【第2弾】1万円台で買えるSIMフリースマホ6選!値下げ機種で狙い目がいっぱい!




1万円台で買えるSIMフリースマホ6選!!

「どこの格安SIMでも使うことができるスマホ」、それがSIMフリースマホです。

「SIMフリースマホとはなんなのか?」は以下の記事も参考にしてみてください。

その中でも今回は 1万円代でもしっかり使えて損をしないSIMフリースマホを紹介したいと思います。 

ハルオ
今回は「1万円SIMフリースマホ」の第2弾になります。お時間あれば第1弾の記事も参考にしてみてください。

1万円台で買えるSIMフリースマホ8選!!最安値で買える格安スマホはどこ?!

2018.01.14

なお、そのSIMフリースマホをSIMとセットで最安値で買える格安スマホ会社も併せて紹介します。ちなみに、ほとんどのSIMフリースマホもAmazonで単品購入もできます。

ニノくん
キター!1万円代スマホ特集!

前回も1万円代でもかなりしっかりしたスマホ多かったすから楽しみっすね。

ハルオ
今は1万円代でも良い機種がたくさんあるからね。今回も要チェックです。

それでは、1万円代で買えるSIMフリースマホ8選いってみましょう!

1位:g08

ハルオ
一口メモ>
きました。OCNモバイルONE限定のgシリーズです。めちゃくちゃ安いのに、性能は4万円〜5万円モデル並。カメラもかハイスペックだし、画面は額縁が細くデカイです。

DSDSという、SIMが2枚挿せて同時に使える便利機能を1万円代で有している驚きの機種です。また、 ROM・ RAMが1万台のスマホでは考えられないくらい大容量なので、スマホにたくさんの写真や曲、アプリを貯めこめ、かつ操作はさっくさくです。

g08はOCNモバイルONEの肝いり機種なので、話題性重視で安くしていると思われます。

5点
満点
★(コスパ最強レベル)
メーカー gooスマホ
定価  1万6,800円
最安値 OCNモバイルONE
1万6,800円
特徴 スペック、カメラ、バッテリーと4〜5万円台クラスのスマホと遜色のないハイレベルぶり。前機種のg07と同様指紋認証がタッチしやすい背面についているのはナイスです。

また、g07より価格が安いのにカメラ性能が上っている点は企業努力が伺えます。

 これほどサクサクの処理能力と高画質カメラが搭載されてて1万円台は圧倒的 なため、堂々の第1位です。

ただし、OCNモバイルONEでのセット購入限定なので、この機種がいい人は自動的SIMもOCNモバイルONEのものになります(最近のOCNモバイルONEは、通信速度が改善されているので、おすすめですが)。

ちなみに、AmazonでもOCNモバイルONEのSIMとセット購入ができます。Amazonの場合、データSIMのみで音声通話SIMが買えないので、090・080の電話番号を使う人はOCNモバイルONE公式サイトで注文しましょう。

■スペック早見表

ストレージ(ROM) メモリ(RAM) CPU 指紋認証
64GB 4GB MSM8937/
Qualcomm
Snapdragon430

オクタコア
1.4GHz × 4,1.1GHz × 4
あり
アウトカメラ インカメラ dディスプレイ バッテリー
1600万画素 200万+800万画素(Wレンズ) 5.7インチ 3000mAh

2位:nova lite 2

ハルオ
一口メモ>
この機種は、2017年に一番売れたと言われる「nova lite」(のばらいと)の後継機種「nova lite 2」です。

性能も高いのですが、なにより写真が綺麗に撮れます。HUAWEIの機種はどの機種も本当に写真が綺麗です。こちらも3〜4万円くらいのスマホと同レベルの性能。

余談ですが私が2017年に格安スマホ会社にいた頃、“nova liteがバカ売れしている“と業界で噂になってました

5点
満点
★(コスパ最強レベル)
メーカー HUAWEI(ファーウェイ)
定価  1万6,800円
最安値 OCNモバイルONE
1万6,800円
特徴 HUAWEIのnova(ノバ)シリーズ。nova lite 2は2018年2月に販売開始された新しい機種です。

