ソフトバンクのスマホが使えるおすすめ格安SIM(格安スマホ)まとめ




ソフトバンクのスマホが使える格安スマホ(格安SIM)一覧

ハルオ
ソフトバンクのスマホが使える主要格安スマホ(格安SIM)を一覧で紹介します。ソフトバンク回線を扱った格安スマホ(格安SIM)はまだ数は少ないですが、少しづつ増えてます。

LINEモバイル

 LINEモバイルは twitter、Facebook、インスタグラムなどが通信がカウントされない(使い放題)プランがウリ 。また、問い合わせがLINEでできたり、サポートも非常に手厚く、初めての格安スマホに最適。

また、通信速度はソフトバンク回線は速いことで有名。


mineo

 毎月1GBまでなら無料で引き出せる「フリータンク」 など、独自性のある便利サービスが多い他社からも注目されている格安スマホ。

月額は普通だが、通信の安定感があってハイレベル。「マイネ王」というユーザーのコミュニティサイトがあり、疑問などをすぐに解決できるのも◎。

他にもあるが…

この他にも日本通信の「b-mobile S」というソフトバンクのiPhone専用の格安スマホ(格安SIM)があったり、「QTモバイル」のソフトバンク回線プランありますが、料金が高めだったり、通信速度が微妙だったりするので、現時点でおすすめは「LINEモバイル」「mineo」の2社になります。

インスタをよく使う人は「LINEモバイル」

LINEモバイルでソフトバンクのスマホを使う場合
AndroidはSIMロック解除必須。iPhoneはそのまま使える。

LINEのトーク機能で問い合わせができたり、インスタグラム・FacebookなどのSNSが使い放題のプランがあったり、セット購入できるSIMフリースマホのラインナップを性能が良すぎて高いやつより、安くてもちゃんと使えるやつを優先していたりと、ユーザーの使い勝手を一番に考えた商品設計には驚かされます。

ハルオ
ソフトバンクの子会社となったLINEモバイル。ソフトバンクに直接関係ができたわけなので、ソフトバンク通信は遅くなる前にすぐに増強して品質が保たれるでしょう。

LINEモバイルの主な料金プラン(ソフトバンク回線)

ハルオ
LINEモバイルは、ドコモ回線プラン・ソフトバンク回線プランの2プランありますが、どちらも同一料金になっています(わかりやすい!)。
LINEモバイルの主な料金プラン
音声通話SIM 月額
LINEフリープラン(1GB) 1510円
コミュニケーションフリープラン(3GB) 1690円
コミュニケーションフリープラン(7GB) 2888円

SNSが使い放題「コミュニケーションフリープラン」が人気

LINEのプランはどれも、対象のサービスならどれだけ使ってもデータ容量が減らない「データフリー」というサービスになっています。

ハルオ
ちなみに、データフリーは速度制限になった後でも対象サービスは高速通信で使用可能です

プランは大きく3つ。おすすめはインスタ等SNSが使い放題の「コミュニケーションフリープラン」です。

  LINEフリープラン

「LINE」をいくら使ってもデータ容量が減らない。1GBプランしかない。

  コミュニケーションフリープラン

「LINE」「Facebook」「Twitter」「Instagram」をいくら使ってもデータ容量が減らない。3GB/5GB/7GB/10GBから選べる。

  MUSICフリープラン

「LINE」「Facebook」「Twitter」「Instagram」に加え、「LINE MUSIC」をいくら使ってもデータ容量が減らない。3GB/5GB/7GB/10GBから選べる。

LINEのID検索が使える唯一の格安SIM

LINEには、世界のLINEユーザーをIDを打ち込んで検索できる「ID検索」機能があります。LINEのこの機能だけは格安スマホでは使えないんですが、LINEモバイルは唯一使えるようになっています(18歳以上なら)。

スタンプが買えるLINEポイントが毎月貯まる

毎月、月額の1%のLINEポイントも貯まりLINEスタンプの購入などに使えるのも嬉しいところです。

LINEで問い合わせ

LINEモバイルは、わざわざ問い合わせ先の電話番号に電話したり、メール問い合わせしたりしなくてもLINEのトーク機能で手軽に問い合わせができます。



毎月1GBまで無料で使える「mineo」

mineoでソフトバンクのスマホを使う場合
AndroidはSIMロック解除必須。iPhoneはそのまま使える。

mineoはドコモ・au・ソフトバンクの全てのスマホに対応した、乗り換えやすさNo.1の格安スマホです。

格安スマホは朝8時台・昼12時台・夜18時台は通信速度が遅くなりがちですが、mineoはそんな時間もほとんど通信速度が落ちず1日を通してとても安定しています。

mineoの料金プラン(ソフトバンク回線)

