ
5インチFWVGA 854×480
メインメモリ/RAM
1GB
ストレージ/ROM 8GB
カメラ
アウトカメラ:500万画素/インカメラ:200万画素
バッテリー容量 2,000mAh
質量 約169g
SIMサイズ マイクロSIM
外部メモリ
マイクロSD(最大32GB)
主な付属品
5V1A充電器/マイクロUSBケーブル/ヘッドセット/クイックガイド/Battery(2000mAh)/製品情報リーフレット/保護フィルム/Flip cover

エントリNo.6:「アルカテル」のVRグラス付きスマホ「IDOL 4」

なんとスマホ本体に加え、VRゴーグルがついているSIMフリースマホ。変化球ですがスマホの性能もなかなかです。VR専用機として買うのもいいかもしれません。[/voice]

5点
満点
メーカー Alcatel(アルカテル)
平均
価格
 1万9,800円
最安値 IIJmio
1万9,800円
特徴 かなり立派なVRゴーグルがついてて、1万円台は安い方な気がします。スマホとしての性能は1万円代では低すぎず、高くもないです。なので、 この機種の主役はVRゴーグルです。 個人的には欲しいスマホですね。

■スペック早見表

ストレージ(ROM) メモリ(RAM) CPU 指紋認証
16GB 3GB Qualcomm MSM 8952 なし
アウトカメラ インカメラ SDカード バッテリー
1300万画素 500万画素 2610mAh




ABOUTこの記事をかいた人

通信・放送系およびIT系の会社で格安スマホやWiMAXなどの企画を6年ほど経験し「格安スマホって革命的」と感じた一方で「みんなまだ全然使ってない…」ことも実感し、当サイトを立ち上げました。 「格安スマホ検討中の人」の参考になったら幸いです。