イオンモバイルでHUAWEI「P30」「P30 lite」販売開始。他社との価格比較。




 

イオンモバイルでP30 lite・P30の販売開始

 

 

発売延期の空気を破る

イオン系列の格安SIM「イオンモバイル」で、いまお騒がせのHUAWEIの「P30 lite」「P30」の販売が始まりました。

「P30 lite」「P30」は非常に人気の高かったHUAWEI Pシリーズの最新機種で、大ヒットの予想でしたがアメリカの禁輸措置などの影響で、大手携帯会社や格安SIM各社で販売延期が続いている状況でした。

ハルオ
販売延期が当たり前…という流れを打破して、イオンモバイルは販売を始めたわけです。

現状、SIMとセットで買える数少ない格安SIM

「P30」「P30 lite」はAmazonのHUAWEI公式ショップでも買えず、買いづらい状況でした。イオンモバイルは現状、大手では数少ない「P30 lite」「P30」がSIMとセット購入できる格安SIMです。

HUAWEI P30 lite・P30とは?

P30 lite

HUAWEIの人気機種「Pシリーズ」の廉価版(性能をやや抑えて価格を安くしたモデル)。
初心者〜中級者、ゲームをさほどしないなら上級者でも十分満足できる機種。カメラ性能に特に定評がある。

P30

HUAWEIの「Pシリーズ」のスタンダード機(P30 liteの上位機種)。スペックは高く、ゲームなどの重たいアプリでも操作性はサクサク。
Leica(ライカ)と共同開発したカメラがウリで評判も良い。SIMフリースマホの中でも写真の綺麗さはトップクラス。

イオンモバイルの販売価格

「P30 lite」「P30」は多くの格安SIMで販売延期になったものの価格を告知していた所も多かったので、販売を開始ししたイオンモバイルの金額と比較してみました。

P30 liteの価格比較

イオンモバイルはもともと端末を定価に近い価格で販売するので、最安レベルで買える格安SIMではありません。P30 liteもほぼ定価の32,800円。

OCNモバイルONEは半額以下ですが、OCNモバイルONEは戦略的に端末を超安く売るポリシー(その分、通信サービスの月額料金は相場より少し高め)の格安SIMなので、あまり気にしないでいいでしょう(そもそも販売延期中だし)。

HUAWEI P30 lite
が買える格安SIM
OCNモバイルONE 楽天モバイル
 icon-yen  14,800
販売延期
 icon-yen 不明
販売延期
IIJmio BIGLOBEモバイル
 icon-yen 29,800
販売延期
 icon-yen 不明
LINEモバイル AEONモバイル
  不明
販売延期
 icon-yen 32,800
販売中
DMMモバイル NifMo
 icon-yen 32,880
販売延期
 icon-yen 31,112
販売中
Y!mobile UQモバイル
 icon-yen 36,000
販売延期
 icon-yen 29,300
販売延期
エキサイトモバイル
 
 icon-yen 29,800
販売中
 
 

※表示は税抜

ハルオ
各社キャンペーンをやっているので、詳しくは公式サイトをチェックしましょう。

P30の価格比較

P30もイオンモバイルでは同様にほぼ定価で販売しています。

HUAWEI P30
が買える格安SIM
OCNモバイルONE 楽天モバイル
   49,800
販売延期
  価格不明
販売延期
IIJmio BIGLOBEモバイル
  69,800
販売延期
  不明
LINEモバイル AEONモバイル
  不明
販売延期
  77,800
販売中
DMMモバイル NifMo
  77,880
販売延期
  73,334
販売中
Y!mobile UQモバイル
  取扱いなし
販売延期
  取扱いなし
販売延期
エキサイトモバイル
 
  72,500
販売中
 
 

※表示は税抜

イオンモバイルってどんな格安SIM?

 

 

ご存知ショッピング施設の「AEON」グループの格安SIMが「イオンモバイル」です。通信品質に定評があるIIJから設備を借りているので、品質は非常に安定しています。またAEONらしく、月額料金は最安値レベルです。

ニノくん
イオンモバイルの特徴は何と言っても、AEONモール(店頭)に窓口がある点ですよね。

係の人に聞きながら申し込みたい人には最適ですね。

ハルオ
そうだね。

あとは1契約でSIMを5枚まで使えるのも大きなメリット。大手携帯会社みたいに家族でデータ容量をシェアして使うことができる。

イオンモバイルのメリット

全国200店舗以上のAEON店頭で人に聞きながら申し込める

 月額プラン数が多く選択肢が広い

 月額プランの価格が最安値レベルで安い

 セット購入できるスマホの機種が多い

 最大50GBの大容量プランがある

1契約で最大5枚のSIMが使えるので家族で大容量をシェアできる

イオンモバイルのデメリット

セット購入できるスマホの価格がほぼ定価(他社が安いので高めに感じる)

 WEBページからMNP(電話番号引き継ぎ)で申し込みをすると、手元のスマホが1日〜3日ほど使えない(不通期間あり)。他社はWEB申し込みでも発生しない。

 WEB申し込みの場合560円〜760円の送料がかかる(後述)

 店頭サポートはあくまで申し込み時のみ。利用後は電話がメイン。

イオンモバイルが向いてる人

イオンモバイル向き

  • イオンモールが近くにある人
  • 直接人に聞きながら申し込みたい人
  • 家族で20GB以上の大容量をシェアしたい人

ABOUTこの記事をかいた人

通信・放送系およびIT系の会社で格安スマホやWiMAXなどの企画を6年ほど経験し「格安スマホって革命的」と感じた一方で「みんなまだ全然使ってない…」ことも実感し、当サイトを立ち上げました。 「格安スマホ検討中の人」の参考になったら幸いです。