ハルオ
mineoのソフトバンク回線のプランは、ドコモ回線・au回線プランと比べるとやや割高です(月額400円前後高い)が、品質、オプションサービスなどのレベルの高さを考えると、気になるレベルではありません。
mineoの主な料金プラン
音声通話SIM 月額
3GB 1950円
6GB 2630円
10GB 3570円

他社にはない便利なオプションサービス

容量が余った月は寄付できて、足りない月はタダで1GBまで引き出せる(寄付もできる)「フリータンク」や、容量をプレゼントできる「チップ」など他社にはないユニークなサービスが多いのも特徴的。

Yahoo!知恵袋のmineo版「マイネ王」

ユーザー同士が情報交換をしあえる「マイネ王」というコミュニティーサイトもあります。

ここでは、わざわざサポートセンターに電話しくても「マイネ王」で誰かが自分と同じ質問をして、別のユーザーが解決してくれていることが多く、ユーザー(また企業側にとっても)「助かるサイト」になっています



ソフトバンクのスマホは基本SIMロック解除をした方がいい

ハルオ
ここからは、簡単にソフトバンクのスマホで格安スマホ(格安SIM)を使うための条件を解説します。

ソフトバンクのAndroidの場合

まず、ソフトバンクのAndroidの場合を解説します。

ソフトバンクのAndroidの場合は、基本的にSIMロック解除が必須です。

SIMロックとは?
ドコモ・au・SoftBankが自分たちの所のスマホは自分たちの通信しか使えない様にしてる制限が「SIMロック」です。
例えばドコモのスマホはドコモのSIMロックが掛かっていてドコモの通信しか使えないようになってます。
ハルオ
注意として、SIMロック解除は2015年5月以降に発売した機種じゃないとできません。

それ以前に発売したソフトバンクAndroidの場合は、格安スマホ(格安SIM)で使うのは諦めて、新たなスマホに買い換えましょう。

SIMロック解除の条件
SIMロックは以下の条件で解除できます。
1.2015年5月以降の発売機種であること。
2.【スマホ代を一括払いの場合】即座に解除できます。
【スマホ代を分割払いの場合】お使いのスマホが契約後101日以上経過しててれば解除できます。
※分割払いの人も残りの代金を一括で払った時点で即座にSIMロック解除できます。
SIMロック解除は大手キャリアのWEBサイト(会員専用ページ)から無料でできます。ショップだと3000円ほど手数料を取られてしまいますのでWEBでやりましょう。

SIMロック解除のやり方は以下の記事をどうぞ

これで「SIMロック解除」が完了!やり方をイチから解説!

2017.11.13

自分のスマホがSIMロック解除対象かわからない場合

SIMロック解除が可能な機種は、ソフトバンクの公式サイトに掲載されているのでそちらで確認してみましょう。

ソフトバンクのiPhoneの場合は

つづいて、ソフトバンクのiPhoneの場合です。

ソフトバンクのiPhoneの場合は、SIMロック解除しないでも使える格安スマホ(格安SIM)が一部あります(mineo、LINEモバイル)。

ただし、iPhoneはSIMロック解除しておくと、どこの格安スマホ(格安SIM)でも使うことができる様になる(ドコモ回線、au回線もOK)ので、 SIMロック解除するのを強くおすすめします。

iPhoneの場合はiPhone 6s以降がSIMロック解除対象機種です(iPhone 6以下はできませんので、そのままで使える格安SIMを選びましょう)。

SIMロック解除のやり方は以下の記事をどうぞ

これで「SIMロック解除」が完了!やり方をイチから解説!

2017.11.13

まとめ

ソフトバンクのAndroidはSIMロック解除が必須なのが厄介ですが、SIMロック解除自体は意外と簡単です。手続き自体は10分くらいで終わります。SIMロック解除という手間の対価として月額5,000円前後(多ければもっと)節約できると思えば、超お得なのでぜひ乗り換えを検討してみてください。

ハルオ
ソフトバンクのSIMロック解除は、auやソフトバンクと順番がちょっと違います。

乗り換え先の格安スマホ(格安SIM)のSIMカードが届いたら、手続きを実施する形になるのでその点だけご注意ください。

ソフトバンクのSIMロック解除手順

  • 「My SoftBank」にアクセスしてSIMロック解除をしたいスマホの電話番号でログイン
  • →メニューボタンから「契約確認・変更」
  • →「SIMロック解除対象機種の手続き」
  • →「IMEI」を入力(IMEIは、スマホの「設定」アプリ→「端末情報」→「端末の状態」などから確認できます)
  • →解除キーが表示される。メモする
  • →他のSIMを挿入する
  • →解除キー入力を求められるので、入力
  • →完了




ABOUTこの記事をかいた人

通信・放送系およびIT系の会社で格安スマホやWiMAXなどの企画を6年ほど経験し「格安スマホって革命的」と感じた一方で「みんなまだ全然使ってない…」ことも実感し、当サイトを立ち上げました。 「格安スマホ検討中の人」の参考になったら幸いです。