 コスパは現在のSIMフリースマホ界でも最強レベル。 

前機種nova liteとくらべストレージ(ROM)が倍量の32GBになっていて、写真・曲などをたくさん保存できますし、操作性も高いです。

また、カメラ画素数もアップし、より鮮明で鮮やか写真が撮影できます。nova lite 2のメーカーであるHUAWEI(ファーウェイ)は自撮りを綺麗にとれるようなモード(エフェクト)をスマホに内臓してくれているので、SNSユーザーにもおすすめです。

性能だけなら、前述のg08に少し負けますが、nova lite 2はg08と違いほぼ全ての格安スマホ会社で取り扱いしている超王道である点が強みです。

■スペック早見表

ストレージ(ROM) メモリ(RAM) CPU 指紋認証
32GB 3GB HUAWEI Kirin 659 オクタコアCPU
4 × 2.36GHz + 4 × 1.7GH
あり
アウトカメラ インカメラ dディスプレイ バッテリー
1300万+200万画素(Wレンズ) 800万画素 5.65インチ 3000mAh

nova lite 2が買えるおすすめの格安スマホ

nova lite 2も王道SIMフリースマホなので、ほとんどの格安スマホで売っています。なのでnova lite 2の買えるおすすめの格安スマホは、P10 liteと同様にIIJmio・楽天モバイル・OCNモバイルONEあたりです。

私は、初めて格安スマホを買う人には「P10 lite」か「nova lite 2」を2トップで推しています。格安スマホデビューには最適です。OCNモバイルONEだと一括のみですが8800円で買えます。その次はIIJmio、楽天モバイルが安いです。

IIJmio

 当サイトNo.1おすすめ格安スマホ。 通信速度・安定感・サポート・価格すべてハイレベル。業界の優等生。格安スマホの値段も非常に安い。

楽天モバイル

格安スマホ市場で猛烈な勢いでシェアを伸ばしている格安スマホ。 楽天スーパーポイントが毎月1%、楽天カードを持っていれば2%貯まる。楽天市場ユーザーは絶対これ。 3年利用を約束すると2万円引きでスマホが買える。  

OCNモバイルONE

格安スマホの老舗で、業界No.1の巨人。品質・価格・プランなどバランスがよく”オールマイティー”な格安スマホ。 最近は、セット購入できるSIMフリースマホが増えて、価格もめちゃくちゃ安く売っている。 

3位:ZenFone 4 MAX

 

ハルオ
一口メモ>
バッテリーが超長持ちする、タフスマホです。3〜4日は充電なしでいけるため、外出の多い人にはぴったりです。また、このスマホ自体がモバイルバッテリーにもなれます(他の機器に繋いで充電もできる)。

もちろん、写真も綺麗にとれます。広角レンズを使った通常の2倍のワイド撮影ができる点もウリ。全体的にアクティブな人に向いています。

5点
満点
メーカー ASUS
定価  1万9,800円
最安値 OCNモバイルONE
15,800円
特徴 もともとは25,000円前後の機種が値下げされ1万円代になりました。


自身が充電器になれるという、異常なバッテリーのタフさを有しています。

通常の2倍のワイド撮影ができる広角レンズもついており、壮大な景色を撮るのにも向いています(山登りとか)。

もちろん、基本的に性能(スペック)もnova lite 2やg08並みに素晴らしく、正直2位や1位でもいい気がしますが、2万円に近いギリギリ1万円台なので第3位とします。

■スペック早見表

ストレージ(ROM) メモリ(RAM) CPU 指紋認証
32GB 3GB Qualcomm® Snapdragon430
オクタコアCPU
あり
アウトカメラ インカメラ ディスプレイ バッテリー
1300万+500万画素(Wレンズ) 00万画素(広角カメラ付き) 5.2インチ 4100mAh
ハルオ
ちなみに、楽天モバイルでは初夏セールの期間中(~6月11日まで)は9,800円でZenFone 4 MAXを販売しています(通常販売の最安値はOCNモバイルONEになります)。

4位:moto g5s

ハルオ
一口メモ>

motoというスマホは、モトローラという米国の電子・通信機器メーカーのスマホです。この「moto g5s」はほとんどの格安スマホ会社では25,000円近くで売っていますが、OCNモバイルONEと楽天モバイルだけは1万円代で販売しています。

