LINEモバイルでau回線取扱い開始。特徴と注意点まとめ。




LINEモバイルでau回線

LINEモバイルでau回線の取扱いがスタートしました。これでLINEモバイルはドコモ/ソフトバンク/au3回線すべて取り扱っていることになります。

au回線取扱いってどういうこと?

そもそも、LINEモバイルが「au回線を取扱いスタート」とはどういう事かを解説します。

格安SIMは大手携帯会社から設備を借りて、それをまるで自社サービスとして提供します。

イメージ的にはドコモから通信サービスを卸してもらい、看板は「LINEモバイル」につけ替えて提供してる、って感じです。

今までLINEモバイルは、ドコモ・ソフトバンクから通信サービスを卸してもらってましたが、今回ついにauからも卸してもらうことになり、3社全てから回線を卸してもらっている数少ない格安SIMになりました。

現在、3社すべてから回線を卸してもらってるの格安SIMは、有名どころでは「mineo」くらいです。

3キャリア対応の格安SIMは何が良い?

大手携帯会社のスマホには、スマホが自社の電波しか掴まないようにする細工=SIMロックが掛かっています。

そのため、原則としてはドコモのスマホはドコモ以外の通信会社では使えません。

SIMロックとは?
ドコモ・au・SoftBankが自分たちの所のスマホは自分たちの通信しか使えない様にしてる制限が「SIMロック」です。
例えばドコモのスマホはドコモのSIMロックが掛かっていてドコモの通信しか使えないようになってます。

しかし、ドコモから卸してもらった回線を使う格安SIMでは、ドコモのSIMロックが掛かったスマホでもそのまま使うことができます。

これは、auやソフトバンクに置き換えても同じことが言えます(例外はありますが)。ドコモ・au・ソフトバンクの3社から回線を卸してもらうと、ほとんどの人が手持ちのスマホで「LINEモバイル」を使えるようになる=LINEモバイルは乗り換えやすい格安SIMになる、という事です。

ニノくん
なぜ他の格安SIMは、ドコモ回線だけだったり、ドコモ&au回線だけだったりするんですか?
ハルオ
回線の種類を増やすのはとても大変なんだ。システム開発などで費用がとても掛かるし。資本が潤沢な会社じゃないとなかなか出来ないんだよ。

私のいた格安SIM会社は私がいた頃はドコモ回線だけでした。その後「au回線を追加しよう」という話がでましたが、私がいた頃はいろいろあって実現できませんでした。

LINEモバイルのauプランの特徴・注意点

3回線とも同一の月額料金

LINEモバイルのauプランは、従来からあるドコモ回線、ソフトバンク回線と同じ料金です。mineoなどはドコモ回線、ソフトバンク回線、au回線すべて料金が異なりますが、LINEモバイルはすべて同じ月額料金でとてもわかりやすいです。

LINEフリープラン

データSIM
(1GB)
500円
SMS付きSIM
(1GB)
620円
※au回線は提供なし
音声通話SIM
(1GB)
1200円
LINEフリープランはLINEをいくら使ってもデータ量が消費されないプラン。選べるデータ量は1GBのみ。LINEのトーク機能は元々たいしてデータ消費しないですが、データ消費が多いテレビ通話をよくする人にはおすすめ。

 コミュニケーションフリープラン

  SMS付きSIM 音声通話SIM
3GB 1,110円 1,690円
5GB 1,640円 2,220円
7GB 2,300円 2,880円
10GB 2,640円 3,220円
コミュニケーションフリープランはLINE/インスタグラム/twitter/Facebookをいくら使ってもデータ量が消費されないプラン。インスタグラムはデータ消費が激しいのでインスタグラム好きにおすすめ。

 MUSIC+プラン

  SMS付きSIM 音声通話SIM
3GB 1810円 2390円
5GB 2140円 2720円
7GB 2700円 3280円
10GB 2940円 3520円
MUSIC+プランはLINE/インスタグラム/twitter/Facebook/LINE MUSICをいくら使ってもデータ量が消費されないプラン。LINE MUSICの利用料金(月額980円)は別途発生するので注意。

LINEモバイルの特徴まとめ(料金プラン・使えるスマホ・メリットデメリット・キャンペーンなど)

2018.12.21

オプション料金は金額が異なる


オプション料金は、ドコモ回線、ソフトバンク回線、au回線と一部金額が異なります。詳細は上表を参照。

LINEフリープランではデータSIMの提供なし

au回線のみ、LINEフリープランでデータSIMの提供がありません。SMS付きSIMと音声通話SIMの2種類だけとなります。

ハルオ
auのSIMはもともとSMS機能が付いてしまっていて、データ通信だけできるSIMが無いからです。

よってLINEモバイル以外のau回線を扱う格安SIMでも、au回線データSIMの提供はありません。

一部機能は準備中

LINEモバイルのau回線プランは、一部の機能がまだ準備中です。

ハルオ
近いうちに使えるようになるはずですが、一応留意しておきましょう。

年齢認証(iOSのみ)

LINEアプリのID検索は、年齢認証をして18歳以上であることを証明しないと使えません。LINEモバイルは、年齢認証が可能なのでID検索が使える唯一の格安SIMですが、iOS版のみ年齢認証がまだ準備中です。そのためiOSの人はID検索が使えない事があります。

 データプレゼント

LINEモバイルは、LINEモバイルユーザー同士であれば、自分のデータ量をプレゼントできます。au回線の場合、こちらの機能もまだ準備中。

 日次のデータ利用量確認

データ利用料の確認機能もまだ準備中。自分のデータの残量確認ができないのは地味に不便だと思いますが、知り合いに聞くと「残量なんていちいち確認してない」という声も聞くので、意外とみんな平気なのかな…。

 回線変更

ドコモ回線・ソフトバンク⇔au回線の回線変更も準備中。可能になれば、会員専用ページ(マイページ)から手続きできます。

 機種変更

スマホの機種変更もau回線の場合はまだ準備中。au回線で機種変更したい人は家電量販店などでスマホを買いましょう。LINEモバイルは定価でしかスマホを売らないので、家電量販店などで買っても金額は変わりません(家電量販店もスマホは原則定価売り)。

LINEモバイルの詳細

LINEモバイルの詳細は、以下の記事でまとめています。

ハルオ
実際に使った感想はこちら

LINEモバイルを実際に使っている感想と評価。通信速度・月額料金は実際どれくらい?

2019.02.12
ニノくん
LINEモバイルの特徴や月額プラン、使えるスマホなどをまとめたのはこちら

LINEモバイルの特徴まとめ(料金プラン・使えるスマホ・メリットデメリット・キャンペーンなど)

2018.12.21

公式サイトを詳しく見たい場合はこちら

ABOUTこの記事をかいた人

通信・放送系およびIT系の会社で格安スマホやWiMAXなどの企画を6年ほど経験し「格安スマホって革命的」と感じた一方で「みんなまだ全然使ってない…」ことも実感し、当サイトを立ち上げました。 「格安スマホ検討中の人」の参考になったら幸いです。