性能・カメラともにZenFone 4 MAXとほぼ同等(バッテリー部分はZenFone 4 MAXに軍配)で、1万円代とは思えない高性能スマホです。

5点
満点
メーカー モトローラー
平均
価格
2万4,800円
最安値 OCNモバイルONE
1万6,000円
OCNモバイルONE公式へ
特徴 デザインは高級感のあるメタルボディになっています。

カメラも、1位のg08とほぼ同等レベルで、十分な画素数(1600万画素)を誇ります。1万円台でも全然綺麗にとれるので安心です。一昔前の1万円台スマホは800万画素とかしかなかったので、ここ1年2年でずいぶん進化しました。

また、このmoto g5sも SIMを2枚同時待ち受けにできる「DSDS対応」です。1万円代でDSDS対応は希少です。 

■スペック早見表

ストレージ(ROM) メモリ(RAM) CPU 指紋認証
32GB 3GB Qualcomm Snapdragon 430
オクタコアCPU、Adreno 505, 450MHz GPU
なし
アウトカメラ インカメラ ディスプレイ バッテリー
1600万画素 500万画素 5.2インチ 3000mAh

私は、初めて格安スマホを買う人には「P10 lite」か「nova lite 2」を2トップで推しています。格安スマホデビューには最適です。OCNモバイルONEだと一括のみですが8800円で買えます。その次はIIJmio、楽天モバイルが安いです。

IIJmio

 当サイトNo.1おすすめ格安スマホ。 通信速度・安定感・サポート・価格すべてハイレベル。業界の優等生。格安スマホの値段も非常に安い。

楽天モバイル

格安スマホ市場で猛烈な勢いでシェアを伸ばしている格安スマホ。 楽天スーパーポイントが毎月1%、楽天カードを持っていれば2%貯まる。楽天市場ユーザーは絶対これ。 3年利用を約束すると2万円引きでスマホが買える。  

5位:AQUOS sense lite SH-M05

 

ハルオ
一口メモ>
SHARPのAQUOSフォンシリーズです。CPUやROM・RAMなどのスペックは先ほどのmoto g5sと同等レベル。十分使える機種です。

 通常26,000円ほどで売られている機種ですが、楽天モバイルでは初夏の大セールで12,800円で販売しています。 

小さめ本体で持ちやすくおサイフケータイ・防水と日本製ならではの多機能スマホです。

5点
満点
メーカー SHARP
市場
価格
3万4,430円  
最安値 OCNモバイルONE
2万1,800円
特徴  防水・防塵・おサイフケータイ付きで、CPU・RAM・ROMなどのスペックも”中の中”。それで2万円台はなかなかの良機種です。 

インカメラのフラッシュとして、画面そのものが発行するという細かな気配り機能もあり、

先に紹介した「AQUOS R compact SH-M06」(5万円台)が高くて躊躇している人は、こちらの「AQUOS sense lite」が良いでしょう。

■スペック早見表

ストレージ(ROM) メモリ(RAM) CPU 指紋認証
32GB 3GB Qualcomm
Snapdragon 430
あり
アウトカメラ インカメラ 画面サイズ バッテリー
1310万画素 500万画素 5インチ 2700mAh

AQUOS sense lite SH-M05が買えるオススメの格安スマホ

AQUOS sense lite SH-M05は、日本製のおすすめSIMフリースマホです。日本製のSIMフリースマホは「富士通」と「SHARP」が有名ですが、SHARPの方が一つレベルが高いです。なので、「日本製が絶対にいい!」という人はSHARPがおすすめです。

ハルオ
他にもおすすめの日本製SIMフリースマホがあります。以下の記事で紹介しているので参考にしてみてください。

日本メーカーのSIMフリースマホ3選!海外製にも負けてない機種はあるぞ!

2018.03.01

AQUOS sense lite SH-M05が買えるオススメの格安スマホは、以下の3つです。LINEモバイルは、SIMフリースマホの本体価格は安くない(高くもない)のですが、アフターサポートがLINEで手軽にできたりするので、初めての格安スマホにおすすめです。

IIJmio

 当サイトNo.1おすすめ格安スマホ。 通信速度・安定感・サポート・価格すべてハイレベル。業界の優等生。格安スマホの値段も非常に安い。

楽天モバイル

格安スマホ市場で猛烈な勢いでシェアを伸ばしている格安スマホ。 楽天スーパーポイントが毎月1%、楽天カードを持っていれば2%貯まる。楽天市場ユーザーは絶対これ。 3年利用を約束すると2万円引きでスマホが買える。  

LINEモバイル

 LINEモバイルは twitter、Facebook、インスタグラムなどが通信がカウントされない(使い放題)プランがウリ 。また、問い合わせがLINEでできたり、サポートも非常に手厚く、初めての格安スマホに最適。  

6位:ZenFone 4 Selfie

ハルオ
一口メモ>
自撮り特化型のスマホ
なので「Selfie(セルフィー・自撮り)」という名前がついてますが、実は性能も地味に高い!!

特にメモリが他機種が3GBなのに対して4GBなので動作はいっぱいアプリを使ってもサクサク感が強い。もちろん、自撮りに使うインカメラが2つもついてて、アウトカメラとともに画素数も圧倒的なため、多彩な撮影が可能です。

重さ144g、厚さ7.7mmで、軽くて薄くて持ちやすいのも強み。

5点
満点
★★
メーカー ASUS(エースース)
市場
価格
2万6,000円 Amazon単品販売なし
最安値 OCNモバイルONE
1万8,500円
特徴 selfie(自撮り)と名がつく通り、カメラが良いスマホですが、CPUがsnapdragon 430、メモリ4GB、ストレージ64GB、バッテリー3000mAhと性能も他機種に全然ヒケをとりません。

ストレージが64GBもあるのは、やはり写真をたくさん撮って保存することを念頭に作られた機種だからでしょう。

主なメリットは 綺麗な写真が撮れる(特に自撮り)、メモリが4GBでサクサク動く、本体が7.8mm&144gと軽くて薄い といったところ。

■スペック早見表

ストレージ(ROM) メモリ(RAM) CPU 指紋認証
64GB 4GB Snapdragon 430 オクタコア あり
アウトカメラ インカメラ SDカード バッテリー
1600万画素 2000万画素 3000mAh

ZenFone 4 Selfieが買えるおすすめの格安スマホ

ZenFone 4 Selfieが買えるおすすめの格安スマホには、DMMモバイルが加わっています。

DMMモバイルのZenFone 4 Selfieは、IIJmioや楽天モバイルなどに加えるとやや高いですが(それでも家電量販店などよりは安い)、それでもDMMモバイルは月額料金が格安スマホ界の中でも一番安いです。なので、2〜3年くらいは使うつもりなら月額料金の安さでスマホ本体価格の差額は帳消しできます。

ハルオ
ちなみに、DMMモバイルでは月額の10%ものポイントを毎月もらえます。

楽天モバイルは1%などでDMMモバイルのポイント還元率が非常に高いことがわかります。

IIJmio

 当サイトNo.1おすすめ格安スマホ。 通信速度・安定感・サポート・価格すべてハイレベル。業界の優等生。格安スマホの値段も非常に安い。

楽天モバイル

格安スマホ市場で猛烈な勢いでシェアを伸ばしている格安スマホ。 楽天スーパーポイントが毎月1%、楽天カードを持っていれば2%貯まる。楽天市場ユーザーは絶対これ。 3年利用を約束すると2万円引きでスマホが買える。  

DMMモバイル

  月額が格安SIM・格安スマホ業界で一番安い「最安値キャラ」。 また、月額の10%のDMMポイントが貯まるのも嬉しいところ。1契約でSIMが3枚使えるシェアコースがある。  




ABOUTこの記事をかいた人

通信・放送系およびIT系の会社で格安スマホやWiMAXなどの企画を6年ほど経験し「格安スマホって革命的」と感じた一方で「みんなまだ全然使ってない…」ことも実感し、当サイトを立ち上げました。 「格安スマホ検討中の人」の参考になったら幸いです。